浦和MF関根貴大が魅せた驚異の5人抜きゴールが7月の月間ベストゴールに!《月間ベストゴール》

2017.08.08 16:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽Jリーグは8日、7月1日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節の浦和レッズvsサンフレッチェ広島において、浦和のMF関根貴大が92分に決めたゴールを7月度の月間ベストゴールに選出した。関根は初受賞となる。

▽この試合に先発出場した関根は、3-3で迎えた92分、左サイドでボールを持つと、得意のドリブルを仕掛ける。立ちはだかる広島DF5人を抜き去ると、最後はボックス内右からシュート。ニアサイドを抜いたシュートが決まり、逆転に成功。5試合ぶりの勝利に貢献していた。

▽関根は、Jリーグ公式サイトに次のようにコメントを寄せている。

「このたびは、月間ベストゴールに選出いただき、ありがとうございます。広島戦のあのシーンは時間帯、スコア的にも行くしかなかったですし、自分の持っているモノを出し切ろうとチャレンジしました。その中で頭は冷静に、相手の動きを見て、かわしながら、最後は気持ちでねじ込みました。明日の甲府戦が移籍前の最後の試合になりますが、勝利できるように全力をつくしますので応援よろしくお願いします」

▽また、月間ベストゴールの選考委員会は以下のように総評を下している。

●マラドーナを思わせるドリブルからのゴール
「自陣からドリブルで持ち込み、相手守備陣をかわして決めた、まるでマラドーナのプレーを見ているようなゴールだった。ドリブルで前線に上がり、敵陣内では緩急を付けたフェイントで相手守備陣を翻弄。守備のタイミングを微妙に外すプレーで相手の動きを誘い、最後は角度のないところから右足を振りぬいた。高いテクニックだけでなく、同点、アディショナルタイムという状況の中で「ビッグプレー」を披露し、試合を決定づけたことにも評価が集まった」

▽なお、7月度のノミネートゴールは以下のとおり。

第17節:関根貴大(浦和レッズ)
7月1日 vsサンフレッチェ広島/92分

第18節:福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌)
7月8日 vs大宮アルディージャ/96分

第19節:川辺駿(ジュビロ磐田)
7月29日 vs川崎フロンターレ/55分

第19節:ルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸)
7月29日 vs大宮アルディージャ/49分

第19節:趙東建(サガン鳥栖)
7月30日 vsサンフレッチェ広島/75分

●ベストゴール以外で特筆すべきゴール
「第19節のルーカス ポドルスキ選手(神戸)のゴール(49分/vs大宮)は、まさにワールドクラスのゴールだった。ゴールを背に振り向きざまという難しい状況においても決めきるのは常にゴールのイメージがある証拠。注目のJリーグデビューで世界のストライカーの存在感を示した」

「同じく第19節の趙 東建選手(鳥栖)のゴール(75分/vs広島)は、50m以上の超ロングシュート。ボールを奪った瞬間にハーフウェイラインの手前からキーパーを目視で確認。視野の広さ、あのタイミングでシュートを放つという判断の良さ、キックの精度と、全てが高評価だった」

関連ニュース
thumb

磐田戦イニエスタの移籍後初ゴールが8月度ベストゴールに!「これからも勝利に貢献できるようなゴールを」

▽Jリーグは12日、明治安田生命J1リーグ8月度の月間ベストゴールが、ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタの第21節のジュビロ磐田戦のゴールに決まったことを発表した。 ▽Jリーグ選考委員会はこのゴールについて、「鮮やかなボールコントロールでワールドクラスの実力を証明」という見出しで、「右サイドのルーカス ポドルスキからパスを受けると、反転しながらの絶妙なコントロールによるトラップで相手DFをかわし、エリア内に侵入。そして巧みなフェイントでGKとの1対1を制してネットを揺らした。トラップ、ターン、フェイント、そしてシュートまでの流れるような一連のプレーはまさにワールドクラス。その綿密なボールタッチから生まれた明治安田生命J1リーグ初ゴールは多くのJリーグファン・サポーターだけでなく、世界中からも関心を集め、圧倒的な高評価で8月度のベストゴール受賞となった」と説明している。 ▽また、初受賞のイニエスタは「ホームでファーストゴールを決められたことを喜んでいます。勝点3を獲得するために貢献できました。これからも、チームの勝利に貢献できるようなゴールを決めていきたいです」とコメントしている。 ▽今年5月にバルセロナから神戸に移籍したイニエスタは、ワールドクラスのテクニックを日本のピッチでも遺憾なく発揮。移籍後初ゴールとなった今回のゴールはそのテクニックが凝縮された圧巻のパフォーマンスだった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">イニエスタ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.12 15:10 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪のFW杉本健勇が魅せたドリブル突破からのゴールが10月の月間ベストゴールに!《月間ベストゴール》

▽Jリーグは10日、10月15日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsセレッソ大阪において、C大阪の日本代表FW杉本健勇が25分に決めたゴールを10月度の月間ベストゴールに選出した。杉本は初受賞となる。 ▽この試合に先発出場した杉本は、1-0と鳥栖がリードして迎えた25分、味方が競り合って落としたボールを受けた杉本はドリブルで中央突破。対応したDF藤田優人の股を抜きボックス内に侵入すると、そのままネットを揺らし同点ゴールを決めた。なお、試合はMF清武弘嗣のゴールで1-2とC大阪が勝利した。 ▽杉本は、Jリーグ公式サイトに次のようにコメントを寄せている。 「この度は、10月の月間ベストゴールに選出していただき、ありがとうございます。イメージ通りのドリブルで相手をかわすことができ、シュートも良いコースに打つ事ができました。先制点を決められてからすぐの同点ゴールだったので大きな1点だったと感じます。残りの試合でもチームを勝利に導くゴールを決められるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします!」 ▽また、月間ベストゴールの選考委員会は以下のように総評を下している。 <span style="font-weight:700;">●子ども達の夢を乗せて弧を描いたドライブシュート</span> 「ボールを持つとドリブルで仕掛け、最後までDFに寄せられながらも力強いキックでゴールネットに突き刺した、杉本 健勇選手の同点ゴールが10月の月間ベストゴールに選ばれた」 「相手DFの股を抜いた突破、寄せられながらも姿勢を保ち雨の中でも軸足をしっかり踏み込んだシュートと難易度が高いゴールだった。相手に仕掛けて抜いていくドリブル突破は、長身の日本人FWには珍しく、まさに杉本選手らしいプレーといえる。このプレーが得点という結果につながっていることが、今シーズンにおける同選手の成長を示しているとの評価も。仕掛けて抜ける、まさに旬と言える杉本選手ならではのゴールに高い評価が集まった」 ▽なお、10月度のノミネートゴールは以下のとおり。 第29節:土居聖真(鹿島アントラーズ) !0月14日 vsサンフレッチェ広島/30分 第29節:小林悠(川崎フロンターレ) 10月14日 vsベガルタ仙台/84分 第29節:小林悠(川崎フロンターレ) 10月14日 vsベガルタ仙台/87分 第29節:杉本健勇(セレッソ大阪) 10月15日 vsサガン鳥栖/25分 第30節:赤崎秀平(ガンバ大阪) 10月22日 vs浦和レッズ/67分 第31節:兵藤慎剛(北海道コンサドーレ札幌) 10月29日 vs鹿島アントラーズ/60分 第31節:金崎夢生(鹿島アントラーズ) 10月29日 vs北海道コンサドーレ札幌/70分 <span style="font-weight:700;">●ベストゴール以外で特筆すべきゴール</span> 「第29節の川崎フロンターレ小林悠選手(10/14/vs仙台)の2得点目(87分)は、初優勝に向けて負けられない1戦で2点のビハインドの中で、自身で同点ゴールを決めた直後に、試合をひっくり返す逆転ゴール。技術の高さに加え、優勝戦線に踏みとどまる値千金のゴールだったこと、そしてエースストライカーとして、キャプテンとして重要な役割を果たしたことに評価が集まった」 2017.11.10 17:16 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎FのMF森谷賢太郎が魅せたドライブシュートが9月の月間ベストゴールに!《月間ベストゴール》

▽Jリーグは11日、9月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第28節の川崎フロンターレvsセレッソ大阪において、川崎FのMF森谷賢太郎が58分に決めたゴールを9月度の月間ベストゴールに選出した。森谷は初受賞となる。 ▽この試合に先発出場した森谷は、3-0で迎えた58分、ボックス手前でパスを受けた守田には右足を一閃。ブレ球のシュートが右ポストを叩きながらネットを揺らし、チームの4点目となった。試合は5-1で川崎Fが勝利している。 ▽森谷は、Jリーグ公式サイトに次のようにコメントを寄せている。 「数々の素晴らしいゴールがある中、私のゴールを選んでいただき大変光栄です。このゴールは、ボールを受けて前を向いた瞬間に、シュートのイメージを作ることができました。簡単なシュートではなかったですが、日々のトレーニングの中で繰り返し練習してきたものを大事な試合で決めることができました」 「これも日々支えてくれている家族、自分を起用してくれた監督・スタッフ、カラダのケアをしてくれているトレーナー、自分にパスを出してくれたチームメイト、そしてスタジアムで素晴らしい雰囲気を作ってくれたファン・サポーターのみなさんのおかげです」 「私のこのゴールが、サッカーに取組んでいる子ども達に、プロサッカー選手になりたいという夢を与えるきっかけになれば嬉しいです。この賞に恥じぬよう、これからも日々謙虚に、努力していきたいと思います。 ありがとうございました」 ▽また、月間ベストゴールの選考委員会は以下のように総評を下している。 <span style="font-weight:700;">●子ども達の夢を乗せて弧を描いたドライブシュート</span> 「無回転のブレ球で、GKの頭上を越えてから急な落下によってゴールに吸い込まれる軌道。どこをとっても日本ではあまり見ることが出来ない、異次元の軌道を描いた世界レベルのドライブシュート」 「相手チームの意表を突くタイミングで、守備陣・GKに全くチャンスを与えなかったこと、蹴り足に重心を置いて体をかぶせるような体勢によって強いインパクトでボールを蹴り出し、ゴールまで約35メートルの距離にもかかわらず、強烈な弾道のままネットに吸い込まれたシュート、その技術とキック力も評価された。子ども達に夢を与えるような世界レベルのドライブシュート、今シーズンを代表するゴールだった」 ▽なお、9月度のノミネートゴールは以下のとおり。 第25節:金崎夢生(鹿島アントラーズ) 9月9日 vs大宮アルディージャ/33分 第25節:大島僚太(川崎フロンターレ) 9月9日 vs横浜F・マリノス/14分 第26節:齋藤学(横浜F・マリノス) 9月16日 vs柏レイソル/9分 第27節:植田直通(鹿島アントラーズ) 9月23日 vsガンバ大阪/90分+2 第28節:エウシーニョ(川崎フロンターレ) 9月30日 vsセレッソ大阪/52分 第28節:森谷賢太郎(川崎フロンターレ) 9月30日 vsセレッソ大阪/58分 第28節:エウシーニョ(川崎フロンターレ) 9月30日 vsセレッソ大阪/89分 <span style="font-weight:700;">●ベストゴール以外で特筆すべきゴール</span> 「第28節のエウシーニョ選手の1点目のゴール(9/30/vsC大阪)は、ショートバウンドのボレーシュートのお手本のようなゴールだった。弾んだこぼれ球を、振り切らずにボールの中心をとらえてキックし、ピッチにぶつけてバウンドさせてゴールに叩き込む技術の高さには、選考委員からは「若手がお手本にしてほしい」との声が上がった」 2017.10.11 16:55 Wed
twitterfacebook
thumb

清水FW北川航也が魅せたヒールシュートが8月の月間ベストゴールに!《月間ベストゴール》

▽Jリーグは11日、8月9日に行われた明治安田生命J1リーグ第21節の清水エスパルスvsセレッソ大阪において、清水のFW北川航也が73分に決めたゴールを8月度の月間ベストゴールに選出した。北川は初受賞となる。 ▽この試合に先発出場した北川は、2-2で迎えた73分、ボックス左からの松原后のグラウンダーのクロスをニアサイドでヒールで合わせると、ボールはそのままゴール右に吸い込まれ、逆転に成功。チームは3点差をひっくり返し、首位のC大阪に勝利していた。 ▽北川は、Jリーグ公式サイトに次のようにコメントを寄せている。 「素晴らしい得点がたくさんあった中で、自分の得点を選んで頂いてうれしく思います。この試合にどうしても勝ちたい、自分がチームを何とかしたいという気持ちが、あのシュートへの反応につながったのではないかと思っています。どのような状況でも貪欲にゴールに向かっていく姿勢を大切に、つねに感謝の気持ちを持って、こらからも取り組んでいきます。ありがとうございました」 ▽また、月間ベストゴールの選考委員会は以下のように総評を下している。 <span style="font-weight:700;">●ひらめきと意外性が生んだ、稀にみるテクニカルなゴール</span> 「清水エスパルス 北川 航也選手が放った、ひらめきと意外性、そしてアイデアにとんだこの試合2点目のゴールが高い評価を受けて8月のベストゴールに輝いた」 「マイナスにきたクロスを、ゴールに背を向けたままダイレクトにインサイドで強く蹴りこむという高度なテクニックを披露。トラップではなくトリッキーなシュートを選択するという、相手DF、GKの意表を突いたアイデアで観る者を魅了した」 「ひらめき、意外性、アイデア、テクニックに加え、首位を争うセレッソ大阪に対し2点のビハインドをひっくり返した重要なゴールということが高い評価を受けて文句なしの選出となった」 ▽なお、8月度のノミネートゴールは以下のとおり。 第20節:天野純(横浜F・マリノス) 8月5日 vsアルビレックス新潟/73分 第21節:北川航也(清水エスパルス) 8月9日 vsセレッソ大阪/73分 第22節:伊東純也(柏レイソル) 8月13日 vs清水エスパルス/45分 第23節:伊東純也(柏レイソル) 8月19日 vsガンバ大阪/68分 第24節:松浦拓弥(ジュビロ磐田) 8月26日 vsヴィッセル神戸/79分 <span style="font-weight:700;">●ベストゴール以外で特筆すべきゴール</span> 「第21節の柏木陽介選手のゴール(8/9/vs甲府)は、華麗なループシュートが鮮やかに決まった先制点かつ決勝ゴール。強い印象を残したビューティフルゴールに評価が集まった] 「第22節の伊東純也選手のゴール(8/13/vs清水)の、自陣からのドリブルを経て放たれた圧巻の先制点に多くの注目が集まった。スピードに乗ったドリブルで長い距離をひとりで持ち込みながらも、コントロールが乱れずに強いシュートを落ち着いて決めた高い技術が高く評価された」 2017.09.11 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪MF山口蛍の弾丸ボレーが6月の月間ベストゴールに!《月間ベストゴール》

▽Jリーグは7日、6月25日に行われた明治安田生命J1リーグ第16節のベガルタ仙台vsセレッソ大阪において、C大阪のMF山口蛍が68分に決めたゴールを6月度の月間ベストゴールに選出した。山口は初受賞となる。 ▽この試合に先発出場した山口は、2-3で迎えた68分、左サイドをドリブルで持ち上がったソウザがボックス内からシュート。これはGKシュミット・ダニエルがセーブするも、こぼれ球を後方から走り込んだ山口がボックス手前からダイレクトボレー。強烈なシュートがネットに突き刺さり2-4とリードを広げていた。 ▽山口は、Jリーグ公式サイトに次のようにコメントを寄せている。 「まず、素直にうれしいです。僕のゴールを選んでいただきましたがゴールまでの過程には誰かがいるわけで、このゴールはソウザ選手がドリブルで上がっていって、そのこぼれ球をシュートしたものでした。みんなで頑張って一緒に守ってチーム全員で獲ったゴールだったというのが一番良かったので、選ばれたのはうれしいです」 「今は、チームが勝つことが出来ているのでいい気持ちかもしれませんが、連戦や強豪チームとの対戦でチームが苦しくなる時がくると思います。そんな時でもより一層のサポートと応援で、皆さんと一緒に乗り切れると思います。これからも皆さんの力をください。よろしくお願いします」 ▽また、月間ベストゴールの選考委員会は以下のように総評を下している。 <span style="font-weight:700;">●好調セレッソのアグレッシブさを象徴した豪快かつ爽快なゴール</span> 「豪快かつ爽快な、見ていて気持ちの良いゴールだった。相手DFのスライディングをジャンプで交わしながらという難しい体勢の中、抑えの効いた技術力の高いシュートを放ったことが評価された。また、攻守の切り替えが速く、ディフェンスライン、中盤がトップスピードで攻撃に移る思い切りのよいC大阪のプレースタイルが、山口選手のゴールという結果に凝縮されていたことも注目を集めた。相手チームの対応、守備のプレッシャーがかかる中、各選手がチームの中でそれぞれの役割を果たし、最後に結果を得るといった「好調セレッソ」を象徴するゴールを決めたことが評価され、受賞につながった」 ▽なお、6月度のノミネートゴールは以下のとおり。 第14節:富樫敬真(横浜F・マリノス) 6月4日 vs川崎フロンターレ/84分 第15節:阿部浩之(川崎フロンターレ) 6月17日 vsサンフレッチェ広島/56分 第15節:天野純(横浜F・マリノス) 6月18日 vsFC東京/88分 第16節:柿谷曜一朗(セレッソ大阪) 6月25日 vsベガルタ仙台/16分 第16節:山口蛍(セレッソ大阪) 6月25日 vsベガルタ仙台/68分 第16節:中町公祐(横浜F・マリノス) 6月25日 vsヴィッセル神戸/47分 2017.07.07 16:27 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly