斉藤光毅&三戸舜介所属のスパルタ・ロッテルダムが精神的支柱と契約延長…元蘭代表の36歳デ・グズマン

2024.06.14 16:40 Fri
元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(36)
Getty Images
元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(36)
スパルタ・ロッテルダムは13日、元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(36)との契約を1年間延長したと発表。来季も現役続行だ。

デ・グズマンはカナダ出身の元オランダ代表戦士。フェイエノールトから羽ばたき、マジョルカ、ビジャレアル、スウォンジー、ナポリ、キエーヴォ・ヴェローナ、フランクフルト、クレタと欧州6カ国でのプレー経験を持つ36歳だ。
20年夏移籍のギリシャ1部・クレタで現役を退くかと思われていたが、22年夏、プロデビューのフェイエノールトと同じロッテルダムに本拠地を置くスパルタへ加入。今季も精神的支柱、また主力として公式戦33試合でプレーした。

来季頭にヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)プレーオフへ進むスパルタ。U-23日本代表の斉藤光毅&三戸舜介など若い選手も非常に多いチームは、デ・グズマンの存在を必要とし、契約延長にあたりクラブも感謝を表明する。

「スパルタで継続してくれることを嬉しく思います。過去2年で彼から授かった付加価値は計り知れず、ピッチ内外での貢献には感謝しきれません。20年に及ぶ国外を含めたプロキャリアを持つジョナサン・デ・グズマンは、周囲の選手たちにとって『指導者』なのです」

ジョナサン・デ・グズマンの関連記事

オランダ、エールディビジでリーグ最速タイとなる秒速ゴールが誕生した。 第2節では斉藤光毅の所属するスパルタ・ロッテルダムと菅原由勢を擁するAZが対戦。現役時代はスパルタで長期を過ごし、AZでスパイクを脱いだオランダ代表のルイス・ファン・ハール監督も訪れた一戦は、ホームのスパルタのキックオフからものの数秒で動いた。 斉藤よりも半年先にロンメルからスパルタへ加入していたMFアルノ・フェルシューレンがボールを下げて試合開始。MFジョナサン・デ・グズマンのリターンを右へはたき、MFユネス・ナムリがワンタッチで守備ラインの背後へ浮き球を送ると、ダイアゴナルで抜け出したFWヴィトー・ファン・クローイがボックス右へ侵入し、GKをかわしてゴールへと流し込んだ。 直後は副審のフラッグアップによって頭を抱えたファン・クローイだが、VARによるチェックの結果、オンサイドであることが確認され、ゴールが認められた。 オランダ『テレグラーフ』によれば、これまでの最速ゴール記録は1982年にコース・ワスランダー氏が残していた8秒とのこと。ファン・クローイの得点も8秒と記録され、リーグ最速タイとなった。 瞬く間に先制したスパルタだったが、その後は打ち合いの末に2-3で敗戦。斉藤と菅原はともにベンチ入りも出番なしに終わっている。 <span class="paragraph-title">【動画】エールディビジ最速となったK.O.からの8秒ゴール(1:32~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UecNjtG0C5E";var video_start = 92;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.15 17:40 Mon
エールディビジのスパルタ・ロッテルダムは22日、クレタから元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(34)を獲得したと発表。契約期間は1年間で、1年の延長オプションも付帯している。 デ・グズマンはオランダ代表の一員として、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で3位に輝いたミッドフィールダー。同国代表で通算14試合に出場したほか、2008年には北京オリンピックでU-23日本代表とも対戦経験がある。 クラブレベルではフェイエノールトやマジョルカ、スウォンジー、ビジャレアル、ナポリ、フランクフルトなど、数多のクラブを渡り歩き、2020-21シーズンから2年間はギリシャ1部のクレタに在籍していた。 今回のスパルタ加入がフェイエノールト時代以来、実に12年ぶりのオランダ復帰となるデ・グズマン。テクニカル・ディレクター(TD)を務めるジェラルド・ネイカンプ氏は、経験豊富な34歳の加入に喜びを顕にしている。 「ジョナサンを連れてきたことで、すぐにチームに多くの経験がもたらされることは明らかだよ。 私たちは皆、彼が持つ高いサッカー脳と、中盤でゲームをコントロールする素質を知っている。大きな驚きを提供できることだろう」 スパルタ・ロッテルダムには、今シーズンからU-21日本代表MF斉藤光毅が、ロンメルからレンタル移籍で加入している。 2022.07.22 22:10 Fri
ギリシャ1部のクレタは19日、フランクフルトを退団していた元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(33)の加入を発表した。契約期間は1年間となっている。 オランダ代表として14試合の出場歴を持つセントラルMFのデ・グズマンは、フェイエノールトでプロデビュー。その後はマジョルカやビジャレアル、スウォンジーにナポリ、フランクフルトと欧州主要リーグでキャリアを積んできた。 昨季まで在籍したフランクフルトでは公式戦67試合に出場して4ゴール15アシストを記録。ただ昨季はケガの影響もあって公式戦9試合の出場にとどまっていた。 2020.10.20 01:00 Tue
フランクフルトは26日、元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(32)が今季をもってクラブを離れることを発表した。 フェイエノールトでプロデビューを飾ったデ・グズマンは、マジョルカやビジャレアル、スウォンジーにナポリと欧州主要リーグでキャリアを積み、2017年夏にフランクフルトに加入。フランクフルトでは公式戦67試合に出場して4ゴール15アシストを記録した。昨季は準主力としてプレーしていたものの、今季はケガの影響もあって公式戦9試合の出場にとどまっていた。 2020.06.27 08:00 Sat
▽フランクフルトは12日、元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(30)が左肩関節の脱臼により手術を行うことを発表した。 ▽デ・グズマンは10日に行われた親善試合のザントハウゼン戦に先発出場したが、73分にイェトロ・ヴィレムスと負傷交代していた。 ▽翌日にMRIなど精密検査を受けたデ・グズマンは、左肩関節の脱臼と診断。完治には手術を要し、年内の復帰は絶望となった。 ▽デ・グズマンの離脱にフレディ・ボビッチSD(スポーツ・ディレクター)は、公式サイトで以下のようにコメント。 「ジョナサンの早い回復を祈っている。選手の長期離脱はチームにとって大きなダメージだ。しかし、我々は他の選手が彼の離脱を補うことができると信じている」 ▽今夏にキエーボからフランクフルトに加入したデ・グズマンは、ここまでブンデスリーガ8試合、DFBポカール1試合に出場していた。 2017.11.13 00:05 Mon

エールディビジの関連記事

ロビン・ファン・ペルシ氏(40)が「プレッシャー」について語った。 一時代を彩った稀代のストライカー、元オランダ代表FWファン・ペルシ氏。 フェイエノールトやアーセナル、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍し、2度のプレミアリーグ得点王。クラブキャリア通算274得点、オランダ代表通算50得点を叩き出した。 古巣フェイエノールトでスタートした指導者キャリアは、21-22シーズンから3年間、トップチームのテクニカルスタッフとU-18監督を並行させ、24-25シーズンからヘーレンフェーンのトップチーム指揮官に。稀代のストライカーがとうとう監督業を本格化させる。 来たる1年に向けて始動したヘーレンフェーンで指揮を執り始めたファン・ペルシ新監督は、合間を縫ってオランダ『Voetbal International』のインタビューに登場。「プレッシャーはありますか」と問われ、笑顔でこう返す。 「選手時代にプレッシャーが苦しかったことはないよ。元々ネガティブなものとして捉えなかったことが大きいだろうか」 「“良い意味でのプレッシャー”ってなんだろう。それは周囲から与えられるものではなく、自分自身に課すものだ。己に課したプレッシャーこそ自らを高め、集中力を授けてくれる。誰もが潜在的にこれを必要としている」 「もし、自ら課したプレッシャーがマイナスに作用するなら、その時は別のアプローチ、そして周囲のサポートが必要だ。しかし個人的にそのような状況に陥った経験は一度もない」 「ヘーレンフェーンの選手たちが各々どういったメンタリティを作り上げるか、シーズンの早い段階でみえてくるだろう」 ファン・ペルシ新監督率いるヘーレンフェーンは、8月11日のエールディビジ第1節でアヤックスとのアウェイゲームに臨む。 2024.07.16 20:15 Tue
アヤックスは15日、ビジャレアルを退団したブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレ(28)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの2年となる。 オセールの下部組織で育ったトラオレは、チェルシーの下部組織に加入し、2014年1月にファーストチームに昇格。その後、フィテッセ、アヤックスへとレンタル移籍を経験し、2017年7月にリヨンに完全移籍した。 3シーズンに渡ってウイングの主力として活躍した後、2020年夏にアストン・ビラへ完全移籍。加入初年度こそ前線の主力を担ったが、2年目以降は定位置を掴めず。イスタンブール・バシャクシェヒルへのレンタル移籍も挟み、2024年1月にはプレミアリーグクラブとの契約を双方合意の下で解消した。 今年2月にフリートランスファーで加入したビジャレアルでは在籍半年間で公式戦11試合1ゴールの数字を残した。 なお、チェルシーからのシーズンローンで加入した2016-17シーズンのアヤックスでは公式戦39試合13ゴール6アシストを記録。ブルキナファソ代表としても75キャップを誇る経験豊富な多才なアタッカーは、若き戦術家フランチェスコ・ファリオーリ新監督の下で捲土重来を期すオランダの名門にとって重要なピースのひとつとなるはずだ。 2024.07.15 22:11 Mon
フェイエノールトが日本代表FW上田綺世のファン対応を動画で公開した。 フェイエノールトでの2年目を迎えるにあたり、プレシーズンに参加中の上田。13日にはジュピラープロ・リーグのヘンクとのプレシーズンマッチに1トップで先発し、ゴールなしだったが、62分までプレーした。 チームが3-1で勝利した試合後、ピッチを後にするかに思われたが、足を運んだ先はファンが集うスタンド。自身の名前「AYASE」と記したボードを掲げる女の子と、その娘を肩車する男性サポーターがいたからだ。 25歳ストライカーは歩み寄ると、ユニフォームを脱いで、男性サポーターにプレゼント。周囲からは拍手と歓声が起こった。 1年目はエールディビジ26試合出場で5得点2アシストと消化不良に終わった上田。新シーズンではさらなる活躍が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】フェイエノールト上田綺世がファンサービス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tl" dir="ltr">Ayase <a href="https://twitter.com/hashtag/feygen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#feygen</a> <a href="https://t.co/F3w73Op8fx">pic.twitter.com/F3w73Op8fx</a></p>&mdash; Feyenoord Rotterdam (@Feyenoord) <a href="https://twitter.com/Feyenoord/status/1812120736154235339?ref_src=twsrc%5Etfw">July 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.14 23:20 Sun
AZは13日、トッテナムからアイルランド代表FWトロイ・パロット(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定。契約期間は2029年6月30日までの5年となる。 なお、イギリス『フットボール・ロンドン』によると、移籍金は800万ユーロ(約13億8000万円)程度になったという。 スパーズを離れてAZを新たな挑戦の場に選んだ22歳のアイルランド代表FWは、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語った。 「サインする前に、AZについて良い話をたくさん聞いてきたし、一緒にプレーしたときに友人となったケンツォ・フトマインとも話をしたんだ」 「AZは、僕が成長するため次のステップを踏むのに最適なクラブだと思う。昨年の有益な経験を活かしたい。昨シーズンすでにオランダでプレーしていたから、ここでの試合や生活に慣れていることが役立っている。とにかく、ここにいられてとても幸せだし、スタジアムでサポーターに会うのが待ちきれないよ」 パロットは2017年夏に母国のベルヴェディアからトッテナムのユースチームに加入した万能型ストライカー。2019年2月のファーストチーム昇格後、同年9月に行われたEFLカップのコルチェスター・ユナイテッド戦で公式戦デビューを飾り、同年11月には17歳でアイルランド代表デビューを果たした。 しかし、以降はファーストチーム定着には至らず、ミルウォールやイプスウィッチ、MKドンズ、プレストンと国内の下部カテゴリーのクラブへの武者修行を繰り返していた。 1シーズンのレンタル移籍で加入した昨シーズンのエクセルシオールではエールディビジ25試合10ゴール、入れ替え戦プレーオフ4試合7ゴールを記録。オランダ国内での評価を高めていた。 AZでは日本代表DF毎熊晟矢に続く新戦力となるパロットは、ベンフィカに完全移籍した昨季リーグ得点王のギリシャ代表FWヴァンゲリス・パヴリディスの後釜を担うことになる。 2024.07.13 21:50 Sat
フィテッセの運命は、ほぼ間違いなく「7月22日」に決まる。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 オランダ1部・エールディビジのフィテッセ。優勝経験こそないが、欧州5大リーグに準ずるオランダ1部でかれこれ30年以上、アヤックスやPSVなどに次ぐ第2勢力として君臨してきた。 しかし、2022年から経営が悪化。 23-24シーズンの勝ち点18剥奪で、36季ぶりの2部降格が決定しただけでなく、オランダサッカー連盟・独立ライセンス委員会からは「プロリーグライセンス剥奪やむなし」とされる。 先月17日には24-25シーズンの予算案、すなわちクラブ再建策が独立ライセンス委員会に却下され、いよいよ窮地。 そこから約1カ月、フィテッセは投資家フース・フランケ氏へのクラブ売却交渉を急ピッチで進め、内部では不在だった会計士を新たに選任、主たる銀行口座も確保したとのことだ。 しかし、フランケ氏への株式譲渡、氏のオーナー就任を、独立ライセンス委員会に承認してもらえる保証はない。 フランケ氏は12日に声明を発表。 「こちら側(フランケ氏およびフィテッセ)からの書類提出は完璧だ。独立ライセンス委員会側からも『これらがプロリーグライセンス維持を認める理由になる』と説明された」 「だが、決定を下すには数カ月かかる可能性があるとも言われた。7月22日を超えれば、それはフィテッセにとって死刑宣告だ」 どうやらオランダサッカー連盟本体が独立ライセンス委員会に対し、フランケ氏の資金の出どころの徹底調査を要求。また、氏自身にも安定した経営ができる保証を求めたとのこと。 7月突入により、欧州各国はすでに「24-25シーズン」がスタート。 フランケ氏は、22日までにプロリーグライセンス維持が認められなければ買収から撤退するとも公言しており、そうなればほぼ間違いなく、フィテッセはプロリーグから姿を消す。 デッドラインまで、あと10日もない。 2024.07.13 15:10 Sat

記事をさがす

ジョナサン・デ・グズマンの人気記事ランキング

1

34歳になった元オランダ代表デ・グズマン、12年ぶりのオランダ復帰! 斉藤光毅所属のスパルタ加入

エールディビジのスパルタ・ロッテルダムは22日、クレタから元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(34)を獲得したと発表。契約期間は1年間で、1年の延長オプションも付帯している。 デ・グズマンはオランダ代表の一員として、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で3位に輝いたミッドフィールダー。同国代表で通算14試合に出場したほか、2008年には北京オリンピックでU-23日本代表とも対戦経験がある。 クラブレベルではフェイエノールトやマジョルカ、スウォンジー、ビジャレアル、ナポリ、フランクフルトなど、数多のクラブを渡り歩き、2020-21シーズンから2年間はギリシャ1部のクレタに在籍していた。 今回のスパルタ加入がフェイエノールト時代以来、実に12年ぶりのオランダ復帰となるデ・グズマン。テクニカル・ディレクター(TD)を務めるジェラルド・ネイカンプ氏は、経験豊富な34歳の加入に喜びを顕にしている。 「ジョナサンを連れてきたことで、すぐにチームに多くの経験がもたらされることは明らかだよ。 私たちは皆、彼が持つ高いサッカー脳と、中盤でゲームをコントロールする素質を知っている。大きな驚きを提供できることだろう」 スパルタ・ロッテルダムには、今シーズンからU-21日本代表MF斉藤光毅が、ロンメルからレンタル移籍で加入している。 2022.07.22 22:10 Fri

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly