3試合ぶり先発の久保が幻の同点弾、バイエルン戦に向け主力温存マドリーがラ・リーガ初先発ギュレル弾でウノセロ勝利【ラ・リーガ】

2024.04.27 06:00 Sat
Getty Images
ラ・リーガ第33節、レアル・ソシエダvsレアル・マドリーが26日に行われ、0-1でマドリーが勝利した。ソシエダのMF久保建英はフル出場している。
PR
前節ヘタフェに引き分け2戦連続ドローの6位ソシエダ(勝ち点51)は、前節後半から出場の久保が[4-3-3]の右ウイングで3試合ぶりにスタメンとなった。
一方、前節バルセロナとのエル・クラシコを後半追加タイム弾で制して優勝にまた一歩近づいた首位マドリー(勝ち点81)は、4日後にバイエルンとのチャンピオンズリーグ準決勝を控える中、主力をベンチスタートに。ベリンガムやヴィニシウス、クロースらがベンチスタートとなってギュレルがラ・リーガ初スタメンとなった他、ミリトンが負傷明け後初先発となった。

試合前、昨季で現役を引退したダビド・シルバ氏のキックオフセレモニーが行われた一戦。

最前線にホセル、2列目に右からギュレル、ブラヒム・ディアス、セバージョスと並べる[4-2-3-1]で臨んできたマドリーに対し、ソシエダが押し込む流れで立ち上がると、28分にはトゥリエンテスが際どいミドルシュートを浴びせる。
しかし29分、マドリーが最初のチャンスをモノにする。カルバハルのダイレクトクロスをボックス左に走り込んだギュレルが左足で蹴り込んだ。

追う展開となったソシエダは32分、敵陣でボールを奪った流れから久保が同点弾を決めたかに思われたが、VARが入ってバレネチェアのファウルを取られてノーゴールに。

ハーフタイムにかけてもソシエダが押し込んだものの、マドリーが1点をリードして前半を終えた。

迎えた後半開始直後、トゥリエンテスの右足アウトでのシュートが枠を捉えるも、GKケパの好守に阻まれたソシエダ。

その後半は互角の攻防で推移した中、マドリーは68分にヴィニシウスとバルベルデを投入した。

膠着状態が続いた中、リュディガーを投入して逃げ切り体制のマドリーに対し、ソシエダは80分に久々にゴールに迫る。久保のスルーパスを受けたオヤルサバルがループシュートを狙ったが、わずかに枠を捉えきれなかった。

最終盤にかけては好機を作れなかったソシエダをマドリーがシャットアウト。主力を温存してウノセロ勝利とし優勝へ近づくとともに、バイエルン戦に向けて弾みを付けている。

PR
関連ニュース

CL決勝控えるマドリー、クロースのベルナベウ最終戦はゴールレスドロー【ラ・リーガ】

レアル・マドリーは25日、ラ・リーガ最終節でレアル・ベティスをホームに迎え、0-0で引き分けた。 前節ビジャレアル相手に4-4の引き分けに持ち込まれた王者マドリーは、来週にチャンピオンズリーグ決勝ドルトムント戦を控える中、ユーロ後の引退を発表したクロースが先発した他、主力を起用した。 7位が確定しカンファレンスリーグ出場を決めているベティスに対して、ヴィニシウスとロドリゴの2トップで臨んだマドリーが押し込む入りとすると、14分にヴィニシウスとのパス交換からボックス内に侵入したロドリゴが際どいシュートを浴びせた。 さらに1分後、GKのミスパスをカットした流れからメンディがシュートに持ち込むもゴール前のDFにカットされた。 前半半ば以降もマドリーが押し込む流れが続いたが、39分に失点しかける。左サイドからのFKをGKクルトワが弾いたルーズボールをカルドーソに押し込まれた。しかしVARが入ってオフサイドがありノーゴールに。 0-0で迎えた後半、51分にアジョセ・ペレスのミドルシュートでゴールを脅かされたマドリーはGKクルトワが好守で阻止。 その後はベリンガムのミドルシュートで牽制したものの、60分にはロングカウンターの流れからミランダに決定的なシュートを許したが、ここもGKクルトワがファインセーブで凌いだ。 その後、クルトワがピッチを後にしたマドリーは65分、アジョセ・ペレスにボレーシュートを決められるも、VARでウィリアン・ジョゼにオフサイドがあり、前半同様救われる。 終盤の85分にはクロースが直接FKでGKを強襲した中、そのクロースがピッチを後に。ベルナベウが歓声に包まれた中、そのまま試合は0-0で終了し、ラ・リー32試合負けなしで優勝のシーズンを終えている。 2024.05.26 06:07 Sun

チュアメニのCL決勝欠場が確定…アンチェロッティ監督が明言

レアル・マドリーのフランス代表MFオーレリアン・チュアメニは、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を欠場することになった。 チュアメニは、今月8日に行われたCL準決勝2ndレグのバイエルン戦で左足を負傷。その翌日にクラブは左足中足骨の疲労骨折という診断結果を発表していた。 カルロ・アンチェロッティ監督は24日、ラ・リーガ最終節のベティス戦に向けた前日会見の場で、そのフランス代表MFの状態に言及。 「チュアメニはチャンピオンズリーグ決勝は欠場する。彼はユーロに向けて回復している」と、6月1日に予定されるドルトムントとの大一番の欠場を明言した。 なお、チュアメニは先日に発表されたユーロ2024に向けたフランス代表に招集されており、6月17日に行われる開幕節のオーストリア代表戦に間に合うかは不明だが、現状では大会期間中の復帰できる可能性があるようだ。 2024.05.24 20:15 Fri

レアル・カスティージャ率いるラウール監督、ドイツでの新たな挑戦希望か

レアル・マドリー・カスティージャのラウール・ゴンサレス監督(46)がドイツ行きを望んでいる可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えた。 クラブ最多出場記録を保持するマドリーのレジェンドであり、現役引退後は同クラブのユースで指導者の道を歩み始めたラウール監督。2019年夏からはカスティージャを率いている。 将来的にマドリーのトップチームを率いるのも期待されるレジェンドだが、ドイツ『シュポルト・ビルト』によると、カスティージャでの旅を今シーズン限りで終えることを決意。退団の意思をクラブ側に伝えているという。 ただ、マドリーとの対戦は避けたい46歳指揮官はスペインを離れる意向で、シャルケ時代にプレーしたドイツでの新たな挑戦を希望。現時点で正式なオファーこそないものの、1部もしくは2部で居場所を探しているようだ。 夢に見るのはレバークーゼンをブンデスリーガ初優勝に導いたシャビ・アロンソ監督のような成功。その後、マドリーのファーストチームで指揮を執りたいと考えている模様だ。 なお、ラウール監督が退任となれば、U-19チームを率いるアルバロ・アルベロア監督のカスティージャ昇格が有力に。ラウール監督に近い関係者はこの報道を否定しているというが、今夏のドイツ行きはあるのだろうか。 2024.05.24 19:13 Fri

【ラ・リーガ最終節プレビュー】上位争い&残留争い決着…個人賞にスポットライト当たる今季最終戦に

先週末に行われた第37節の結果、2位争いやヨーロッパ出場権争い、カディスの降格決定で残留争いも完全決着。最終節を前にリーグテーブルの大枠の争いが決着し、この最終戦は個人賞の争いや退団が発表されているレジェンドとの別れにスポットが当たる。 来週末にドルトムントとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えるレアル・マドリーは、その大一番に向けた調整試合として7位のベティスと対戦。また、この試合はユーロ2024での現役引退を発表したMFクロース、今季限りでの退団が決定したカピタンのDFナチョのホーム最終戦という意味合いがある。前節はビジャレアル相手に一時3点差を付けながらも追いつかれて4-4のドローに終わっており、主力を起用する中で守備面の修正を図りたい。トップと4ゴール差のMFベリンガムのピチーチ獲得は厳しいが、個人賞も意識しつつ良い形で決戦の地ウェンブリーに向かいたい。 前節、MFペドリのドブレーテの活躍によって2位を確定させたバルセロナ。ただ、今週に入ってクラブ内ではチャビ監督解任が濃厚となり、すでに後任としてハンジ・フリック氏との合意も報じられている。そのため、サンチェス・ピスフアンに乗り込む13位セビージャとの一戦が現体制でのラストマッチとなる。また、DFカンセロやFWフェリックスといったレンタル組を含め数人の選手が去る可能性が高く、そういった選手たちのラストダンスにも注目だ。 カード的にビッグマッチとなるのは、6位のレアル・ソシエダと、4位のアトレティコ・マドリーの上位対決だ。ソシエダは前節、ベティスとの直接対決を2-0で制してヨーロッパリーグ(EL)出場権確保に成功した。ただ、MF久保建英は9試合ぶりに出場なしに終わった。これで目標のひとつに挙がっていたリーグ2桁ゴール到達には、最終節で3ゴールが必要と厳しい状況だ。週明けにはチームと共に日本へ帰還となる中、今季最終戦では難敵相手のホームゲームで見せ場を作れるか。 対するアトレティコはシーズン最終盤で最大の目標だったトップ4フィニッシュを確定。だが、ホーム最終戦となった前節は格下オサスナ相手に1-4の惨敗。せっかくの良いムードに水を差す形となった。その大敗からのバウンスバックを図る最終戦ではDFエルモソやFWデパイ、FWモラタといった退団の可能性が報じられる選手のプレーにも注目したい。 個人賞で最も大きな注目が集まるピチーチ賞では、レアル・マドリー戦でポーケルを達成する活躍で一気にトップに躍り出たビジャレアルFWセルロートが23ゴールで初タイトルに近づく。それを2ゴール差で追うジローナFWドフビク、前述のベリンガム辺りまでチャンスがありそうだ。 また、スペイン人最多得点者に与えられるサラ賞は、長期離脱中のヘタフェFWマジョラル、直近のベティス戦でゴールを挙げたアトレティコFWモラタが15ゴールで並び、その下の14ゴールにアスレティックFWグルセタ、13ゴールのバレンシアFWウーゴ・ドゥロといった選手がこの最終節で争うことになる。 サモラ賞争いはアスレティックGKウナイ・シモン(0.94)、ソシエダGKレミロ(0.97)が僅差で争う中、指揮官の起用法を含めてバスクの両雄の守護神のパフォーマンスに注目だ。 その他ではこれがプリメーラ最後の戦いとなる降格組、アスレティックのカピタンのMFムニアインといった各クラブレジェンドのラストダンスも必見だ。 《ラ・リーガ最終節》 ▽5/24(金) 《28:00》 ジローナ vs グラナダ ▽5/25(土) 《21:00》 オサスナ vs ビジャレアル 《23:15》 レアル・ソシエダ vs アトレティコ・マドリー 《25:30》 アルメリア vs カディス ラージョ vs アスレティック・ビルバオ 《28:00》 レアル・マドリー vs ベティス ▽5/26(日) 《21:00》 ヘタフェ vs マジョルカ 《23:15》 セルタ vs バレンシア ラス・パルマス vs アラベス 《28:00》 セビージャ vs バルセロナ 2024.05.24 19:00 Fri

腐らずのケパにリーガ最終節でラストダンスの場が? アンチェロッティ監督が計画

レアル・マドリーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(29)にラ・リーガ最終節で出番が巡りうるようだ。スペイン『アス』が報じた。 今シーズン開幕直前にベルギー代表GKティボー・クルトワが重傷を負い、急きょチェルシーからレンタル加入したケパ。当初は先発が続いたものの、ケガもあってウクライナ代表GKアンドリー・ルニンにポジションを奪われ、クルトワが復帰してからは第3GKとなった。 シーズンが終了すればこのままチェルシーへレンタルバックとなるが、控えでも腐らず、練習中も試合中も献身的な姿勢を見せてきたケパに対し、カルロ・アンチェロッティ監督はプレータイムを与える形で報いたい意向とのこと。25日にホームで行われる最終節のレアル・ベティス戦で起用予定だという。 チャンピオンズリーグ(CL)決勝のドルトムント戦が目前に控えるため、先発はクルトワが濃厚だが、何事もなければ後半のどこかでケパが投入される見込み。最後にプレーしてサンティアゴ・ベルナベウに別れを告げ、ウェンブリー・スタジアムでの決戦へと向かう。 2024.05.24 18:54 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly