ガラタサライがオーリエとカルロス・ヴィニシウスを獲得!

2024.02.03 08:00 Sat
ガラタサライに加わったオーリエ(左)とヴィニシウス(右)
Getty Images
ガラタサライに加わったオーリエ(左)とヴィニシウス(右)
ガラタサライは2日、ノッティンガム・フォレストからコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(31)とフルアムからブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(28)の2選手を獲得したことを発表した。

移籍形態はオーリエが完全移籍で加入となり、フォレストへ移籍金10万ユーロ(約1600万円)が支払われた。ヴィニシウスは半年間のレンタル移籍でレンタル料は60万ユーロ(約9600万円)となる。
かつてパリ・サンジェルマンやトッテナムでもプレーしたオーリエは、2022年9月に当時昇格組のフォレストに加入。負傷離脱もあったが、右サイドバックをメインに公式戦28試合に出場し1ゴールをマーク。自動延長オプションにより今季もフォレストでプレーし、ここまでプレミアリーグ12試合に出場していた。

一方、ベンフィカやトッテナムでプレーしたヴィニシウスは、2022年9月にフルアムへ移籍。加入初年度から準主力として公式戦32試合に出場し5ゴール3アシストを記録。今季も準主力の位置を脱せず、プレミアリーグでは13試合の出場でスタメン出場はわずか2試合となっていた。
関連ニュース

怒りのフェネルバフチェが強硬策! 開始50秒で失点→直後に選手を引き上げさせ没収試合…ガラタサライがスーパーカップ制覇の珍事

フェネルバフチェが強硬策で怒りの抗議を示し、タイトルを相手に譲ることとなった。 7日、トルコ・スーパーカップが行われ、ガラタサライとフェネルバフチェが対戦した。 しかし、試合を前にフェネルバフチェが試合日程の調整を打診。11日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のオリンピアコス戦をアウェイのギリシャで戦うため、延期を望んでいた。 しかし、これが認められずに試合が開催。すると、フェネルバフチェは抗議の意味を込めてか、U-19チームを送り出すことに、ファーストチームの選手たちがピッチに立つことはなかった。 試合前から抗議の姿勢を見せていたフェネルバフチェ。すると、ガラタサライは最終ラインからのロングフィードをつなぐと、最後はマウロ・イカルディが決めて開始50秒でゴール。ガラタサライが先制した。 するとフェネルバフチェでのキックオフで再開する予定が、選手たちを引き下げることに。そのまま没収試合となり、ガラタサライの勝利が決定。開始1分で試合が終了し、スーパーカップはガラタサライが制することとなった。 イカルディは引き下がる選手たちに拍手を送りながらも困惑した表情。その他のガラタサライの選手たちは困惑した表情を見せたが、主審が試合の中止を決めて勝敗が決着した。 試合中止を受けてフェネルバフチェは声明を発表した。 「今日、我々は勝つためではなく、真実を守るために現場に出る時、我々の姿勢をようやくするために強調したいのは次のことだ」 「117年の歴史を持つトルコのスポーツにサッカーだけでなく、我々が出場するあらゆる部門で貢献し、ミュージアムには汗と労働の痕跡が刻まれた何千ものトロフィーが展示されている」 「3000万人のファンと共に、自国の国民的価値観を感じる世界最大のスポーツクラブとして、我々は昨日と同じよう今日も明日も堂々と立ち続けます」 フェネルバフチェは、トラブゾンスポル戦でファンの乱闘に遭遇。しかし、その騒動でトルコサッカー連盟(TFF)から2選手が出場停止に。スュペル・リグからの離脱も検討されたが、残留することとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】開始50秒ゴールのイカルディも困り顔、相手チームはピッチを去り没収試合に</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="DmZpQc07VFg";var video_start = 80;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.08 23:10 Mon

「移籍市場を混乱させに帰って来たぞ!」イカルディと復縁のワンダ・ナラ氏、何故かユベントスのウェアを身に纏う

ユベントスのトラックスーツを身に纏うワンダ・ナラ氏。その意図とは。 ガラタサライ所属の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディと切れそうで切れない仲にあるワンダ・ナラ氏。仲が良いのか悪いのか、よくわからなかったこのカップルは、離別を繰り返して昨年再びヨリを戻したことが明らかに。 昨秋にはイカルディから再婚の提案があったと明かし、同時に自身は白血病と向き合う日々。イカルディも選手生活のかたわら、愛する“元妻”を献身的に支えており、一時期のようなわだかまりは無くなったとみるべきだろう。 さて、そんなワンダ・ナラ氏だが、3日、自身のインスタグラムに車中での写真を投稿。よく見ると、かつてイカルディが主将としても在籍したインテルのライバル、ユベントスのトラックスーツを着ているではないか。 これについて、ユベントス寄りのトリノ紙『トゥット・スポルト』は「ワンダ・ナラが移籍市場を混乱させに帰って来たぞ!」と紹介。イカルディの代理人でもある同氏が「意図もなくユーベのウェアを着るはずがない」と…もうなんだか訝しげだ。 どうやらワンダ・ナラ氏は“元夫”を出会いの地イタリアに連れ戻す計画があるようで、ユベントスとは以前から水面下で良好な関係性。クリスティアーノ・ジュントリSDともナポリ時代からの知人だという。 イカルディは22-23シーズンにパリ・サンジェルマン(PSG)からガラタサライへレンタル移籍し、今季から完全移籍に移行。クラブ通算65試合47得点19アシストと絶対的エースに君臨する。 トルコで復活した点取り屋はサウジ行きも噂に上がるが、パートナーであるワンダ・ナラ氏としてはイタリア…いやユベントスへ行かせたいというところか。夏が近づくにつれ、このカップルは再び移籍市場を賑わせることになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】意味ありげにユーべのウェアを着るワンダ・ナラ氏...靴可愛い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C5T7qPgNOOY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C5T7qPgNOOY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C5T7qPgNOOY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Wanda Nara(@wanda_nara)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.04.05 19:05 Fri

「新しい文化を知るために…」世界を股にかけてプレーするゴミスがその理由を語る

川崎フロンターレに所属する元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスが、日本での生活や世界各国でプレーする理由を語った。 サンテチェンヌでキャリアをスタートさせたゴミスは、フィジカルの強さを武器にリヨンやスウォンジー、マルセイユ、ガラタサライ、アル・ヒラルと数多くのクラブでプレー。 2023年夏から川崎Fに加入すると、2023シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合に出場し3アシスト。天皇杯で1試合に出場。今シーズンはJ1で1試合、FUJIFILM SUPER CUPで1試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で5試合に出場していた。 ケガのためフランスに一時帰国しているゴミスは、フランス『RMCスポーツ』のインタビューで、世界各国でプレーする理由を語った。 「日本での生活をとても気に入っているよ。僕の家族も気に入ってくれている。僕はフランスで長い時間を過ごしたから、新しい文化を知るために、少し前に家族と一緒に世界を巡ることを選んだんだ。そうして僕は世界中を飛び回り、いくつものクラブに所属して、すでに数カ国でプレーした」 「トルコとサウジアラビアでは個人とチームの両方でいくつものタイトルを獲得したが、最後に新たな国で家族とともに最高の結果を残したいと思ったんだ」 「この歳になると、家族の協力が不可欠で、僕は彼らのサポートがあったからこそ、日本への移籍を選ぶことができた。僕たちは皆、日本のような美しい国を訪れたいと思っていたから、それが実現できたんだ」 2024.03.28 23:55 Thu

アストン・ビラで結果が出ないザニオーロ「イタリアが恋しい」

アストン・ビラのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロがイタリア帰還を望んでいる。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』がコメントを掲載した。 今季、ガラタサライからのレンタルでアストン・ビラに加入したザニオーロだったが、公式戦31試合の出場で3ゴール0アシストと期待された活躍は見せられていない。 そのザニオーロは来季に向けてイタリア復帰を望んでいる。「家族、友人、息子…。皆が居るイタリアがとても恋しいよ。しかし、僕の将来を決めるのはクラブ。僕はガラタサライに所属している。代理人には本当に具体的なオファーがあった場合のみ教えてくれるように頼んでいる。ローマに在籍していたことを考えると、ラツィオへの移籍だけは考えられないことだね」 なお、ザニオーロがローマを離れる際、ミランやユベントスが獲得に興味を示していた。 2024.03.26 23:30 Tue

イスタンブールでマルシャル争奪戦…首位ガラタサライと2位フェネルバフチェの“第二次ザハ戦争”

トルコ最大の都市・イスタンブールでマルシャル争奪戦が始まる。 今季限りでマンチェスター・ユナイテッドを契約満了となる見通しの元フランス代表FWアントニー・マルシャル(28)。ここ1〜2年、断続的なケガもあって満足にプレーできていない。 ジム・ラトクリフ新時代にマルシャルの居場所はないと考えられるなか、以前から伝えられていたのが来季のトルコ行き。 トルコ『Fanatik』が寄せた最新情報によると、マルシャルの代理人は、かねてより連絡先を持っていたガラタサライとフェネルバフチェへほぼ同時に連絡したとのこと。これから両者との契約交渉を本格化させる意志があるようだ。 これについて『Fanatik』は“第二次ザハ戦争”と表現。昨夏はガラタサライとフェネルバフチェ間でコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハのフリー獲得を巡る争奪戦が勃発し、勝利したのは昨季トルコ1部王者のガラタサライ。 ザハ争奪戦に勝利した昨季優勝ガラタサライと、敗れた昨季2位フェネルバフチェ。何十年も激しいライバル関係にあるイスタンブールの両者は、今季も首位ガラタサライ、2位フェネルバフチェと、勝ち点「2」差でバチバチの優勝争いを繰り広げている。(22日現在) そこに拍車をかけるマルシャル争奪戦…いま、イスタンブールがアツくなっている。 2024.03.22 17:40 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly