エイバル

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 エイバル 47 11 14 13 46 50 -4 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.19
23:15
リーガエスパニョーラ
第38節
エイバル 2 - 2 バルセロナ
2019.05.12
25:30
リーガエスパニョーラ
第37節
ビジャレアル 1 - 0 エイバル
2019.05.05
21:00
リーガエスパニョーラ
第36節
エイバル 1 - 0 レアル・ベティス
2019.04.28
19:00
リーガエスパニョーラ
第35節
バレンシア 0 - 1 エイバル
2019.04.23
26:30
リーガエスパニョーラ
第34節
ウエスカ 2 - 0 エイバル
基本データ

正式名称:SDエイバル

原語表記:Sociedad Deportiva Eibar

創立:1940年

ホームタウン:エイバル

チームカラー:赤紫/青

関連ニュース
thumb

コパ決勝控える王者バルセロナの最終戦はメッシの2発でドロー《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは19日、リーガエスパニョーラ最終節でエイバルとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 既にリーガ2連覇を決めているバルセロナが、25日に行われるコパ・デル・レイ決勝のバレンシア戦を見据える中、12位エイバルとの消化試合に臨んだ。 負傷中のスアレスやGKテア・シュテーゲン、デンベレらが欠場となった以外は現状のほぼベストメンバーで臨んだバルセロナは、3トップに右からセルジ・ロベルト、メッシ、マウコムと並べた。 5分にシャルレスに際どいボレーシュートを打たれたバルセロナは、エイバルとの一進一退の攻防を強いられる序盤となると、20分に失点する。セルジ・エンリクのポストプレーを受けたボックス左のククレジャが左足を振り抜くと、GKシレッセンの手を弾いたシュートがネットを揺らした。 22分にもピケのボールロストからシャルレスにGKシレッセンを強襲するシュートを浴びせられたバルセロナだったが、31分に同点とした。ビダルのスルーパスでボックス左に抜け出したメッシがGKとの一対一を制した。 さらに1分後、ラキティッチのスルーパスに抜け出したメッシがGKとの一対一を制し、バルセロナが一気に逆転に成功。VARで確認すると、メッシのポジションがオフサイドに見えたが、ゴールが認められた。 メッシの2ゴールで逆転したバルセロナだったが、前半追加タイム1分に同点とされる。GKシレッセンがボックス外に飛び出してヘディングでクリアしたものの、ルーズボールをボックス手前右のデ・ブラシスがハーフボレーでゴールへ蹴り込んだ。 2-2となって迎えた後半、開始7分にセルジ・エンリケのボレーシュートでゴールを脅かされたバルセロナは、61分に流れの中から上がっていたピケがGKドミトロビッチを強襲するシュートを放った。 しかし、その後もギアが上がらずにいると、81分にピンチ。だが、ゴール至近距離からのククレジャのシュートは枠の上に外れて助かった。 結局、試合は2-2のまま終了。王者バルセロナのリーガ最終戦は引き分けに終わった。 2019.05.20 01:08 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバルの得点源セルジ・エンリクが2022年まで契約延長

エイバルは10日、スペイン人FWセルジ・エンリク(29)が2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 2015年7月にヌマンシアからエイバルに加入したストライカーのセルジ・エンリクは、これまでエイバルで公式戦135試合に出場して34ゴール21アシストを記録。今季はリーガエスパニョーラ33試合に出場して7ゴール4アシストを記録し、11位に付けるチームの得点源として活躍している。 そのセルジ・エンリクにはワトフォードが興味を示していたようだが、今回の契約延長によって移籍の可能性は低くなったようだ。 2019.05.10 23:20 Fri
twitterfacebook
thumb

エイバルに武者修行中のククレジャ、今夏バルサ復帰か

エイバルに所属するスペイン人DFマルク・ククレジャ(20)に今夏、バルセロナに復帰する可能性が浮上している。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナ下部組織出身のククレジャは、2017年10月にコパ・デル・レイでトップチームデビュー。しかし、リーガエスパニョーラでピッチに立つことは無く、今シーズンにエイバルへ武者修行に出た。すると、バルセロナ仕込みの的確なポジショニングやテクニックを武器に国内での評価を高め、ここまで公式戦30試合1ゴール2アシストを記録している。 そんなククレジャに関しては、エイバルとの契約に200万ユーロ(約2億5000万円)の買取オプションが盛り込まれている。一方で、バルセロナ側にも400万ユーロ(約5億円)の買い戻しオプションが付随しており、ローン元がこれを行使する可能性があるようだ。 ただ、バルセロナは、ククレジャをスペイン代表DFジョルディ・アルバのバックアッパーとして残すことを考えてはいるものの、より高額な移籍金で他クラブに売却することも検討しているという。 今年3月には、ミランやドルトムント、ボルシアMGからの関心が報じられていたが、ククレジャは来シーズン、どのクラブでプレーするのだろうか。 2019.05.01 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、決定機決めきれずエイバルに土壇場被弾…CL出場権獲得へ痛すぎる敗戦《リーガエスパニョーラ》

バレンシアは28日、リーガエスパニョーラ第35節でエイバルをホームに迎え、0-1で敗れた。 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位・ヘタフェを3ポイント差で追走する6位・バレンシア(勝ち点52)。目標達成に向けて負けらない戦いが続く中、13位・エイバル(勝ち点40)をホームに迎えた。 2日にはヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグのアーセナル戦を控えるバレンシアは、2-3で撃ち負けたアトレティコ・マドリーとの前節からスタメンを4人変更。ディアカビ、ガライ、ソレール、サンティ・ミナに代えてロンカーリア、ガブリエウ、フェラン・トーレス、ロドリゴ・モレノを起用した。 勝ち点3が欲しいバレンシアは序盤から攻勢に。3分、中盤で細かく繋ぎ、コクランが最終ラインの裏へ浮き球のスルーパスを供給。ガメイロが抜け出し、GKとの一対一を迎えたかに思われたが、オフサイドの判定が下される。 立ち上がりが経過すると、エイバルの速攻に苦戦し、幾度か自陣への侵攻を許す。それでもバレンシアは14分、ボックス右手前でFKを獲得。キッカーのパレホが右足を振り抜いてゴール左枠を捉えたが、ここはGKドミトロビッチにパンチングで阻まれた。 その後、再び決定機を作れないでいると、27分にピンチ。バイタルエリアに侵攻され、ホルダンのパスを受けたペーニャに自陣ボックス左外からのクロスを許す。ファーサイドでフリーになっていたオレジャーナに頭で合わされるも、GKネトがブロックして失点のピンチを防ぐ。 エイバルのハイラインとプレッシングの前に攻めあぐねる時間帯が続くバレンシア。前半終了間際の44分にも相手の左CKがファーサイドに抜けると、ガヤがクリアしようとしたボールがゴール方向に向かい、あわやオウンゴールとなりそうな場面を迎えるも、GKネトが冷静に対処して難を逃れた。 バレンシアは後半、敵陣への侵攻回数こそ増加させるも、フィニッシュまで結びつけることができない。58分にはフェラン・トーレスに代えてソレールを投入し、攻撃の活性化を図る。 すると徐々にバレンシアの攻撃に活気が。62分、縦パスを受けたガメイロがワンタッチで落として相手最終ラインの背後を狙う。この動きを見逃さなかったパレホが浮き球のスルーパスを供給し、ボックス右でガメイロがGKとの一対一を迎えるが、右足で放ったシュートは、GKドミトロビッチの頭上を射抜くことができず。パンチングで防がれた。 さらにバレンシアはその1分後、ハーフウェイライン手前の位置でパレホのフリックを受けたコクランがワンタッチで相手守備陣の裏にスルーパス。走り込んだガメイロがボックス右に侵攻し、再びGKとの一対一を迎えると、ファーサイドにはロドリゴ・モレノも並走していた中、シュートを選択する。しかし、この絶好機で大きくふかしてしまい、先制点を奪うことができない。 その後、バレンシアは77分にソブリーノ、83分にはサンティ・ミナを投入。すると90分にこの日、一番の決定機が。ボックス手前でパスを受けたパレホがボックス左に浮き球を供給。これを受けたガヤがゴール前にラストパスを送る。最後はフリーのサンティ・ミナが右足を合わせたが、うまくミートしきれず。ボールは無情にもゴール右外へと外れた。 絶好機を逸し、ドロー濃厚となったバレンシア。ところが、ここまで決めきれなかったツケが最悪な形で回ってくる。後半アディショナルタイム3分、自陣ボックス手前のルーズボールをデ・ブラシスに触られると、カバーを試みたガヤが頭で触る。しかし、このボールがゴール前に転がってしまうと、これを見逃さなかったシャルレスにゴールへ流し込まれた。 決定機を決めきれず、土壇場で失点したバレンシアが0-1で敗戦。CL出場へ痛すぎる敗戦を喫した。 2019.04.28 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

主審がモラタの首を小突く? コケも批判「レフェリーが間違ったことをした」

リーガエスパニョーラ第33節のエイバルvsアトレティコ・マドリーとの試合で主審がスペイン代表FWアルバロ・モラタにちょっかいを出していたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 試合はアトレティコがMFトマ・レマルのゴールで1-0の勝利。だが、この試合で注目を集めたのは、モラタと主審のハビエル・アルベロラ氏とのやり取りだ。88分にアルベロラ氏は自身の前を通り過ぎたモラタの首を小突く暴挙に。これに激昂したモラタはすぐさま猛抗議を行っていた。 アトレティコに関しては、先日にFWジエゴ・コスタが審判への侮辱行為により8試合の出場停止になったばかりだが、今回のアルベロラ氏の行為についてはMFコケも厳しい態度を見せている。 「レフェリーが選手の首の後ろを小突くなんて見たことないよ」 「何があったかわからない。ときに選手はレフェリーに対して間違った振る舞いをしてしまう。今回はレフェリーがアルバロ(・モラタ)に間違ったことをした」 「要するにすべての人間は間違いを犯すものだけど、その場合は調査を受ける必要があると思う」 「今回の一件が処罰の対象になるかはわからねいけど、調査を受ける必要があると思うよ」 2019.04.21 21:20 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング