ベスト8懸けた韓国勢同士の一戦は、全北現代が浦項を退け準々決勝進出!蔚山vs甲府の勝者との対戦に【ACL2023-24】

2024.02.20 21:17 Tue
競り合う全北現代モーターズのホン・ジョンホ(右)と浦項スティーラーズのパク・チャンヨン(左)
Getty Images
競り合う全北現代モーターズのホン・ジョンホ(右)と浦項スティーラーズのパク・チャンヨン(左)
20日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2023-24ラウンド16の2ndレグ、浦項スティーラースvs全北現代モータースが浦項スティールヤードで行われ、1-1で試合終了。2戦合計スコアを3-1とした全北現代が、ベスト8進出を決めた。

優勝3回を誇る浦項、2回の全北現代。韓国勢同士の対決となった1stレグは、全北現代が2-0で先勝していた。
猛烈な雨が降りしきる中で行われた一戦は互いに好機を作る中で、12分に浦項が試合を動かす。敵陣で相手の横パスをさらったヴァンデルソンのシュートがブロックされると、こぼれ球を拾ったパク・チャニョンが右足を一閃。無回転の長距離砲は、キャッチにいったGKキム・ジョンフンの手を弾いてネットを揺らした。

浦項は前半終了間際にもイ・ホジェが右ポストを叩く強烈な右足シュートを放つが、折り返しての後半には全北現代もゴールを奪う。76分、セットプレーの2次攻撃から左クロスをファーのチアゴ・オロボが頭で落とし、途中出場のチョン・テウクが押し込んだ。

終盤にはフラストレーションを溜めた浦項のジョルジェ・ルイスと全北現代のキム・テファンが額を突き合わせるシーンも見られたが、以降スコアは動かず、1-1でタイムアップ。2戦合計スコア3-1で、全北現代が準々決勝進出を果たした。
なお全北現代は、蔚山HDvsヴァンフォーレ甲府の勝者と対戦する。

浦項スティーラース 1-1(AGG:1-3) 全北現代モータース

【浦項】
パク・チャニョン(12分)
【全北現代】
チョン・テウク(76分)

ヴァンデルソンの関連記事

「最も重要な試合になる」ACL連覇へ大事な浦項との連戦を迎える浦和、スコルジャ監督はケガ人にも言及「何人かはピッチに立つ可能性がある」

浦和レッズのマチェイ・スコルジャ監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)第3節の浦項スティーラース戦に向けて前日会見に臨んだ。 ディフェンディングチャンピオンとして今シーズンのACLに臨む浦和。初戦はアウェイで武漢三鎮と引き分けた中第2戦はホームでハノイFC相手に6-0と大勝を収めた。 対戦する浦項は開幕2連勝中。浦和としてはホームとアウェイでの連戦で連勝し、首位の座を奪いたいところだ。 Jリーグでも優勝争いに踏みとどまり、YBCルヴァンカップでは決勝に勝ち残った浦和。スコルジャ監督はシーズン終盤でも多くの試合を戦う中で、浦項戦の位置付けにコメントした。 「浦項戦はこのグループステージにおいて最も重要な試合だと思う。浦項は今勝ち点6、我々は武漢戦での勝ち点取りこぼしがあったので、この試合に勝つことが非常に重要になる」 「今回のレギュレーションでは2位でもグループ突破ができない状況がある。今季で最もタフな試合になるかもしれないため、できる限りのことをして勝利を目指したいと思う」 「浦項は非常に強く、まとまったチームであり、良い選手が揃っている。そしてACLでの経験も豊富なチームだ。でも私は選手のこと、チームのことを信じている。非常にタフなチャレンジになると思うが、この2試合は選手たちがコンディションが良いところを見せているので彼らを信じている」 2021年のACLでは決勝に勝ち進んでいる浦項。過去3どの優勝は浦和と同じ回数だ。 この連戦で今季のACLの行方が決まる状況の中、「我々は非常に厳しい日程の中で戦っている。今季のターゲットが3つ残っている」とスコルジャ監督はコメント。「ここはしっかりマネジメントしなければいけない。明日の試合は柏戦と全く同じ11人で戦うことはない。選手たちの疲労度も分析しているし、そのようなデータを使ってメンバーを選んでいく」と、直近の柏レイソル戦からはメンバーを入れ替えて臨むとした。 前日練習はホセ・カンテが別メニューの一方で、負傷離脱中のMF中島翔哉が復帰していた。スコルジャ監督は「非常に申し訳ないが、あまり細かく話したくはない」と明言はしなかったが、「ケガをしていた選手が戻ってきたという嬉しい状況はある。何人かはピッチに立つ可能性があるということは言える」と、ケガ人が復帰する可能性を示唆した。 一方で柏戦で負傷したMF関根貴大については「タカ(関根)は明日の試合に出ることはない」と浦項戦の欠場を明言。ただ、「メディカルスタッフが良い仕事をしているので、次のリーグ戦で復帰できればと思っている」と、週末の鹿島アントラーズ戦では起用できる見込みがあるとした。 浦項については「非常に良いチームだが、特にこの選手に気をつけなければいけないという1人の選手がいるわけではない」とし、「浦項の強みは組織プレーだと思う」とチームとして警戒したいとコメント。ただ、「その中でも攻撃陣のゼカは非常にクオリティが高い選手。トップ下の11番の選手(コ・ヨンジュン)は韓国U-23代表でプレーする気になる選手だ」と、警戒した。 一方で、MFオベルダンとFWヴァンデルソンは負傷離脱中。「浦項のアウェイの初戦を見たときにこの2人のブラジル人選手が中心選手としてプレーしていたので、彼らがいないことは浦項にとっては良くない状況かもしれない」と語り、「ただ、直近のリーグ戦でも2人がいなくてもクオリティを見せていたので、彼らがいなくても気をつけなければいけない」と、助っ人が不在でも警戒しなければいけない相手だとした。 2023.10.23 18:40 Mon
thumb

岩手、今季加入のヴァンデルソンが退団…双方合意の上で契約解除

いわてグルージャ盛岡は25日、ブラジル人MFヴァンデルソン(26)の退団を発表した。 ヴァンデルソンは過去、ギリシャや南アフリカ、ブルガリアでプレー。今季から岩手に加入したが、新型コロナウイルスの影響で明治安田生命J3リーグの開幕が先延ばしとなり、デビューできずにいた。双方合意による契約解除での退団を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「いわてグルージャ盛岡のサポーターの皆さん、短い間でしたが皆様と共に過ごせて本当に楽しかったです。心から感謝申し上げます。今年必ず「J2昇格・J3優勝」ができると信じています。応援しています。本当にありがとうございました」 2020.05.25 18:05 Mon

岩手がブルガリアから“テクニック、スピードを持ち合わせるレフティー”ブラジル人MFヴァンデルソンを獲得

いわてグルージャ盛岡は15日、ブルガリアのベロエからブラジル人MFヴァンデルソン(25)が完全移籍で加入することを発表した。 ヴァンデルソンは、南アフリカのアヤックス・ケープタウンやギリシャのアポロン・スミニス、ラミーアでプレーした後、ベロエでプレーしていた。 クラブは「テクニック、スピードを持ち合わせるレフティー。ドリブル突破、パスを駆使しチャンスメイクが可能」とヴァンデルソンについて紹介している。ヴァンデルソンはクラブを通じてコメントしている。 「いわて盛岡の皆様、はじめまして。今回の機会をいただき、非常に嬉しく思っております」 「2020年シーズンを特別なシーズンにするため、自らの力を最大限に発揮し貢献する事をお約束します。もうすぐ皆様にお会い出来る事をとても楽しみにしております。いわてグルージャ盛岡の関係者の方々、サポーターの皆様に心より感謝いたします」 [写真はアヤックス・ケープタウン時代] 2020.01.15 18:47 Wed

清水がDFヴァンデルソンのバイーア完全移籍を発表「日本の文化、組織に触れたことは非常に貴重な経験」

清水エスパルスは10日、ブラジル人DFヴァンデルソン(28)のアトレチコ・パラナエンセからの移籍を解除し、ECバイーアへ完全移籍することを発表した。9日のバイーアの発表によれば、契約期間は2021年12月31日まで。 AAフランカナでキャリアをスタートさせたヴァンデルソンは、セントンジーニョFC、SCコリンチャンス・パウリスタ、トレーゼFC、ECサンベント、クリシューマEC、アソシアソン・フェロヴィアリア・ジ・エスポルテスとブラジル国内のクラブを渡り歩き、2016年5月からアトレチコ・パラナエンセに加入。ブラジル1部通算では50試合2ゴールを記録しており、昨シーズンは15試合に出場した。 今冬に加入した清水では、明治安田生命J1リーグの開幕スタメンに名を連ねたが、J1第2節のガンバ大阪戦では自らのパスミスから失点を喫し、ヤン・ヨンソン前監督の信頼を失うと、以降はカップ戦要員としてYBCルヴァンカップ4試合の出場にとどまっていた。 バイーアへの完全移籍が決定したヴァンデルソンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「自分が来日してからクラブ、選手、サポーターの皆さんが温かく迎えてくれて本当に感謝しています。残念ながら試合にはあまり絡むことができませんでしたが、日本の文化、組織に触れたことは非常に貴重な経験であり、自分自身を成長させてもらったと思います。チームは離れますが、たくさんの仲間もできましたし、エスパルスファミリーの一員として、これからもずっと応援しています」 2019.07.10 14:40 Wed

バイーア、清水へレンタル中のDFヴァンデルソンを保有元から完全移籍で獲得! 清水ではリーグ戦2試合に出場

ECバイーアは9日、清水エスパルスへ期限付き移籍中のブラジル人DFヴァンデルソン(28)を保有元のアトレチコ・パラナエンセから完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年12月31日までとなる。 AAフランカナでキャリアをスタートさせたヴァンデルソンは、セントンジーニョFC、SCコリンチャンス・パウリスタ、トレーゼFC、ECサンベント、クリシューマEC、アソシアソン・フェロヴィアリア・ジ・エスポルテスとブラジル国内のクラブを渡り歩き、2016年5月からアトレチコ・パラナエンセに加入。ブラジル1部通算では50試合2ゴールを記録しており、昨シーズンは15試合に出場した。 今冬に加入した清水では、開幕スタメンに名を連ねたが、第2節のガンバ大阪戦では自らのパスミスから失点を喫し、ヤン・ヨンソン前監督の信頼を失うと以降はカップ戦要員としてYBCルヴァンカップ4試合の出場にとどまっていた。 2019.07.10 02:56 Wed

浦項スティーラースの関連記事

江坂任が開幕戦で技ありの決勝ゴール! 蔚山HDはリーグ3連覇に向けて好スタート

蔚山HDのMF江坂任が開幕戦でいきなりゴールを記録し、勝利に貢献した。 2022年から蔚山でプレーする江坂。2022シーズンのKリーグ1ではチームは見事に優勝。2023-24シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもチームはベスト8に進出している。 ラウンド16ではヴァンフォーレ甲府を下した蔚山。1日にKリーグ1の開幕戦を迎え、ACLに参加していた浦項スティーラースと対戦した。 先発出場した江坂は、0-0で迎えた52分にいきなり結果を残す。 左サイドへ展開したボールを相手がカットするも、それを奪った江坂は、カットインから右足一閃。チョ・ミンキュが合わせに行くも、そのままゴール右にボールは吸い込まれ、見事なゴールとなった。 今シーズンの開幕戦でいきなりゴールの江坂。チームもこのゴールを守りきり、1-0で勝利。リーグ3連覇に向けて良いスタートを切ることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】江坂任がカットインからファーサイドに決勝ゴールを沈める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="QcX2XG4Ru3g";var video_start = 409;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.04 15:15 Mon

韓国勢同士の対決は、ホームの全北現代が2-0で浦項に先勝【ACL2023-24】

14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2023-24・ラウンド16の全北現代モータースvs浦項スティーラースが行われ、2-0で全北現代が先勝した。 韓国勢同士の対戦となった一戦。全北現代はグループFを2位で通過。浦項はグループJを首位で通過していた。 優勝2回の全北現代と3回の浦項の戦い。試合は全北現代のペースで進むと16分、ホン・ジョンホがクリアボールを拾い、ボックス手前から強烈なミドルシュート。これはクロスバーに嫌われ流。 しかし、このボールを拾って繋げると、左サイドからクロス。相手のクリアボールをボックス内で拾ったエルナンデスがトラップから豪快に蹴り込み、全北現代が先制に成功する。 ホームの全北現代が先制すると、さらに押し込んでいくことに。23分には左サイドを崩すと、相手のクリアボールに反応したチアゴ・オロボがジョナサン・アスプロポタミティスにボックス内で倒されPKを獲得。しかし、VARチェックが入り、オン・フィールド・レビュー(OFR)が行われると、足はかかっておらず、チアゴ・オロボが逆に乗っている形になっており、PKは取り消しとなった。 救われた形となった浦項だが、ボールを握りながら攻め込んでいく形に。ただ、なかなか良い形でフィニッシュまで持っていけず、決定機までは作れない。 リードした中で迎えた後半は浦項が積極的にゴールに迫っていく形を作る。しかし、フィニッシュワークはなかなか上手くいかず。それでも58分には右からのクロスをファーサイドでジョルジェ・ルイスがヘッドで合わせたが、決まらない。 すると64分、右サイドからのキム・テファンの高速クロスをボックス内でアン・ヒョンボムがドンピシャのヘッド。完璧な形でネットを揺らし、全北現代がリードを2点に広げる。 リードを2点に広げられた浦項だったが、試合のペースは全北現代が握ったまま進むことに。そのままスコアは変わらず、2-0で全北現代が先勝した。 全北現代モータース 2-0 浦項スティーラース 【得点者】 1-0:17分 エルナンデス(全北現代モータース) 2-0:64分 アン・ヒョンボム(全北現代モータース) 2024.02.14 21:30 Wed

名古屋が浦項の韓国人DFハ・チャンレを完全移籍で獲得「名門クラブに加入することになり誠に光栄です」

名古屋グランパスは10日、Kリーグ1の浦項スティーラースから韓国人DFハ・チャンレ(29)を完全移籍で獲得することを発表した。 ハ・チャンレは、仁川ユナイテッドから浦項に加入。兵役のため金泉尚武でもプレーしている。 センターバックとしてプレーするハ・チャンレは、浦項では公式戦137試合に出場し8得点を記録。Kリーグ1でも131試合7ゴールと、経験豊富な選手だ。 また、2023-24シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも出場しており、ゲームキャプテンとして5試合に出場して1得点を記録している。 ハ・チャンレはクラブを通じてコメントしている。 「初めまして。名古屋グランパスファミリーの皆さん、韓国から来たハ チャンレです。名古屋グランパスという名門クラブに加入することになり誠に光栄です」 「まず僕を選んでくださった名古屋グランパスのクラブの方々に感謝します。早くチームに馴染み、ピッチで最高のパフォーマンスを見ていただけるように頑張りたいと思います。ありがとうございます」 2024.01.10 19:13 Wed

J2復帰の愛媛、元鳥栖パク・ゴヌを獲得 浦項から完全移籍加入

愛媛FCは22日、浦項スティーラースからDFパク・ゴヌ(22)の完全移籍加入を発表した。 パク・ゴヌは2001年生まれの右サイドバック。世代別の元韓国代表で、2022年から半年間にわたってサガン鳥栖に期限付き移籍した過去を持つ。 今季の浦項でKリーグ1の2試合でプレーするにとどまるなか、来季からJ2復帰の愛媛で再びJリーグ挑戦が決まり、意気込みを語っている。 「はじめまして。この度、愛媛FCに加入することになりましたパク ゴヌと申します。素晴らしいクラブから声をかけていただき、一員になれることを光栄に思います。今回の移籍が、自分のサッカー人生の新たなチャンスだと思っています。常にベストを尽くしてこのクラブの誇りになれるよう、日々頑張ります。ファン・サポーターの方々、応援よろしくお願いします!」 2023.12.22 12:30 Fri

ACLで浦和と同居し首位通過の浦項、新監督に“ワンクラブマン”のパク・テハ氏を招へい「任命されて光栄」

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦うKリーグ1の浦項スティーラースは15日、新監督にパク・テハ氏(55)を招へいしたことを発表した。 パク・テハ氏は、1991年に浦項でプロ入り。兵役を終えて復帰すると、2002年7月にドイツのアイスバッハタールへ移籍するまで浦項でプレーを続けた。 韓国ではワンクラブマンとして知られるパク・テハ氏は、KリーグやFAカップ、アジアクラブ選手権(現:ACL)などを制覇。引退後は韓国代表のアシスタントコーチなどを務めると、Kリーグでテクニカルディレクターを務めていた。 浦項は今季のACLで浦和レッズと同居。グループ1位でラウンド16進出を決めていたが、キム・ギドン監督がFCソウルの監督に就任し、チームを去ることが14日に発表されていた。 パク・テハ監督はクラブを通じて「浦項は私にとって意味のある場所だ。私は選手として入団して以来、浦項を忘れたことはない。浦項で監督に任命されて光栄であり、嬉しい。浦項のサッカーを見せるために最善を尽くす」とコメントしている。 ACLではJリーグのクラブも、横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、ヴァンフォーレ甲府の3クラブが勝ち上がっており、ラウンド16で対戦の可能性。28日に組み合わせ抽選会が行われる。 2023.12.15 20:20 Fri

AFCチャンピオンズリーグエリートの関連記事

「常に我々は劣勢な立場」強豪を退けた末のアジアの頂点、就任半年のクレスポ監督が回想「最初は誰も信じてくれなかった」

アル・ヒラルのエルナン・クレスポ監督が、アジア王者を喜んだ。『Dzair Sport』が伝えた。 2023-24シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が25日に終了。決勝2ndレグが行われ、アル・アイン(UAE)が横浜F・マリノスを5-1で下し、2戦合計6-3で勝利を収めた。 共にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)になってから初のアジアの頂点を目指した戦い。1stレグは横浜FMが粘りを見せて逆転勝利したものの、2ndレグは2-1とアル・アインがリードしていた中で、GKポープ・ウィリアムが前半アディショナルタイムにDOGSOで一発退場。数的不利となると、後半にアル・アインが3ゴールを奪い、21年ぶりのアジアの頂点に立つこととなった。 見事に21年ぶりにアジアタイトルを手にしたアル・アイン。クレスポ監督は2023年11月にチームを指揮し始めており、半年でのビッグタイトル獲得となった。 悲願のアジア制覇を成し遂げた中、喜びを語り、多くの人への感謝を口にした。 「国全体が幸せだ。この感情を言葉で表現することは難しい。選手たちはアル・アインだけではなく、国全体にとっても素晴らしい功績を残した」 「この素晴らしいクラブを指揮する機会を与えてくれた選手だけでなく、クラブの役員にも感謝したい。全てを行うのは選手たちであり、私は幾つかの計画を立て、個人的なトレーニングのやり方を考えるが、全てを行っているわけではない」 アル・アインは今大会では非常に厳しい戦いを繰り広げ、準々決勝ではポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらを擁するサウジアラビアのアル・ナスルと対戦し、PK戦の末に勝ち上がり。準決勝では34戦無敗を誇ったアル・ヒラルと対戦し、2戦合計5-4で勝ち上がってきた。 常に相手の方が期待値が高かった中での戦いを制し、決勝も1stレグで破れてからの大逆転勝利。選手たちの奮闘を改めて評価した。 「我々はこのタイトルに値する。準々決勝、準決勝、さらには決勝まで、常に我々は劣勢な立場だった。アル・ナスルやアル・ヒラルに対して、優れた成績を収めるに値した」 「最初は誰も我々を信じてはくれなかったが、我々はそれをやり遂げた。この選手たちは大きなことを成し遂げた」 <span class="paragraph-title">【動画】ホームの大観衆の前で横浜FMを撃破したアル・アインがアジア王者に</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GmYmKjvETPA";var video_start = 279;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.26 10:50 Sun

「クラブの最優先事項はタイトル」横浜FMの夢を砕きMVP&13ゴールで得点王受賞のアル・アインFWラヒミ「全ての方に祝福を」

2023-24シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が25日に終了。決勝2ndレグが行われ、アル・アイン(UAE)が横浜F・マリノスを5-1で下し、2戦合計6-3で勝利を収めた。 共にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)になってから初のアジアの頂点を目指し戦い。1stレグは横浜FMが粘りを見せて逆転勝利したものの、2ndレグは2-1とアル・アインがリードしていた中で、GKポープ・ウィリアムが前半アディショナルタイムにDOGSOで一発退場。数的不利となると、後半に3ゴールを喫してしまい、アル・アインが21年ぶりのアジアの頂点に立つこととなった。 試合後、今大会の表彰式が行われ、大会MVPにはアル・アインのモロッコ代表FWソフィアン・ラヒミが選出された。 ラヒミは決勝2ndレグでは決勝ゴールを含む2ゴールの活躍。大会ゴールを13ゴールに伸ばし、得点王も同時に受賞することとなった。 アジアサッカー連盟(AFC)の公式サイトがコメントを伝えている。 「僕がアル・アインと契約した時、最初に言われたメッセージは、クラブの最優先事項はタイトル獲得だったということを覚えている」 「他で不利な結果がでた時でも、僕たちは決意を持って戦った。僕たちは集中力を保った。チームメイトやスタッフ、そして僕たちをサポートしてくれた全ての方々に祝福を贈りたいと思う」 ラヒミはモロッコの名門であるラジャ・カサブランカで育血、2021年8月にアル・アインに完全移籍で加入した。 これまで公式戦105試合で43ゴール37アシスト。ACLは今シーズンが初出場となり、13試合で13ゴール6アシストと圧倒的な数字で優勝の原動力となった。 なお2021年1月からモロッコ代表としてプレー。ベスト4入りと躍進した2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)には招集されていなかったが、今年3月におよそ2年ぶりに代表に再招集されていた。 <span class="paragraph-title">【動画】横浜FMの夢を砕いた、ラヒミの技あり決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GmYmKjvETPA";var video_start = 279;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.26 10:25 Sun

「レフェリーにかなり崩された」アジア制覇を逃した横浜FM、キューウェル監督は不満もサポーターに感謝「いつも最高の後押しをしてくれた」

横浜F・マリノスのハリー・キューウェル監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2023-24決勝を振り返った。 25日、ACL2023-24決勝2ndレグで横浜FMはアル・アイン(UAE)と対戦した。 1stレグは2-1で逆転勝利を収めた横浜FM。大アウェイの中での決勝は、立ち上がりに2失点し、逆転を許すこととなる。 それでも40分にヤン・マテウスが1点を返し、2戦合計で同点に。しかし、前半アディショナルタイムにGKポープ・ウィリアムが一発退場。ボックス外のファウルがDOGSOとなり、数的不利に。ACLデビュー戦となるGK白坂楓馬が急遽出場した。 2-1のまま前半を終えるが、後半は一方的に押し込まれてしまう形に。それでもなんとか耐えていたが、67分に失点し勝ち越されることに。するとなかなか攻撃の形が作れず、後半アディショナルタイムにはコジョ・フォ=ドー・ラバに2ゴールを許し終戦。5-1で敗れ、2戦合計6-3でアジア制覇はならなかった。 試合後、『DAZN』のフラッシュインタビューに応じたキューウェル監督は「まずはアル・アインに優勝をおめでとうと言いたい」とコメント。「選手たちが90分を通して本当によく戦ってくれた」と、数的不利ながらも戦い続けてきた選手を称えることに。「ただ、レフェリーによって、かなり崩されたのは事実だ」と、ジャッジの面で不満があるとした。 前半にPKで失点したシーンも去ることながら、横浜FMへのプレーがファウルにならなかったり、ポープ・ウィリアムの退場も非常に微妙なところ。試合中から苛立ちを見せていた。 また、試合前には2000人のサポーターにトラブル。チケットの割り当てを急遽減らされるという問題が発生し、現地にいても試合が見られない可能性が浮上した。 クラブが交渉に奔走した結果、最終的には全員がスタジアムに入れたようだが、大きな声援を送り続けたファン・サポーターに向けてもコメントした。 「遠くまで多くのサポーターが来てくれて本当に嬉しかった」 「この残念な結果を見せたくはなかった。それが全てだと思うが、我々のサポーターは本当にいつも最高の後押しをしてくれた」 悲願のACL制覇はあと一歩のところで逃すこととなった横浜FM。新フォーマットになるACLで再びこの舞台へ戻り、今度こそはトロフィーを掲げる姿を見せてほしいものだ。 <span class="paragraph-title">【動画】試合の流れを大きく変えたDOGSO退場…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://t.co/aLxvTmOujJ">https://t.co/aLxvTmOujJ</a> <a href="https://t.co/3Zjwi3s5em">pic.twitter.com/3Zjwi3s5em</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1794414454857199984?ref_src=twsrc%5Etfw">May 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.26 07:45 Sun

横浜FM悲願のACL初制覇はならず…守護神退場も響きアル・アインに敵地で大敗【ACL2023-24】

横浜FM悲願のACL初制覇はならず…守護神退場も響きアル・アインに敵地で大敗【ACL2023-24】 横浜F・マリノスは25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2023-24決勝戦2ndレグのアル・アイン戦を戦い、1-5で敗戦。2戦合計3-6で敗れて悲願の初優勝を逃した。 アジア王者を目指し、熾烈な東地区の激闘を勝ち抜いた横浜FMは、西地区を勝ち抜いたUAEのアル・アインとクラブ史上初のACL王者を懸けて激突。 11日にホームで行われた1stレグは前半序盤に先制を許したが、後半半ば以降に植中朝日、渡辺皓太が決めた連続ゴールによって2-1の逆転勝利。悲願達成へ王手をかけた。 1stレグ後のアルビレックス新潟戦、FC東京戦を1分け1敗で終えたハリー・キューウェル監督率いるチームは、敵地での大一番に向けて前回対戦から先発2人を変更。エドゥアルド、ナム・テヒに代えて上島拓巳、渡辺を起用した。 日本からも割り当て上限のサポーターが集ったものの、完全アウェイの空気の中で幕を開けた運命のファイナル第2戦。立ち上がりはアドバンテージを意識しつつリスク回避の落ち着いた入りを見せたトリコロールだが、早い時間帯にゴールをこじ開けられる。 8分、相手の左サイドを起点としたカウンターからラヒミにボックス手前までドリブルで運ばれると、起点となったナデルに中央から斜めのランニングでポケットを取られてヒールで落としたボールを、ラヒミに右足でゴール右隅へ蹴り込まれた。 これで2戦合計2-2のイーブンに戻された横浜FMだが何とか守勢を撥ね返すと、16分には相手のビルドアップのミスを突く形から松原健が枠の右隅を狙ったミドルシュートで相手GKを脅かす。 勝ち越しゴールには至らずも、ひとまず五分の展開に持ち込んだ横浜FM。だが、前半半ば過ぎには再び一瞬の隙を突かれてしまう。29分、右サイドから背後に流し込んだボールに反応したラヒミとDF畠中槙之輔がボックス内で交錯。当初、ラヒミのシュミレーションとの判定が出たが、オンフィールド・レビューの結果、畠中の微妙なアフターチャージによるPKに判定が変更。これをキッカーのアレハンドロ・ロメロが右下隅に蹴り込み、34分の追加点とした。 これで2戦合計2-3と逆転を許したアウェイチームはすぐさま反撃に出たいところだが、引き続き後方からのボールの前進で苦戦。逆に、相手が狙うカウンターからラヒミに決定機も作られる。 それでも、序盤から可能性のある仕掛けを見せていたトリコロールの右の矢が決定的な仕事を果たす。41分、相手左センターバックのクアディオが後ろ向きで浮き球のボールをコントロールした際に死角からプレッシャーをかけてまんまとボール奪取。そのままボックス右に持ち込むと、ヒールを使った巧みな切り返しから最後は左足のグラウンダーシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ヤン・マテウスの価千金のゴールによって2戦合計3-3のイーブンに戻したキューウェルのチームは、試合展開でもイーブンの形に戻す。そして、10分が加えられた前半アディショナルタイムではうまくディフェンスラインの背後を取ったアンデルソン・ロペスにビッグチャンス。馬力のある仕掛けでDFを振り切ってボックス右に持ち込むが、左足シュートは相手GKの好守に阻まれる。 すると、この決定機直後には中央でオフサイドラインをかいくぐったラヒミの突破に対してペナルティアーク付近に飛び出したGKポープ・ウィリアムが接触。ギリギリで足を引っ込めたようにも見えたが、この決定機阻止のファウルに対してレッドカードが掲示された。これで守護神を欠くことになったチームは前線のエウベルを削って控えGK白坂楓馬をスクランブル投入した。 2戦合計イーブンも数的不利で後半に臨んだ横浜FM。後半の守勢の展開を想定してか、植中朝日を下げて榊原彗悟をハーフタイム明けに左サイドに入れた。 後半序盤は粘り強く守れていたが、トリコロールに再びのアクシデント発生。競り合いの際に右ヒザを痛めた畠中が一度はプレーに復帰したものの続行叶わず。そして、63分にエドゥアルドがスクランブル投入となり、同じタイミングで喜田拓也から山根陸への交代も行われた。 するとこの交代から数分後の67分、ボックス手前でボールを動かされて波状攻撃を受けると、ボックス右でクリアボールを回収したラヒミに深い切り返しから強烈な左足シュートをニアに突き刺された。 耐え切れずに痛恨の勝ち越しゴールを許した横浜FMは相手の攻勢を何とか撥ね返しながら、少ないチャンスをモノにすべく粘り強く戦う。79分にはヤン・マテウスを下げて個で局面を打開できる宮市亮を最後の交代カードとして切った。 だが、序盤から守備に走らされたことで最終盤の勝負所でパワーを出せずにいると、10分が加えられたアディショナルにはGK白坂のクリアミスを含め途中出場のコジョ・ラバに2点を叩き込まれて万事休す。クラブ悲願のACL初制覇の夢は潰えた。 一方、アル・アインは2002-03シーズン以来、通算2度目のアジア制覇を成し遂げている。 アル・アイン 5-1(AGG:6-3) 横浜F・マリノス 【アル・アイン】 ラヒミ(前8、後22) アレハンドロ・ロメロ(前34)【PK】 コジョ・フォ=ドー・ラバ(後45+1、後45+6) 【横浜FM】 ヤン・マテウス(前40) <span class="paragraph-title">【動画】ヤン・マテウスが冷静に決めた貴重な同点ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://t.co/aLxvTmOujJ">https://t.co/aLxvTmOujJ</a> <a href="https://t.co/YwwvNOofgg">pic.twitter.com/YwwvNOofgg</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1794410557933584784?ref_src=twsrc%5Etfw">May 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.26 03:19 Sun

いざアジアの頂点へ! 予期せぬチケット問題も…横浜FMが試合前からアル・アインと戦い、チケットを追加で確保「涙出る」「努力に感謝します」

アジアの頂点を決める戦いはこのあと25日の25時にキックオフを迎える。 近年Jリーグで優勝争いを続ける横浜F・マリノスは、クラブ史上初となるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に向けて決勝2ndレグをアウェイで戦うこととなる。 相手はUAEの強豪アル・ナスル。1stレグは日本で行われ、2-1で横浜FMが逆転勝利を収めていた。 悲願のアジア制覇へアウェイでの戦いに臨む横浜FMだが、試合を前にトラブルが。当初2000枚が予定されていたチケットの割り当てが、直前に1000枚に減少。すでにUAEへと旅立っていたサポーターもおり、現地に入ってもチケットがない可能性が浮上していた。 そして実際に現地まで訪れていたサポーターでチケットがない人が出てしまうことに。これに対し、多くの人が試合を観られるように動いていた中、クラブも粘り強く交渉していた。 横浜FMは試合当日に「重要なお知らせ」とし、アル・アインとの交渉を続けてきた結果、40枚を追加で割り当てられることが決定したと報告。試合前から相手と戦っているなか、しっかりとその努力が報われる形が出ていた。 ーーーーーー 【重要なお知らせ】 本日開催される ACL 2023/24 決勝 第2戦 アルアイン戦チケット落選者の皆さまへ 現地に滞在されている皆さまにチームへのサポートをお願いしたく、相手クラブとの交渉を続けて参りました。 その結果、救済措置として現在40枚のチケットがご用意できました。さらに枚数を確保すべく相手クラブとの交渉は続けて参ります。 この度は私たちをサポートしていただける多くの皆さまに多大なるご迷惑とご心配をお掛けし、大変申し訳ございません。 心よりお詫び申し上げます。 集合場所 : Hazza bin Zayed Stadium 9ゲート前 時間 : 現地時間18:00 席種 : アウェイ側ゴール裏、メイン側を予定 ※応募者多数の場合には抽選を行います。 ※既にチケットをお持ちの方は対象外となります。 ※メイン側の席種はホーム席の可能性があります。観戦ルールの厳守をお願いいたします」 ーーーーーー 日本で見守る横浜FMファンも何かできないか策を考えたり、現地を訪れるサポーターが試合を見られるように願う事態に。 横浜FMもクラブとして粘り強い戦いを続け、40枚でも確保したことは素晴らしい出来事と言えるだろう。 ファンも「涙出る」、「流石!!」、「努力に感謝します」、「現地のみんなにチケットが渡りますように」、「本当に有難い」、「絶対勝つ!!」とコメントを寄せている。 キックオフが近づいた中、どういう結末になるかは不明。選手たちはスタジアムに到着し、着々と準備を進めている。アジアの頂点に横浜FMが立てるのか、試合は25時にキックオフを迎える。 <span class="paragraph-title">【動画】横浜FMの選手たちが決戦のスタジアムに到着!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/fmarinos?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fmarinos</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/ACLFinal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACLFinal</a> <a href="https://t.co/2sBdAocxuQ">pic.twitter.com/2sBdAocxuQ</a></p>&mdash; 横浜F・マリノス (@prompt_fmarinos) <a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos/status/1794371503804596622?ref_src=twsrc%5Etfw">May 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【煽り動画】いざアジアの頂点へ! 横浜FMが最後の戦いに挑む!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="ZSma-QRyRHQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.25 23:37 Sat

記事をさがす

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly