プレミアリーグがVAR廃止に関してクラブ投票へ、技術の意味をなさないVARの誤審頻発にウルブスが訴え

2024.05.16 11:30 Thu
Getty Images
現代サッカーにおいて試合の結果に大きな影響を与えることが多いVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)。これまで見逃されていたが重大なファウルやオフサイド、ハンドのジャッジミスなどがなくなり、勝敗にも影響を少なからず与えている。
PR
世界中の多くのリーグで導入され、国際大会でもほとんどの大会で採用されているVARだが、世界最高峰と言われるプレミアリーグが是非を問う投票を行うこととなった。
イギリス『BBC』によると、ウォルバーハンプトンがプレミアリーグに決議案を提出。6月6日に20クラブが年次総会で集まる際に、来シーズンからVARを廃止するかどうかの投票を行うという。

ウォルバーハンプトンは「VARは誠意を持って導入されたが、ファンとサッカーとの関係を損なう、意図せぬ悪影響を多くもたらした」と訴えているという。

2019年からプレミアリーグではVARが導入。試合の重要なジャッジにおいてサポートする役割で導入されているが、VARを巡る問題がプレミアリーグでは頻発している。
ハンドに関しては主審の見解もあるため一概には言えないが、最も問題とされているのがオフサイド。オフサイドラインを引けばハッキリするものだが、ラインの引き間違いという人的ミスが頻発。その他にも、主審とVARのコミュニケーションミスなどで間違った判定のまま試合が続行されるなどした。

プレミアリーグもVARの問題に関しては認識しているものの、“全面的”にサポート。改善に向けてプロ審判協会(PGMOL)と協議していくという。

なお、規則の変更には3分の2(14クラブ)の賛成票が必要となる。なお、2024-25シーズンからはセミオート・オフサイドテクノロジーの導入は賛成されている。

試合が止まり、ジャッジに時間がかかることで流れや熱狂が損なわれるということは十分にある。また、VARが入っているにも関わらず、ここまで誤審が頻発することは、テクノロジーというよりは審判団の問題が大きくありそうだ。

一方でVARを廃止すれば、再び誤審が増加。ただでさえ微妙な判定が多い中で、ジャッジが正される機会がなくなる。プレミアリーグの提示している数字では、これまでのジャッジの正しさは82%前後だったが、VAR導入により96%にまで増加。セミオート・オフサイドが導入されれば、より正確性が上がると見られている。

PR
関連ニュース

「影響力を与えた」「圧倒する基盤を与えた」クロップ監督ラストマッチでフル出場、遠藤航を現地紙も評価の一方で補強にも言及「エリートの6番に注目すべき」

リバプールの日本代表MF遠藤航が高い評価を受けている。 19日、プレミアリーグ最終節が行われ、リバプールはホームにウォルバーハンプトンを迎えた。 リーグ優勝の可能性がなくなった中、ユルゲン・クロップ監督のラストマッチとなった一戦。遠藤はこの試合でもアンカーで起用され、フル出場を果たした。 攻守に渡って安定したプレーを見せ、しっかりとセカンドボールも回収。40分には、ボックス手前からのグラウンダーのミドルシュートを放つも、GKジョゼ・サにセーブされてしまった。 遠藤にはイギリス『リバプール・エコー』は7点(10点満点)の評価。中盤で影響力があったとした。 「ジョゼ・サに好ストップを強い、ハーフタイムにかけては多くのルーズボールを拾い始め、影響力を増していった。カードをもらった」 また、リバプール専門メディアの『This is Anfield』も7点(10点満点)をつけたが、より良いアンカーを補強すべきと厳しい言葉を向けている。 「遠藤の影響力はシーズンが進むにつれて薄れてきたが、日本人は日曜日に大きく改善した」 「日本人は中盤でハーヴェイ・エリオットやアレクシス・マク・アリスターとうまく連携したが、遠目からシュートを打つこともあった」 「彼は良い契約をしてきたが、この夏はエリートの6番に注目する必要があるだろう」 イギリス『90min』も7点(10点満点)をつけ、「中盤での彼のフィジカルはリバプールにウルブスを圧倒する基盤を与えた。ボールを離すこともほとんどなかった」と、中盤での存在感を評価した。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航、クロップ監督ラストマッチのプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="fqlUr0eKS48";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 19:40 Mon

10人ウルブスに勝利のリバプール、クロップのラストマッチを白星で飾る【プレミアリーグ】

リバプールは19日、プレミアリーグ最終節でウォルバーハンプトンをホームに迎え、2-0で勝利した。リバプールのMF遠藤航はフル出場している。 前節アストン・ビラに引き分け、最終節を前に優勝の可能性が潰えた3位のリバプール(勝ち点79)は、クロップ監督のラストマッチとなる中、遠藤が引き続き[4-3-3]の中盤アンカーで先発となった。 13位のウルブス(勝ち点46)に対し、ガクポ、サラー、ルイス・ディアスの3トップで臨んだリバプールが立ち上がりから押し込むと、13分にファン・ダイクのミドルでGKを強襲。 その後、17分にファン・ヒチャンに際どいシュートを打たれたものの、27分に数的優位となる。N・セメドがマク・アリスターの足にスパイクを入れると、VARの末に一発退場となった。 10人となったウルブスに対し、リバプールは34分に先制する。右サイドからのエリオットの左足クロスをマク・アリスターがヘッドで流し込んだ。 さらに40分、CKの流れからサラーのシュートをゴール前に詰めたクアンサーが押し込んで2-0とし前半を終えた。 迎えた後半開始5分、バックパスをガクポがカットした流れからルイス・ディアスがバー直撃のシュートを浴びせたリバプールが引き続き攻勢をかけていく。 69分にはサラーが3点目に迫った中、マク・アリスター、ルイス・ディアス、アーノルドをお役御免としていく。 終盤の86分にはドハーティにネットを揺らされたもののオフサイドで助かったリバプールは2-0でシャットアウト勝利。クロップ監督のラストマッチを勝利で飾っている。 2024.05.20 02:24 Mon

ウェストハムがモイーズ監督の今季限りでの退任を発表

ウェストハムは6日、今シーズン限りでデイビッド・モイーズ監督(61)が退任することを発表した。 ウェストハムでは2017年11月に一次政権を築き、2019年12月の再任から現在に至るモイーズ監督。マンチェスター・ユナイテッド時代に評判を大きく下げたキャリアだが、ウェストハムでは2022-23シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でフィオレンティーナを下し、43年ぶりにクラブにタイトルをもたらした。 今シーズン限りでの退任の決まったモイーズ監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ウェストハムでの4年半は素晴らしいものだった。クラブは、私が2019年に復帰したときよりも強くなっている」 「私がウェストハムに復帰したとき、クラブは降格圏の1つ上に位置していたが、そこから3シーズン連続でヨーロッパに進出することができたのは、素晴らしい結果だ」 「クラブを残留に導いた後、チームをプレミアリーグで6位、7位に導き、昨年6月にヨーロッパ・カンファレンスリーグのタイトルを獲得したときは、クラブにとって43年ぶりとなるビッグタイトルを手にすることができ、とても嬉しかった」 「この4年半を支えてくれた選手たち、そして彼らが成し遂げたすべての成功に感謝したい、私は皆と一緒に仕事をするのが本当に楽しかった」 「私の後任者、会長、選手、スタッフ、ファン、そしてウェストハムのすべての人たちの未来が素晴らしいものになるよう祈っている」 なお、後任についてクラブは“選考を始めている”とのコメントにとどめたが、イギリス『BBC』は昨年8月までウォルバーハンプトンを指揮していたフレン・ロペテギ氏(57)と監督就任で合意に至ったと報じていた。 2024.05.07 07:00 Tue

ハーランドが驚愕の4ゴール! ウルブスにリベンジ達成のシティが6連勝で暫定首位アーセナルを1pt差で追走【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第36節、マンチェスター・シティvsウォルバーハンプトンが4日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが5-1で圧勝した。 2位のシティは、前回対戦で今季初黒星を喫した11位のウォルバーハンプトンとのホームゲームでリーグ6連勝を狙った。前節、ノッティンガム・フォレスト相手に大苦戦を強いられながらも、2-0と勝ち切った3連覇中の王者。ウルブス相手にリベンジを狙った一戦ではその試合から先発3人を変更。ドク、グリーリッシュ、アルバレスに代えてコバチッチ、フォーデン、ハーランドを起用。また、肩の負傷が懸念された守護神エデルソンも起用された。 [3-5-2]の布陣で臨んだウルブスに対して、立ち上がりから押し込む展開に持ち込んだシティ。 なかなかフィニッシュまで持ち込めずにいたが、10分にはボックス内でベルナルド・シウバの折り返しに反応したグヴァルディオルがアイ=ヌーリと交錯。これがアフターチャージと判断された結果、PKが与えられる。これをキッカーのハーランドが冷静にゴール左へ蹴り込み、2試合連続ゴールとした。 12分と早い時間帯にリードを手にしたシティは、これで落ち着くことなく以降もハーランド、デ・ブライネを起点に相手を押し込んでハーフコートゲームを展開。ロドリやディフェンスラインの選手も積極的にボックス付近まで侵攻し、厚みのある攻撃を仕掛ける。 その後は徐々に攻撃が停滞して膠着状態が続いたが、怪物ストライカーが圧倒的な個の力でゴールをこじ開ける。35分、相手陣内でのボール奪取からからデ・ブライネを経由したボールがボックス右のロドリに渡ると、浮き球の正確なクロスにファーで反応したハーランドが驚異的な跳躍から打点の高いヘディングシュートをファーポストに流し込む。 さらに、前半終了間際の44分にはコバチッチとのパス交換で一気にディフェンスラインの背後へ飛び出すと、ボックス内でDFセメドと交錯。一度プレーは流されたが、オンフィールド・レビューの結果、この試合2つ目のPKを獲得。これを自ら1本目と同じコースに蹴り込み、前半だけでハットトリックを達成。今季リーグ戦のゴール数を「24」とした。 若きエースストライカーの今季リーグ戦2度目のハットトリックによって前半だけで勝利を決定付けたグアルディオラのチーム。後半も引き続き主導権を握ると、立ち上がりの49分にはボックス中央でロドリの横パスを受けたフォーデンがダイレクトシュートを枠の左へ飛ばすが、これはGKジョゼ・サの好守に遭う。 一方、前半に決定機はおろかシュート1本も打てなかったウルブスだが、この後半にファーストシュートをゴールに結びつけた。53分、セカンドボールを制して右サイド深くに侵攻した途中出場のベレガルドが高精度のクロスを供給。これはGKエデルソンに触られたが、ファーで反応したファン・ヒチャンが抑えの利いた右足ダイレクトシュートを流し込んだ。 これで点差を縮められたが、完全覚醒のシティズンズのエースがすぐさまリアクション。54分、フォーデンのロングフィードに抜け出したハーランドが質の高いファーストタッチで勢いを落とさずにそのままボックス右に侵入。最後は左足の強烈なシュートをゴール左隅に突き刺し、この試合4点目を記録した。 再び点差を3点としたシティは、60分にもグヴァルディオルのラストパスに抜け出したハーランドに決定機が訪れるが、ボックス内での右足シュートはGKジョゼ・サの好守に阻まれて5点目とはならず。 その後、やや試合が膠着し始めると、グアルディオラ監督は69分にアケを下げてストーンズを投入。以降はハーランドに決定機は訪れずも、フォーデン、コバチッチが鋭いシュートで相手ゴールを脅かす。 その後、80分前後でデ・ブライネ、フォーデン、ベルナルド・シウバ、ハーランドと絶対的な主力を下げてマテウス・ヌネス、ドク、グリーリッシュ、アルバレスをピッチに送り込むと、この交代策が5点目をもたらす。 85分、ドク、マテウス・ヌネスの連動したハイプレスからロドリがボールを奪い切ると、ボックス左でラストパスを受けたアルバレスが冷静にGKとの一対一を制し、途中投入3選手がきっちり指揮官の起用に応えた。 そして、このまま5-1で試合をクローズしたシティがウルブスに前回対戦のリベンジを果たして6連勝を達成。今節先に試合を戦って勝利した暫定首位のアーセナルとの1ポイント差を維持した。 2024.05.05 03:28 Sun

アーセナルがCL敗退のショック振り払って暫定首位に アルテタ監督「非常に良いレスポンス」

アーセナルがプレミアリーグ2試合ぶりの白星を手にした。 20日の第34節でウォルバーハンプトンのホームに乗り込んだアーセナル。チャンピオンズリーグ(CL)でベスト8に終わったダメージを引きずらず、レアンドロ・トロサールとマルティン・ウーデゴールの2ゴールで2-0と勝利した。 これで暫定ながらマンチェスター・シティを抜いて首位に。優勝争いに食らいつくミケル・アルテタ監督はイギリス『BBC』の『Match of the Day』で満足感を示した。 「非常に良いレスポンスだったし、誇りに思う。正しい形で反応したね。勝つにふさわしく、クリーンシートも記録した。バイエルンに僅差で負けたのは明らかに残念だったが、まだ5試合が残るし、再びトップに立ったんだ」 そんなアーセナルだが、先のバイエルン戦で上々の出来だった冨安健洋がメンバー外に。『フットボール・ロンドン』によると、打撲により、予防的措置として欠場となったという。 残りは5試合。チェルシーやトッテナム、マンチェスター・ユナイテッドといった強敵との対戦を残すが、CLの戦いもなくなり、ここからはプレミアリーグに注力していく。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ウォルバーハンプトンvsアーセナル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="T0DW9rdIlRA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.21 08:55 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly