キエッリーニが引退発表へ…今季はMLSカップ決勝まで行くもタイトル逃す

2023.12.12 21:45 Tue
キエッリーニが引退を決断か
Getty Images
キエッリーニが引退を決断か
ユベントスやイタリア代表でもプレーし、現在はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCに所属するDFジョルジョ・キエッリーニ(39)が引退を決断したようだ。

リヴォルノでキャリアをスタートさせたキエッリーニ。2004年7月にフィオレンティーナへと完全移籍すると、2005年7月にユベントスへと完全移籍する。
ユベントスでは公式戦561試合に出場し36ゴールを記録。キャプテンとして守備の要として長らくチームを支え、イタリア代表としても117試合に出場し、ユーロ2020の優勝にも貢献していた。

2022年7月にロサンゼルスFCに完全移籍。2年目を迎えた今シーズンはケガでの離脱もありながら、リーグ戦20試合に出場し1ゴールを記録。MLSカップ(プレーオフ)に進出すると、チームは連勝を重ねて決勝進出。9日にコロンバス・クルーとの決勝が行われたが、2-1で敗れ、惜しくも優勝を逃していた。

ジャーナリストのロメオ・アグレスティ氏によれば、キエッリーニは12日にも引退を発表する予定とのこと。来年夏までの契約がある中で、シーズン終了と共にスパイクを脱ぐことになるという。
引退後はMLSの発展に貢献する考えもある一方で、古巣であるユベントスに復帰する可能性もあるとのこと。長らく第一線でプレーしたキエッリーニの決断が注目だ。
関連ニュース

吉田麻也と山根視来のチームメイトが人種差別被害に…LAギャラクシーが声明発表「クラブはジョセフをサポートします」

ロサンゼルス・ギャラクシー(LAギャラクシー)は9日、ガーナ代表FWジョセフ・ペイントシル(26)が人種差別被害に遭ったことを報告。これらの行為を非難し、ペイントシルを支持するとの声明を発表した。 「クラブは、ジョセフやソーシャルプラットフォームやその他の場所で人種差別的虐待に遭ったすべての人を支えます。この件は既にMLSに報告済みです」 「私たちはまた、ジョセフが現時点で必要とするすべてのリソースとサポートを確保できるようMLSと協力しています。私たちのコミュニティ、私たちのリーグ、また、社会のあらゆる場所において人種差別の余地はありません」 ペイントシルは2024年2月に4年契約でヘンクからLAギャラクシーへ加入。ここまで7試合に出場し、2得点2アシストをマークしていた。 7日にはメジャーリーグ・サッカー(MLS)第7節で、吉田麻也や山根視来とともにロサンゼルスFC戦との敵地戦に先発フル出場。チームは1-2と黒星に終わっていた。 この試合の対戦相手、ロサンゼルスFCも同様にペイントシルをサポート。「LAFCのコミュニティはジョセフ・ペイントシル、あなたをサポートします。そのようなひどいことをした人は、私たちのコミュニティでは受け入れられません」との言葉を残している。 2024.04.09 21:50 Tue

37歳ジルーがロサンゼルスFCと契約合意か フランス代表の歴代最多得点者

ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)が、ロサンゼルスFC(LAFC)との契約合意に達したようだ。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、今シーズン限りでミランとの契約が満了を迎えるジルーは、7月1日付けの18カ月契約でアメリカMLS・LAFCと合意したとのこと。 すでにミランとの契約延長の意志がないことがハッキリしつつあったが、欧州を離れて新たな冒険に出ることが事実上決まったようだ。 ジルーは2021-22シーズンにチェルシーからミランへ加入。30代半ばに差し掛かっての加入だったが、いきなり11年ぶりのスクデットに貢献し、今季まで3年間エースの座を譲らず。ここまでクラブ通算121試合46ゴール20アシストをマークし、数字以上の貢献度も全世界のミラニスタが認めるところ。 また、フランス代表では通算131試合57得点。ティエリ・アンリ氏らを抜いて同国歴代最多得点者であり、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)制覇も経験している。今夏のユーロ2024を最後に、代表キャリアも終止符を打つとみられている。 まだまだ一級品のセンターフォワードであり、ミラン移籍後に最盛期を迎えたといっても過言ではないほどの存在感だったが、ミランにとってはひとつの時代が終わる。 2024.03.27 15:15 Wed

ジルーはミラン残留も選択肢の1つだが…アメリカ行きの交渉あり

ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)にアメリカ行きの脈があるようだ。 2021年夏のミラン入りから通算121試合で46ゴールと一貫して点取り屋ぶりを発揮するストライカーだが、今季が契約最終年。今後の動向が注目されるところだ。 フランス代表でもまだまだ主力に数えられ、来るユーロ2024の出場も見据える現在だが、イギリス『The Athletic』によると、アメリカ行きの動きがあるという。 まだミランと契約延長の可能性もあるとのことで、何の決まり事があるわけでもないものの、メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFCと交渉中のようだ。 ちなみに、ロサンゼルスFCと合意に至らなければ、ミランにとどまるか、欧州内移籍、そして中東行きが選択肢になってくるものとみられる。 なお、ロサンゼルスFCにはフランス代表でチームメイトだったGKウーゴ・ロリスが在籍。今後もジルーの動向に注目だ。 2024.03.20 13:25 Wed

開始4分で雷により中断…1時間に再開したら今度は衝撃の銀世界に!? MLSの試合で珍事が発生

この風景は、日本のサッカーファンならあの試合を思い出す方も多いのではないだろうか。メジャーリーグ・サッカー(MLS)でとんでもない大雪の中で試合が行われた。 3日、MLS第2節のレアル・ソルトレイクvsロサンゼルスFC(LAFC)の試合が行われ、3-0でレアル・ソルトレイクが勝利した。 元フランス代表GKウーゴ・ロリスもLAFCの守護神として先発した試合。ソルトレイクにあるアメリカ・ファースト・フィールドで行われた試合だったが、天候に大きく左右されてしまった。 まず天候不良にて、キックオフ時間が2時間後ろ倒しに。その後キックオフを迎えたが、開始4分で雷が発生。試合が中断された。 およそ1時間中断ののちに再開したが、ピッチはまさかの雪景色に。真っ白なピッチの中、試合が再開された。 ソルトレイクでは天候の急激な変化と、寒さに慣れていることもあり、選手たちは良いパフォーマンスを出せたが、ロサンゼルスは気温が10度ほど違う地域のため、パフォーマンスにも大きな影響が出てしまったと見られている。 日本では“雪の決勝”としても知られる高校サッカー選手権決勝の東福岡vs帝京が銀世界での試合としては記憶に新しいところ。Jリーグのシーズン移行となれば、こうした光景に出会うこともありそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】開始4分で雷により中断…1時間後に再開した時には驚きの銀世界に!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="QAg81YJeJBc";var video_start = 15;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.04 13:50 Mon

「いつかMLSに来ることを考えていた」、ロサンゼルスFC加入のロリスが初お披露目

今冬の移籍市場でトッテナムからロサンゼルスFCに加入した元フランス代表GKウーゴ・ロリス(37)が、メジャーリーグ・サッカー(MLS)の印象について語った。イギリス『BBC』が伝えている。 母国のニース、リヨンで活躍した後、2012年夏にトッテナムへ加入したロリス。以降は絶対的な守護神に君臨し、クラブ歴代7位の公式戦447試合に出場。2015-16シーズンから昨シーズンまでキャプテンを担ってきた。 しかし、昨シーズン終了後に新たな挑戦を求めて移籍希望を公言したフランス代表歴代出場記録保持者は、昨年末にロサンゼルスFCへの加入が発表された。 14日、クラブの新加入選手のお披露目会見に出席した2018年ワールドカップ王者は、以前からアメリカでの挑戦を検討していたことを明かした。 「いつかMLSに来ることを常に考えていたんだ。自分にとって適切な瞬間を待っていた」 「MLSが急速に成長していることは知っていたよ。フットボール、あるいは“サッカー”の重要性はますます高まっている。国内のファンからの期待も高まっている。レベルは年々上がっていると思うよ」 また、ロリスを新たにスカッドに迎え入れたゼネラル・マネージャーのジョン・ソリントン氏は「ロサンゼルスはスターの街だ。スターを呼び込むのは我々のプログラムの一部であり、我々のモデルだ。ワールドチャンピオンのキャプテンと契約できるのは滅多にないことだ。我々はチャンスが来たときに飛びついた」と、同選手の獲得に満足感を示している。 2024.02.15 22:53 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly