カタールW杯王者の一員が妻と離婚トラブル、夫にもらったW杯ユニフォームは売却「家の支払いに充てる」「離婚届にサインしてほしいだけ」

2024.03.01 12:20 Fri
カタール・ワールドカップでも3試合に出場していたアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(中央)
Getty Images
カタール・ワールドカップでも3試合に出場していたアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(中央)
カタール・ワールドカップ(W杯)王者のアルゼンチン代表の一員であるMFエセキエル・パラシオスが、妻とトラブルを抱えているようだ。アルゼンチン『ラ・ナシオン』が伝えている。現在はケガで離脱しているものの、ブンデスリーガで首位につけるレバークーゼンで主力として活躍するパラシオス。アルゼンチン代表としても通算28試合に出場しており、優勝したカタールW杯でも3試合に途中出場していた。
過去には複数の女性との交際が明らかになるなどプライベートでは問題を抱えがちなパラシオスだが、妻のイェシカ・フリアスさんとの間に問題が起きているようだ。

2人は、2018年に出会い2021年に結婚。カタールW杯では仲睦まじい姿を見せていたが、現在は離婚のための手続きがドイツで進められているという。

その中、『ラ・ナシオン』によると、フリアスさんはアルゼンチンのゴシップ番組『Socios del Espectáculo』に出演し、アルゼンチン国内に購入した家の資金を捻出するため、パラシオスのW杯の金メダルとユニフォームを売却する予定だと明かしたという。
「彼は、自分のものになるかどうかわからないから、(家の)支払いを終えるつもりはないと言っていました。そして、私はただ、私たちが一緒に暮らした分の支払いと、離婚届けにサインしてもらうことだけを求めているのです」

「すべてをオークションに出してその費用を捻出し、同時にネット販売にも取り組むつもりです」

そして、番組出演から数時間後にフリアスさんはインスタグラムを更新。ユニフォームを販売したとし、落札したという人との記念写真までアップした。

また、アルゼンチン『TyC Sports』によると、フリアスさんはその後再びテレビに出演。売却しているのはあくまでパラシオスから譲り受けたものだと主張している。

「彼のものをオークションにかけるとは言っていません。私が持っているのは、彼が私にくれたものです。昨日売ったシャツは、彼が私にくれたもので、"僕の人生でたったひとつの愛のために "と書いてあります」

「メダルはどうすれば売れますか?まず第一に、彼がメダルを持っているのは、彼がそれを獲得したからです。私も彼がメダルを獲得するために貢献した一人です。私が持っているのは、彼が私にくれたレプリカです」

その上で、「私が3カ月以内にアパートの支払いを終えなければ、所有者は私を立ち退かせる権利があります。2023年12月には支払いを終えているはずでした」と資金調達の理由を明かした。

さらに「私が彼に要求しているのは自分のものであり、ドイツの法律で私に相当する財産やを要求しているわけではありません。私が求めているのは、私たちが署名したものを私たち二人の間で分けてほしいということだけです」と主張している。

また、最後に、交際していた時期に知ったというアルゼンチン代表に関する様々な情報を持っているとしつつ、「私が持っているすべての情報を踏まえて、私と離婚をしてください。そして、見合った結論を出しましょう」と改めて離婚を要求しているということだ。

W杯王者の中から出てきた夫婦間のトラブル。アルゼンチンでは大きな注目を集めているが、パラシオスはどのような対応をするのだろうか。


1 2
関連ニュース

FC東京が注意喚起の声明、“東京ダービー”キックオフ7時間前にすでに迷惑行為「しかるべき対応を検討いたします」

FC東京は13日、東京ヴェルディとの“東京ダービー”を前に「注意喚起」を実施。すでに迷惑行為があることを報告している。 13日、味の素スタジアムで16時から東京ヴェルディvs FC東京の“東京ダービー”が開催。16年ぶりのJ1の舞台でのダービー開催とあり、試合前から話題となっている。 2023年には天皇杯で両者が対戦。その際に、スポンサー看板への卵の投げつけ、スタンドでの花火や発煙等などの火器を使用するなどしたFC東京サポーターが処分を受ける騒動に発展していた。 今回のダービー開催前から、昨シーズンの迷惑行為をしないように注意喚起されていたが、キックオフまで7時間ある中でどちらのファン・サポーターが行っているかは不明だが、すでに迷惑行為が確認されているという。 FC東京は公式X(旧ツイッター/@fctokyoofficial)で状況を報告。改めて注意喚起をおこなっている。 ーーーーー 【注意喚起】 飛田給駅周辺やスタジアム通り、味の素スタジアムの敷地内を含め、公共物などへの貼り紙や装飾物の汚損などは絶対にやめてください。 なお、すでにFC東京のクラブパートナーが設置した自動販売機や、スタジアム周辺の公共物に貼り紙をする迷惑行為を確認しており、しかるべき対処を検討いたします。 スタジアムのなかで、それぞれのチームへの応援をよろしくお願いします ーーーーー “東京”をチーム名に持つ両者の戦い。普段のホームスタジアムでアウェイ側に立つFC東京と、16年ぶりのダービーを戦い東京V。間違った方向に熱狂を持っていかないでもらいたいものだ。 2024.04.13 10:15 Sat

フェネルバフチェ巡る騒動が頻発のトルコ、残りシーズンは重要な試合のVARに外国人審判員を採用へ

フェネルバフチェを巡る様々な騒動が起こっているトルコ。トルコサッカー連盟(TFF)がビデオ・アシスタント・フェレリー(VAR)に対して外国人を採用することを発表した。 スュペル・リグを戦うフェネルバフチェに関して、今シーズンは多くの騒動が起こっている。 まずは3月、トラブゾンスポル戦で試合後にトラブゾンスポルのファンがピッチに乱入。選手に襲い掛かる事件が起きていた。 この事件を受け、フェネルバフチェはスュペル・リグからの撤退を検討。投票が行われたが、残留することが決定した。 すると、今度はトルコ・スーパーカップを巡って問題が。フェネルバフチェは、11日に行われたヨーロッパリーグ(EL)でオリンピアコスとアウェイで対戦。その前にガラタサライとのスーパーカップが組まれていたが、日程変更を要請した。さらに、外国人審判を採用することを要請したが、いずれも拒否されていた。 すると、試合にはU-19チームを送り出し、開始1分で失点。そのまま選手を引き上げさせ、抗議を示して試合をボイコット。ガラタサライが3-0で不戦勝となりスーパーカップ制覇。フェネルバフチェは罰金処分を受けることとなった。 フェネルバフチェの会長は「地下ネットワークが審判を使って試合を決めている」と批判。かなり不満を持っていることが窺い知れる。また、「偏見がある」という訴えもあり、公平なジャッジをするということでTFFが動くこととなった。 そんな中、TFFは声明を発表。ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)とヨーロッパの5カ国と交渉し、残りシーズンの重要な試合を外国人のVARを招へいすることを発表した。 TFFに参加するのは、イタリア、スペイン、ドイツ、オランダ、ポルトガルのVARたち。各国サッカー連盟が受け入れることとなった。 なお、今週末の試合ではファティ・カラギュムリュクvsフェネルバフチェの試合のVARにも外国人審判が割り当てられる。 2024.04.12 22:15 Fri

ヤマルへの差別発言でアトレティコの元副官が解説者を解雇される…CLの試合後にPSGとバルサがインタビューボイコット

バルセロナのスペイン代表FWラミン・ヤマルに対する発言を受け、スペイン『モビスター』は解説者のヘルマン・ブルゴス氏を解雇した。 ブルゴス氏はアルゼンチン代表の守護神としても活躍し、マジョルカやアトレティコ・マドリーでプレー。引退後は、ディエゴ・シメオネ監督の下で長らくアシスタントコーチを務めるなどしていた。 そのブルゴス氏は、チャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)vsバルセロナの試合前、ヤマルがボールを使ってトリックを披露する映像を見て、問題の発言を残した。 「もしサッカーが上手くいかなくなったら、彼は信号待ちで仕事をするかもしれない」 このコメントは、信号待ちをしているドライバーに対し、金銭を要求する人々を仄めかしているとして批判を受けることに。人種差別であり、階級差別である発言だとされた。 これを受けて、PSGとバルセロナは試合後の同局のインタビューをボイコット。『モビスター』は「モビスタープラス+はいかなる種類の差別も非難しており、プラットフォームに関係する従業員や協力者からのこの種のコメントを許可しない」と声明を発表していた中、ブルゴス氏の解雇を発表した。 2024.04.12 20:05 Fri

今治が選手のゴールパフォーマンスを謝罪…アウェイで相手サポーター前での行為に複数指摘「配慮に欠けた行動」

FC今治は12日、選手のゴールパフォーマンスについて謝罪した。 ことの発端は10日に行われた明治安田J3リーグ第9節のテゲバジャーロ宮崎vsFC今治の一戦だ。 開始5分、今治は自陣からのロングボールをつなぐと、ボックス内右で拾ったマルクス・ヴィニシウスが左足で流し込みゴール。先制した。 宮崎のゴール裏に攻めて行っていたため、マルクス・ヴィニシウスはコーナー付近に寄っていき喜びを露わに。その後、駆け寄ってきたチームメイトとメインスタンド側に移動してカメラの前に行き、ゆりかごダンスを披露していた。 しかし、このパフォーマンスについてクラブには複数の指摘が入ったとのこと。配慮に欠ける行為だったとして謝罪した。 「2024明治安田J3リーグ第9節 vsテゲバジャーロ宮崎において、1点目のマルクス ヴィニシウス選手の得点時のゴールパフォーマンスについて、クラブに複数のご指摘をいただきました」 「得点時のパフォーマンスをテゲバジャーロ宮崎のゴール前で行った事により、試合を観戦いただいた方々に不快な思いをさせてしまいました」 「宮崎のサポーターの皆様への配慮に欠けた行動だったと、クラブとして認識しております。誠に申し訳ありませんでした」 「今回の件に関して、本日、選手全員にクラブから指導を行いました」 「今後はより一層、試合に関わる全ての人々にリスペクトの精神を持って、スタッフ・選手一同取り組んでまいります。引き続きご支援ご声援のほど、よろしくお願い致します」 なお、試合は宮崎がすぐに追いつくも、今治が日野友貴のゴールで勝ち越し、1-2で勝利している。 <span class="paragraph-title">【動画】指摘を受けたマルクス・ヴィニシウスのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Fd2GJzx-BN0";var video_start = 59;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.12 16:37 Fri

南野拓実の蹴ったボールが主審の顔面直撃…再び話題になる一方でリーグに批判的な声「これを共有する意味があるのか」

モナコの日本代表MF南野拓実のとあるプレーが再び話題になっている。 昨シーズンはモナコに移籍して1年目のシーズンだったが、期待を大きく裏切る形となってしまった南野。しかし、今シーズンはコンディションも整うと、リーグ・アンで25試合に出場し7ゴール5アシストを記録している。 7日に行われたリーグ・アン第28節のスタッド・レンヌ戦でもフル出場を果たすと、キレのあるプレーを連発。ライン際のドリブル突破などが話題を呼んでいた。 そんな中、この試合ではもう1つ南野が話題をさらうことに。試合中、浮き球をダイレクトでパスしようとしたところ、ノールックで蹴ったボールが間近にいたステファニー・フラパール主審の顔面に直撃するアクシデントが起きていた。 南野はすぐに気がつき、歩み寄って謝罪していたが、このシーンをリーグ・アンの公式X(旧ツイッター/@Ligue1UberEats)が投稿したが、再び話題に。一方で、これには批判的な声も寄せられている。 「これを共有する意味があるのか」 「リーグは彼女を嘲笑しようとしているのか?」 「性差別のコメントを生み出すことになる」 また「痛そうだ」、「南野は紳士的」などというコメント以外に、実際に嘲笑するコメントは出ており、「南野の銅像を建てよう」、「彼は国民のヒーローだ」、「一番批判を受ける主審を吊し上げている」など、遠回しのコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実が蹴ったボールが主審の顔面に直撃…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://t.co/XEcvZBNmKO">pic.twitter.com/XEcvZBNmKO</a></p>&mdash; Ligue 1 Uber Eats (@Ligue1UberEats) <a href="https://twitter.com/Ligue1UberEats/status/1778377453431611579?ref_src=twsrc%5Etfw">April 11, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.12 16:10 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly