水面下でアーセナルら強豪が追いかける19歳のイタリア人DFカヨデ、代理人が去就にヒント「プレミアリーグ? ああ…」

2024.02.28 14:25 Wed
にわかに注目が高まるマイケル・カヨデ(19)
Getty Images
にわかに注目が高まるマイケル・カヨデ(19)
フィオレンティーナのU-21イタリア代表DFマイケル・カヨデ(19)。代理人がステップアップの可能性について語った。

カヨデはナイジェリア出身の両親を持つ19歳。今シーズンからフィオレンティーナとプロ契約を結んだ1年目だが、すでに公式戦25試合出場と右サイドバックで定位置を掴んだ若武者だ。
このカヨデ、まだ知名度こそ低いが、水面下ではイングランドなど欧州各国から関心が寄せられており、イタリア代表の技術スタッフが26日に行われたラツィオ戦をカヨデ目的で視察するなど、にわかに注目の存在となりつつあるのだ。

この一戦でセリエA初ゴールと、ユーロ2024に向けてアピール成功のカヨデだが、試合後、地元メディア「ラジオ・フィレンツェ・ヴィオラ」の取材に応じた代理人のアンドレア・リトルニ氏も、この事実を喜んでいる。

「さっきカヨデと少し話したんだ。今日のプレーに満足しているようだったよ。客観的にもそれは正しい感覚だと思う」
ルチアーノ・スパレッティのアシスタントの前でいきなり素晴らしいパフォーマンスを披露できるなんてね。個性はもちろん、ベテランのようなメンタリティがあるみたいだ。私の口から言うのはあれだが、カヨデはスパレッティの電話を待ち焦がれているよ」

一方で、クラブキャリアの早急な前進については、やや否定的。カヨデにはアーセナルのスカウト陣がスタンバイしていることも明らかになっている。

「ヴィオラは心配する必要ないよ。カヨデはクラブに対して誠実だし、何より契約とは大前提として尊重すべきものだろう?」

「プレミアリーグ? ああ、いくつかのクラブからスカウティング対象になっているのは認めるべきだ。ただ、それもこの世界の普遍的なものであり、フットボーラー自身にとっては人生の一部。有難いことにヴィオラは良い契約をカヨデに与えてくれている。ボーナスも多いしね(笑) 今後もうまく付き合っていくはずだよ」

クライアント・カヨデのヴィオラ愛を、ユーモラスに、正直に、明かした代理人。現行契約は「2028年6月まで+延長オプション1年間」となっている。

まだ19歳、焦ってイングランドへ向かう必要はないだろう。
関連ニュース

アストン・ビラがリールに先勝! 本間至恩ベンチ入りのクラブ・ブルージュも先勝【ECL】

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝の1stレグが11日に行われた。 UEFAコンペティションで無類の強さを誇るウナイ・エメリ率いるアストン・ビラとリーグ・アンで4位に位置するリールの最注目カードは、ホームのアストン・ビラが2-1で先勝した。 互いに現状のベストメンバーを起用して臨んだ一戦は一進一退の攻防に。開始13分にはマッギンの右CKをファーのワトキンスが頭で合わせてアストン・ビラが先制に成功する。 だが、効果的にハイラインの背後を突いたリールは前半にシェグロヴァ、ディアキテ、デイビッドとボックス内で4度の決定機が訪れたが、いずれも守護神マルティネスの圧巻の一対一でのファインセーブに阻まれた。 迎えた後半は再び良い入りを見せたホームチームが、56分に左CKのショートコーナーからマッギンが見事なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、追加点を挙げた。以降はリールが攻勢に転じると、63分のグズムンドソンのゴールは際どいオフサイド判定で取り消されたものの、84分にはカベラの左CKをニアのディアキテが頭で合わせて1点を返した。 その後、リールの猛攻を凌いだアストン・ビラが2-1で先勝したが、リールにも十分にチャンスがある状況で1週間後の2ndレグを迎えることになった。 昨季準優勝のフィオレンティーナが、チェコの強豪ビクトリア・プルゼニのホームに乗り込んだ一戦は、0-0のドローに終わった。 下馬評ではフィオレンティーナ優位と見られた一戦だったが、試合は序盤から拮抗。ボールの主導権を握ったヴィオラだったが、コンパクトな相手の守備に手を焼き、試合を通して多くの決定機を作り出すことができず。そして、攻撃面でやや見せ場を欠いた試合はゴールレスの決着となり、イーブンの状態でフィオレンティーナホームの2ndレグを戦うことになった。 MF本間至恩を擁するクラブ・ブルージュは、PAOKとのホームゲームに臨み、1-0で勝利した。なお、本間はベンチ入りも出場機会はなかった。 開始6分にヴェトレセンのゴールで幸先よく先制に成功したホームチームは、以降も冷静にゲームをコントロールし、1点リードで試合を折り返す。後半は互いに交代カードを切って戦局に変化を加えていく中、後半半ば過ぎの78分にはブルージュがPKを獲得。しかし、キッカーのイゴール・チアゴが痛恨の失敗で追加点を得られず。その後、リードを守り切ったが、終盤にディフェンスラインの主力2人が相次いでイエローカードをもらった結果、累積警告で次節の不在が決定するなど、敵地での2ndレグへやや不安を抱える形で試合を終えた。 また、オリンピアコスvsフェネルバフチェは、ホームのオリンピアコスが3-2で先勝した。 下馬評ではアウェイチーム優勢と見られたが、蓋を開けてみればオリンピアコスが序盤から圧倒。前半序盤に相手のビルドアップのミスを突いてフォルトゥニスが見事なミドルシュートで先制点を挙げると、前半半ばにも左サイドを崩してヨベティッチが追加点。さらに、後半序盤にもシキーニョが3点目を奪取した。 これで厳しくなったトルコの名門だったが、68分にタディッチがPKを決めて反撃の狼煙を上げると、74分には左サイドを崩してボックス右でシマンスキのフリックに反応したイルファンが鋭いシュートを突き刺した。その後の猛攻は同点ゴールに繋がらなかったが、ホームでの2ndレグに望みを繋ぐ形となった。 ◆ECL準々決勝1stレグ結果 オリンピアコス 3-2 フェネルバフチェ ビクトリア・プルゼニ 0-0 フィオレンティーナ クラブ・ブルージュ 1-0 PAOK アストン・ビラ 2-1 リール 2024.04.12 06:40 Fri

【ECL準々決勝プレビュー】最注目はアストン・ビラvsリール…ベスト4進出懸けた重要な初戦

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝の1stレグが11日に開催される。ベスト4進出を懸けた準々決勝初戦の展望を紹介していく。 ◆ECL準々決勝1stレグ ▽4/11(木) 《25:45》 オリンピアコス vs フェネルバフチェ ビクトリア・プルゼニ vs フィオレンティーナ 《28:00》 クラブ・ブルージュ vs PAOK アストン・ビラ vs リール ◆最注目はアストン・ビラvsリール! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240410_101_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2クラブを輩出したギリシャを含め7カ国の強豪が出そろった準々決勝では、UEFAコンペティションで無類の強さを誇るウナイ・エメリ率いるアストン・ビラとリーグ・アンで4位に位置するリールの一戦が最注目カードとなる。 前ラウンドでアヤックスを退けたアストン・ビラは、プレミアリーグでもトップ4争いで健闘。前節、ブレントフォード相手のドローでトッテナムに4位の座を譲ったが、残り試合での逆転は十分に可能。また、今大会で勝ち進むことでUEFAカントリーランキングに貢献できるため、リーグ5位でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も見えてくる状況だ。 今週末にアーセナルとのリーグ戦を控える中、ホーム開催となる今回の1stレグでは幾つかのポジションでターンオーバーも見込まれるが、リール下部組織出身のDFディーニュ、ローマ時代に敵将フォンセカの薫陶を受けたMFザニオーロの2選手のパフォーマンスに注目したい。また、ボールを持たされると苦戦傾向にあるが、相手はポゼッションスタイルのチームだけに得意のカウンターが機能する展開となりそうだ。 一方、今大会ここまで無敗を継続するリールは、直近のリーグ戦でもマルセイユを破るなど5戦無敗と好調を維持。スカッド全体の質を考えると、苦戦は必至と見られるが、レアル・マドリーが関心を寄せる逸材DFヨロを筆頭にフランス代表入りも期待される若き守護神シュヴァリエ、MFシェグロヴァ、FWデイビッドと各ポジションに強力なタレントを擁しており、安定したボール保持、堅守を武器に難敵撃破といきたい。 昨季準優勝のフィオレンティーナは、ビクトリア・プルゼニ相手にベスト4進出を狙う。シーズン序盤はセリエA上位争いに食い込んでいたものの、ここ最近の失速によって10位に甘んじるイタリアーノのチームは、準決勝1stレグを制したコッパ・イタリアを含めカップ戦でのタイトル獲得へプライオリティを置き始めている。そのため、今回の一戦ではチェコの強豪相手にきっちり敵地で勝ち切りたい。 MF本間至恩を擁するクラブ・ブルージュは、ギリシャのPAOKを相手に突破を目指す。ベルギーリーグではプレーオフ1で3位に甘んじており、逆転でのリーグ制覇は厳しい状況にある。そのため、前述のフィオレンティーナ同様に今大会に全力を注ぎたい。なお、本間は今季ここまでトップチームで4試合の出場にとどまっており、今回の試合で出番を得ることは難しいか。 優勝候補のフェネルバフチェは、昨季セビージャをヨーロッパリーグ(EL)制覇に導いたメンディリバル監督が率いるオリンピアコスと対戦する。国内リーグでガラタサライと熾烈なタイトルレースを繰り広げるトルコの名門は、7日に行われたそのガラタサライとのスーパーカップでトルコサッカー連盟(TFF)への抗議目的でU-19チームを出場させた上、開始2分で試合放棄する前代未聞の対応で大きな話題を集めた。幸い、今回の試合に向けて主力のコンディションは万全だが、ここで不甲斐ない戦いを見せようものならばさらなる批判を招く可能性もあるだけに結果・内容にこだわりたい。 2024.04.11 18:30 Thu

ガッティ弾を守り抜いたユベントス、リーグ戦5試合ぶり白星【セリエA】

ユベントスは7日、セリエA第31節でフィオレンティーナをホームに迎え、1-0で辛勝した。 前節ラツィオに敗れた3位ユベントス(勝ち点59)は、5日前に行われたコッパ・イタリアではラツィオにリベンジする形で先勝とした。そのユベントスはラツィオ戦でゴールを挙げた古巣対決となるヴラホビッチとキエーザが引き続き2トップを形成した。 10位フィオレンティーナ(勝ち点43/1試合未消化)に対し、立ち上がりから押し込むユベントスは12分に先制しかける。CKの流れからガッティがバー直撃のシュートを浴びせると、ルーズボールに反応したヴラホビッチがネットを揺らすもゴール前のブレーメルに当たってしまいオフサイドに。 それでも21分に先制する。CKからブレーメルのヘディングシュートはポストに直撃するもルーズボールをガッティが押し込んだ。 さらに32分、キエーザのクロスからマッケニーがヘッドで落としてヴラホビッチがボレーでネットを揺らしたが、ここもVARの末にオフサイドで追加点ならず。1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、自陣に引いて凌ぐ展開のユベントスは59分にユルドゥズとイリングを投入。 74分にはニコラス・ゴンサレスにカットインからミドルシュートを打たれると、GKシュチェスニーが触ったボールが枠の左角に直撃した。 さらに84分、サイドを崩された流れからベルトランに決定的な枠内シュートを打たれたが、ゴール前のエヌゾラに当たって救われた。 後半は防戦一方の展開だった中、辛くもウノゼロで逃げ切ったユベントスがリーグ戦5試合ぶりの白星を挙げている。 2024.04.08 05:40 Mon

マンドラゴラのスーパーミドル弾でフィオレンティーナがアタランタにウノゼロ先勝【コッパ・イタリア】

コッパ・イタリア準決勝1stレグ、フィオレンティーナvsアタランタが3日に行われ、1-0でフィオレンティーナが先勝した。 準々決勝でボローニャを下したフィオレンティーナと、ミランを下したアタランタによる決勝進出を懸けた一戦。 互角の攻防で立ち上がった中、フィオレンティーナは23分、FKの流れからボックス右のベルトランがGK強襲のシュートを放つ。 そのフィオレンティーナがポゼッションを高めていった中、31分にスーパーゴールで先制する。中央でパスを受けたマンドラゴラが強烈なミドルシュートを叩き込んだ。 フィオレンティーナが1点をリードして迎えた後半も流れを掴むと、57分にはニコラス・ゴンサレスのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKカルネゼッキのファインセーブに阻まれた。 その後、67分にバッカーにボックス左からシュートを打たれる決定機を許したフィオレンティーナは、終盤にかけてアタランタの攻勢を許す展開となるもウノゼロで逃げ切り。先勝としている。 2024.04.04 05:56 Thu

ロフタス=チーク&レオン弾のミランがフィオレンティーナを退けて公式戦6連勝【セリエA】

ミランは30日、セリエA第30節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、2-1で逃げ切った。 2位ミラン(勝ち点62)は代表ウィーク前の前節ヴェローナ戦を3-1で勝利。公式戦5連勝とした中、出場停止のテオ・エルナンデスが欠場となり、左サイドバックにはフロレンツィが入った。 GMバローネ氏が急逝して前節アタランタ戦が延期となった8位フィオレンティーナ(勝ち点43)に対し、ミランがボールを持つ入りとなった中、8分に好機。チュクウェゼの突破からジルーがダイレクトで合わせたシュートがGKを強襲した。 その後もミランが押し込むと、17分にはレオンの左クロスからチュクウェゼのヘディングシュートがGKを強襲。 しかし27分、イコネのスルーパスを受けたベロッティに好機を許すと、直後のCKからイコネに際どいカットインシュートを打たれた。 ひやりとしたミランだったが、ハーフタイムにかけても押し込むと、レオンやジルーに好機があった中、ゴールレスで前半を終えた。 すると迎えた後半、開始2分に均衡を破る。チュクウェゼのスルーパスでレオンがボックス右に侵入。ダイクレトヒールパスを受けたロフタス=チークがシュートを蹴り込んだ。 しかし3分後に追いつかれる。ベルトランのポストプレーからダンカンにミドルシュートを決められた。 それでもミランも3分後にやり返す。ラインデルスのスルーパスを受けたレオンがGKもかわして無人のゴールに流し込んだ。 その後、レオンとラインデルスを下げたミランは64分にピンチ。しかしベロッティの枠内シュートをGKメニャンが好守で凌ぐ。さらに73分のマンドラゴラのシュートもGKメニャンがセーブしたミランは、76分に3点目の好機。プリシックがディフェンスライン裏に抜け出してGKとの一対一を制すもオフサイドに阻まれた。 それでも2-1で逃げ切り。公式戦6連勝としている。 2024.03.31 06:46 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly