【ブンデス第14節プレビュー】3位シュツットガルトvs首位レバークーゼンの上位対決

2023.12.08 18:01 Fri
Getty Images
前節は首位レバークーゼンがドルトムントに引き分け、降雪により試合が延期された2位バイエルンとの勝ち点差を3に広げるに留まった。迎える第14節、3位シュツットガルト(勝ち点30)と首位レバークーゼン(勝ち点35)による上位対決が行われる。
PR
シュツットガルトは前節、DF伊藤を負傷で欠いたもののFWウンダブ&FWギラシー弾でブレーメンに勝利、3連勝とした。ギラシー復帰後、連勝を再び伸ばしているシュツットガルトは火曜に行われたDFBポカールではドルトムント相手にやはりギラシー弾で2-0と快勝。ゴールマシーンと化しているギラシーが止まらない中、首位チーム相手にもゴールとなるか。
一方、ドルトムントを一方的に押し込みながらも引き分け止まりとなったレバークーゼンは、水曜に行われたDFBポカールではパーダーボルン相手にFWボニフェイス弾などで3-1と快勝。MFヴィルツが負傷交代となったが、シュツットガルト戦出場は問題ない模様。ほっと一安心の中、シュツットガルトとのシックスポインターを制すことはできるか。

そのレバークーゼンに何とか引き分けた5位ドルトムント(勝ち点25)は4位ライプツィヒ(勝ち点26)との上位対決に臨む。レバークーゼン戦では開始5分に先制点を奪ったもののその後は終始劣勢に。カウンターに持っていけないほどの守勢を強いられたが、敵地でのドローは悪くない結果。優勝争いに絡んでいくためには何とかライプツィヒとの上位対決をモノにしたいところだ。

降雪によってウニオン・ベルリン戦が延期となった2位バイエルン(勝ち点32)は7位フランクフルト(勝ち点18)と対戦。DFBポカールを敗退していたことも相まって思いがけない1週間半のブレイクとなったバイエルン。翌火曜のチャンピオンズリーグ(CL)マンチェスター・ユナイテッド戦もバイエルンにとっては消化試合なだけにフランクフルト戦に全勢力を傾けられる状況。ここは必勝としてレバークーゼンにプレッシャーをかけたい。
主砲FWグレゴリッチュのゴールでマインツを退け、リーグ戦5試合ぶりの勝利とした8位フライブルク(勝ち点18)は11位ヴォルフスブルク(勝ち点16)と対戦。ブンデスリーガではスッキリしない戦いが続いていただけに待望の勝利となったマインツ戦を機に勢いに乗りたいところ。MF堂安はベンチスタート予想だが、ヴォルフスブルクを下し、首位通過の懸かった木曜に行われるヨーロッパリーグ(EL)ウェストハム戦に臨みたい。

前節ヴォルフスブルク戦、FW浅野が先発した中、今季2勝目を挙げた12位ボーフム(勝ち点13)は6位ホッフェンハイム(勝ち点20)と金曜に対戦する。5試合負けなしとし、下位からの脱出が図れつつあるボーフム。上位に位置するホッフェンハイム戦は厳しい戦いが予想されるが、浅野の活躍で勝ち点を持ち帰れるか。

◆ブンデスリーガ第14節
▽12/8(金)
《28:30》
ホッフェンハイムvsボーフム

▽12/9(土)
《23:30》
フランクフルトvsバイエルン
ハイデンハイムvsダルムシュタット
ブレーメンvsアウグスブルク
ウニオン・ベルリンvsボルシアMG
ヴォルフスブルクvsフライブルク
《26:30》
ドルトムントvsライプツィヒ

▽12/10(日)
《23:30》
シュツットガルトvsレバークーゼン
《25:30》
ケルンvsマインツ

PR
関連ニュース

伊藤フル出場のシュツットガルト、ギラシー&ウンダブ弾で長谷部先発のフランクフルトに快勝【ブンデスリーガ】

シュツットガルトは13日、ブンデスリーガ第29節でフランクフルトをホームに迎え、3-0で快勝した。 シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF原口元気とDFチェイス・アンリはベンチ入りも出場せず。フランクフルトのMF長谷部誠は85分までプレーしている。 前節ドルトムントとの上位対決を制して2位バイエルンに勝ち点で並んだ3位シュツットガルト(勝ち点60)は、伊藤が[4-4-2]のセンターバックでスタメンとなった。 長谷部がボランチで先発となった6位フランクフルト(勝ち点42)に対し、シュツットガルトは11分に先制する。伊藤のボール奪取を起点に、スティラーの浮き球パスでディフェンスライン裏を取ったギラシーがネットを揺らすと、直後はオフサイド判定となるもVARでゴールが認められた。 さらに17分、ウンダブが敵陣でボールを奪って独走。そのままシュートを決めきって追加点を挙げた。 ギラシーとウンダブの2トップ揃い踏みでリードを広げたシュツットガルトは28分、マーモウシュにGK強襲のシュートを打たれるも、ブレドロウがセーブ。 すると37分に3点目。ウンダブのスルーパスを受けたルウェリングがボックス内へ侵入し、シュートを決めきった。 3点をリードして迎えた後半もシュツットガルトが敵陣でのプレーを続け、試合をコントロールしていく。 75分には長谷部が敵陣ボックス付近でファウルを貰うと、マーモウシュが直接FKでGKブレドロウを強襲。 その後、85分に長谷部がピッチを後にした中、シュツットガルトが3-0のまま快勝としている。 2024.04.14 03:28 Sun

ノイアーの後釜はやはりニューベルか バイエルンとの契約更新&シュツットガルトとのローン延長が決定

バイエルンは12日、ドイツ人GKアレクサンダー・ニューベル(27)との契約を2029年6月30日まで延長に至ったと発表した。 世代別のドイツ代表歴も積み重ねるなか、2020年夏にシャルケからバイエルン入りのニューベル。若き日のマヌエル・ノイアーと同じくシャルケから引き抜かれての移籍で、将来的な後継者候補とも目されるが、翌年の夏から出番を求めてのローン移籍が続く。 モナコでの2年間で通算97試合に出場すると、今季からシュツットガルトに舞台を移し、ここまで公式戦29試合でプレー。シーズン終盤のブンデスリーガでも2位バイエルンと勝ち点60で並ぶ3位につけるチームの躍進を最後尾から支えている。 そのなか、ドイツ『ビルト』などでバイエルンとの契約を巡って延長報道が取り沙汰され、実現した格好に。バイエルンとの契約は2025年夏までだったが、新たに4年延長する形でサインした。 となれば、バイエルンでの将来が期待されるところだが、両クラブは新たに2シーズンのローン移籍で合意に達した旨を明らかにし、来季もシュツットガルトでプレーする運びに。ニューベルはバイエルンの公式サイトでコメントした。 「この決定とバイエルンが示した信頼をとても嬉しく思う。それと同時に、シュツットガルトでとても良い気分なんだ。シュツットガルトでの成功を楽しみながら、個人として次のステップを踏み出したい」 2024.04.12 19:15 Fri

シュツットガルト躍進に貢献のニューベルがバイエルンと2030年まで契約延長へ、来季もレンタルの見込み

バイエルンがドイツ人GKアレクサンダー・ニューベル(27)と2030年6月まで契約を延長するようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 ニューベルは2020年夏にシャルケからバイエルンに加入。しかし、絶対的守護神マヌエル・ノイアーの存在があり、2021~2023シーズンはモナコにレンタル。そして今季はシュツットガルトにレンタル移籍していた。 そのシュツットガルトでは守護神としてブンデスリーガ25試合に出場。31失点に抑え、9度のクリーンシートを達成し、ここまで3位と大健闘のチームで存在感を示している。この活躍を受け、バイエルンは2025年までとなっているニューベルの契約を5年更新する決断に至ったようだ。 現在38歳のノイアーとバイエルンの契約は2025年までとなっている中、ニューベルは来季もシュツットガルトにレンタルの形で残留する見込み。しかしノイアーの契約が満了を迎えた際にはバイエルンの新守護神にニューベルが指名される可能性が高いと言えそうだ。 2024.04.11 07:45 Thu

【ブンデスリーガ日本人選手】伊藤フル出場のシュツットガルトがドルトムントとの上位対決を制す!

ブンデスリーガ第28節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。 今シーズンも多くの選手が活躍する中、第28節では板倉、堂安、伊藤が先発出場、浅野が途中出場している。 伊藤が先発したシュツットガルトは、アウェイでドルトムントとの上位対決に臨み、1-0で勝利した。試合はゴールレスで迎えた後半に動く。シュツットガルトは65分、ロングカウンターの流れからギラシーがルウェリングのリターンクロスを蹴り込んだ。 先制したシュツットガルトは、終盤の80分にセットプレーからピンチ。CKからエンメチャのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKニューベルのファインセーブに救われた。 その後もドルトムントに押し込まれる展開が続いたシュツットガルトだが、9分の追加タイムを凌ぎ切り、そのまま1-0で勝利。2位バイエルンに勝ち点で並んでいる。 また、堂安が先発したフライブルクは、ホームでRBライプツィヒと対戦。開始早々に2分にハイダラのゴールで先制を許したフライブルクは、18分と44分にもオペンダにネットを揺らされ、3点のビハインドで前半を終える。 グレゴリッチュとキューブラーを下げてグリフォとシディリアを投入する2枚替えを敢行して後半を迎えたフライブルクだが、54分にボックス右に抜け出したオペンダの折り返しをシェシュコに流し込まれ、4失点目。 フライブルクは59分にグリフォのゴールで一矢報いるも、反撃はここまで。上位対決に完敗のフライブルクは連勝を逃した。 その他、板倉が先発したボルシアMGはアウェイでヴォルフスブルクと対戦し3-1で勝利。浅野が66分からプレーしたボーフムはアウェイでケルンと対戦し1-2で敗戦。フランクフルトはホームでブレーメンと対戦し1-1のドロー、長谷部に出場機会はなかった。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽4/7 ヴォルフスブルク 1-3 ボルシアMG ◆70分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽4/5 フランクフルト 1-1 ブレーメン ◆ベンチ入りも出場せず ★堂安律[フライブルク] ▽4/6 フライブルク 0-3 RBライプツィヒ ◆フル出場 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽4/6 ドルトムント 0-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★原口元気[シュツットガルト] ▽4/6 ドルトムント 0-1 シュツットガルト ◆ベンチ入りも出場せず ★浅野拓磨[ボーフム] ▽4/6 ケルン 2-1 ボーフム ◆66分からプレー 2024.04.08 07:00 Mon

伊藤フル出場のシュツットガルトがドルトムントとの上位対決を制して2位バイエルンに勝ち点で並ぶ【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第28節、ドルトムントvsシュツットガルトが6日に行われ、0-1でシュツットガルトが勝利した。 シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF原口元気とDFチェイス・アンリはベンチ入りも出場しなかった。 4位ドルトムント(勝ち点53)と3位シュツットガルト(勝ち点57)による上位対決。 ドルトムントは前節バイエルンとのデア・クラシカーを2-0で快勝。4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、フュルクルク、サンチョ、アデイェミの3トップとする[4-3-3]で臨んだ。 対するシュツットガルトは前節ハイデンハイム戦、ラストプレーのウンダブ弾で引き分けに持ち込み、7試合負けなしと好調を持続。伊藤が[3-4-2-1]の左センターバックで先発し、最前線にギラシー、2シャドーにウンダブとヒューリッヒを配した。 慎重な入りとなった中、まずは14分、ドルトムントはジャンのコントロールシュートでゴールに迫った。 シュツットガルトがややポゼッションで上回る中、31分にドルトムントに決定機。アデイェミがヴァグノマンと入れ替わって独走。GKと一対一となったが、ニューベルにシュートはセーブされた。 ハーフタイムにかけてはドルトムントがポゼッションで盛り返した中、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、前半終盤の流れを受けてドルトムントがボールを持つ入りとなったが、65分にシュツットガルトが先制する。ロングカウンターの流れからギラシーがルウェリングのリターンクロスを蹴り込んだ。 追う展開となったドルトムントは終盤の80分に同点の絶好機。CKからエンメチャのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKニューベルのファインセーブに阻まれた。 その後、アラー、ロイス、ムココとアタッカー3枚を投入したドルトムントが押し込む流れが続くも、9分の追加タイムをシュツットガルトが凌いで逃げ切り。2位バイエルンに勝ち点で並んでいる。 一方、敗れたドルトムントはアトレティコ戦に弾みを付けるには至らなかった。 2024.04.07 03:34 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly