タイトルの味を知るスターリング、EFL杯制覇をチェルシー躍進の契機に「1つトロフィーを勝ち取ればもっと欲しくなる」

2024.02.23 19:09 Fri
タイトル獲得を目指すスターリング
Getty Images
タイトル獲得を目指すスターリング
チェルシーのイングランド代表FWラヒーム・スターリングがEFLカップ(カラバオカップ)決勝への意気込みを語った。イギリス『サン』が伝えた。
PR
1月に行われたEFLカップ準決勝ではミドルズブラを2戦合計スコア6-2で下し、逆転でのファイナル進出を決めたチェルシー。ウェンブリー・スタジアムで行われる25日の決勝では、リバプールとのタイトル争いに臨む。
2022年夏にマンチェスター・シティからチェルシーへとやってきたスターリングは、シティ時代にEFLカップを5度制覇。慣れ親しんだ大会で移籍後初のタイトルを目指すこのアタッカーは、若い選手の多いチームがトロフィーを手にする意味を述べている。

「1度その味を味わうとまた味わいたくなるものだ。この試合もそういったものになる。今週のリバプール戦は素晴らしいテストだ。ここ数年における最も支配的なチームの1つに対する良い挑戦となる」

「再びあのトロフィーを手にすることは大きな意味を持つ。それに、初めてのトロフィー獲得は間違いなくグループ内の信頼を深めると思う。1つトロフィーを勝ち取れば、その匂いや感覚が得られ、もっと欲しくなるんだ」
また、スターリングはウェンブリー・スタジアムで戦うことについて「いつもとはまた違った感覚になる。ピッチに立つのが待ちきれない」とコメント。一方、リバプール相手には1月末のプレミアリーグ第22節で1-4の敗戦を喫しているが、チームはそこから力を増していると自信を覗かせた。

「今シーズンはトップ4のいくつかのチーム相手に自分たちの力を見せてきた。アウェーのリバプール戦は明らかに残念な試合だったが、トッテナム戦、アーセナル戦、シティ戦では自分たちの力を証明できたし、このまま積み重ねていかなければならない」

「リバプール戦の敗北は間違いなく痛手だった。今度はもっと良い試合にしたい。僕らはますます強くなっているし、最も重要なのはトロフィーを目指して争うことだ。今週はそれを実現する素晴らしい機会があるし、楽しみにしている」

PR
関連ニュース

「2年間退団したがっていた」 チェルシーで大ブレイクのパーマーをグアルディオラ監督が回想…「我々に何ができたと?」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がチェルシーで大ブレイクのイングランド代表MFコール・パーマーに言及した。 シティでは出番が限られ、燻った21歳レフティだが、今季から移籍のチェルシーで大きく飛躍。チームとしては振るわずだが、公式戦38試合で23得点13アシストと見事な数字を叩き出す。 プレミアリーグに限れば、先週末に1試合4ゴールと大暴れし、ゴール数は大台の20発に。シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと並び、得点ランキングトップに躍り出た。 結果論ながら、シティからすれば昨夏の決断が惜しまれるが、グアルディオラ監督の残留を求める声を振り払ってのチェルシー行きだったようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 「コールは今季の多くで決定的な選手だ。2シーズン前から出ていきたいと言い、私は残れと言ったんだ。でも、彼は去りたいと。我々に何ができたと? 彼はリヤド(・マフレズ)がいなくなったから残ると言ったが、2シーズンにわたって去りたがっていた」 「彼は並外れた選手だ。私はおそらく彼にふさわしいだけの出場時間を与えられなかったが、今やチェルシーでそれを手にしている。それに関しては完全に理解できる。彼は内気だが、かなりのポテンシャルを秘めている。それが現実さ。素晴らしいプレーをしているし、何とも言い難いが、あの決断は多くの理由によってのものだ」 なお、20日にFAカップ準決勝のシティはチェルシーと対戦。パーマーは要注意選手になりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻パフォーマンス、1試合4ゴールのコール・パーマー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Iciv1ZiSbNA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.20 12:15 Sat

【プレミアリーグ第34節プレビュー】アーセナル&リバプールは首位シティに圧力かけられるか…FAカップ並行開催で変則日程

先週末に行われた第33節は三つ巴の優勝争いに大きな影響を与える一節となった。アーセナルとリバプールがいずれもホームで敗戦を喫した中、唯一勝ち点3を積み上げたマンチェスター・シティが3位から一気に首位奪還に成功した。 UEFAコンペティションの準々決勝終了後の開催となる今節は、FAカップ準決勝開催に伴い、トッテナムvsマンチェスター・シティ、ブライトンvsチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドvsニューカッスルが5月中旬に延期される変則日程での開催となる。 その中で注目は首位シティをいずれも2ポイント差で追う2位のアーセナル、3位のリバプールの上位陣の戦いだ。 アーセナルは前節、アストン・ビラとホームで対戦。前半は相手を圧倒するパフォーマンスを見せたものの、古巣対戦のGKマルティネスらの好守などによって先制点を奪えず。すると、後半は完全に攻撃が停滞すると、後半終盤にセットプレー流れとカウンターからFWベイリー、FWワトキンスに立て続けにゴールネットを揺らされて0-2の敗戦。痛恨のシーズンダブルを喫し、2024年のリーグ戦初黒星と共に首位陥落となった。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦では初戦を2-2のイーブンで終えていた中、敵地での2ndレグでMFキミッヒの一発に沈んで0-1の敗戦。7年ぶりのCLでの戦いをベスト8で終えることになった。 この公式戦連敗によって一気に厳しい立場に立たされたアルテタのチームは、チェルシーとトッテナムとの過密日程のダービーを控える中、今季上位陣相手に曲者ぶりを発揮する11位のウォルバーハンプトン相手にバウンスバックの白星を狙う。直近4試合未勝利とやや失速気味のウルブスとのアウェイゲームでは、2試合連続無得点と決定力を欠く攻撃陣の奮起が求められる。また、バイエルン戦で昨年12月以来のスタメンを飾ったDF冨安健洋の起用法にも注目が集まる。 リバプールは前節、クリスタル・パレスとホームで対戦。その直前に行われたヨーロッパリーグ(EL)でアタランタにアンフィールドで14カ月ぶりの敗戦を喫し、バウンスバックの白星を狙った一戦だったが、立ち上がりに隙を突かれてMFエゼに先制点を奪われた。後半は攻撃的なカードを切って完全に落ち込む形を作り出したが、FWヌニェス、FWサラー、MFカーティス・ジョーンズといった選手の再三の決定機逸が響き0-1の敗戦。要塞でのまさかの公式戦連敗によって3位に転落した。 ELのアタランタとのリターンレグでは、FWサラーの開始早々のPKによる先制点で奇跡の逆転突破への機運が高まったものの、以降は攻撃が停滞。敵地で意地の勝利を収めたが、今季2つ目のタイトル逸が決定した。これでシーズン残りはリーグ戦一本に絞られた中、今節は前回対戦で壮絶な打ち合いを演じた12位のフルアムとのアウェイゲームに挑む。アタランタ戦完全休養となったMF遠藤航の奮闘に期待しつつ、湿りがちな攻撃陣の爆発が勝利のカギを握る。 前節、アーセナルを破って4位に再浮上したアストン・ビラは、13位のボーンマスを相手に連勝を狙う。直近のカンファレンスリーグ(ECL)では敵地で2点を先行されて敗退の危機に陥ったが、後半終盤に相手守備のミスを突いてDFキャッシュのゴールで追いついて延長戦に持ち込んだ。その後、PK戦では守護神マルティネスが2本のシュートストップでチームをベスト4進出に導いた。MFザニオーロの負傷に、120分の激闘から中2日でのチェリーズ戦は難しいものになるが、トッテナムとの暫定勝ち点差をきっちり広げたいところだ。 DF橋岡大樹を擁する18位のルートン・タウンは、15位のブレントフォード相手に2試合ぶりの白星を狙う。前節、マンチェスター・シティ相手に1-5の大敗を喫した中、残留争いのライバルであるビーズとの直接対決ではFWトニー、FWエンベウモ、FWウィサとタフなアタッカーを擁する相手に守備陣の出来が勝敗のカギを握る。前節、不運な形で今季2つ目のオウンゴールを献上した橋岡としては名誉挽回のソリッドなパフォーマンスを見せたいところだ。 また、無敗レバークーゼンに屈してELベスト8敗退となった8位のウェストハムは、リバプール撃破で勢いに乗る14位のクリスタル・パレス相手にバウンスバックの白星を目指す。 熾烈な残留争いでは最下位のシェフィールド・ユナイテッドと19位のバーンリーの直接対決、共にPSR違反で勝ち点を減点されて降格圏手前にいる16位のエバートンと、17位のノッティンガム・フォレストの直接対決にも大きな注目が集まる。 ◆プレミアリーグ第34節 ▽4/20(土) 《23:00》 ルートン・タウン vs ブレントフォード シェフィールド・ユナイテッド vs バーンリー 《27:30》 ウォルバーハンプトン vs アーセナル ▽4/21(日) 《21:30》 エバートン vs ノッティンガム・フォレスト 《23:00》 アストン・ビラ vs ボーンマス クリスタル・パレス vs ウェストハム 《24:30》 フルアム vs リバプール ▽5/14(火) 《28:00》 トッテナム vs マンチェスター・シティ ▽5/15(水) 《27:45》 ブライトン vs チェルシー 《28:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs ニューカッスル 2024.04.20 12:00 Sat

負傷のエンソ・フェルナンデス、FA杯シティ戦で復帰へ 「スカッドに入る」

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督がエンソ・フェルナンデスの状態を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。 15日のプレミアリーグ第33節エバートン戦を前に負傷者リスト入りしてしまったエンソ。ケガの詳細こそ明かされていないが、エバートン戦の6-0の大勝を外から見守ることになった。 そんなエンソだが、17日夕方には練習に復帰。20日のFAカップ準決勝マンチェスター・シティ戦にも間に合ったようで、ポチェッティーノ監督はスカッド入りを明言している。 「彼はここ数日、本当に良く練習をしているし、明日はスカッドに入るだろう」 「我々は彼の状態を日々チェックしているし、彼のことを守る必要がある。現在と未来において重要な若者だからだ」 また、ポチェッティーノ監督はベストな状態のエンソを望んでいるとコメント。できる限り試合までに仕上げるよう求めた。 「最も重要なのは、最高のパフォーマンスを発揮できるよう彼が準備することだ。我々が望んでいるのは(ケガを押してまでプレーする)ヒーローではない。目標を達成しようとするチームを助けるため、最高のパフォーマンスが発揮できる選手を望んでいるんだ」 2024.04.20 11:19 Sat

トーレスが父の他界を報告「あなたを愛しています」…元同僚たちも追悼

かつてサガン鳥栖でもプレーした元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレス氏が、父の他界を報告した。 アトレティコ・マドリーの下部組織で育ったトーレス氏は、リバプールやチェルシー、ミランでもプレー。2018年7月から2019年8月まで鳥栖でプレーし、現役を引退した。 引退後はアトレティコの下部組織で監督業をスタート。現役時代に比べてパンプアップした肉体が話題を呼ぶこともあった。 そのトーレス氏は自身のインスタグラムを更新。父の他界を報告すると共に、サポートしてくれた人々への感謝を綴った。 「私は、父の死に対し、多くの愛情と敬意を表してくださったみなさんに、私と家族を代表して心から感謝せずにこの悲しい日を終えることはできなかった」 「父さん、私はいつもあなたのそばにいます。あなたを愛しています」 この投稿には、スペイン代表で共に戦った元ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ(エミレーツ・クラブ)やダビド・デ・ヘア、ジエゴ・コスタ、ルイス・ガルシア氏やチェルシー時代の同僚である元ブラジル代表DFダビド・ルイス、元ポルトガル代表DFパウロ・フェレイラ氏、リバプール時代の同僚である元フィンランド代表のサミ・ヒーピア氏なども追悼していた。 <span class="paragraph-title">【写真】父の死を報告したフェルナンド・トーレス氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C56jAs4tLKh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C56jAs4tLKh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C56jAs4tLKh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@fernandotorres)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.04.19 22:20 Fri

浜野まいか初ゴールの一戦で、GKがPA外横っ飛びセーブし開始4分で一発退場…「正しい行動だったかどうか」「どうしてそこまで…」

試合に大きく影響を与えたプレーが議論の的となっている。 17日に行われたFA女子スーパーリーグ(FAWSL)第19節のチェルシーvsアストン・ビラで、アストン・ビラのニュージーランド女子代表GKアナ・リートがキックオフからわずか4分で一発退場となった。 アストン・ビラは最終ラインを高くしてのビルドアップをセンターサークル内でカットされ、シェーケ・ニュスケンのシュートを浴びると、GKリートがボックス外で手を使ってのセービング。これが得点機会の阻止と判断され、リートにはレッドカードが提示された。 シュートが抜ければ間違いなくゴール。結果として開始早々での失点を防ぐことはできたが、失点は取り戻せるが退場は取り戻せないなど、85分以上の数的不利をチームに強いたこのプレーは議論を呼ぶこととなった。 「何と言っていいのか…」、「どうしてそこまで上がっていたんだ」、「ゴールを防いだが、それが正しい行動だったかどうかについて議論することができた」、「素敵なセーブでした。残念ながら、ペナルティエリアのはるか外にいたが」 優勝争い中のチェルシーにとっては願ってもない好機となり、浜野まいかの加入後初ゴール含む3点を奪って勝利に。長谷川唯所属の2位マンチェスター・シティと勝ち点「46」で並ぶ中、得失点差で「2」上回ることとなり、シーズンの結果いかんでは再び議論の種となりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】横っ飛びで見事な好セーブ!ただしPA外のため一発退場に…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Aston Villa’s goalkeeper Anna Leat sees a straight red card after diving outside the box four minutes into the match <br><br>Tune in NOW to <a href="https://twitter.com/paramountplus?ref_src=twsrc%5Etfw">@paramountplus</a> for all the action<a href="https://t.co/HMnHS1o4vU">pic.twitter.com/HMnHS1o4vU</a></p>&mdash; Attacking Third (@AttackingThird) <a href="https://twitter.com/AttackingThird/status/1780659914639126980?ref_src=twsrc%5Etfw">April 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.19 18:45 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly