讃岐退団の24歳DF伊従啓太郎、JFLのヴィアティン三重へ加入「三重県にJチームを誕生させましょう!」

2024.01.07 15:30 Sun
伊従啓太郎(24)がヴィアティン三重へ加入
©︎J.LEAGUE
伊従啓太郎(24)がヴィアティン三重へ加入
JFLのヴィアティン三重は7日、カマタマーレ讃岐からDF伊従啓太郎(24)が完全移籍加入すると発表した。

伊従は神奈川県出身で、川崎フロンターレ下部組織から仙台大学を経て讃岐に入団。ルーキーイヤーの2022シーズンにJ3リーグ16試合出場も、2023シーズンの出場はなく、昨年12月に契約満了が発表されていた。
V三重の公式サイトを通じてコメントを発表。「カマタマーレ讃岐より加入することになりました、伊従 啓太郎です。ヴィアティン三重に関わる全ての皆様と共にJ3昇格を果たし、三重県にJリーグチームを誕生させましょう!よろしくお願いします」と意気込みを寄せた。
関連ニュース

昨季最下位の沖縄SVが開幕2連勝で首位キープ! 新宿は2試合連続の4失点大敗【JFL第2節】

17日、日本フットボールリーグ(JFL)第2節の6試合が各地で行われた。 ◇沖縄 1-0 浦安 昨季最下位(入替戦勝利で残留)もクリアソン新宿に4発圧勝で今季首位発進の沖縄SVと、昨季2位も今季黒星発進のブリオベッカ浦安。 昇格2年目どうしの一戦はゴールレスで迎えた90分、沖縄がロングスローからこぼれ球に詰めたMF有田朱里の得点で先制。1-0と勝利し、沖縄は地域リーグ時代含め、対浦安初白星となった。 ◇高知 1-0 青森 開幕戦でヴィアティン三重を3-0と一蹴した高知ユナイテッドSCと、GK廣末陸の試合終盤PK弾で勝ち点1を拾ったラインメール青森。 強い雨が降りしきるなか、一進一退の展開で迎えた80分、高知はカウンターの流れから、右サイドバックのDF吉田知樹がボックス右角から右足を振り抜き先制点。この1点を守り抜き、高知が昨季2戦2敗の青森から3年ぶりに勝利を挙げた。 ◇V三重 4-0 新宿 開幕戦で躓いたJリーグ参入を目指す両チーム。V三重は高知に蹴散らされ、北嶋秀朗新監督率いる新宿はホームで昨季最下位の沖縄に粉砕された。 新宿にとっては悪夢の開幕2試合に。この日も21分にV三重に先制を許すと、前半終盤にも追加点を献上…後半もさらに2失点を喫し、72分時点で開幕戦と同じ大量4失点に。反撃も叶わず、2試合連続となる0-4で敗れている。 今季初白星のV三重にとっては充実の一戦に。西日本一帯の天候が優れなかったなか、ホーム初戦で1327人の観客動員を記録。来季のJ3参入を見据え、ここから集客も伸ばしていきたい。まずは上出来の数字と言えるだろう。 ◇鈴鹿 3-1 滋賀 心機一転「アトレチコ鈴鹿」に生まれ変わった鈴鹿と、Jリーグからの大型補強に今季へ懸ける並々ならぬ本気度を感じさせるレイラック滋賀。 滋賀は開幕戦で栃木シティに勝利も、早くも第2節で今季初黒星。9分にクリアボールを拾われたところから先制を許すと、27分にも自陣深くでの不用意なパスミスから2点目、さらに45+2分にも3点目を献上…前半で3点ビハインドに。 堪らずハーフタイムで3枚替えを敢行し、投入された1人のMF南拓都は横浜F・マリノスから今季完全移籍加入の新戦力。その南が54分に強烈ミドルを突き刺して1点を返すも、反撃もここまでとなった。 ◆第2節結果 ▽3月17日(日) 沖縄SV 1-0 ブリオベッカ浦安 高知ユナイテッドSC 1-0 ラインメール青森 ヴィアティン三重 4-0 クリアソン新宿 アトレチコ鈴鹿 3-1 レイラック滋賀 ソニー仙台FC 2-0 ヴェルスパ大分 横河武蔵野FC 3-1 ミネベアミツミFC ▽3月16日(土) 栃木シティ 2-1 FCティアモ枚方 FCマルヤス岡崎 1-1 Honda FC ◆順位表 1位 沖縄SV | 勝ち点6 | +5 2位 高知ユナイテッドSC | 勝ち点6 | +4 3位 アトレチコ鈴鹿 | 勝ち点6 | +3 4位 横河武蔵野FC | 勝ち点4 | +2 5位 Honda FC | 勝ち点4 | +1 5位 FCマルヤス岡崎 | 勝ち点4 | +1 7位 ヴィアティン三重 | 勝ち点3 | +1 8位 ソニー仙台FC | 勝ち点3 | +1 9位 レイラック滋賀FC | 勝ち点3 | ±0 10位 栃木シティ | 勝ち点3 | -1 11位 FCティアモ枚方 | 勝ち点1 | -1 12位 ラインメール青森 | 勝ち点1 | -1 13位 ミネベアミツミFC | 勝ち点1 | -2 14位 ブリオベッカ浦安 | 勝ち点0 | -2 15位 ヴェルスパ大分 | 勝ち点0 | -3 16位 クリアソン新宿 | 勝ち点0 | -8 2024.03.17 18:20 Sun

2024JFL開幕! 昨季最下位ギリギリ残留の沖縄SVが新宿を4発粉砕で首位発進【JFL第1節】

10日、日本フットボールリーグ(JFL)第1節の全8試合が全会場同時キックオフで行われた。 ついに開幕した2024シーズンのJFL。開幕戦から昨季王者Honda FCとソニー仙台FCによる国内企業クラブの頂上決戦が実現し、J3参入を見据えるクラブも各地で熱戦を繰り広げた。 ◇Honda 1-0 ソニー JFL優勝通算10回を誇る絶対的盟主Honda FCと、誉高き“SONY”を引っ提げて戦うソニー仙台FC。名実ともに国内企業クラブの2強だ。 40分、Hondaは敵陣ボックス内でDF川浪龍平が相手からボールを奪ってクロス。ファーへ飛び込んだMF佐々木俊輝が強烈なヘディング弾を叩き込み、これが決勝点となった。 ◇浦安 0-1 マルヤス 昨季JFL準優勝の都並敏史監督率いるブリオベッカ浦安と、Hondaを指揮してJFL優勝通算5回の井幡博康監督率いるFCマルヤス岡崎。 30分過ぎからマルヤスペースで進んだなか、ハーフタイムを挟んだ58分にMF林雄飛のPK弾で先制。その後劣勢を強いられる時間帯もあったマルヤスだが、PKによる1点を守り抜いた。 ◇滋賀 3-1 栃木C 昨季最終節で2位から3位に転落…あと一歩で入替戦行きを逃したレイラック滋賀と、関東サッカーリーグ1部より今季昇格の栃木シティ。 自力を見せたい滋賀は45+4分にDF小野寺健也、56分にFW菊島卓がネットを揺らし、栃木Cも73分にFW鈴木国友のゴールで1点を返したが、ほどなくして滋賀はFW榎本大輝が追加点…3-1で昇格組栃木Cを振り切った。 ◇高知 3-0 V三重 昨季の天皇杯で“話題性枠”を独占した南国土佐から高知ユナイテッドSCと、JFL有数の観客動員を誇る伊勢湾からヴィアティン三重。 ともにJ3参入を見据える両チームの一戦は、33分、39分と立て続けに2点を奪ったホーム高知に軍配。高知は90+3分にFW小林心のPKでダメ押し…3-0快勝で最高のスタートを切った。 ◇新宿 0-4 沖縄 本拠地問題がありながらもJ3ライセンスを交付されていたクリアソン新宿と、今季から高原直泰氏が社業に専念する新生・沖縄SV。 この一戦を制したのは、昨季最下位、入替戦でギリギリ残留を果たした沖縄。MF荒井秀賀のPK弾を皮切りに大量4得点で新宿を粉砕した。 ◇ミネベア 1-1 青森 Hondaらに次ぐ企業勢のミネベアミツミFCと、青森県から2番目のJ参入を目指すラインメール青森。今季もあの男がネットを揺らした。 ミネベア1点リードで迎えた90+4分、青森は土壇場で獲得したPKをGK廣末陸が蹴り込み同点に。廣末はJFL4年連続でのゴールとなった。試合は1-1で終了…ともに引き分け発進だ。 ◆第1節結果 ▽3月10日(日)13:00 Honda FC 1-0 ソニー仙台FC ブリオベッカ浦安 0-1 FCマルヤス岡崎 レイラック滋賀 3-1 栃木シティ ヴェルスパ大分 1-2 アトレチコ鈴鹿 高知ユナイテッドSC 3-0 ヴィアティン三重 クリアソン新宿 0-4 沖縄SV FCティアモ枚方 1-1 横河武蔵野FC ミネベアミツミFC 1-1 ラインメール青森 ◆順位表 1位 沖縄SV | 勝ち点3 | +4 2位 高知ユナイテッドSC | 勝ち点3 | +3 3位 レイラック滋賀 | 勝ち点3 | +2 4位 アトレチコ鈴鹿 | 勝ち点3 | +1 5位 Honda FC | 勝ち点3 | +1 5位 FCマルヤス岡崎 | 勝ち点3 | +1 7位 ラインメール青森 | 勝ち点1 | ±0 7位 FCティアモ枚方 | 勝ち点1 | ±0 7位 横河武蔵野FC | 勝ち点1 | ±0 7位 ミネベアミツミFC | 勝ち点1 | ±0 11位 ヴェルスパ大分 | 勝ち点0 | -1 12位 ブリオベッカ浦安 | 勝ち点0 | -1 12位 ソニー仙台FC | 勝ち点0 | -1 14位 栃木シティ | 勝ち点0 | -2 15位 ヴィアティン三重 | 勝ち点0 | -3 16位 クリアソン新宿 | 勝ち点0 | -4 2024.03.10 16:55 Sun

3月10日開幕のJFL、第1節&第2節の試合会場が発表!

日本フットボールリーグ(JFL)は26日、2024シーズン第1節・第2節の試合会場を発表した。 3月10日に全会場同時キックオフで幕を開ける2024シーズンのJFL。第1節の試合会場に目を向けると、J3参入へ向けて大型補強の滋賀がJリーグ基準をクリアした本拠地“HATOスタ”、昨季昇格組ながらも準優勝の浦安が“ゼットエー”(※1)、北嶋秀朗新監督率いる新宿は“駒沢陸上競技場"で戦う。 なお、青森のみホーム初戦が第6節[4月14日(日) vsヴィアティン三重/会場未定]に予定されている。 (※1)浦安は本拠地・ブリオベッカ浦安競技場(浦安市舞浜)が人工芝のためJFLで使用不可 ◆第1節 ▽3月10日(日) 全会場13:00キックオフ Honda FC vs ソニー仙台FC Honda都田サッカー場(浜松市) ブリオベッカ浦安 vs FCマルヤス岡崎 ゼットエーオリプリスタジアム(市原市) レイラック滋賀 vs 栃木シティ 平和堂HATOスタジアム(彦根市) ヴェルスパ大分 vs アトレチコ鈴鹿 レゾナックサッカー・ラグビー場Aコート(大分市) 高知ユナイテッドSC vs ヴィアティン三重 高知県立春野総合運動公園陸上競技場(高知市) クリアソン新宿 vs 沖縄SV 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場(世田谷区) FCティアモ枚方 vs 横河武蔵野FC たまゆら陸上競技場(枚方市) ミネベアミツミFC vs ラインメール青森 宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場(宮崎市) ◆第2節 ▽3月16日(土) 13:00キックオフ FCマルヤス岡崎 vs Honda FC マルヤス岡崎龍北スタジアム(岡崎市) 栃木シティ vs FCティアモ枚方 CITY FOOTBALL STATION(栃木市) ▽3月17日(日) 13:00キックオフ ソニー仙台FC vs ヴェルスパ大分 みやぎ生協めぐみのサッカー場Bグラウンド(利府町) 高知ユナイテッドSC vs ラインメール青森 高知県立春野総合運動公園陸上競技場(高知市) アトレチコ鈴鹿 vs レイラック滋賀 三重交通Gスポーツの杜鈴鹿サッカー・ラグビー場メイングラウンド(鈴鹿市) ヴィアティン三重 vs クリアソン新宿 LA・PITA東員スタジアム(東員町) 横河武蔵野FC vs ミネベアミツミFC 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場(世田谷区) 沖縄SV vs ブリオベッカ浦安 タピック県総ひやごんスタジアム(沖縄市) 2024.01.26 17:05 Fri

大宮退団のMF大橋尚志がJFLの三重に加入「J3昇格を達成すべく、強い覚悟を持って参りました」

日本フットボールリーグ(JFL)のヴィアティン三重は23日、大宮アルディージャを退団していたMF大橋尚志(27)が完全移籍で加入することを発表した。 大橋は鹿島アントラーズの下部組織出身で、ユースからトップチームに昇格。2017年にツエーゲン金沢へ完全移籍してプレー。2022年に大宮に完全移籍で加入した。 2023シーズンはJ2で9試合、天皇杯で1試合に出場。大宮での2年間でJ2通算28試合、天皇杯3試合に出場していた。 なお、J2通算202試合4得点、J-22選抜としてJ3で6試合に出場。リーグカップで1試合、天皇杯で8試合1得点を記録していた。 大橋はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンからヴィアティン三重でプレーさせていただくことになりました大橋尚志です。J3昇格を達成すべく、強い覚悟を持って参りました。全力を尽くしてプレーします。よろしくお願いします」 2024.01.23 09:20 Tue

JFLの2024開幕カード決定! 王者Hondaがソニーと“門番”対決…浦安vsマルヤス、滋賀vs栃木C、高知vsV三重

12日、2024シーズンの日本フットボールリーグ(JFL)第1〜2節の対戦カードが発表された。 2023シーズンのJFLは“盟主”Honda FCが通算10回目の王者(※1)に輝き、準優勝は昇格1年目の都並敏史監督率いるブリオベッカ浦安。開幕9試合未勝利のダントツ最下位から16試合無敗という快進撃を披露し、Jリーグ参入を目指すどのクラブよりも高い順位で1年を終えた。 (※1)旧JFL時代を除く 2024シーズンからの“仲間入り”は栃木シティ。かつて栃木ウーヴァとしてJFLに在籍した彼らは、昨年の全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)を制し、実に7年ぶりのJFL返り咲きとなる。 今回発表されたのは第1〜2節の対戦カード。2023シーズンは15チーム編成のJFLだったが、2024シーズンからは従来の16チームに戻り、「毎節1チームが試合なし」という状況を回避している。また、ラインメール青森に関してはホーム初戦が4月14日(日)に行われる第6節のヴィアティン三重戦となることが発表されている。 なお、第1~2節の試合会場および未定日時については1月26日(金)、2024シーズンの全日程は2月9日(金)に発表されるとのことだ。 ◆第1節 ▽3月10日(日) [13:00] (左ホーム)Honda FC vs ソニー仙台FC(右アウェイ) レイラック滋賀 vs 栃木シティ ヴェルスパ大分 vs アトレチコ鈴鹿クラブ(※2) 高知ユナイテッドSC vs ヴィアティン三重 クリアソン新宿 vs 沖縄SV FCティアモ枚方 vs 横河武蔵野FC(※3) ミネベアミツミFC vs ラインメール青森 [開催日未定/3月9日or10日] ブリオベッカ浦安 vs FCマルヤス岡崎 (※2)昨年までの鈴鹿ポイントゲッターズ (※3)昨年までの東京武蔵野ユナイテッドFC ◆第2節 ▽3月16日(土) [13:00] FCマルヤス岡崎 vs Honda FC 栃木シティ vs FCティアモ枚方 ▽3月17日(日) [13:00] ソニー仙台FC vs ヴェルスパ大分 高知ユナイテッドSC vs ラインメール青森 アトレチコ鈴鹿 vs レイラック滋賀 ヴィアティン三重 vs クリアソン新宿 横河武蔵野FC vs ミネベアミツミFC 沖縄SV vs ブリオベッカ浦安 ◆2023シーズン順位 1位:Honda FC 2位:ブリオべッカ浦安 3位:レイラック滋賀 4位:ソニー仙台FC 5位:ラインメール青森 6位:ヴェルスパ大分 7位:高知ユナイテッドSC 8位:FCマルヤス岡崎 9位:アトレチコ鈴鹿 10位:ヴィアティン三重 11位:クリアソン新宿 12位:FCティアモ枚方 13位:横河武蔵野FC 14位:ミネベアミツミFC 15位:沖縄SV(入替戦を制してJFL残留) 2024.01.12 17:32 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly