イングランド指揮官がPK戦決着の準々決勝に 「ここまでで最高の試合」

2024.07.07 08:50 Sun
イングランド代表を率いるサウスゲイト監督
Getty Images
イングランド代表を率いるサウスゲイト監督
イングランド代表が苦しみながらもユーロ2024のベスト4に駒を進めた。イングランドは6日の準々決勝でスイス代表と対戦。0-1の80分にブカヨ・サカのゴールで追いつくと、延長戦を経てのPK戦を制して、2大会連続の準決勝進出を果たした。
薄氷を踏む勝利だが、UEFA公式サイトによると、ガレス・サウスゲイト監督は「選手たちは素晴らしかった。ここまでで最高の試合だ」と振り返っている。

「ボールを持って相手に多くの問題を起こした。相手は本当に良いチームで、プレッシャーをかけるのも、守るのも難しく、動きも良い。それでも、我々が気概と粘り強さを発揮した。こういうトーナメントで勝っていくには良いプレーをするだけでなく、ほかのあらゆる資質も示していかないといけない」

勝負を分けたPK戦にも「我々は良いプロセスを築いていて、これまで3回勝っている。(前回決勝で)負けた1回は痛手だった。チームには普段からPKを蹴る選手が多く、こういうPK戦の経験がある選手も増えているんだ」と話した。
いまだにすっきりしない試合が続くなかで、勝ち進むイングランドは準決勝でオランダ代表と激突する。

1 2

ガレス・サウスゲイトの関連記事

グレアム・ポッター氏(49)が指揮官復帰に意欲を示した。イギリス『BBC』が報じている。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンでの手腕が評価され、2022年夏からチェルシーに移ったポッター氏だが、1年もたずに解任の憂き目に。そこから充電期間に入り、無所属が続く。 今夏はアヤックスなどと紐付く時期もあったが、依然として浪人の身というなか、最近ではガレス・サウスゲイト監督の退任を受けて、イングランドの新監督候補に浮上している。 ニューカッスル・ユナイテッドのエディ・ハウ監督やU-21イングランドのリー・カーズリー監督らとともに候補の1人となるポッター氏はイギリス『スカイ・スポーツ』で将来に言及した。 「もう準備できているし、次の挑戦を楽しみにしている」と監督業復帰を明言したなかで、「素晴らしい休暇を過ごした」とこの充電期間を振り返り、良い話が舞い込めばとした。 「休みをとるなかで、反省し、活力を取り戻すのは私にとって大事だった。他のもの、他のスポーツ、他のチームを観たり、場所を訪れる良い時間だったよ。準備万端だし、適切なチャンスが巡ってまた戻るのが楽しみだ」 2024.07.19 12:00 Fri
トッテナムのアンジェ・ポステコグルー監督(58)は、退任を発表したガレス・サウスゲイト監督の後任としてイングランドサッカー協会(FA)からの関心を受けているようだ。 2016年にイングランドの指揮官となったサウスゲイト監督は、2018年、2022年のワールドカップ(W杯)、2021年、2024年のユーロと4つの大会でチームを指揮。いずれも安定した結果を残しながらトロフィー獲得はならず、先月開催されたユーロ2024も準優勝に終わったことで、16日にFAが退任を発表した。 後任については、ニューカッスルのエディ・ハウ監督や、かつてブライトン&ホーヴ・アルビオンやチェルシーで指揮を執ったグラハム・ポッター氏の名が浮上中。そんな中で、イギリス『テレグラフ』によるとポステコグルー監督も後任候補となっているようだ。 これまで横浜F・マリノスやセルティックで指揮を執ってきたポステコグルー監督について、FAは長年にわたって注視していたとのこと。FAのテクニカル・ディレクターを務めるジョン・マクダーモット氏も、同指揮官の仕事ぶりに好印象を抱いているようだ。 ただし、ポステコグルー監督とトッテナムの契約は2027年夏まで。指揮官自身、FAからの関心について「私はトッテナムの監督であり、このクラブに成功をもたらすと決意している。そこに完全にフォーカスしているつもりだ」と語っていることから、招へいは非常に困難なミッションになると予想される。 2024.07.18 12:10 Thu
イングランド代表を退任したガレス・サウスゲイト監督(53)だが、将来的にもマンチェスター・ユナイテッド行きの可能性は低いようだ。 サウスゲイト監督はイングランド代表指揮官として、2018年、2022年のワールドカップ(W杯)、2021年、2024年のユーロと4つの大会でチームを指揮。いずれも安定した結果を残しながらタイトルには手が届かず、先月開催されたユーロ2024も準優勝に終わったことで、16日にイングランドサッカー協会(FA)が退任を発表した。 そのサウスゲイト監督には、かねてよりユナイテッドの指揮官就任の噂も。昨シーズン限りでエリク・テン・ハグ監督が解任された場合には、後任の最有力候補と一部メディアでは報じられていた。 しかし、結局ユナイテッドはテン・ハグ監督の続投を発表。加えて、イギリス『デイリー・メール』によると仮に新シーズンで低迷し、テン・ハグ監督を解任したとしても、ユナイテッド上層部がサウスゲイト監督を後任に据える可能性は極めて低いようだ。 もし、テン・ハグ監督と袂を分かった場合、ユナイテッドが後任の最有力と見込んでいるのは、チェルシーやバイエルンで指揮を執っていたトーマス・トゥヘル氏とのこと。もちろん、クラブとしては現在テン・ハグ監督のサポートに全力を尽くす姿勢と伝えられている。 イングランド代表では多くの選手からも慕われていたサウスゲイト監督だが、果たして新天地がどこになるのか、今後の動向が注目されている。 2024.07.17 18:45 Wed
ニューカッスルはエディ・ハウ監督(46)をイングランド代表に譲らないつもりだ。イギリス『BBC』が伝えた。 16日、イングランドサッカー協会(FA)は2016年9月からイングランド代表を率いてきたガレス・サウスゲイト監督の辞任を発表。9月にはUEFAネーションズリーグの戦いが控えることから、ハウ監督をはじめとする数名の指揮官が早くも後任候補に挙がっている。 現在ニューカッスルはドイツの地でプレシーズンのトレーニングキャンプを実施。最高経営責任者(CEO)を務めるダレン・イールズ氏は、そのなかでメディアの取材に応じ、クラブをチャンピオンズリーグ(CL)出場にも導いた指揮官への信頼を口にした。 「それ(イングランド代表監督就任)は憶測だ。エディがクラブにとって素晴らしい監督であることは明らかで、これまでやってきたことや示してきたことの通り、クラブに献身してきた」 「我々は明らかに彼にコミットしている。昨年の夏、彼は複数年の契約延長にサインしたし、我々はエキサイティングな旅の途中だ。我々にとって、エディは我々を導いてくれる人物だ」 また、イールズ氏はハウ監督との複数年契約を強調。具体的な年数は明かされていないものの、今後もクラブを成功に導いてくれると疑って止まないようだ。 「まず言っておきたいのは、どんな組織であれ、良い成績を残せば他のクラブからの憶測が飛び交うものだ。だが、エディはクラブとの長期契約下にある」 「彼はクラブサッカーの日々を愛しているし、オーナー陣からのコミットメントと我々が目指すべき道のりにおいて、ここにはエキサイティングなプロジェクトがある。我々は新シーズンに向けて本当にわくわくしている」 さらに、FAからアプローチがあった場合、引き留めるために抗うかという問いについては、「当然だ」と回答。ハウ監督への期待を繰り返した。 「彼はニューカッスル・ユナイテッドが取り組んでいるプロジェクトに最適な人物だ。だからこそ我々は彼との長期契約にコミットしているし、彼がニューカッスルにふさわしい人物だと考えている。我々は彼を愛している」 2024.07.17 16:11 Wed
イングランド代表FWハリー・ケインが、退任のガレス・サウスゲイト監督に惜別の言葉を送った。 先月から開催されたユーロ2024では、内容について批判がありながらも順調に勝ち進み決勝まで進出したイングランド。しかし、2大会連続となった決勝の舞台ではスペイン代表相手に惜しくも敗れ、準優勝の結果に終わった。 こうした結果もあり、イングランドサッカー協会(FA)は16日にサウスゲイト監督の辞任を発表。2018年、2022年のワールドカップ(W杯)、2021年、2024年のユーロと4つの大会でチームを指揮し、いずれも安定した結果を残しながら惜しくもタイトルには手が届かなかった。 この発表を受け、イングランド代表でキャプテンを務めているケインは自身の公式X(旧ツイッター)を更新。サウスゲイト監督に対して、感謝のメッセージを送っている。 「ボス。僕と国のためにしてくれたことすべてに感謝しています。あなたはイングランド史上最高の監督の一人であり、その人物の下でキャプテンを務めることができて光栄でした。あなたは僕たちの国民とチームを再び結びつけ、信じられるようにしてくれました」 「たくさんのハイライトがあり、僕たちは永遠に残る思い出を一緒に作りました。次の章でも頑張ってください。またどこかで会えると確信しています。ありがとう!ボス」 2024.07.17 15:55 Wed

記事をさがす

ガレス・サウスゲイトの人気記事ランキング

1

ユーロ2024ベスト4決定! 優勝経験国は3つ、わずか1ゴールや唯一の全勝など4強の今大会を振り返る【ユーロ2024】

ユーロ2024も準々決勝の4試合が終了。大会はベスト4の4カ国が残った。 勝ち上がったのはスペイン代表、フランス代表、イングランド代表、オランダ代表の4カ国。イングランド以外の3カ国はユーロの優勝経験があり、イングランドは前回大会のファイナリストだ。 優勝候補が勝ち残った今大会。改めて4カ国の今大会を振り返る。 <span class="paragraph-subtitle">◆悲願の初優勝へ〜イングランド〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_england_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 2021年に行われた前回大会は決勝まで勝ち進んだものの、イタリア代表との決勝で敗れて優勝を逃すことに。今大会も優勝国保の一角だった。 しかし、グループCを戦った今大会は、初戦のセルビア代表戦こそ勝利したものの、デンマーク代表(1-1)、スロベニア代表(0-0)と低調なパフォーマンスに終わり、ガレス・サウスゲイト監督への批判が高まることとなった。 ラウンド16では、スロバキア代表との戦いで敗戦に終わると誰もが思った中、最終盤にジュード・ベリンガムが衝撃のバイシクルシュートを決めて追いつくと、延長戦ではハリー・ケインがゴールを奪い、2-1で勝利。準々決勝のスイス代表戦は先制を許すもブカヨ・サカのゴールで追いつくと、PK戦で勝利を収めた。 快勝はまだない今大会だが、しぶとく勝ち上がってきたとも言えるだけに、2大会連続の決勝進出が期待されている。 ◆最多得点:ジュード・ベリンガム、ハリー・ケイン/2点 ◆グループC 1-0 vs セルビア代表 1-1 vs デンマーク代表 0-0 vs スロベニア代表 ◆ラウンド16 2-1(延長) vs スロバキア代表 ◆準々決勝 1-1 (PK:5-3) vs スイス代表 ◆準決勝 vs オランダ代表 <span class="paragraph-subtitle">◆本領発揮はいつ?たった1ゴールでベスト4〜フランス〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_france_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 優勝候補の一角であるフランス代表。2000年以来の優勝を目指して戦う大会となった。 厳しいグループに入ったフランスだが、初戦のオーストリア代表戦で1-0と勝利すると、続くオランダ代表(0-0)、ポーランド代表(1-1)と連続ドロー。エースのFWキリアン・ムバッペが初戦で鼻骨を骨折した影響もあり、ここまで大人しい状況だ。 ラウンド16では、同じ優勝候補のベルギー代表相手に1-0で勝利。準々決勝では、こちらも優勝候補のポルトガル代表と激闘を繰り広げてPK戦の末に勝利を収めている。 期待されるムバッペはここまでまだ1ゴール。それでいて、チームが上げたゴールもたったの「1」。ワールドカップに続いてのタイトル獲得に力を温存しているのだろうか? ◆最多得点:キリアン・ムバッペ/1点 ◆グループD 1-0 vs オーストリア代表 0-0 vs オランダ代表 1-1 vs ポーランド代表 ◆ラウンド16 1-0 vs ベルギー代表 ◆準々決勝 0-0 (PK:3-5) vs ポルトガル代表 ◆準決勝 vs スペイン代表 <span class="paragraph-subtitle">◆オランイェの復活なるか〜オランダ〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_netherlands_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 最後に優勝したのは1988年と36年前。近年は国際舞台でもなかなかその名を轟かせることができていなかった。 レジェンドであるロナルド・クーマン監督が率いるチームは、グループステージの初戦でポーランド代表に勝利を収めると、フランス代表とは引き分け。最終節はオーストリア代表に敗れるという波乱があり、3位でのグループステージ突破となった。 3位チームとして唯一ベスト4まで勝ち上がったオランダ。ルーマニア代表に3-0と快勝すると、準々決勝ではトルコ代表に逆転勝利。得点ランキングトップタイに立つコーディ・ガクポは3ゴールを記録しており、2ゴールのドニエル・マレンとの強力コンビは注目だ。 ◆最多得点:コーディ・ガクポ/3点 ◆グループD 2-1 vs ポーランド代表 0-0 vs フランス代表 2-3 vs オーストリア代表 ◆ラウンド16 3-0 vs ルーマニア代表 ◆準々決勝 2-1 vsトルコ代表 ◆準決勝 vs イングランド代表 <span class="paragraph-subtitle">◆今大会唯一の全勝〜スペイン〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_spain_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 過去3度ユーロで優勝を果たしているスペイン。今大会は死のグループとも言われたグループBに入り、王者イタリア代表、W杯3位のクロアチア代表、伏兵アルバニア代表と同居した。 それでも初戦でクロアチアに3-0と快勝スタートすると、イタリア代表に1-0、アルバニア代表に1-0と今大会唯一のグループステージ3連勝。ラウンド16ではジョージア代表に勝利すると、準々決勝はドイツ代表に延長戦の末に勝利した。 懸念点は準々決勝で負傷したMFペドリが復帰絶望になったこと。多くの選手がゴールを奪っていることがプラスに働くかどうかがポイントになる。 ◆最多得点:ファビアン・ルイス、ダニ・オルモ/2点 ◆グループB 3-0 vs クロアチア代表 1-0 vs イタリア代表 1-0 vs アルバニア代表 ◆ラウンド16 4-1 vs ジョージア代表 ◆準々決勝 2-1(延長) vs ドイツ代表 ◆準決勝 vs フランス代表 <span class="paragraph-title">【動画】優勝候補の一角、スペイン代表の戦いを振り返る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIr9NxdbGxY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.07 12:55 Sun
2

ユーロ準優勝のイングランド代表、8年指揮したサウスゲイト監督が退任を表明「イングランド代表を率いることは生涯の栄誉だった」

イングランドサッカー協会(FA)は16日、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督(53)の辞任を発表した。また、アシスタントコーチのスティーブ・ホランド氏(54)も退任する。 現役時代はイングランド代表としてもプレーし、クリスタル・パレス、アストン・ビラ、ミドルズブラでプレーしたサウスゲイト監督。引退後は、ミドルズブラで監督業をスタートすると、2011年1月にイングランド代表のアカデミーマネージャーに就任。その後、U-21イングランド代表監督を務め、2016年9月にイングランド代表の監督に就任した。 監督就任後102試合を指揮し、64勝20分け18敗の成績を残していた。 サウスゲイト監督は2018年、2022年のワールドカップ(W杯)、2021年、2024年のユーロと4つの大会で指揮。2018年のロシアW杯で4位となると、2021年のユーロでは決勝まで駒を進めるも、イタリア代表に敗れて準優勝となった。 2022年のカタールW杯は準々決勝でフランス代表に敗れて敗退。そして、先日まで行われたユーロ2024では、2大会連続で決勝まで進むも、スペイン代表に敗れて再び準優勝。悲願のユーロ制覇を逃していた。 不安定な戦いが続き、選手起用などを含めてサウスゲイト監督には批判的な声が多く集まっており、今年12月で契約が満了を迎えることもあって退任を求める声が多くなっていた中、自ら辞任を表明した。 サウスゲイト監督は、FAを通じてコメント。「誇り高きイギリス人として、イングランド代表としてプレーし、イングランド代表を率いることは生涯の栄誉だった。私にとってそれは全てを意味し、全力を尽くしてきた」と語り、「しかし、今こそ変化の時、そして新たな章の始まりだ。日曜日のベルリンでのスペインとの決勝戦が、私のイングランド代表監督としての最後の試合だった」と、ユーロをもって退任するとした。 2024.07.16 19:15 Tue
3

2大会連続準優勝にショック受ける守護神ピックフォード…「留任してくれることを願っている」と指揮官続投を支持

イングランド代表の守護神ジョーダン・ピックフォードが、2大会連続でのユーロ決勝での敗退後に指揮官を擁護した。 14日、ユーロ2024決勝が行われ、イングランド代表はスペイン代表と対戦した。イタリア代表の前に屈した前回大会に続き1-2の敗戦を喫し、悲願の欧州初制覇を逃した。 今大会ではスイス代表とのラウンド16でPK戦勝利の立役者となるなど、守護神として全試合に出場し、準優勝に貢献したピックフォード。 試合直後のイギリス『ITV』のフラッシュインタビューでは「本当に言葉がないよ。ただ、全力を尽くした」とエモーショナルな態度で試合を振り返った。 また、今大会では優勝候補に挙がりながらも、開幕前の選手選考や用兵の部分で批判を受けていたガレス・サウスゲイト監督に対して、出場国トップクラスのタレントを活かし切れなかったという部分で、今大会での退任を望む声も挙がっている。 だが、守護神は「彼は史上最高のイングランド代表監督」との擁護の言葉と共に、続投を支持した。 「僕らは素晴らしい旅をしてきた」 「彼が留任してくれることを願っている。僕らが成し遂げてきたことの歴史を見ると、彼は史上最高のイングランド代表監督だからだ。素晴らしい成果を上げてきているけど、まだゴールには達していないと言いたい」 「4つのメジャー大会で連続して2回の決勝、1回の準決勝、1回の準々決勝に進出したのは素晴らしい成果だ。しかし、最後にそのトロフィーを掲げられなかったことは、僕らにとって大きな痛みをもたらしている。チームとしてずっと望んでいたのはそれだけであり、それが達成できなかったのは、僕らにとって大きな痛手だ」 2024.07.15 14:50 Mon
4

「素晴らしい経験」2大会連続で決勝で涙…サウスゲイト監督はスペインを祝福も若手選手へ期待「彼らにとって辛いことだが、立ち直れない理由はない」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、ユーロ2024を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 14日、ユーロ2024決勝が行われ、イングランド代表はスペイン代表と対戦した。 2021年の前回大会も決勝まで進んだが、イタリア代表の前に優勝を逃したイングランド。サウスゲイト監督にとっては2度目の挑戦となり、悲願のユーロ制覇を望む中、最多4度目の優勝を目指すスペインと対戦した。 試合は互いにゴールへの圧力をかけていく中、スペインが優勢に試合を進めるもイングランドはしっかりと守りゴールレスで前半を終える。すると後半早々に失点。嫌な空気が流れたが、73分にブカヨ・サカの仕掛けから最後はコール・パーマーがミドルシュートをねじ込んで同点とする。 一進一退の攻防が続く中、スペインは86分にミケル・オヤルサバルのゴールで勝ち越し。イングランドはまたしても決勝で敗れ、2大会連続の準優勝に終わってしまった。 試合後、失意のサウスゲイト監督は、優勝したスペインを称え、自分たちの戦い方を反省。スペインのプレスにしてやられたとした。 「まずは、スペイン代表を祝福したい。彼らは今大会で最高のチームだと思っていたし、今夜はより良いチームだった」 「我々の最大の問題は、ボールをうまく使えなかったことだ。前半はチームとして非常に良く守ったが、ボールを奪った時、相手のカウンタープレスをうまく切り抜けられなかった」 「後半はとにかく疲れ始めていたため、ボールを上手くキープできないと負担が大きくなり過ぎてしまう。結局、それが彼らにチャンスが巡ってきた理由だろう」 今大会のチームは若手選手が多くいる中、将来への期待を口に。今は辛いが立ち直ることになるとした。 「彼らは過去8年間で2回の決勝と1回の準決勝に進出している。これから6〜8年は活躍する若い選手がたくさんいる。現時点では彼らにとって辛いことだが、立ち直れない理由はない」 そして準優勝に終わった今大会を総括。優勝するにはまだ力が足りないとした。 「この大会は素晴らしい経験だった。決勝で歴史を作るチャンスを得られたことは、またしても大きな権利だったが、我々はまだそこには至っていないということだった」 <span class="paragraph-title">【動画】2大会連続の決勝も、またしても涙のイングランド…決勝スペイン戦</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YYCzdMxYnNc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.15 09:20 Mon
5

「今こそ変化の時、そして新たな章の始まり」イングランド代表監督を退任したサウスゲイト氏が感謝のメッセージ「私はイングランドのファンであり、これからもそうあり続ける」

イングランド代表監督を退任したガレス・サウスゲイト氏が、感謝と別れのメッセージを送った。 16日、イングランドサッカー協会(FA)はイングランド代表を指揮していたサウスゲイト監督の辞任を発表。およそ8年間にわたる指揮を終えることとなった。 在任期間中には、ワールドカップ(W杯)、ユーロに2度ずつ出場。W杯は4位とベスト8、ユーロは2大会連続準優勝という成績を残した中、辞任を決断していた。 8年間で102試合を指揮し、64勝20分け18敗の成績を残したサウスゲイト監督。最後は風当たりも強くなっていた中、若手を中心に臨んだユーロ2024でも一定の結果を残したが、国を率いることから離れることとなった。 サウスゲイト監督は改めてイングランド代表を指揮できたことに感謝。また、スタッフはイングランド国民のサポーターたちへの感謝も述べ、これからはファンとして見守っていくとFAを通じてコメントしている。 「誇り高きイギリス人として、イングランド代表としてプレーし、イングランド代表を率いることは生涯の栄誉だった。私にとってそれは全てを意味し、全力を尽くしてきた」 「しかし、今こそ変化の時、そして新たな章の始まりだ。日曜日のベルリンでのスペインとの決勝戦が、私のイングランド代表監督としての最後の試合だった」 「私はイングランドサッカーの成長を決意し、2011年にFAに加入した。その間、イングランドの男子代表監督としての8年間を含め、素晴らしい人々に支えられてきた。心から感謝している」 「スティーブ・ホランドほど、私のそばにいてくれる人はいなかった。彼は同世代で最も才能のあるコーチの1人で、素晴らしい存在だった」 「私は102試合で多くの選手を率いる栄誉に恵まれた。彼ら全員がスリーライオンズのユニフォームを着ることを誇りに思い、さまざまな形で国の名誉となっている」 「ドイツに連れて行ったチームは刺激的な若い才能に満ちており、我々全員が夢見るトロフィーを獲得できるだろう。彼らをとても誇りに思っている。そして、イングランドサッカーの向上に日々努めているセントジョージズ・パークの選手やチーム、そしてFAをサポートし、サッカーがポジティブな変化をもたらす力を持っていることを理解してほしいと思う」 「特にこの8年間、選手と私に惜しみないサポートをしてくれたバックルームのスタッフに感謝する。彼らの懸命な努力と献身性は、私に毎日インスピレーションを与えてくれた。素晴らしい『チームを支えるチーム』である彼らに、私はとても感謝している」 「我々には世界最高のファンがいて、彼らのサポートは私にとってかけがえのないものだ。私はイングランドのファンであり、これからもずっとそうあり続けるだろう」 「選手たちがさらに特別な思い出を作り、我々が知っているようにできる限り国民と結びつけ、国民を鼓舞していくのを見守り、祝福することを楽しみにしている」 「イングランドの全てに感謝する」 2024.07.16 19:45 Tue

イングランド代表の人気記事ランキング

1

オヤルサバル&ニコ・ウィリアムズ弾のスペインが3大会ぶり最多4度目の優勝、イングランドは2大会連続決勝で涙を呑む【ユーロ2024】

ユーロ2024決勝、スペイン代表vsイングランド代表が14日に行われ、2-1でスペインが勝利した。 5日前のフランス代表との準決勝をヤマルのユーロ史上最年少弾などで逆転勝利とし3大会ぶりに決勝に進出したスペインは、フランス戦のスタメンから2選手を変更。ナチョとヘスス・ナバスに代えて出場停止明けのカルバハルとル・ノルマンを起用した。 一方、4日前のオランダ代表との準決勝を同じく逆転勝利として2大会連続決勝に進出したイングランドは、トリッピアーに代えて今大会初スタメンとなるショーを抜擢した。 フォーデンをロドリに付けるフラットな[4-4-1-1]で臨んできたイングランドに対し、スペインが押し込む入りとする。しかし、集中した守備を見せるイングランド相手にシュートに持ち込むには至らない。 終始イングランドがスペインに好機を作らせず時間を進めると、追加タイムにはFKの流れからフォーデンが両チーム通じて初の枠内シュートを浴びせた中、ゴールレスでハーフタイムに入った。 迎えた後半、前半終盤の好シュートブロックで負傷したロドリがプレー続行不可能となり暗雲垂れ込めたスペインだったが、開始2分に先制する。バイタルエリア右でパスを受けたヤマルがカットイン。スルーパスを送ると、ボックス左に走り込んだニコ・ウィリアムズが左足ダイレクトでシュートを蹴り込んだ。 さらに2分後、ニコ・ウィリアムズのクサビのパスを受けたダニ・オルモがボックス左から際どいシュートを浴びせたスペインが流れを引き寄せると、56分にもニコ・ウィリアムズが決定的なミドルシュートを浴びせていった。 苦しいイングランドはケインを諦めてオランダ戦の殊勲者であるワトキンスを投入。[3-4-2-1]に変更すると、64分にはベリンガムが見事なターンからのミドルシュートで牽制した。 ひやりとしたスペインは66分、ダニ・オルモのスルーパスを受けたヤマルがボックス右からコントロールシュート。枠を捉えていたが、GKピックフォードのファインセーブに阻まれた。 守護神に救われたイングランドはパーマーを2シャドーの一角に投入。すると73分、そのパーマーが大仕事。サカの持ち上がりを起点にベリンガムがポストプレー。ボックス手前右のパーマーがコントロールシュートを流し込んだ。 追いつかれたスペインは82分に勝ち越しのビッグチャンス。ニコ・ウィリアムズ、ダニ・オルモと繋いでボックス右のヤマルが狙いすましてシュート。だが、コースが甘くGKピックフォードに阻まれた。 それでも86分、スペインに決勝点。決めたのはモラタに代わって出場していたオヤルサバル。自身が左サイドに展開した流れから、ククレジャのリターンクロスをボックス中央に走り込んでダイレクトで合わせた。 そして90分のCKの流れから迎えた大ピンチではライスとグエイのヘディングシュートをGKウナイ・シモンとダニ・オルモがゴールライン上での好守で凌ぎ、2-1で勝利。3大会ぶり最多4度目の優勝を飾っている。 スペイン 2-1 イングランド 【スペイン】 ニコ・ウィリアムズ(後2) ミケル・オヤルサバル(後41) 【イングランド】 コール・パーマー(後28) 2024.07.15 06:00 Mon
2

決勝で値千金の同点弾も…パーマーが準優勝悔いる「もう一歩先に進みたかった」

イングランド代表のMFコール・パーマーが決勝を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 ユーロ2024では2大会連続の決勝進出を果たしたイングランド。準決勝ではオランダ代表に逆転勝利し、14日の決勝ではスペイン代表との一戦に臨んだ。 前半はスコア動かずハーフタイムを迎えると、後半開始直後に失点。FWニコ・ウィリアムズに決められてしまう。 それでも73分、途中出場のパーマーがMFジュード・ベリンガムから見事なコントロールショット。ゴール左隅に決め、試合を振り出しに戻す。 しかし、延長も見え始めていた81分、FWミケル・オヤルサバルに勝ち越しゴールを奪われ、再びスペインがリード。今度は追いつけないまま試合終了し、イングランドは2大会連続の準優勝に終わった。 今大会は途中出場からの出番のみに終わったものの、決勝で殊勲の同点弾を決めたパーマーは、試合後にコメント。スペインのチーム力を称え、欧州王者になれなかったことを悔やんだ。 「スペインは大会を通して素晴らしいプレーを見せた。彼らに何ができるのか、みんなが目にした。おめでとうと言いたい」 「僕らがまた決勝に進出したのはポジティブなことだ。だけど、みんなもう一歩先に進みたかったし、それができなかったのは残念だ」 <span class="paragraph-title">【動画】ベリンガムの落としからパーマーの鮮やかなコントロールショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="k2hdlL9B8to";var video_start = 90;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.15 11:51 Mon
3

ユーロ2024ベスト4決定! 優勝経験国は3つ、わずか1ゴールや唯一の全勝など4強の今大会を振り返る【ユーロ2024】

ユーロ2024も準々決勝の4試合が終了。大会はベスト4の4カ国が残った。 勝ち上がったのはスペイン代表、フランス代表、イングランド代表、オランダ代表の4カ国。イングランド以外の3カ国はユーロの優勝経験があり、イングランドは前回大会のファイナリストだ。 優勝候補が勝ち残った今大会。改めて4カ国の今大会を振り返る。 <span class="paragraph-subtitle">◆悲願の初優勝へ〜イングランド〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_england_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 2021年に行われた前回大会は決勝まで勝ち進んだものの、イタリア代表との決勝で敗れて優勝を逃すことに。今大会も優勝国保の一角だった。 しかし、グループCを戦った今大会は、初戦のセルビア代表戦こそ勝利したものの、デンマーク代表(1-1)、スロベニア代表(0-0)と低調なパフォーマンスに終わり、ガレス・サウスゲイト監督への批判が高まることとなった。 ラウンド16では、スロバキア代表との戦いで敗戦に終わると誰もが思った中、最終盤にジュード・ベリンガムが衝撃のバイシクルシュートを決めて追いつくと、延長戦ではハリー・ケインがゴールを奪い、2-1で勝利。準々決勝のスイス代表戦は先制を許すもブカヨ・サカのゴールで追いつくと、PK戦で勝利を収めた。 快勝はまだない今大会だが、しぶとく勝ち上がってきたとも言えるだけに、2大会連続の決勝進出が期待されている。 ◆最多得点:ジュード・ベリンガム、ハリー・ケイン/2点 ◆グループC 1-0 vs セルビア代表 1-1 vs デンマーク代表 0-0 vs スロベニア代表 ◆ラウンド16 2-1(延長) vs スロバキア代表 ◆準々決勝 1-1 (PK:5-3) vs スイス代表 ◆準決勝 vs オランダ代表 <span class="paragraph-subtitle">◆本領発揮はいつ?たった1ゴールでベスト4〜フランス〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_france_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 優勝候補の一角であるフランス代表。2000年以来の優勝を目指して戦う大会となった。 厳しいグループに入ったフランスだが、初戦のオーストリア代表戦で1-0と勝利すると、続くオランダ代表(0-0)、ポーランド代表(1-1)と連続ドロー。エースのFWキリアン・ムバッペが初戦で鼻骨を骨折した影響もあり、ここまで大人しい状況だ。 ラウンド16では、同じ優勝候補のベルギー代表相手に1-0で勝利。準々決勝では、こちらも優勝候補のポルトガル代表と激闘を繰り広げてPK戦の末に勝利を収めている。 期待されるムバッペはここまでまだ1ゴール。それでいて、チームが上げたゴールもたったの「1」。ワールドカップに続いてのタイトル獲得に力を温存しているのだろうか? ◆最多得点:キリアン・ムバッペ/1点 ◆グループD 1-0 vs オーストリア代表 0-0 vs オランダ代表 1-1 vs ポーランド代表 ◆ラウンド16 1-0 vs ベルギー代表 ◆準々決勝 0-0 (PK:3-5) vs ポルトガル代表 ◆準決勝 vs スペイン代表 <span class="paragraph-subtitle">◆オランイェの復活なるか〜オランダ〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_netherlands_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 最後に優勝したのは1988年と36年前。近年は国際舞台でもなかなかその名を轟かせることができていなかった。 レジェンドであるロナルド・クーマン監督が率いるチームは、グループステージの初戦でポーランド代表に勝利を収めると、フランス代表とは引き分け。最終節はオーストリア代表に敗れるという波乱があり、3位でのグループステージ突破となった。 3位チームとして唯一ベスト4まで勝ち上がったオランダ。ルーマニア代表に3-0と快勝すると、準々決勝ではトルコ代表に逆転勝利。得点ランキングトップタイに立つコーディ・ガクポは3ゴールを記録しており、2ゴールのドニエル・マレンとの強力コンビは注目だ。 ◆最多得点:コーディ・ガクポ/3点 ◆グループD 2-1 vs ポーランド代表 0-0 vs フランス代表 2-3 vs オーストリア代表 ◆ラウンド16 3-0 vs ルーマニア代表 ◆準々決勝 2-1 vsトルコ代表 ◆準決勝 vs イングランド代表 <span class="paragraph-subtitle">◆今大会唯一の全勝〜スペイン〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_spain_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 過去3度ユーロで優勝を果たしているスペイン。今大会は死のグループとも言われたグループBに入り、王者イタリア代表、W杯3位のクロアチア代表、伏兵アルバニア代表と同居した。 それでも初戦でクロアチアに3-0と快勝スタートすると、イタリア代表に1-0、アルバニア代表に1-0と今大会唯一のグループステージ3連勝。ラウンド16ではジョージア代表に勝利すると、準々決勝はドイツ代表に延長戦の末に勝利した。 懸念点は準々決勝で負傷したMFペドリが復帰絶望になったこと。多くの選手がゴールを奪っていることがプラスに働くかどうかがポイントになる。 ◆最多得点:ファビアン・ルイス、ダニ・オルモ/2点 ◆グループB 3-0 vs クロアチア代表 1-0 vs イタリア代表 1-0 vs アルバニア代表 ◆ラウンド16 4-1 vs ジョージア代表 ◆準々決勝 2-1(延長) vs ドイツ代表 ◆準決勝 vs フランス代表 <span class="paragraph-title">【動画】優勝候補の一角、スペイン代表の戦いを振り返る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIr9NxdbGxY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.07 12:55 Sun
4

「僕らは歴史を作った」ユーロ決勝で最優秀選手に輝いたニコ・ウィリアムズ、喜びと同時に前を向く「今度はW杯」

スペイン代表のFWニコ・ウィリアムズがユーロ2024決勝を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 準決勝ではフランス代表を下したスペイン。3大会ぶりの決勝進出を決め、14日にはイングランド代表との一戦に臨んだ。 前半をゴールレスで終えると、後半開始直後にスペインが先制。FWラミン・ヤマルがスルーパスを送ると、ボックス左に走り込んだニコ・ウィリアムズが左足で流し込んだ。 73分にMFコール・パーマーにコントロールショットを決められ試合は振り出しに戻るも、86分に再び勝ち越し。DFマルク・ククレジャのクロスからFWミケル・オヤルサバルが押し込み、2-1のまま試合終了を迎えた。 プレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いた上、大会を通じて脅威となったニコ・ウィリアムズは試合後にコメント。史上最多4度目のユーロ制覇を喜ぶと同時に、2026年開催のワールドカップ(W杯)にも目を向けた。 「とても幸せだ。僕の家族やファンなど、全員がこの勝利に値する。ヨーロッパチャンピオンになり、今度はワールドカップを目指す」 「僕らはとても苦しんだ。イングランドには違いを生む選手がいたが、僕らは彼らに対抗することができた。誰も僕らを倒すことはできない。僕らは素晴らしいチームだと言いたい」 また、ニコ・ウィリアムズは勝利や優勝の実感がすぐには湧かなかったとのこと。母国で喜びを噛み締めたいと語った。 「今はまだ自分たちが何を成し遂げたのかよくわかっていない。明日スペインに戻り、いつも愛や温かさを与えてくれるファンと共にこの勝利を喜ぶことができるだろう。僕らは歴史を作った」 「サッカー選手なら誰でもこのような瞬間を夢見ている。これは最初から僕のことを信じてくれたみんなの功績だ」 「僕はいつもにチームを助けるために全力を尽くしている。みんなが僕のことを知ってくれて、よりリスペクトしてくれるようになったのは事実だ。そのリスペクトにとても感謝している。僕は自分のポジションで最高の選手の1人になれるよう、毎日努力している」 さらに、大会最優秀若手選手に輝いたFWラミン・ヤマルにも言及。17歳の才能だけでなく、人間性も称えている。 「みんなもこの大会で見たように、ラミンは素晴らしい選手だ。彼には無限の可能性がある。選手として優れているだけでなく、人間としても素晴らしい」 <span class="paragraph-title">【動画】ヤマルの仕掛けからニコ・ウィリアムズが先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YYCzdMxYnNc";var video_start = 124;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.15 09:52 Mon
5

「この喜びは特別」ケガにも悩んだシーズンの最後にユーロ優勝を決める決勝ゴール! オヤルサバルが喜びを語る「決勝ゴールを決めるという幸運に恵まれた」

スペイン代表を優勝に導いたFWミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)が、ユーロ2024の優勝を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 14日、ユーロ2024の決勝が行われ、スペイン代表とイングランド代表が対戦した。スペインは前回大会ベスト4、2012年に優勝しており、歴代最多の通算4度目の優勝を目指す中、相手は前回大会準優勝のイングランドだった。 互いに優勝を目指す中、前半はゴールレス。しかし、後半開始早々にカウンターからラミン・ヤマルがカットインするとニコ・ウィリアムズが蹴り込みスペインが先制。それでもイングランドは73分にブカヨ・サカの仕掛けから、最後はコール・パーマーが決めて追いつくことに。ハイレベルの戦いだったが、86分にロングワンツーでミケル・オヤルサバルが押し込みスペインが勝ち越し。2-1で勝利を収め、4度目の優勝を果たした。 キャプテンのアルバロ・モラタとの交代で途中出場し、チームを見事に優勝に導く決勝ゴールを記録したオヤルサバル。ゴールを喜びながらも、全員で掴んだ優勝だと語った。 「僕は自分の仕事をやり遂げ、決勝ゴールを決めるという幸運に恵まれた。ゴールを決める幸運に恵まれたのなら、それは最高のことだ」 「ケガで辛い時期を過ごしてきたが、これまでの経験を経て、この喜びは特別なものだ」 「ゴールを決めるのは僕の番だったけど、この勝利は全員の勝利だ。僕たちはファミリーだ」 <span class="paragraph-title">【動画】イングランドの初優勝を阻んだオヤルサバルの絶妙な決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YYCzdMxYnNc";var video_start = 318;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.15 10:10 Mon

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly