ニュース

thumb

実はJリーグ屈指の裏ストライカーってあの人だった?! の巻/倉井史也のJリーグ

Jリーグアウォーズ見て思ったわけですよ。そりゃサッカーってチームスポーツだから上位のチームの選手は活躍したってことになるでしょ。でもね、下のほうのチームだって頑張った選手いたじゃないですか。 たとえばチーム全体の得点数が少ない中で10点を取った選手って、得点数の多いチームで10点取った選手と違うんじゃないです? 2020.12.27 12:26 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎F以外から3名選出、ユーザー選出のJ1年間ベスト11が決定! 最多得票はMF三笘薫《超WSアウォーズ2020 Jリーグ》

ユーザーの皆さまに投票いただいた『超WSアウォーズ2020 Jリーグ』。多くの皆さまのご協力により、2020シーズンのJ1年間ベストイレブンが決定しました。 今シーズンはレギュラーシーズン出場試合数が20試合以上の選手を対象とし、J1全18チーム中総勢253名の中からベストイレブン、最優秀選手を選出して頂きました 2020.12.23 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

キャプテンとしてチームを支えた川崎Fの谷口彰悟「本当に全員で掴み取ったJ1優勝」《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズでベストイレブンが発表され、各選手のコメントが届けられた。 優勝した川崎フロンターレから史上最多9名の選手が選ばれた中、そこに名を連ねたのがキャプテンとしてチームを支えたDF谷口彰悟だ。 今季は30試合に出場し3ゴールをマーク。勝てば優勝が決定するアウェイでの大分ト 2020.12.23 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

キャリアハイの11得点を決めた川崎FのMF家長昭博「歴史的な瞬間に自分もいられて喜ばしい」《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズでベストイレブンが発表され、各選手のコメントが届けられた。 優勝した川崎フロンターレから史上最多9名の選手が選ばれた中、そこに名を連ねたのが常に違いを見せつけたMF家長昭博だ。 2017年に大宮アルディージャから加入すると1年目でチームは初優勝。2018年には連覇を 2020.12.23 08:15 Wed
twitterfacebook
thumb

新たなポジションで幅を広げた川崎FのMF田中碧「憲剛さんの素晴らしさを体感できた」《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズでベストイレブンが発表され、各選手のコメントが届けられた。 優勝した川崎フロンターレから史上最多9名の選手が選ばれた中、そこに名を連ねたのがMF田中碧だった。 川崎Fの下部組織出身の田中は、昨シーズンから頭角を表すと、今シーズンは31試合に出場して5得点を記録。今季 2020.12.23 07:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ルーキーながら得票数No.1だった川崎Fの三笘薫「MVPはオルンガ選手がふさわしい」《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズでベストイレブンが発表され、各選手のコメントが届けられた。 優勝した川崎フロンターレから史上最多9名の選手が選ばれた中、そこに名を連ねたのがルーキーながら13得点の活躍を見せたMF三笘薫だ。 筑波大学から加入した三笘はシーズン序盤は途中出場がメインに。それでも第7節 2020.12.23 07:15 Wed
twitterfacebook
thumb

王者の中盤を支えたMF守田英正「副主将だけに前回よりも嬉しい」《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズでベストイレブンが発表され、各選手のコメントが届けられた。 優勝した川崎フロンターレから史上最多9名の選手が選ばれた中、そこに名を連ねたのが王者の中盤の底を支え続けたMF守田英正。 今季は32試合に出場し1ゴールをマーク。シーズン半ばからアンカーの位置で出番を増やし 2020.12.22 23:43 Tue
twitterfacebook
thumb

加入1年目で18ゴールの鹿島FWエヴェラウド、ベスイレ入選に「努力のたまもの」《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズでベストイレブンが発表され、各選手のコメントが届けられた。 優勝した川崎フロンターレから史上最多9名の選手が選ばれた中、鹿島アントラーズからFWエヴェラウドが選出された。 今季加入のエヴェラウドはリーグ戦33試合に出場。序盤からコンスタントにネットを揺らし、8月1日 2020.12.22 23:29 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋戦リベンジ2ゴールのジェジエウがベストイレブン!「努力してきた成果」《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズでベストイレブンが発表され、各選手のコメントが届けられた。 優勝した川崎フロンターレから史上最多9名の選手が選ばれた中、王者の鉄壁の守りを築いたDFジェジエウが名を連ねた。 今季は29試合(2412分)に出場し3ゴールをマーク。10月18日に行われた第23節の名古屋 2020.12.22 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎F山根視来が初のベストイレブンも「自分が下手であることには変わりない」《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズでベストイレブンが発表され、各選手のコメントが届けられた。 優勝した川崎フロンターレから史上最多9名の選手が選ばれた中、右サイドバックにはDF山根視来が初選出された。今季は31試合(2738分)に出場し4ゴールを記録。第17節では味方のクロスを完璧なボレーで捉えるスーパー 2020.12.22 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎F守護神チョン・ソンリョンが2度目のベストイレブン入り!《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズでベストイレブンが発表され、各選手のコメントが届けられた。 優勝した川崎フロンターレから史上最多9名の選手が選ばれた中、GKには王者のゴールマウスに君臨した守護神チョン・ソンリョンが選出された。2018年以来2度目の受賞となる。 今季の川崎Fはその攻撃力が注目される 2020.12.22 22:20 Tue
twitterfacebook
thumb

MVP受賞の柏FWオルンガが28ゴールで最も印象深いのは「仙台戦のゴール」《2020Jリーグアウォーズ》

柏レイソルのケニア代表FWオルンガ(26)が、2020Jリーグの最優秀選手賞を受賞した。アフリカ出身の選手として初の受賞となった。 今シーズンは明治安田J1で32試合に出場し28得点を記録。柏の選手として初のJ1得点王になると、チームは7位で終了していた。 オルンガは最優秀選手賞受賞に際して、メディアの取材 2020.12.22 22:12 Tue
twitterfacebook
thumb

最優秀ゴールは湘南MF齊藤未月の超絶ロングシュート!「僕の全てが詰まったゴール」《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズにてベストゴールが発表された。 各月間ベストゴールゴールに選出されたセレッソ大阪のMF清武弘嗣やFW豊川雄太、浦和レッズのDFトーマス・デンらのゴールがノミネートされた中、2020シーズンの最優秀ゴールは、湘南ベルマーレMF齊藤未月が決めた、第27節ヴィッセル神戸戦のゴー 2020.12.22 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

各賞受賞者一覧 コロナ対策専門家チームにチェアマン特別賞《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズにおいて各賞の受賞者が発表された。 最優秀選手賞に選ばれたのは、28ゴールで得点王にも輝いたFWオルンガ(柏レイソル)。第5節から第11節の間には7試合連続ゴールを決めており、第7節のベガルタ仙台戦ではハットトリックも記録している。 また、そんなオルンガを含めたベス 2020.12.22 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

今季28発の柏FWオルンガが最優秀選手賞を受賞! アフリカ出身選手で初、得点王とのW受賞は8人目《2020Jリーグアウォーズ》

柏レイソルのケニア代表FWオルンガ(26)が、2020Jリーグの最優秀選手賞を受賞した。アフリカ出身の選手として初の受賞となった。 オルンガは、2018年にスペインのジローナから柏に加入。1年目は明治安田J1で10試合に出場し3得点。しかし、チームはJ2へと降格していた。 2年目は明治安田J2で大暴れ。30 2020.12.22 21:16 Tue
twitterfacebook
thumb

ベストイレブン発表!最強王者川崎Fから史上最多9名が選出!《2020Jリーグアウォーズ》

22日に行われた2020Jリーグアウォーズにおいてベストイレブンが発表された。 新型コロナウイルスの影響で多分に漏れず一時中断を強いられたJリーグも無事閉幕。例外的な過密スケージュールとなった中、2年ぶり3度目の王者に輝いた川崎フロンターレはまさに圧巻だった。 J1新記録の12連勝や最速優勝をはじめ、史上最 2020.12.22 21:02 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly