FC東京、ユース所属のMF品田愛斗&FW原大智の来季新加入内定を発表

2017.09.25 09:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は24日、MF品田愛斗(18)、FW原大智の来シーズン新加入内定を発表した。

▽両選手は、それぞれFC東京U-18に在籍。来シーズンのトップチーム入りを受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

◆MF品田愛斗
「来シーズンからトップチームに昇格することが決まりました。小学生のころから育ててもらったこのクラブで、夢だったプロサッカー選手になれることができ、大変嬉しく思います。今まで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、チームにタイトルをもたらすことのできる選手になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

◆FW原大智
「このたび、トップチームへの昇格が決まりました。小さい頃から大好きなチームでプロサッカー選手としてプレーできることに、嬉しい気持ちでいっぱいです。ここから、さらに厳しい世界に入りますが、常に目標と自信を持って、日々成長していきたいと思います。そして小さい頃からお世話になっているFC東京に恩返しするために、少しでも早くJ1にピッチに立ちたいです。応援よろしくお願いします!」


関連ニュース
thumb

YS横浜が昨季加入のMF神田夢実、FW河辺駿太郎ら5選手と契約更新を発表!

Y.S.C.C.横浜は21日、GK佐川亮介(28)、MF神田夢実(27)、MF柳雄太郎(26)、DF宗近慧(29)、FW河辺駿太郎(25)との契約更新を発表した。 佐川は埼玉栄高校から拓殖大学へと進学。2016年にYS横浜に入団。2021シーズンは背番号「1」となると、明治安田生命J3リーグで20試合に出場していた。 神田はコンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)の下部組織出身で、2013年に札幌のトップチームに昇格。SC相模原や愛媛FC、東京23FCを経て、2021年にYS横浜へと加入。明治安田J3で24試合に出場し2得点を記録していた。 柳は帝京長岡高校から明海大学へと進学し、2018年に入団。2021シーズンは明治安田J3で25試合に出場し2得点を記録していた。 宗近はサンフレッチェ広島の下部組織出身で、ユースから法政大学へと進学。2015年にYS横浜に入団した。2021シーズンは明治安田J3で26試合に出場し2得点を記録した。 河辺は大分西高校から明治大学へと進学。その後ドイツへと渡ると、2020年10月に地元大分のジェイリースFCへと加入。2021年からYS横浜へと加入した。2021シーズンは明治安田J3で22試合に出場し1得点を記録していた。 各選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆GK佐川亮介 「昨シーズンは色々な結果を塗り替えられた良い年だったと思いますが、J2昇格の可能性があった中で勝ち切れなかった事は本当に悔しくてしょうがなかったです。9戦負けなしという記録も打ち立てJ2昇格も手の届く所にあるとみんなが確信したと思います。だからこそ今シーズンは気持ちを新たに目の前の勝利と昇格の為に全身全霊で共に闘いましょう!!」 ◆MF神田夢実 「2022シーズンもY.S.C.C.でプレーさせて頂く事になりました。皆さんに、感動と興奮を与えられるようなプレーを毎試合見せられるように、僕達も頑張ります」 「コロナ禍で、声を出しての応援はなかなか出来ないと思いますが、サポーターの皆様がスタジアムに足を運んでくださる事が、僕達にとって何よりの力になるので、ぜひニッパツへ足を運んでください」 「僕個人としては、実績ある選手との対戦や古巣との対戦があり、とてもワクワクしています。今シーズンのJ3にファンの皆さんも期待してください!!今シーズンも応援宜しくお願いします!!」 ◆MF柳雄太郎 「2022年もY.S.C.C.でプレーすることになりました。J2昇格に向けて日々頑張ります。今年も熱い応援よろしくお願いします」 ◆DF宗近慧 「2022シーズンもY.S.C.C.でプレーすることになりました。このチームでファン・サポーターの方々と共に闘えることを嬉しく思います。去年よりも良いな楽しいなと思ってもらえるように日々努力していきます。Y.S.C.C.に関わる全ての皆様、今年もよろしくお願いします」 ◆FW河辺駿太郎 「2022シーズンもY.S.C.C.でプレーする機会を与えて頂きました。昨シーズンはコロナ禍において予断を許さない状況の中でも、変わらず熱い応援と多大なるご支援を頂き誠にありがとうございました」 「そんな皆様と共に今シーズンも闘える事を大変嬉しく思います。昨シーズン以上に結果にこだわり、チームの力になれるよう精一杯プレーします。よろしくお願いいたします」 2022.01.21 23:10 Fri
twitterfacebook
thumb

松井大輔がYS横浜と選手登録! 同クラブのフットサル部門と二刀流に

Y.S.C.C.横浜は21日、元日本代表MF松井大輔(40)の加入を発表した。 20年以上にも及ぶキャリアの中で、日本だけでなくフランスやロシア、ブルガリアにポーランドなど様々な国でプレーしてきた松井。2021年には、はてはベトナムのサイゴンFCに加入。リーグ戦7試合に出場していたが、13節を消化した時点で新型コロナウイルスの影響で中止となり、夏にクラブを退団した。 そして同年9月、Y.S.C.C.横浜フットサルと契約し、一転してフットサルの世界へ。さらにこの度、JリーグのYS横浜とも選手登録し、サッカーとフットサルの二刀流という前代未聞の活動を始めることになった。 「2021年10月にY.S.C.C.横浜フットサルに加入して早4ヶ月。新しいことを吸収する毎日で刺激的な日々を過ごしています」 「そんな中、サッカーY.S.C.C.でのプレーもお声がけを吉野代表からいただきました。サッカーとフットサルの二刀流。コロナ禍で調整が思うようにいかずFリーグでなかなか活躍できていな現状に正直悩みましたが、自分の経験がY.S.C.C.の力になればと思い決断しました」 「J2昇格というクラブの目標の力になれるよう全力を尽くしますのでよろしくお願いします」 2022.01.21 19:47 Fri
twitterfacebook
thumb

山形がポーランド1部からポルトガル人アタッカーを獲得 「Let’s do it YAMAGATA!!」

モンテディオ山形は21日、ポーランドのGKSピアスト・グリヴィツェからMFチアゴ・アウベス(25)の完全移籍加入内定を発表した。 チアゴ・アウベスの入国日は日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置の兼ね合いで未定。入国後のメディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ。 チアゴ・アウベスは母国ポルトガルの複数クラブを渡り歩き、2019年8月からポーランド1部のGKSピアスト・グリヴィツェでプレー。今季はここまで公式戦10試合に出場していた。 山形を通じて「全員で一丸となってJ1昇格を達成しましょう! 私たちなら出来ます! 早く皆さんに会えることを願っています。Let’s do it YAMAGATA!!」と意気込みを語った。 なお、山形はクラブ公式ツイッターでチアゴ・アウベスのプレースタイルを評価している。 「”フロント3”(前線のセンターFW・両ウイング)の全ポジションでプレーができる。スピードとテクニックを活かしたドリブルで単独で得点を奪う能力はもちろん、パスやボールをキープし周りを活かすプレーにも長けている」 2022.01.21 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

山形、FWヴィニシウス・アラウージョの退団を発表「さようならじゃなくて、またねっていう気持ちです」

モンテディオ山形は21日、ブラジル人FWヴィニシウス・アラウージョ(28)の退団を発表した。 これまでクルゼイロやバレンシア、スタンダール・リエージュ、ウエスカ、レアル・サラゴサなどでプレーしてきたヴィニシウス・アラウージョは、2020年2月にヴァスコ・ダ・ガマから山形へ加入。初年度は明治安田生命J2リーグで37試合に出場して14得点を記録した。 今シーズンもチームの主力としてJ2リーグで26試合に出場して14ゴールを記録するなど活躍を見せたが、クラブは目標としていたJ1昇格を達成できなかった。 契約更新に向けて話し合いが行われていたものの、合意に至らず退団が決まったヴィニシウス・アラウージョは、クラブを通じてコメントしている。 「2020年私は人生をかけて山形に加入しました。大変な時期にプレーするチャンスをくれた山形の為にいつも支えてくれたサポーターの為にピッチの中で恩返ししたかったです。この山形で過ごした2年間たくさんの壁がありましたが、いつも諦めない精神、そしてこのユニフォームを着ていつもプライドを持って試合に臨みました」 「モンテディオ山形の9番を背負ったこと、いつまでも誇らしい気持ちで歩みます。2年間本当の家のように幸せを感じました。いつも僕の家族に優しくしてくれてありがとうございました!山形で関わった全ての方は私の歴史に入っていますし、いつまでも皆様のことを忘れません」 「そして私のことも忘れないでください!今回山形を去っていきますが、さようならじゃなくて、またねっていう気持ちです。皆様は私の心の中にいつまでもいます!2年間ありがとうございました!!」 2022.01.21 17:06 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸のMF中里崇宏がJFL鈴鹿へ完全移籍「自分本位の決断を尊重してくれたクラブに感謝」

日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズは21日、水戸ホーリーホックからMF中里崇宏(31)を完全移籍で獲得したと発表した。 東京ヴェルディの下部組織に所属していた中里は、流通経済大学を経て2012年に横浜FCへ加入。水戸へ期限付き移籍した2014年を挟んで、中盤の主力として2019年7月まで活躍すると、その後は韓国のKリーグ1に属する江原FCに完全移籍した。 江原FCでは負傷によって1年半で11試合の出場にとどまり、2021年7月に水戸へ加入。途中加入ながらチームの主力に定着すると、明治安田生命J2リーグで14試合に出場した。 新シーズンからJFLでプレーすることが決まった中里は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆鈴鹿ポイントゲッターズ 「この度、鈴鹿ポイントゲッターズに加入する事になりました中里崇宏です。今年の目標はJ3昇格。その目標を達成する為に、自分の持っている力を最大限発揮し、チームに貢献したいと思います。応援宜しくお願い致します」 ◆水戸ホーリーホック 「この度、鈴鹿ポイントゲッターズに移籍する事になりました。自分本位の決断ながら、尊重してくださったクラブに感謝しています」 「半年という短い時間でしたが、大怪我からの無所属という苦しい時間のなかで声をかけていただき、水戸ホーリーホックの一員として、もう一度ピッチに立てたこと。さらに節目となる200試合目を迎えられ、とても嬉しかったです」 「そのような機会を与えてくれた西村GM、温かく迎え入れてくれたコーチングスタッフやクラブスタッフ、選手、サポーターの皆さまにも心から感謝しています。本当にありがとうございました」 「今季はJリーグではなくJFLでプレーすることになりますが、選手としても人としても成長するには努力する事、そして自分にとって、より厳しく難しい挑戦をし続けることだという思いから、このような決断になりました」 「新天地では一年でも早く、水戸の皆さんと同じ舞台でプレーできるように、鈴鹿の昇格に貢献すべく頑張ります!ご報告が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。水戸ホーリーホックの今後の発展を心より願っております」 2022.01.21 15:53 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly