水戸や札幌などでプレーしたMF菊岡拓朗が現役引退を発表、J通算300試合以上出場

2024.01.31 21:25 Wed
SC相模原時代のMF菊岡拓朗
Getty Images
SC相模原時代のMF菊岡拓朗
COEDO KAWAGOE F.Cは29日、MF菊岡拓朗(38)が現役を引退することを発表した。

静岡県の清水東高校出身の菊岡は、法政大学を経て2008年に水戸ホーリーホックへ加入。抜群のキック精度を武器に、以降は東京ヴェルディ、栃木SC、北海道コンサドーレ札幌、SC相模原でプレーし、2019年に日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森へ加入した。
青森では3シーズンを戦い、SHIBUYA CITY FCを経て2023シーズンからは川越でプレーし、チームの関東リーグ2部昇格へ貢献。J2通算241試合26得点、J3通算75試合2得点、JFL通算61試合4得点という成績を残した。

なお、菊岡は天皇杯の埼玉県予選を兼ねる「第15回埼玉県社会人サッカートーナメント会長杯(天皇杯) 兼 彩の国カップ埼玉県サッカー選手権大会」の予選終了をもってスパイクを脱ぐとのことだ。

16年間走り続けたファンタジスタは、川越の公式サイトを通じて次のようなコメントを残している。
「この度、プロサッカー選手を引退する決断をしました」

「まずはじめに水戸ホーリーホック、東京ヴェルディ、栃木SC、北海道コンサドーレ札幌、SC相模原、ラインメール青森、SHIBUYA CITY FC 、COEDO KAWAGOE F.Cの関係者の皆様、ありがとうございました。人との出会いに恵まれここまでプレーすることができました」

「勝ちたい、誰にも負けたくない、誰よりも上手くなりたい、その気持ちが私の原動力でした。私に携わっていただいた指導者の皆様、ありがとうございました。そしていつも一番近くで応援してくれた家族のみんな、ありがとう。いつもパワーをもらっていたよ」

「これからまた新たな夢に向かって邁進していきたいと思います。16年間ありがとうございました。菊岡拓朗」
関連ニュース
thumb

得点ランク首位エジガル・ジュニオの決勝弾で2位長崎が4連勝! 土壇場逆転の秋田が6位浮上【明治安田J2第11節】

21日、明治安田J2リーグ第11節の5試合が各地で行われた。 前日に勝利したファジアーノ岡山に2位の座を譲りたくないV・ファーレン長崎(勝ち点21)は、4位横浜FC(勝ち点18)とホームでの上位対決。先制したのは37分の長崎で、波状攻撃を仕掛けると、最後は右からのクロスをファーで待つエジガル・ジュニオが押し込み、得点ランキング単独首位に躍り出る今シーズン7点目を記録した。 ホームチームの1点リードで迎えた後半はスコア動かず、1-0のまま試合終了。逃げ切った長崎はリーグ戦4連勝、9試合負けなしで2位をキープしている。 8位ブラウブリッツ秋田(勝ち点15)は勝ち点「1」差の10位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点14)とのアウェイゲーム。前半はゴールレスで折り返すが、後半立ち上がりに秋田にアクシデント。蜂須賀孝治が2枚目のイエローカードで退場となる。 すると66分、数的優位の千葉は田口泰士がこぼれ球に詰めて先制。それでも諦めなかった秋田は90分、半田航也の鮮やかなミドルで追いつく。 波に乗る秋田は後半アディショナルタイム、相手のハンドでPKを獲得するが、これは青木翔大が失敗。それでも直後の左CKから才藤龍治が頭で流し込み、土壇場の逆転勝利で6位に順位を上げた。 その他、6位レノファ山口FC(勝ち点15)は序盤に野寄和哉の得点で先制しながらも、17位水戸ホーリーホック(勝ち点8)に前半の内に逆転され、1-2で敗北。10位に後退した。11位いわきFC(勝ち点13)は同勝ち点の12位大分トリニータをアウェイで下し、8位に浮上している。 ◆明治安田J2第11節 ▽4月21日(日) 大分トリニータ 0-2 いわきFC ジェフユナイテッド千葉 1-2 ブラウブリッツ秋田 V・ファーレン長崎 1-0 横浜FC レノファ山口FC 1-2 水戸ホーリーホック 鹿児島ユナイテッドFC 2-1 栃木SC ▽4月20日(土) 清水エスパルス 3-2 ベガルタ仙台 ファジアーノ岡山 2-0 ロアッソ熊本 藤枝MYFC 0-1 徳島ヴォルティス ヴァンフォーレ甲府 4-1 ザスパ群馬 モンテディオ山形 2-1 愛媛FC <span class="paragraph-title">【動画】クロス押し込んだエジガル・ジュニオの今季7点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> ゴール動画 <br> 明治安田J2リーグ 第11節<br> 長崎vs横浜FC<br> 1-0<br> 37分<br>⚽️ エジガル ジュニオ(長崎)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/KqymKhvmZC">pic.twitter.com/KqymKhvmZC</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1781942590260330521?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.21 16:44 Sun

低調スタートの水戸が町田からMF黒川淳史を期限付き移籍で獲得、2019年以来の復帰「結果を残すために精進します」

水戸ホーリーホックは27日、FC町田ゼルビアのMF黒川淳史(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2025年1月31日までとなり、町田との公式戦には出場できない。 黒川はジュニアユースから大宮アルディージャに所属。ユース、トップチームと昇格すると、水戸に2シーズン期限付き移籍。J2で67合10得点とレギュラーとしてプレーした。 その後大宮に復帰し背番号「10」を背負うも、2022年にジュビロ磐田へ完全移籍。2023年に町田に完全移籍すると、シーズン途中に古巣の大宮へと期限付き移籍していた。 今シーズンから町田に復帰したものの、ここまで出番なし。5年ぶりに水戸に復帰することとなった。 黒川は両クラブを通じてコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「皆さんお久しぶりです。この度、水戸ホーリーホックに加入することになりました。また皆さんと共に闘えることを楽しみにしています。よろしくお願いします」 ◆FC町田ゼルビア 「この度、水戸ホーリーホックに期限付き移籍することになりました。このタイミングでの移籍ですし、チームの力になることができず申し訳なさを感じでいます。ただ、決断したからにはしっかりと結果を残すために精進します。FC町田ゼルビアがこのままの勢いでJ1に旋風を巻き起こすと信じています。自分も水戸で頑張ります!応援宜しくお願いいたします」 今シーズンの水戸は明治安田J2リーグを戦っており、ここまで6試合でわずか1勝の18位と降格圏に沈んでいる。 2024.03.27 09:25 Wed

日本代表FW小川航基が横浜FCからナイメヘンへ今季終了後に完全移籍!自身初の海外挑戦で二桁得点

横浜FCは21日、NECナイメヘンへ期限付き移籍中の小川航基(26)が2023-24シーズン終了後に完全移籍へ移行することを発表した。 2016年にジュビロ磐田でプロデビューを飾った小川は、水戸ホーリーホックを経て2022年に横浜FCへ完全移籍。2023年7月にナイメヘンへ、2024年6月30日までの期限付き移籍で加入し、自身初の海外挑戦を果たした。 オランダでは日増しに存在感が増し、エールディビジ、KNVBベーカーを合わせて公式戦28試合12得点を記録。2026年の北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選、北朝鮮代表戦へ向けた日本代表メンバーにも招集され、2019年以来となる日本代表入りを果たしていた。 完全移籍が決定した小川は、横浜FCを通じて次のようにコメントしている。 「この度、オランダのNECナイメヘンに完全移籍することが正式に決まりました。横浜FCで過ごした1年半はこれからの自分のサッカー人生の財産になる時間であり、みなさんの応援は一生、僕の心に残り続けます。大好きな三ツ沢でゴールを決めた瞬間は、いつも言葉にできない喜びでした」 「必ず成長し、日本を代表する選手になりたいと思います。次に会う時は、日の丸のユニフォームを着てゴールを届けたいと思います。今までたくさんの応援ありがとうございました。これからも応援よろしくお願いいたします!」 2024.03.21 19:19 Thu
thumb

清水も敗戦で開幕3連勝チームなし… 競り勝った岡山、仙台が順位表トップに浮上【明治安田J2第3節】

明治安田J2リーグの6試合が10日に各地で行われた。 ヴァンフォーレ甲府とモンテディオ山形が前日どちらも敗れたため、唯一の開幕3連勝が狙える清水エスパルスは、2試合未勝利のV・ファーレン長崎と敵地で対戦。先手を取ったのはホームチーム。相手GKの飛び出しを見逃さなかった増山朝陽が25分に落ち着いて決め、30分にはカウンターからエジガル・ジュニオが追加点を奪う。 2点を追いかける清水は56分、ボックス手前右でパスを受けた乾貴士がすかさず左足を振り、狙いすましたシュートで1点差に。しかし、10分後にはCKからエジガル・ジュニオが決めて長崎が突き放し、終盤にはマルコス・ギリェルメがダメ押し。大量4得点の長崎が今シーズンリーグ戦初白星を手にした一方、清水の敗戦により3連勝チームは現れなかった。 1勝1分けのファジアーノ岡山は、同じく1勝1分けのレノファ山口FCをホームに迎えた。前半は互いにゴールに迫るも、ゴールレスでハーフタイムへ突入する。 試合が動いたのは終盤の84分。右CKをファーで味方が折り返すと、田中雄大が押し込み、岡山がついに均衡を破る。そのまま逃げ切った岡山が勝ち点を「7」に伸ばし、リーグ首位に立った。 その他、こちらも1勝1分けだったベガルタ仙台は、相良竜之介のループシュートで水戸ホーリーホック相手に1-0の勝利を飾り、岡山に並ぶ勝ち点「7」で2位に浮上。大分トリニータ、ロアッソ熊本は今シーズン初勝利をあげている。 ◆明治安田J2リーグ第3節 ▽3月10日(日) ベガルタ仙台 1-0 水戸ホーリーホック 藤枝MYFC 0-1 大分トリニータ ファジアーノ岡山 1-0 レノファ山口FC V・ファーレン長崎 4-1 清水エスパルス 愛媛FC 2-3 ロアッソ熊本 ザスパ群馬 1-3 ジェフユナイテッド千葉 ▽3月9日(土) 徳島ヴォルティス 1-2 ブラウブリッツ秋田 いわきFC 3-1 鹿児島ユナイテッドFC 横浜FC 2-0 モンテディオ山形 ヴァンフォーレ甲府 1-2 栃木SC 2024.03.10 19:33 Sun

昇格目指す清水、甲府が2連勝スタート! J1から降格の横浜FCは今節も初勝利お預け【明治安田J2第2節】

明治安田J2リーグ第2節の6試合が2日に各地で行われた。 清水エスパルスはホームで昇格組の愛媛FCと対戦。どちらも開幕2連勝が懸かった中、先制したのは清水だった。0-0の58分、北川航也が右からのクロスを頭で流し込んだ。 清水1点リードのまま終盤へ突入すると、89分に北川が乾貴士からのラストパスを押し込み、2点目をゲット。今シーズンこそJ1復帰を果たしたい清水が連勝スタートとした。 J2開幕節を勝利したヴァンフォーレ甲府はこちらも連勝を目指す水戸ホーリーホックとのアウェイゲーム。両チームともに前半はゴールを奪えず、0-0のまま後半を迎える。 均衡を破ったのは甲府。61分、セットプレーの流れから押し込み、エドゥアルド・マンシャがクロスに合わせる。さらに69分には木村卓斗が左足で決め、2点をリード。83分には久保征一郎の見事なボレーシュートが決まり、水戸が追い上げたが、逃げ切った甲府が2連勝を飾った。 その他、J1から降格した横浜FCは大分トリニータとの一戦をゴールレスで終え、2戦連続ドロー。ジェフユナイテッド千葉は藤枝MYFCをホームに迎えて4発快勝とし、昇格組の鹿児島ユナイテッドFCは徳島ヴォルティス相手に初勝利をゲット。一方の徳島は2連敗スタートとなった。 ◆明治安田J2リーグ第2節 ▽3月2日(土) V・ファーレン長崎 1-2 ベガルタ仙台 大分トリニータ 0-0 横浜FC 清水エスパルス 2-0 愛媛FC ジェフユナイテッド千葉 4-0 藤枝MYFC 水戸ホーリーホック 1-2 ヴァンフォーレ甲府 鹿児島ユナイテッドFC 2-1 徳島ヴォルティス ▽3月3日(日) 《13:00》 ロアッソ熊本 vs ザスパ群馬 レノファ山口FC vs ブラウブリッツ秋田 いわきFC vs ファジアーノ岡山 《14:00》 栃木SC vs モンテディオ山形 2024.03.02 18:11 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly