長谷川唯のチームメイト、シティ女子MFアンイエルダールがマドリー移籍か

2024.04.04 20:40 Thu
マンチェスター・シティのMFフィリパ・アンイエルダール
Getty Images
マンチェスター・シティのMFフィリパ・アンイエルダール
マンチェスター・シティのスウェーデン女子代表MFフィリパ・アンイエルダール(26)が、チームを離れるようだ。スウェーデン『Sportbladet』が伝えた。
PR
アンイエルダールは2021年9月にヘッケンからシティへ加入し、自身初の国外クラブ挑戦を果たした。
スウェーデン女子代表としても54キャップを誇り、オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)では、なでしこジャパン相手にPKを沈めた。

シティではここまで67試合に出場し、8得点をマーク。今季のリーグ戦もスタメン8試合を含む12試合に出場している。

一方で、2年プラス延長1年の契約期間が今季で終了。アーセナルが手を挙げていると伝えられていたが、同メディアによればレアル・マドリー行きが濃厚とのことだ。
もちろん、シティも契約延長を希望している。中盤2列目ではジェス・パークが好調だが、前十字じん帯損傷で離脱中のジル・ルード復帰までにはまだ時間がかかり、デイナ・カステリャノスも今冬に移籍。層が厚いわけでは決してない。

現在FA女子スーパーリーグ(FAWSL)で2位に付けるシティは、順当にいけば来季の女子チャンピオンズリーグ(UWCL)を2年ぶりに獲得できる。一定のスカッドをそろえておきたいシティにとっても留めたい選手なだけに、去就には注目が集まりそうだ。

PR
関連ニュース

グアルディオラ監督がプレミア最優秀監督を受賞!2年連続の受賞も「他の指揮官と分かち合いたい」

プレミアリーグは22日、2023-24シーズンのバークレイズ・シーズン最優秀監督の受賞者を発表。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が2シーズン連続の受賞となった。 シティは昨シーズンの3冠達成を経て迎えた今シーズン、開幕6連勝と好スタートを切るも、11月から12月にかけては4試合未勝利が続くなど失速。アーセナル、リバプールとの熾烈なタイトルレースを繰り広げたが、リーグ終盤は怒涛の8連勝でライバルを突き放し、プレミアリーグ史上初の4連覇を達成した。 巧みなマネジメントで3冠達成のチームを燃え尽きさせることなく、新たな栄誉を得たグアルディオラ監督。自身にとって2年連続5度目の受賞となったことを喜びつつ、タイトル争いを繰り広げたアーセナルのミケル・アルテタ監督らその他の候補者とトロフィーを分かち合いたいとも語っている。 「この賞は他の指揮官と分かち合いたい。本当にそう思っている。特に、ミケル(・アルテタ)は最後の試合まで信じられないような仕事をしており、我々を限界まで導いてくれた」 「そしてもちろん、ユルゲン(・クロップ)とは何年もの間、忘れられない戦いを続けてきた。ウナイ・エメリはアストン・ビラをチャンピオンズリーグに導くという信じられない仕事を再び成し遂げたね」 「ボーンマスのアンドニ・イラオラは、初めてのプレミアリーグでシーズン序盤の厳しいスタートがありながら、しっかりと這い上がってきた」 「私は彼ら全員と並びながら、このトロフィーを獲得できて光栄に思っている。そして我々は、今後もできる限りこの賞を守り続けたい」 2024.05.22 08:50 Wed

「さすがだな」「可愛いぞ」4連覇祝うセレモニーでグリーリッシュがお茶目な姿! まさかの“暴発”にきょとん顔

前人未到のプレミアリーグ4連覇を果たしたマンチェスター・シティ。エティハド・スタジアムでは偉業達成を祝うセレモニーが行われていた。 そんな中、イングランド代表MFジャック・グリーリッシュのお茶目な一面が話題となっている。 ピッチ上で祝福しあう選手たち。グリーリッシュは筒状のクラッカーを手に持っていた。 ただ、いまいち使い方がわからなかったのか、覗き込みながら「これどうやるんだ?」と言いつついじっていると、まさかの暴発。流石に予想していなかったのか、驚いて唖然とする姿がたまたま収められていた。 シティの公式インスタグラムがこの様子をアップ。「変わらない」とお茶目な様子をいじると、チームメイトのDFジョン・ストーンズも笑った絵文字を投稿。ファンも「さすがだな」、「もう酔っていたのか?」、「可愛いぞ」とコメントを寄せていた。 今シーズンのグリーリッシュはプレミアリーグで20試合に出場し3ゴール1アシストと、4連覇に大きく貢献したとは言い難い結果に。来シーズンの奮起が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】お茶目なグリーリッシュが突然の出来事にビックリ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C7KW1lwuk5M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C7KW1lwuk5M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C7KW1lwuk5M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Manchester City(@mancity)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.21 12:55 Tue

前人未到の4連覇、シティの祝賀会は朝5時まで行われた中で選手1人が連れ出される事態に…参加者と喧嘩に

史上初となる4連覇を達成したマンチェスター・シティ。試合後、選手たちは一同に介して優勝の祝賀会を行った。 19日、プレミアリーグ最終節が行われシティはホームにウェストハムを迎えた。 勝利しなければ、アーセナルに最後に追い抜かれる可能性があった中、試合は早々にフィル・フォーデンが2ゴールを決めてリードを奪うと、その後1点を返されるも、ロドリが後半にゴールを奪い、3-1で勝利。前人未到の4連覇を達成した。 試合後、選手たちはマンチェスター市内の中心部にあるギリシャ料理レストラン「フェニックス」で祝賀会を開催。選手はもちろんのこと、パートーナーやジョゼップ・グアルディオラ監督などが参加。パーティーは朝5時まで続いたとされている。 4連覇という偉業に酔いしれる選手たちの中、1人の選手が祝賀会場から追い出されたという。 イギリス『デイリー・メール』によると、その選手はスコット・カーソン。第3GKとしてチームに所属する38歳のベテランだが、どうやら参加者と喧嘩に発展。朝4時に連れ出されてしまったという。 カーソンは仲間と楽しんでいたというが、その中で口論に発展。殴りかかりそうになるところが見つかり、連れ出されることとになったという。 カーソンは19年8月にシティに加入。これまで2試合110分間の出場しかしていないものの、10個のタイトルを獲得している。 <span class="paragraph-title">【写真】祝賀パーティーで喧嘩になりそうになり連れ出されてしまう選手…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Man City reserve goalkeeper Scott Carson, 38, is &#39;KICKED OUT of Man City&#39;s title celebrations&#39; at 4am by security after &#39;trying to fight a fellow partygoer&#39; <a href="https://t.co/eFmeTzcaVH">https://t.co/eFmeTzcaVH</a></p>&mdash; Mail Sport (@MailSport) <a href="https://twitter.com/MailSport/status/1792524229579059556?ref_src=twsrc%5Etfw">May 20, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.20 22:50 Mon

「言葉で言い表すことはとても難しい」圧巻2ゴールで優勝貢献、MVPのフォーデンが4連覇達成に「まだ飽きることはない」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンが、プレミアリーグ4連覇を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 19日、プレミアリーグ最終節が行われ、シティはホームにウェストハムを迎えた。 勝利すれば前人未到のプレミアリーグ4連覇を達成するシティ。試合は今シーズンのMVPを受賞したフォーデンが圧巻のパフォーマンス。開始2分にボックス手前でパスを受けたフォーデンが左足を一閃。先制ゴールを奪うと、18分には左サイドからのグラウンダーのクロスをダイレクトで蹴り込み追加点を奪う。 その後も得点を重ねると、3-1で勝利。見事に4連覇を達成することとなった。 今シーズンはMVPを受賞し、最終節でも優勝に導く2ゴールを記録したフォーデンは、改めてこの優勝を振り返った。 「今日のことを言葉で言い表すことはとても難しい。僕たちは歴史に名を残すこととなった。これまでにやってのけたチームはない。それがファンにとって何を意味するのか。そして僕たちにとって何を意味するのかわかるだろう」 「僕たちはここでこの瞬間のために一生懸命働いてきたし、これをファンと共有できるのはとても特別な気持ちだ」 「プレミアリーグではこれまで4連覇したチームはなく、それを達成したのは僕たちが初めてだから、より大きな意味を持つ。正直に言うと、言葉を失っているし、完全に打ちのめされているよ」 「僕だけじゃなく、選手全員が長年にわたり重要な試合をプレーしている、このシナリオも何度かプレーしてきた」 「あの経験が緊張を和らげてくれた。今日は僕たちが自信を持って見えたと思うし、ただ自分たちのサッカーをしただけだった。そして、最終的にそれが報われた」 これまでやってきたことをやり続けた結果が4連覇というフォーデン。試合を振り返り、速い時間にゴールを奪えたことが良かったとし、まだまだ貪欲に勝利を求めていくとした。 「完璧なスタートだったね。時にゴールが早すぎると思うこともあるから、スイッチを入れ続けなければならなかった。そして幸運にも2点目を決められ、お膳立てができた」 「(プレミアの優勝に)まだ飽きることはないよ。毎回こうした気分が欲しいし、何かに勝った時はこれ以上の気分はない。できるだけ、勝ち続けたいと思っている」 <span class="paragraph-title">【動画】前人未到の4連覇! フォーデンが圧巻の2ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_Yn-UXopvbs";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 21:15 Mon

「こんなに緊張する日になるとは」元オアシス、ノエル・ギャラガーが前人未到の4連覇達成のシティを祝福…2ゴールのフォーデンに「あらゆるものの中でとんでもないこと」

マンチェスター・シティの生粋のファンでもある元オアシスのノエル・ギャラガー氏が、シティのプレミアリーグ4連覇を祝福した。 19日、プレミアリーグ最終節が行われ、シティはホームにウェストハムを迎えた。 首位に立つシティ。勝利すれば文句なしの4連覇達成だが、引き分け以下ではアーセナルに優勝を譲る可能性もある状況。それでも、開始2分に今シーズンのMVPを受賞したフィル・フォーデンがいきなりゴールを奪い先制すると、18分にもフォーデンが追加点を奪う。 しかし、ウェストハムも前半のうちに1点を返す展開に。緊迫した試合となったが、59分にロドリがネットを揺らし、3-1で勝利。前人未到のプレミアリーグ4連覇を達成した。 この試合もスタンドで観戦したギャラガー氏はクラブを通じて優勝を祝福。かつてはボールボーイとしてピッチサイドにいたフォーデンの活躍を喜んだ。 「こんなに緊張する日になるとは思わなかった」 「しかし、我々は早い段階でのゴールを望んでいた。元ボールボーイでシティファンだった選手の1人が、79秒後にゴール隅にゴールを決めたことは、このような日に見られるあらゆるものの中でもとんでもないことだ」 「フィルが我々を2点差にしてくれたことが、全てを物語っている。我々は得点差を消し去り、最も多くのゴールを決め、最高の監督がいる最高のチームだ。それで終了だ」 「信じられないほど素晴らしかったし、信じられないほどだった。決して軽視すべきではない」 「今までそんなことは一度もなかった。私にとって、そして私と同世代の人々にとって、これがその1つだ」 <span class="paragraph-title">【動画】前人未到の4連覇! 有終の美を飾ったシティのハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_Yn-UXopvbs";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 15:45 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly