パリ行き決定のなでしこジャパンで山下杏也加から刺激! 田中桃子「超えていかなければいけない」

2024.03.01 19:45 Fri
日テレ・ベレーザGK田中桃子が囲み取材に応対。
©超ワールドサッカー
日テレ・ベレーザGK田中桃子が囲み取材に応対。
日テレ・東京ヴェルディベレーザGK田中桃子がなでしこジャパンのパリ・オリンピック出場決定を振り返った。

先日までパリ行きをかけ、北朝鮮女子代表と争ったなでしこジャパン。中立地サウジアラビアでの第1戦こそ0-0だったが、国立競技場での第2戦を2-1で制し、2大会連続6度目のオリンピック出場を決めた。
2試合とも出番なしだったが、そのメンバーとしてパリ行きの切符を目指して戦った田中は日テレ・ベレーザに戻って、WEリーグ再開に向けた調整に励むなか、1日のチーム練習後に囲み取材に応じた。

まずは改めてパリ・オリンピック出場権の獲得に対する心境を問われると、チームの一体感とともに、この痺れる状況を楽しむ気持ちがあったと振り返った。

「ワールドカップの流れからみんなが1つになれたし、それがみんなの経験としてあった。ああいう大きい舞台で、ああいう高揚感だったりは世界大会でしか味わえないよねって(熊谷)紗希さんが前日にしてくれて、それをみんなで改めて共有した。1つになれたのは前日から感じたし、みんながすごく緊張していたけど、それ以上にワクワク感や楽しそうだなっていうのが強くて、それが結果に繋がったのかなと思う」
そんななでしこではGK山下杏也加が2戦ともに好セーブで存在感。田中は先輩の姿に刺激を受け、さらなる成長に決意を新たにする経験にもなったようだ。

「事前合宿でも(練習から)ああいう反応の部分を見せていた。実際に試合で出していてすごいなと思ったし、自分も一緒に練習をやっていてよかったなと感じた。ただ、そこを超えていかなければいけないというのは改めて自分のなかにちゃんととどめておかなければいけない感情だなと。ああいう良いプレーを見たからこそすごく感じた」

日テレ・ベレーザは3日に敵地で行われるWEリーグ第8節のノジマステラ神奈川相模原戦が再開初戦に。田中は再開するにあたり、チーム、そして自身の目標を語った。

「ベレーザは長く女子サッカーを牽引してきた存在。やっぱりてっぺんを目指すってのは絶対に思っていないといけない。リーグは今、4位だけど、逆転して、すべて勝つってのはチーム全体としてやっていきたい。個人としてはチームを勝たせられる存在になりたいので、1試合1試合でどれだけ存在感をもってチームを引っ張っていけるかにフォーカスしてやっていきたいと思う」
関連ニュース

C大阪、WEリーグ歴代2位の入場者数6651人を記録!今季のカップ戦決勝超え

21日、2023-24WEリーグ第16節、セレッソ大阪ヤンマーレディースvs日テレ・東京ヴェルディベレーザがヨドコウ桜スタジアムで行われ、雨天にも関わらず、WEリーグ歴代2位となる6651人の来場者数を記録した。 今季からWEリーグに参入したC大阪は、今節を除いたホームゲーム全11試合(カップ戦含む)の平均入場者数が2195人と、これまでも高い集客力を誇っている。 なお、過去最多は2021-22 Yogibo WEリーグ第21節、国立競技場での開催となったINAC神戸レオネッサvs三菱重工浦和レッズレディースの12330人。純粋なホームスタジアムでの開催試合としては、過去最多となった。 試合はC大阪がボールを握られる中でも粘りの守備を見せ、37分には相手のビルドアップミスから百濃実結香に決定機が到来し、会場を沸かす。 75分には鈴木陽に先制点を奪われたが、4分後の速攻から荻久保優里のクロスに脇阪麗奈が頭で合わせて同点に。ホームの声援を受け、勝ち点「1」をもぎ取った。 ◆WEリーグ歴代最多入場者数5傑 1位:12330人(2021-22第21節 INAC神戸レオネッサvs三菱重工浦和レッズレディース@国立競技場) 2位:6651人(2023-24第16節 セレッソ大阪ヤンマーレディースvs日テレ・東京ヴェルディベレーザ@ヨドコウ桜スタジアム) 3位:5306人(2023-24第2節 マイナビ仙台レディースvsINAC神戸レオネッサ@ユアテックスタジアム仙台) 4位:4905人(2022-23第21節 三菱重工浦和レッズレディースvs大宮アルディージャVENTUS@浦和駒場スタジアム) 5位:4619人(2023-24第8節 サンフレッチェ広島レジーナvsアルビレックス新潟レディース@エディオンピースウイング広島) 参考:6261人(2023-24 WEリーグカップ決勝 サンフレッチェ広島レジーナvsアルビレックス新潟レディース@等々力陸上競技場) <span class="paragraph-title">【動画】ホームの大観衆の前でC大阪・脇阪麗奈が意地の同点弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2MmRtblXj_Y";var video_start = 104;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.21 21:45 Sun

清家貴子が10試合連続得点の浦和、リーグ記録タイの9連勝で首位堅持!C大阪vs東京NBにはWE歴代2位の6651人が来場【WEリーグ】

21日、2023-24WEリーグ第16節の6試合が各地で行われた。 前節から中2日で行われる3連戦の最終戦。首位の三菱重工浦和レッズレディースは9位マイナビ仙台レディースとアウェイで対戦し、3-0で勝利を収めた。 15分に栗島朱里のWE初ゴールで試合を動かすと、50分には伊藤美紀が7試合ぶりのゴールを決めてリードを広げる。 74分には清家貴子が記録更新となる10試合連続ゴールを挙げ、首位堅持の9連勝。昨季浦和自身が残したWEリーグ記録に並んだ。 直近2試合を1分け1敗で浦和との勝ち点差が「7」にまで開いた2位INAC神戸レオネッサは、未勝利続く最下位ノジマステラ神奈川相模原の敵地に乗り込み、3試合ぶりの白星を手にした。 大賀理紗子負傷の隙を突いて37分に守屋都弥が試合を動かすと、折り返しての67分には2列目から飛び出した成宮唯が追加点を奪い、73分には髙瀬愛実がPKを沈めて3-0で勝利を収めた。 一方、N相模原はワーストタイとなる今季2度目の5連敗。昨季から24試合勝利なしと苦境が続いている。 逆転優勝に望みをつなげたい3位アルビレックス新潟レディースは、道上彩花のPKを皮切りに、石田千尋と園田瑞貴には今季初ゴールが誕生。WE参入後はクラブ最多タイとなる4得点を挙げ、11位AC長野パルセイロ・レディースに4-1と快勝。3点差を付けての勝利も、クラブにとっての最大点差となった。 敗れたAC長野はクラブワースト更新の8試合未勝利と、N相模原同様、こちらも苦しいシーズンを送っている。 ヨドコウ桜スタジアムで行われた10位セレッソ大阪ヤンマーレディースvs4位日テレ・東京ヴェルディベレーザには、WE歴代2位の6651人が来場。押し込み続けた東京NBが鈴木陽のゴールで75分に均衡を破ったが、C大阪もその4分後にキャプテン脇阪麗奈が意地のヘディング弾を挙げ、1-1の引き分けに終わった。 堅守速攻にポジショナルプレーを加え、進化を続ける7位ちふれASエルフェン埼玉は、新加入選手の早期フィットで調子を上げる6位サンフレッチェ広島レジーナとホームで対戦。 EL埼玉が吉田莉胡のPKで29分に試合を動かせば、S広島Rも55分に小川愛のリーグ戦初ゴールで同点に追い付く。 決勝点は76分、左ウイングバックで先発し、後半からは3ボランチの一角へ入った金平莉紗のスルーパスに吉田が抜け出し、一対一を制した。 また、5位大宮アルディージャVENTUSvsジェフユナイテッド市原・千葉レディースの一戦はゴールレスドローに終わっている。 ◆2023-24WEリーグ第16節 セレッソ大阪ヤンマーレディース 1-1 日テレ・東京ヴェルディベレーザ マイナビ仙台レディース 0-3 三菱重工浦和レッズレディース アルビレックス新潟レディース 4-1 AC長野パルセイロ・レディース ちふれASエルフェン埼玉 2-1 サンフレッチェ広島レジーナ ノジマステラ神奈川相模原 0-3 INAC神戸レオネッサ 大宮アルディージャVENTUS 0-0 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース <span class="paragraph-title">【動画】清家貴子の10試合連続得点含む3ゴールで浦和が快勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8puvhlvZqa0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.21 17:25 Sun

初勝利はお預けも…N相模原・GK池尻凪沙が見いだす光明「ここ数試合で一番手応え」「勝って連戦を締めたい」

ノジマステラ神奈川相模原のGK池尻凪沙は、敗戦の中にも確かな手応えを感じたようだ。 N相模原は18日、2023-24WEリーグ第15節で日テレ・東京ヴェルディベレーザとアウェイで対戦。1-3の逆転負けで4連敗となり、2分け13敗と初勝利はまたもお預けとなった。 ワンチャンスを生かして37分に南野亜里沙の一撃で先制。74分までリードを保ったが、追い付かれたのちに80分、84分と立て続けに失点を喫することに。「失点するまではチーム全体として、ゴール前の守備だったり、最後のところでやらせないとか、ここ数試合で一番守れていたと手応えを感じていたんですけど、失点してからちょっと崩れてしまったなと感じます」と、池尻も1つの分岐点だったと考えているようだ。 ただ、敗れはしたものの、守備では一定の手応えを感じる内容となった。前半は相手3バックとボランチに制限を掛け、後半もクロスやセットプレー攻勢を浴びる中で粘りの対応が続いた。 これまでクロスからの失点が多かったため、チームとしても対応には力を入れてきたことを明かし、「(クロスを上げられる前に)もうちょっとプレッシャーをかけられたらという部分はあるんですけど、跳ね返せていましたし、最後のところで守れれば問題はないかなと思っていました。試合を重ねるごとにすごく良くなっていると思っています」と口にする。 48分に神谷千菜のボレーを止めたのをはじめ、度々の好守を披露した守護神。「本当に失点するまではギリギリのところで触れていたので、今シーズン試合に結構出させてもらっている中で、試合感とか緊張感とか自分のものにしていけている気がします」と確かな手応えも感じている。 次節に相まみえるINAC神戸レオネッサも、個の能力は非常に高い。3日後に控える3連戦のラストへ向け、「チームとして堅い守備ができたら」と語った池尻は「この2日でしっかり準備して、次こそ無失点で、絶対勝って連戦を締めたいと思っています」と、初勝利への意欲を燃やした。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】南野亜里沙のゴールで先制も…逆転負けで初勝利はお預けに</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-82AU8q9-I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.19 21:35 Fri

「裏をもっと突けるんじゃないか」東京NB・松田紫野が狙い通りに攻撃活性化、同点弾演出は「運良くって感じです」

途中出場で同点ゴールに関与した日テレ・東京ヴェルディベレーザのDF松田紫野が、ノジマステラ神奈川相模原戦を振り返った。 東京NBは18日、2023-24WEリーグ第15節でN相模原と味の素フィールド西が丘で対戦。3-1と逆転勝ちを収めた。 ベンチスタートとなった松田は後半頭から出場し、3バックの左へ入った。ウインターブレイクが明けて以降、しばらく別メニューでの調整が続いていたが、再開後ようやく初出場。8試合ぶりのピッチに立った。 「休んでいた分、準備期間はあったのでそこでコンディションを上げて、フィジカル(トレーニング)やケアは入念にやってきたので、復帰戦でしたけどしっかりやれたと思います」と手応えを口にする。 74分にはクロスから同点ゴールを演出。「正直、クロスを上げた時にはやってしまったと思って…。もうちょっとニアを越して真ん中ぐらいへのボールを蹴りたいと思っていたんですけど、前に当たってしまって、運良くって感じです」と、狙いとは若干ずれていたことに照れながらも、結果に結び付いたことに顔を綻ばせた。 前半の戦いを見て「ウイングに(相手の)サイドバックが結構食い付くシーンがあったので、その裏をもうちょっと突けるんじゃないか」と分析。「コーチからもそこを意識して、もらったときには左でオープンで持って、(北村)菜々美さんの裏や足下の使い分けと、持った時に中のフォワードを見ることを意識して欲しいと言われました」との指示通り、サイドからの攻撃を活性化している。 「みんなも共通意識を持てている」との言葉にあるよう、新システムの中でクロスが増加傾向にある東京NB。これを元々のパスサッカーとどう組み合わせるかが、攻撃のバリエーションにもつながってくる。 クロスに至る過程でも、外外でまくる以外に、同点シーンのように中央へ人を集め、サイドのスペースを作るパターンもある。 一辺倒になるのではなく、「ベレーザの特徴でもあるパスサッカーで中央突破することも忘れずに、両方できるのが強みだと思うので、精度を上げるのはこれからの課題かなと思います」と両立や使い分けを目指しながら、次節以降へ向けても「まだまだ順位争いありますけど、まずは1つ1つの試合に集中して、みんなで戦って必ず勝利したいなと思います」と意気込みを語った。 <span class="paragraph-title">【動画】途中出場・松田紫野のクロスが同点ゴールに結び付く!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-82AU8q9-I";var video_start = 72;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.19 17:15 Fri

東京NB・山本柚月がチームトップの5得点目、成果結実のカットインゴールに「流れはイメージ通り」

日テレ・東京ヴェルディベレーザのFW山本柚月が自身の得点シーンを振り返った。 東京NBは18日、2023-24WEリーグ第15節でN相模原と味の素フィールド西が丘で対戦。3-1と逆転勝ちを収めた。 この日は6試合ぶりにベンチからのスタートとなった山本は、ハーフタイム明けから途中出場。右のウイングバックとして幾度もキレのあるドリブルを披露し、プレスバックでも労を惜しまず。84分にはカットインからの一撃も沈めた。 ビハインドで折り返すこととなった前半の戦況は「ずっと課題でもあったゴール前の崩しや相手のサイドとのかみ合いが、あまりうまくいってないなとは思っていた」と分析。 第8節の前回対戦時、[3-4-2-1]で臨んだN相模原は、この日は4バックを採用。相手のシステムが異なっていた影響も若干感じつつ「相手のサイドハーフが自分たちのスリーバックのサイドに対してプレッシャーに来ていましたが、そこに来るってことは空くところもあるので、そのスペースをうまく使えたら」とも感じていたという。 ハーフタイムの3枚替えで、山本を含めた途中出場選手が攻撃を活性化。前半以上に深い位置まで押し込む時間が増えた。「ビハインドだったので、ゴール前の積極性や力強さを出せたらと。それを全員が意識してできた」ことが、後半の躍動、逆転に繋がった。 一対一の勝負では完勝といっていいだろう。キレが増す中、縦突破からのクロスだけでなく、「クロスが生きてきた中での次のステップだと思っていた」と話すカットインからのシュートは、これまでの試合でも度々披露。一方で、「今までもイメージはあったんですけど、なかなか入っていなかった」が、84分には成果が結実。右奥から中央へ切れ込み、2度の切り返しから抑えの効いた左足の一撃を左下隅へ流し込んだ。 チームトップとなる5試合ぶり今季リーグ戦5ゴール目については、「今日は3本くらい打って、ほかの2本は浮いてしまいましたし、利き足ではないので、コントロールショットはまだ難しいところがありますけど、得点したシーンでは結構中に入っていけて、流れの中ではイメージ通りでした」 東京NBは次節、中2日でセレッソ大阪ヤンマーレディースと対戦。この試合も、前半は相手のプレッシングに苦しみ、先制を許す展開だったが、山本のゴールで追い付き、1-1に終わった。 1カ月を経ての再戦へ向けては、「前回は思い通りに行かない試合で、今回も先制されてますし、先手を打っていけるように、先制点を取れるようにしっかり入って、3連戦のラストでもあるので、出し切ってチーム全員で勝ちたいなと思っています」と力強い言葉を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】山本柚月がカットインからの見事な左足フィニッシュ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-82AU8q9-I";var video_start = 120;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.19 16:45 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly