リバプールにバイエルンと去就加熱のシャビ・アロンソだが…「新たに言うことは何も」

2024.02.23 08:45 Fri
レバークーゼンを率いるシャビ・アロンソ監督。
Getty Images
レバークーゼンを率いるシャビ・アロンソ監督。
レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督が去就を巡る憶測をシャットアウトした。
PR
今季のここまで公式戦32戦無敗を続け、ブンデスリーガ初優勝に迫るレバークーゼン。率いて2年目となるシャビ・アロンソ監督の手腕にも大きな注目が集まり、今季終了後に新監督を迎えるリバプール&バイエルンの古巣勢が関心を示す。
リバプールのユルゲン・クロップ監督からは「次世代では傑出している」とその手腕が高く評価され、今夏の動向が注目される42歳のスペイン人指揮官だが、レバークーゼンでの今に完全集中しているようだ。『ESPN』が伝えている。

「私の将来について質問があるかもしれないが、私から新たに言うことは何もない。前もって言っておきたかった」

22日の会見でそう語ると、「私にとって、その件は問題じゃない。私の目標は自チームで成功すること。それこそが私の仕事だ。現在の我々は良い位置にいるし、維持したい。「質問があるのは普通だが、私にとって問題じゃない」と続けたという。
「質問があるのは普通だが、それは私にとってどうでもいい」

また、契約が2026年までのレバークーゼンを来季も指揮する可能性に対しては「そう思っている」と返したそう。

PR
関連ニュース

「アウェイでのウェストハム戦がどれだけ難しいか」 レバークーゼンMFジャカが語る2-0先勝の価値

レバークーゼンのスイス代表MFグラニト・ジャカが振り返った。 首位独走のブンデスリーガで今週末にも初優勝かというところまでくるレバークーゼン。11日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのウェストハム戦をホームで迎えると、後半の2発で2-0と先勝し、18日に行われる敵地でのリターンレグに弾みをつけた。 この試合でもボランチの一角としてフル出場したジャカはイギリス『TNT Sports』のインタビューで、元アーセナルの選手らしくウェストハムのホームに乗り込んでの試合の難しさを指摘し、複数得点差で先勝した価値を語った。 「ウェストハムが5バックで戦ってくるのは試合前からわかりきったことだった。すごく深いところでプレーされたけど、僕らはああいうチームを倒すだけのクオリティがあるのを改めて示せたね」 「2点目は2ndレグに向けて大きいよ。2-0でも過去の経験的に難しいけど、1-0だといつだってすごく難しい。僕はアウェイでのウェストハム戦がどれだけ難しいかわかっているんだ」 「最初から集中して、同じようにゴールを狙っていく必要がある。今日のチームはよくやった。プレミアリーグでうまくやっているとても良いチームを相手に2-0だし、よくやったよ」 「僕らにはプレーする情熱がある。どんなときでもゴールを決められるだけのクオリティがあると自負しているんだ。ああいうチームや、ここにくる相手は深くで戦ってくるし、スペースを見つけるのにいつも苦労する」 「僕らは満足しているし、2ndレグがどうなるか見てみよう」 2024.04.12 12:50 Fri

シャビ・アロンソ監督が先勝しての2ndレグへ 「ロンドンではまた違うものになるはず」

レバークーゼンがヨーロッパリーグ(EL)のベスト4入りに前進した。 首位独走のブンデスリーガで今週末にも初優勝かというところまでくるレバークーゼン。11日にはEL準々決勝1stレグのウェストハム戦をホームで迎え、後半の2発で2-0と先勝した。 クラブ公式Xによると、これで今季開幕からの連続無敗も42試合に伸ばしたシャビ・アロンソ監督は先勝に対する心境を語った。 「もちろん、結果にも、パフォーマンスにも満足だ。良いチャンスをモノにするのは簡単ではなかったしね。これからは2ndレグに向けてしっかりと準備する時間がある。今日に関しては満足だが、まだ終わったわけではない」 また、「今日もベンチからの選手が大きな影響を与えてくれた」と振り返ると、18日に敵地で行われる2ndレグに視線を向けた。 「チャンスはあまりなかったが、許すシーンもそこまでなかったし、良かったと思う。だが、ロンドンでの2ndレグはまた違うものになるはず。それこそが先制してからもプッシュし続けた理由であり、追加点を決められて嬉しいよ」 「ウェストハムは自分たちのピッチでまったく異なるパフォーマンスを発揮してくることだろう。彼らに失うものなど何もない。準備の時間はあるし、ベスト4進出をかけての戦いに備えていくつもりだよ」 2024.04.12 11:20 Fri

シャビ・アロンソ采配的中のレバークーゼンがホームでウェストハムに先勝!【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのレバークーゼンvsウェストハムが11日に行われ、2-0でレバークーゼンが勝利した。 ラウンド16でカラバフを下したレバークーゼンは、直近のウニオン・ベルリン戦からスタメンを7人変更。ボルハ・イグレシアスやフロジェク、GKフラデツキーらに代えてシックやフリンポン、GKコヴァルらをスタメンで起用した。 一方、ラウンド16で堂安律の所属するフライブルクを下したウェストハムは、直近のウォルバーハンプトン戦からスタメンを2人変更。出場停止のボーウェンとE・アルバレスに代えてアントニオとソウチェクをスタメンで起用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ウェストハムは10分に自陣でのボール奪取からロングカウンターを仕掛けると、左サイドを駆け上がったアントニオの折り返しからクドゥスがチャンスを迎えたが、ダイレクトシュートはGKコヴァルの正面をついた。 対するレバークーゼンは20分、パラシオスの横パスを受けたグリマルドがボックス左手前から左足を振り抜いたが、シュートはGKファビアン好きの好セーブに阻まれた。 その後ははレバークーゼンがボールを保持しながら押し込む時間が続く。すると30分、ジャカのパスからボックス左に侵入したシックがシュート。さらに34分には、ボックス外のタプドバがミドルシュートでゴールを脅かしたが、共にシュートはGKファビアンスキに防がれた。 ゴールレスで迎えた後半も、立ち上がりから拮抗した展開が続く。レバークーゼンは70分にボックス左深くまで侵入したグリマルドのクロスをニアのシックがヘディングで合わせたが、これはGKファビアンスキのファインセーブに弾かれる。 先制点が欲しいレバークーゼンは、76分にシックとアドリを下げてボニフェイスとホフマンを投入。すると83分、右CKをファーサイドのターが頭で折り返すと、中央のボニフェイスがシュート。これは相手DFにブロックされたが、こぼれ球をホフマンが左足ボレーで合わせると、このシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 待望の先制点を奪ったレバークーゼンは、91分にもショートコーナーの流れからホフマンの右クロスをボニフェイスがヘディングで叩き込み、試合を決定づける2点目を奪取。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。途中出場の2人がゴールを挙げたレバークーゼンがホームで先勝した。 2024.04.12 06:00 Fri

【EL準々決勝プレビュー】好調イタリア勢対決に、遠藤航は持ち味発揮予感のアタランタ戦

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の1stレグが11日に開催される。ベスト4進出を懸けた準々決勝初戦の展望を紹介していく。 ◆EL準々決勝1stレグ ▽4/11(木) 《28:00》 ミラン vs ローマ リバプール vs アタランタ レバークーゼン vs ウェストハム ベンフィカ vs マルセイユ ◆好調継続のイタリア勢対決 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240410_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今ラウンド屈指のカードはセリエA2位のミランと、5位のローマによるイタリア勢対決だ。 昨季チャンピオンズリーグ(CL)のセミファイナリストであるミランは、今季CLグループステージ3位敗退に伴い、プレーオフから今大会に参戦。スタッド・レンヌ、スラビア・プラハという曲者を退けて順当に8強入りを決めた。 また、独走のインテル相手に逆転優勝は難しいものの、セリエAでは直近の5連勝を含む6戦無敗と好調を維持。前節のレッチェ戦では前半序盤にFWプリシック、FWジルーのゴールで効果的に得点を重ねると、前半終盤に相手に退場者が出たことで、後半は早いタイミングで主力を下げるなど余裕の試合運びで3-0の完勝。ホーム開催の初戦に大きな弾みを付けた。 一方、昨季ELファイナリストのローマはモウリーニョ前監督の解任に伴い、プレーオフからデ・ロッシ新体制での戦いに。その中でフェイエノールト、ブライトンという実力者を撃破し、準々決勝へ駒を進めた。 熾烈なトップ4争いに身を置くセリエAでは5勝2分けの直近7戦無敗と同じく好調を維持。直近のデルビー・デッラ・カピターレではDFマンチーニのゴールを守り切ってウノゼロ勝利。ミランに比べて消耗度は大きいものの、より勢いを持ってこの一戦に臨めるはずだ。 なお、モウリーニョ体制で戦った今季セリエAでの2試合はミランがいずれも複数得点を奪って勝利しているが、デ・ロッシ体制で大きく変貌を遂げた新生ジャッロロッシはいかなる戦いを見せるか。 ◆遠藤がアタランタとの肉弾戦へ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240410_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> MF遠藤航を擁する優勝候補筆頭のリバプールは、2020-21シーズンのCL以来となるアタランタとの対決に挑む。 ラウンド16でスパルタ・プラハを2戦合計11-2で一蹴したクロップのチームは、危なげなくベスト8進出を果たした。 プレミアリーグでは直近のマンチェスター・ユナイテッド戦のドローによって同勝ち点ながらアーセナルに首位を譲る形となったが、8戦無敗と好調を維持。さらに、今回の一戦に向けてはGKアリソン、DFアレクサンダー=アーノルド、MFバイチェティッチ、FWジョタと主力が相次いで練習復帰を果たし、最終盤の戦いへ大きなブーストがかかっている。 対するアタランタはスポルティングCPを2戦合計3-2で退けて8強入り。ただ、国内の戦いではコッパ・イタリア準決勝1stレグのフィオレンティーナ戦、セリエAのカリアリ戦で今季2度目の連敗。敵地での大一番へ不安を残す形となった。 なお、[3-5-2]の布陣で人基準の攻守にアグレッシブな戦いを信条とするアタランタではリバプールも関心を示すMFコープマイネルスを筆頭にMFエデルソン、MFデ・ローンと実力者が中盤に揃っており、遠藤としては勝負の肝となる局地戦においてチームに優位性をもたらす仕事が期待されるところだ。 ◆無敗レバークーゼンがECL王者と激突 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240410_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 開幕から唯一無敗を継続するレバークーゼンは、ブンデスリーガ初優勝が目前に迫る中、カンファレンスリーグ(ECL)王者であるウェストハムとのベスト4進出を懸けた初戦に臨む。 大苦戦を強いられたカラバフとのラウンド16をFWシックの劇的2ゴールによって勝ち切ったレバークーゼン。以降の公式戦も驚異的な勝負強さで4連勝を飾ったシャビ・アロンソのチームは、今週末に行われるブレーメン戦を勝利した場合、クラブ史上初のリーグ優勝が決定する状況だ。 その重要な一戦を前に戦うウェストハム戦では好調を継続するフリンポンとグリマルドのウイングバックコンビを軸に、エースのMFヴィルツ、勝負強さ光るシックら攻撃陣の多彩な仕掛けで相手の堅守を攻略したい。 一方、同じドイツ勢のフライブルクを返り討ちにしてベスト8進出を果たしたウェストハムは、直近のリーグ戦でウォルバーハンプトン相手に2-1の逆転勝利を収めて敵地での大一番へ弾み。 難敵相手に初黒星を与えたいモイーズのチームは、真骨頂の粘り強い守備からFWボーウェン、FWアントニオ、MFクドゥスらを起点としたカウンター、名手ウォード=プラウズの正確なプレースキックを活かして少ないチャンスを確実にゴールへ結び付けたい。 ◆激戦必至の名門対決 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240410_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前述の3カードに比べてネームバリューは低いものの、好勝負が期待されるベンフィカとマルセイユの名門対決。なお、ベンフィカのGK小久保玲央ブライアンはAFC U23アジアカップに臨むU-23日本代表に招集されており、1stレグ、2ndレグの両方を欠場する。 CL3位敗退組としてプレーオフからの参戦となったベンフィカはトゥールーズ、レンジャーズを退けて準々決勝進出。ただ、国内リーグでは直近のスポルティングとのデルビー・デ・リスボア敗戦によって逆転優勝へ厳しい状況に追い込まれており、よりELの重要性が高まる。そのデルビー敗戦からのバウンスバックを図るホーム開催の一戦ではDFオタメンディ、MFディ・マリア、MFラファ・シウバら重鎮、DFアントニオ・シウバ、MFジョアン・ネヴェスら今夏ステップアップが見込まれる若手逸材の躍動に期待したいところだ。 一方、今季3人の指揮官の下で戦う混迷のシーズンを過ごす中、シャフタール・ドネツク、ビジャレアルを破ってベスト8進出を果たしたマルセイユ。ガセ新監督の下で復調を示した一方、直近ではパリ・サンジェルマン相手のル・クラスィクの敗戦を含め公式戦4連敗中と絶不調。今回の一戦に向けて明るい材料は少ないが、今季ELでゴールを量産する主砲オーバメヤンら経験豊富なベテランの奮起で負の流れをストップしたい。 2024.04.11 18:00 Thu

3冠も視野のレバークーゼン、リーグ優勝目前の中でEL4強入りへも意欲「新たな重要な一歩を」

レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督はこのまま最後まで駆け抜けるつもりだ。クラブ公式サイトが伝えた。 先日のブンデスリーガ第28節ウニオン・ベルリン戦の勝利、そしてバイエルンがハイデンハイムに敗れたことにより、両者の勝ち点差が「16」に広がったレバークーゼン。リーグ初優勝に王手をかけたが、もう1つの重要な戦いであるヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝1stレグが11日に控える。 昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)王者、ウェストハムをホームに迎えるアロンソ監督は、「素晴らしい個の質を備えたフィジカルの強いチーム」と警戒。リードして折り返すには、難易度の高いミッションをこなす必要があると考えている。 「彼らのヨーロッパでの素晴らしい経験は、試合の難しい時間帯に必要な落ち着きをもたらす」 「明日は忍耐強く、かつテンポ良くプレーし、攻守のバランスも良くする必要がある。そうすることでしか、ロンドンでの2ndレグに向けて良い結果を得ることはできないだろう」 今シーズンのレバークーゼンはここまで公式戦41試合無敗で、ブンデスリーガ、DFBポカールとの3冠も視野に入る状況。アロンソ監督は今回のウェストハム戦を制することでラストスパートをかけたいようだ。 「我々は皆、バイエル社との密接な繋がりを感じている。社内の誰もが我々に多くのサポートをしてくれる。それに素晴らしいファンもいる」 「クラブの人々は、シーズン終了時に街や会社の皆にさらなる喜びを与えられるよう取り組んでいる。明日のウェストハム戦では、そのための別の重要な一歩を踏み出すことができる」 2024.04.11 16:11 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly