乾エイバルがポルトから左SBのホセ・アンヘルを完全移籍で獲得2017.07.15 00:18 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エイバルは14日、ポルトのスペイン人DFホセ・アンヘル(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間となっている。

▽スポルティング・ヒホンのカンテラ出身であるホセ・アンヘルは、2011年夏にローマへ移籍。その後、ソシエダへのレンタル移籍を経て2014年夏にポルトへ完全移籍。しかし、レギュラーを掴むには至らず2016年夏にビジャレアルへレンタル移籍していた。2016-17シーズンはそのビジャレアルでリーガエスパニョーラ7試合に出場していた。

▽ホセ・アンヘルは左サイドバックを本職とするため、左MFでレギュラーを張る日本代表MF乾貴士とは新シーズン、同サイドでコンビを組むことが濃厚だ。
コメント
関連ニュース
thumb

主審がモラタの首を小突く? コケも批判「レフェリーが間違ったことをした」

リーガエスパニョーラ第33節のエイバルvsアトレティコ・マドリーとの試合で主審がスペイン代表FWアルバロ・モラタにちょっかいを出していたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 試合はアトレティコがMFトマ・レマルのゴールで1-0の勝利。だが、この試合で注目を集めたのは、モラタと主審のハビエル・アルベロラ氏とのやり取りだ。88分にアルベロラ氏は自身の前を通り過ぎたモラタの首を小突く暴挙に。これに激昂したモラタはすぐさま猛抗議を行っていた。 アトレティコに関しては、先日にFWジエゴ・コスタが審判への侮辱行為により8試合の出場停止になったばかりだが、今回のアルベロラ氏の行為についてはMFコケも厳しい態度を見せている。 「レフェリーが選手の首の後ろを小突くなんて見たことないよ」 「何があったかわからない。ときに選手はレフェリーに対して間違った振る舞いをしてしまう。今回はレフェリーがアルバロ(・モラタ)に間違ったことをした」 「要するにすべての人間は間違いを犯すものだけど、その場合は調査を受ける必要があると思う」 「今回の一件が処罰の対象になるかはわからねいけど、調査を受ける必要があると思うよ」 2019.04.21 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、エイバル守護神の好守に苦しむもレマルのゴールで競り勝つ《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは20日、リーガエスパニョーラ第33節でエイバルと対戦し、1-0で勝利した。 ここまで勝ち点65で首位バルセロナと勝ち点差9で2位に付けているアトレティコ。残る試合は6つと、望みはかなり薄いが僅かな可能性をかけて挑む今節は、2-0で勝利した前節のセルタ戦からスタメンを5人変更。DF陣を総入れ替えした他、グリーズマンがベンチ外となった。 まずチャンスを作ったのはアウェイのエイバル。キックオフから最初のプレーで、ボックス内でパスを受けたカルドナが素早く反転してシュートを打つ。 このシュートが枠の左に外れ、ホッと胸を撫で下ろしたアトレティコも8分、敵陣中央のモラタのスルーパスを受けたコレアがGKと一対一に。だが、股下を狙ったシュートはGKドミトロビッチのファインセーブに阻まれた。 16分にはトーマスの浮き球パスからモラタがボックスへ侵攻。シュート直前に後ろから倒されたが、ノーファウルの判定。 早くも互いにゴールチャンスが訪れたスペクタクルな試合だったが、その後は停滞。両チームともシュートまで運べず、35分にようやくエイバルのエンリケがボックスの外からシュートを打ったが枠の外に外れた。一方、アトレティコは前半アディショナルタイムのトーマスのシュートがこの試合2本目のシュートとなった。 ゴールレスで迎えた後半、エイバルが最初のセットプレーでビッグチャンスを迎える。47分、ボックスからやや離れた右ハーフスペースからのFK。ホルダンのクロスをエンリケがヘディングシュート。見事にタイミングの合ったシュートだったが、コースを狙いすぎたか枠の左に外れてしまった。 それから3分後、アトレティコにもビッグチャンス。ビトロのスルーパスからボックス左に侵入したモラタが流し込みにかかったが、左足のシュートは惜しくも右に逸れた。53分にはビトロのドリブルのこぼれ球をコケがボックスの外から狙うも、カーブがかけられたシュートはGKに止められた。 55分にアトレティコはコレアを下げてレマルを投入。61分にはビトロに代えてフィリペ・ルイスをピッチへ。70分にはアリアスに代わりカリニッチが入った。 アトレティコは79分のFKの場面。コケが右から上げたクロスにゴディンが反応。フリーで頭で合わせたが、GKドミトロビッチがこの日再三のファインセーブで立ちはだかる。 しかし迎えた85分、ようやくその堅い守備をこじ開けた。右サイドで相手のクリアを跳ね返したアトレティコは、カリニッチからコケにスルーパス。ボックス右に入ったコケから中へ折り返されると、レマルがこれを押し込んでついにネットを揺らした。 こうなるとリーグ最少失点のアトレティコの専門分野。最後まで相手に得点を許さず、らしい試合内容で連勝を収めた。 2019.04.21 01:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン、低調な出来に「何も懸かっていない状態でのプレーは困難」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がエイバル戦について語った。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 レアル・マドリーは6日にリーガエスパニョーラ第31節でエイバルと対戦した。試合は39分にFWカルドナのゴールでエイバルが先行。しかし、59分と81分にFWカリム・ベンゼマがヘディングで2ゴールを奪い、逆転勝利を収めた。 試合後のインタビューに応じたジダン監督は、低調な出来についてモチベーションを上げることが難しいと認めつつも、逆転を成し遂げた選手を称えた。 「今シーズン、タイトルを獲得することはできない。私たちはそれを分かっている。何も懸かっていない状態でのプレーは困難なんだ」 「後半に入ってから変わった。我々はよく走り、チームとして戦えた。(前半とは打って変わって)最終的にはハードに戦い、お互いを助け合えた。選手たちを祝福しなければならないね」 2019.04.07 22:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ベンゼマのドブレーテで逆転のマドリーが前回大敗のエイバルにリベンジ!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第31節、レアル・マドリーvsエイバルが6日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-1で逆転勝利した。 前節、好調バレンシアを相手に1-2で敗れた3位のレアル・マドリーはジダン体制3戦目にして初黒星を喫することになった。その敗戦からのリバウンドメンタリティが試される今節は10位のエイバルと対戦。 前回対戦で屈辱的な0-3の惨敗を喫したエイバル相手にリベンジを狙うホームチームは、キャプテンのセルヒオ・ラモス、マルセロをベンチ外としヴァラン、レギロンを先発起用したほか、カゼミロ、クロース、ルーカス・バスケスをベンチに置きベイル、イスコ、バルベルデを起用した。 アンカーのバルベルデの前にイスコとモドリッチを並べた攻撃的な[4-3-3]の布陣で臨んだマドリーだが、立ち上がりから猛然とハイプレスを仕掛けるアウェイチームの出足に苦戦。それでも、5分と9分にはいずれも相手ディフェンスラインの背後に飛び出したベイルが続けて決定機に絡むが、いずれもオフサイドの判定に。 その後はホームのマドリーがボールの主導権を握って相手陣内に攻め込む場面を増やしていくが、最後の場面で連係ミスや相手守備の粘りに遭い、なかなか決定機まで持ち込めない。 すると39分、左サイドで高い位置を取ったククレジャから横パスを受けたエスカランテがボックス右に走り込むカルドナへ絶妙な斜めのスルーパスを通す。ここでGKを冷静に外したカルドナが豪快にゴールネットへ右足のシュートを突き刺し、アウェイのエイバルが先制点を奪った。 前半終了時にホームサポーターから厳しいブーイングを受けたマドリーは、後半立ち上がりに相手ゴールに迫る。54分、ベイルからのロングスルーパスに抜け出したベンゼマがGKとDFの連携ミスから拾ったこぼれ球を無人のゴールへ流し込むが、ここはラインブレイクの場面でオフサイドを取られる。 この試合2つのオフサイドでゴールを取り消されたベンゼマだったが、3度目の正直でゴールをこじ開ける。59分、右サイド深くでアセンシオが上げたクロスをうまくDF2枚の間に入ったベンゼマが頭で左隅に流し込んだ。 これで一気にマドリーが逆転に持ち込むかに思われたが、同点以降やや攻めあぐねるマドリーは相手に決定機こそ与えないものの完全に攻撃が停滞してしまう。これを受けてジダン監督は76分過ぎにモドリッチ、ベイルを下げてクロースとバスケスを同時投入。 すると、この選手交代が逆転ゴールをもたらす。81分、右CKの場面でショートコーナーから右サイドのクロースが正確なクロスを入れると、これをファーで競り勝ったベンゼマが再び頭で合わせた。 ベンゼマのドブレーテで試合をひっくり返したマドリーはその勢いを生かして3点目を目指す。しかし、ハットトリックが懸かるベンゼマがバスケスからの2度のプレゼントパスを決め切れず。さらに後半アディショナルタイムにはボックス左から見事な右足のシュートを放つが、今度は右ポストに阻まれる。 点差を広げられずに嫌な空気も漂ったが、このままエイバルの反撃を凌ぎ切ったマドリーが2-1で逆転勝利。前回対戦で大敗したエイバルにリベンジを果たすとともにリーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。 2019.04.07 01:33 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ラムジーの後釜にエイバルMFをリストアップか

エイバルに所属するスペイン人MFホアン・ホルダン(24)にアーセナルの関心報道が飛び出した。スペイン『マルカ』が報じた。 エスパニョールの下部組織出身のホルダンは、2014年にトップチームへ昇格。2017年に加入したエイバルでは、加入初年度からレギュラーを獲得すると今季もここまで公式戦29試合に出場し3ゴール4アシストをマークしている 185cmの恵まれた体躯を誇るセントラルMFには、アーセナルの他にもセビージャやバレンシア、古巣エスパニョールらが動向を注視しているという。中でも、アーセナルは退団が濃厚なウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)の後釜として、ホルダンに興味を抱いている模様だ。 なお、同紙は2020年までエイバルとの契約を残すホルダンの獲得には、1500万ユーロ(約18億6500万円)の移籍金が必要だと伝えている。 2019.03.29 00:55 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース