コンドグビアを手中に収めたバレンシア、A・ペレイラ獲得に動く...モウリーニョは放出を拒否か

2017.08.24 01:16 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
バレンシアは今夏、積極的に補強を行っている。次の標的はマンチェスター・ユナイテッドMFアンドレアス・ペレイラのようだ。

バレンシアは、この数日でDFガブリエウ・パウリスタ(前所属アーセナル)、ジェイソン・ムリージョ(インテル)、MFジョフレイ・コンドグビア(インテル)の獲得を決めている。だが、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督はさらなる補強を求めているとみられる。

マルセリーノ監督は、首脳陣にA・ペレイラの獲得を頼んでいるという。A・ペレイラは昨季、出場機会を確保する目的でグラナダにレンタル移籍。今季もユナイテッドで出場時間を保証されているとは言い難い状況だ。

しかしながら、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、A・ペレイラの残留を強く望んでいる様子。同選手のレンタル獲得を目指すバレンシアは、移籍市場が閉まるまで我慢強くユナイテッドの回答を待つ構えだとされる。


提供:goal.com

関連ニュース
thumb

財政難バレンシア、1月全資金をサウール獲得に捧ぐ? 18カ月レンタルを画策

バレンシアが、アトレティコ・マドリーの元スペイン代表MFサウール・ニゲス(28)獲得を模索しているようだ。スペイン『Relevo』が伝えている。 アトレティコ通算361試合出場を誇るサウール。下部組織から在籍し、若手時代の武者修行を除けばクラブ一筋で歩んできたが、一昨季に出場機会が減り、昨季はチェルシーにレンタル移籍していた。 チェルシーでもさほどプレーできず、復帰した今季も途中出場がメイン。そんなサウールに対して今冬、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督率いるバレンシアが獲得を模索し続けているという。 バレンシアは当初、アトレティコに半年レンタルを提案も却下され、今度は来季までの18カ月レンタルを用意し、サウールの年俸700万ユーロ(約9億8000万円)を全て負担する姿勢を示しているとのことだ。 さらに、サウール獲得のために他の補強を諦める覚悟があるとされ、今冬まだ1人も獲得していないバレンシアが、1月に準備した資金を全てサウールに捧ぐことすらあり得ると考えられている。 気になるのはその実現性だが、バレンシア、アトレティコ、サウールの三者は27日に会談予定。ここでは買い取りオプションの有無についても話し合われるとされ、サウール本人はバレンシア行きを希望しているとのことだ。 2023.01.27 21:14 Fri
twitterfacebook
thumb

低迷バレンシア… ガットゥーゾ監督がチームのメンタリティ改善に意欲「相手に怯えている」

バレンシアのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がアスレティック・ビルバオ戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝える。 バレンシアは26日に行われたコパ・デル・レイ(国王杯)準々決勝でアスレティックと対戦。1点ビハインドの43分にオウンゴールで同点とするも、前半のうちに勝ち越しを許し、後半にもPKで追加点を献上。その後の反撃も乏しく1-3で敗れ、敗退が決まった。 試合後には数百人のサポーターがスタジアム近辺で抗議の大合唱。ラ・リーガは昨年11月を最後に勝利がなく、降格圏と3ポイント差の12位とあってか、オーナーのピーター・リム氏とガットゥーゾ監督を槍玉にしたチャントが歌われたという。 ガットゥーゾ監督は試合後の記者会見で「困難に直面した矢先に去るのは私のやり方ではない」と辞任を否定した上で、選手たちのメンタリティの欠如を指摘している。 「100%を出し切ったが、それでも質は低かった。相手に怯えているようにも見えた。このようなゲームをしてしまうと私は謝罪せざるをえない。私にはその責任がある」 「何が起こっているかをよく分析する必要がある。明日は選手たちとコミュニケーションをとるよ。なぜ選手たちが恐れているのか、なぜいつも前半に失点するのか…。彼らから意見を聞くべき部分もある」 また、本拠地で国王杯敗退を喫した事実をサポーターに詫びている。 「メスタージャに来た45000人に謝りたい。我々はほとんどの時間帯で自分たちのプレーができなかった。サポーターたちもその状況を好まないだろうし、我々全員が教訓を突きつけられた。試合中のブーイング? それも尊重する」 2023.01.27 13:57 Fri
twitterfacebook
thumb

「僕らはメンタリティに問題が…」降格圏迫るバレンシア、カスティジェホも弱気に?

バレンシアのスペイン人MFサムエル・カスティジェホが、チームの現状に口を開いた。スペイン『Relevo』が伝えている。 ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督率いるバレンシア。11日のスーペル・コパ準決勝ではレアル・マドリー相手にPK戦までもつれ込む死闘を演じたが、ラ・リーガは降格圏と3ポイント差の12位と、苦しい戦いを強いられている。 ここ数年は財政難もあり、2000年代初頭に欧州を席巻した強さは見る影もない。昨夏にミランから加入したカスティジェホは、23日に行われたアルメリア戦後のインタビューで、チームにメンタリティが欠如していると語った。 「僕らはメンタリティに問題を抱えていると言わざるをえない。とりわけ自分たちがゴールを決めた時に不安が広がっているように思う。なぜなら、今日のようにいとも簡単にゴールを奪い返されるからだ」 この一戦は2-2のドロー決着。バレンシアは先制点の6分後に同点とされ、65分に勝ち越し点をゲットするも、9分後には再び同点とされている。 また、ガットゥーゾ監督が試合後の会見で「順位表を気にする必要はない」と語ったのに対し、カスティジェホは「バレンシアが何位で、どこが上に、どこが下にいるかを気にしている」と吐露。降格圏が迫っているためか、やや弱気になっているようだ。 2023.01.24 15:43 Tue
twitterfacebook
thumb

「補強してくれ」ガットゥーゾ切望「1カ月近く待っているのに誰も来ない」

バレンシアのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、クラブに補強を懇願している。 今季から闘犬ガットゥーゾに率いられるバレンシアは、開幕前にアンドレ・アウメイダやウーゴ・ドゥロ、エディンソン・カバーニを補強しシーズンイン。だが、ここまでは連勝が一度もなく、わずか5勝の低空飛行が続いている。 23日にはリーグ戦3試合ぶりの勝利を目指すアルメリア戦が控えているが、ガットゥーゾ監督はシーズン後半の巻き返しには補強が不可欠と考えている模様。しかし、苦しい台所事情でクラブは補強に二の足を踏んでおり、今冬の補強はここまでゼロとなっている。 「3週間も1カ月近く待っているのに誰ともサインできていない。どれだけ市場にお金を出せるかだ。一日中話しているのだが、フェアプレーを尊重しなければならないようだ」 「もし誰かが入ってきたらそれは助けになるだろう。私は待っているよ。ただ、もし新たな選手が来るのなら、それはちゃんと戦力でなければならない」 2023.01.23 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ギニア代表CBディアカビと新契約! 2027年夏まで

バレンシアは16日、ギニア代表DFムクタル・ディアカビ(26)との契約を2027年6月30日まで延長した旨を発表した。 ディアカビはリヨンアカデミー出身。192cmのサイズを誇るセンターバックで、2016-17シーズンのトップチームデビューから通算55試合の出場数を記録して、2018年6月にバレンシア入りした。 バレンシアでは通算142試合の出場数を誇り、在籍5年目の今季もケガによる離脱もありながらラ・リーガ12試合でプレー。今季が契約最終年だったが、バレンシアでもう4シーズンを過ごすと決めた。 スペイン『マルカ』によると、ディアカビは今季限りでフリーとなる状況から、プレミアリーグクラブのオファーを待つ選択肢もあったとのことだが、バレンシアでの居心地の良さが決め手になったようだ。 2023.01.17 18:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly