「J2のチーム」J1昇格逃した清水、乾貴士は土壇場でPKに繋がったプレーに「もうちょっと賢くならないと」…自身の契約にも言及「まず契約がない」

2023.12.02 23:43 Sat
乾貴士はJ1昇格を逃し悔しさを滲ませた
©超ワールドサッカー
乾貴士はJ1昇格を逃し悔しさを滲ませた
水エスパルスのMF乾貴士が、東京ヴェルディ戦を振り返った。2日、2023J1昇格プレーオフ決勝が行われ、清水と東京ヴェルディが国立競技場で対戦。最後のJ1への切符を懸けて戦った。
清水は4位でシーズンを終えており、勝利しなければ昇格はない状況。その中でこう着状態が続く中、チアゴ・サンタナのPKで清水が先制する。

リードを奪った中で、1点取れば昇格が叶う東京Vはボールを保持して押し込んでいく形に。清水は受けてしまう格好となり攻撃を許すも、最後はやらせない。それでも後半アディショナルタイムに痛恨のPKを与えてしまうと、染野唯月に決められてしまい1-1のドロー。レギュレーションにより、清水は昇格を逃し、来季もJ2で戦うこととなった。

試合後のメディア取材に応じた乾は、チームの勝負弱さを口に。「J2のチームだということ。それ以外は何もないです」と語り、「とにかく、ヴェルディさんのほうがJ1に上がるに相応しかったということです」と、悔しさを滲ませた。
今シーズンは最後にJ1自動昇格を逃すなど、勝負所で弱さも露呈してしまった清水。乾は「これだけ勝負弱いと…ここで勝てばっていう試合がシーズン通して何回もありました」と語り、「それを勝ちきれなかった。今回も1-0で終われれば上がれましたけど、ああいうところでああいうミスをしてしまうっていうことは、自分たちがJ2のチームだということだと思う」と、実力がなかったと語った。

また、最後の失点に繋がった高橋祐治のプレーについても言及。「自分たちも悪いけど、ああいうところで滑ってしまう、無駄なファウルをしてしまうところは反省しないといけない」と振り返り、「祐治自身も分かってると思うけど、水戸戦で失点に絡んだところもそうだし、やっぱりもうちょっと賢くならないと。レベルアップしないとJ1に上がるチームにはなれないので、自分自身もレベルアップしないといけないです」と語った。

高橋はJ1自動昇格を逃すこととなった最終節の水戸ホーリーホック戦でミスから失点に関与。今回と合わせて2つのミスでチームの将来を左右してしまい、自身も「ここ数試合で自分のところでやられてしまっているので、これを自分に与えられた試練だと真摯に受け止めて、成長したいと思います」と反省していた。

1年でのJ1復帰を目指し、J2屈指のタレント集団とも言われた清水。しかし、終わってみれば2年目のJ2を戦うこととなった。

乾はチームについて「1人1人のクオリティはJ1のチームでもおかしくないけど、結局J2で4位。プレーオフでも勝てず、J2のチームだということだと思う」と厳しい言葉。また、「去年からずっとそうなので。結局勝ちきれない、ロスタイムに追いつかれるとかが続いているので何かを変えなければいけない」と、チームに足りないものがあると指摘し、変わる必要があると感じているようだ。

「昇格のプレッシャーとか緊張とか、色々あったと思いますけど、決められていれば良かった」と攻撃陣が得点を重ねていれば問題もなかったと語った乾。秋葉忠宏監督も「2点差で勝つと言っていた」と語るように、超攻撃的な姿勢を貫くはずだったが、フィニッシュまで行けた回数は多くはなかった。

改善が必要な清水。2年目のJ2は、選手も入れ替わり、周りの警戒心も高まり、難しさが一気に増す。ただ、今後について聞かれた乾は「まず契約がないので」と語り、「契約の話も何もないので、まだ何も考えていないです」と自身の去就について語り出し、清水で来季もプレーするかは現時点では不透明だと明かした。

1 2
関連ニュース

昇格目指す清水、甲府が2連勝スタート! J1から降格の横浜FCは今節も初勝利お預け【明治安田J2第2節】

明治安田J2リーグ第2節の6試合が2日に各地で行われた。 清水エスパルスはホームで昇格組の愛媛FCと対戦。どちらも開幕2連勝が懸かった中、先制したのは清水だった。0-0の58分、北川航也が右からのクロスを頭で流し込んだ。 清水1点リードのまま終盤へ突入すると、89分に北川が乾貴士からのラストパスを押し込み、2点目をゲット。今シーズンこそJ1復帰を果たしたい清水が連勝スタートとした。 J2開幕節を勝利したヴァンフォーレ甲府はこちらも連勝を目指す水戸ホーリーホックとのアウェイゲーム。両チームともに前半はゴールを奪えず、0-0のまま後半を迎える。 均衡を破ったのは甲府。61分、セットプレーの流れから押し込み、エドゥアルド・マンシャがクロスに合わせる。さらに69分には木村卓斗が左足で決め、2点をリード。83分には久保征一郎の見事なボレーシュートが決まり、水戸が追い上げたが、逃げ切った甲府が2連勝を飾った。 その他、J1から降格した横浜FCは大分トリニータとの一戦をゴールレスで終え、2戦連続ドロー。ジェフユナイテッド千葉は藤枝MYFCをホームに迎えて4発快勝とし、昇格組の鹿児島ユナイテッドFCは徳島ヴォルティス相手に初勝利をゲット。一方の徳島は2連敗スタートとなった。 ◆明治安田J2リーグ第2節 ▽3月2日(土) V・ファーレン長崎 1-2 ベガルタ仙台 大分トリニータ 0-0 横浜FC 清水エスパルス 2-0 愛媛FC ジェフユナイテッド千葉 4-0 藤枝MYFC 水戸ホーリーホック 1-2 ヴァンフォーレ甲府 鹿児島ユナイテッドFC 2-1 徳島ヴォルティス ▽3月3日(日) 《13:00》 ロアッソ熊本 vs ザスパ群馬 レノファ山口FC vs ブラウブリッツ秋田 いわきFC vs ファジアーノ岡山 《14:00》 栃木SC vs モンテディオ山形 2024.03.02 18:11 Sat

U-23日本代表MF鈴木唯人が鮮やかループ弾! ブレンビー快勝の皮切りに

ブレンビーIFのU-23日本代表MF鈴木唯人が華麗なゴールを決めた。 25日、デンマーク・スーペルリーガ第19節でオーデンセBKのホームに乗り込んだブレンビー。先発した鈴木は7分に先制ゴールをマークした。 中盤からのスルーパスに反応した鈴木は右ハーフラインから最終ライン裏に抜け出し、ワンタッチでボックス内へ侵攻。そのまま飛び出してきたGKを越えるループシュートを沈め、ブレンビーに幸先の良いリードをもたらした。 これで勢いに乗ったアウェイチームは11分に元ノルウェー代表FWオヒ・オモイユアンフォが追加点。終盤にもリードを広げたブレンビーは3-0の快勝を収め、勝ち点「40」でリーグ首位を走っている。 鈴木はこれが今シーズンのリーグ戦2得点目。リーグ戦では昨年10月上旬以来のゴールとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木唯人の先制ループ弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="in" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Br%C3%B8ndby?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Brøndby</a> <a href="https://t.co/vfWYrk24mO">pic.twitter.com/vfWYrk24mO</a></p>&mdash; Brøndby IF (@BrondbyIF) <a href="https://twitter.com/BrondbyIF/status/1762057902355787956?ref_src=twsrc%5Etfw">February 26, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.28 15:22 Wed

「何度エスパルスでもう一度プレーする日を夢見たか」現役引退発表のFW岡崎慎司が清水ファンにメッセージ「僕の心にはオレンジの魂が…」

清水エスパルスは27日、今シーズン限りでの引退を発表した元日本代表FW岡崎慎司(37)からメッセージが届いたと発表した。 滝川第二高校出身の岡崎は、2005年に清水エスパルスへ加入してプロデビュー。闘志溢れる泥臭いプレーとダイビングヘッドを武器に活躍し、公式戦通算154試合で49ゴールを記録した。 その後、2011年1月にシュツットガルトへ完全移籍すると、その後はマインツ、レスター・シティ、カルタヘナを経て、2022年8月からはシント=トロイデンに所属。レスター時代にはプレミアリーグ優勝に貢献し、クラブレジェンドの一人になった。 日本代表としても119試合に出場し歴代3位の50ゴールを記録。3度のワールドカップ、2度のアジアカップに出場してきた岡崎だが、26日に身体の限界を理由に今シーズン限りでの現役引退を発表した。 そんな岡崎は始まりのクラブである清水のファンに対してメッセージを送っており、これまでの感謝や引退を決断した心境を述べている。 「エスパルスファンの皆さんへ。振り返ると、今の僕がいるのは間違いなく皆さんのお陰です。何度も清水エスパルスで、もう一度プレーする日を夢見たことか。でもその度に、人生は両方を選ぶことは出来ないんだと自分に言い聞かせて、ヨーロッパでの挑戦を選んできました。そして今回も、同じように自分自身で決断をしました」 「ただ、僕の心にはオレンジの魂があり、これからも一生残り続けています。今シーズンの最後まで、自分らしく全力を尽くしますので、応援してもらえたら嬉しいです。そして、シーズンが終わったら、改めて皆さんにご挨拶させてください。またお会いしましょう!」 <span class="paragraph-title">【動画】岡崎慎司の清水エスパルス時代のゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="OPpsVWOjFDo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.27 17:35 Tue

元日本代表FW岡崎慎司が現役引退を決断…日本代表で50ゴール、レスターでは奇跡のプレミア優勝を達成「気付いたら体がボロボロで…」

シント=トロイデンは26日、元日本代表FW岡崎慎司(37)が今シーズン限りで現役引退することを発表した。 岡崎は滝川第二高校出身で、2005年に清水エスパルスでプロ入り。闘志溢れる献身的なプレーが魅力で、“ダイビングヘッド”を代名詞に活躍。公式戦154試合で49ゴールを記録した。 2011年1月にシュツットガルトに完全移籍。ブンデスリーガに挑戦すると、公式戦85試合で13ゴールを記録。2013年7月にマインツへと移籍すると、公式戦70試合で29ゴールを記録した。 2015年7月にはレスター・シティへ移籍すると、奇跡のプレミアリーグ優勝のメンバーに。公式戦137試合で19ゴールと得点数は減ったが、前線からの献身的な守備でチームを支え評価を受けることに。マラガへの移籍がクラブの問題で頓挫するもウエスカに移籍しラ・リーガでのキャリアをスタート。カルタヘナを経て、2022年8月にシント=トロイデンへ完全移籍した。 シント=トロイデンでは、ボランチでもプレーするなどした中で、ヒザのケガにも悩まされることに。1年半で公式戦39試合2ゴールを記録していたが、今シーズンはケガでプレーできない時間が続いていた。 日本代表としても119試合に出場し歴代3位の50ゴールを記録。2010年、2014年、2018年と3度のワールドカップに出場。2011年、2015年の2度のアジアカップに出場すると、2011年は優勝を経験していた。 岡崎はクラブを通じてコメント。引退の決断は身体の限界だとしている。 ーーーーーー 皆さんにご報告があります。 今シーズン限りで引退する事に決めました。サッカー選手として今まで全力を尽くしてきたけど、気付いたら体がボロボロで、そして自然と自分に限界を感じました。このクラブに来た事、このクラブで引退を決意した事は運命だと感じています。 シーズンが終わったら改めて引退について話が出来たらと思います。シーズン最後まで復帰を目指しながらチームに貢献できるよう頑張ります。 応援してくれる人に正直でいたくて、クラブと話をして早くに発表させてもらいました。最後は自分を応援してくれた人の為にも頑張ります。 ーーーーーー <span class="paragraph-title">【動画】引退決断…岡崎慎司、Jリーグ時代のゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="OPpsVWOjFDo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】守備で大きな貢献を果たした岡崎慎司プレミア全ゴール!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="EVumm1Ua_84";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.26 16:30 Mon
thumb

昨季の上位同士対決は山形が制す! J1昇格に一歩及ばずの清水は逆転勝利スタート【明治安田J2開幕節】

25日、明治安田J2リーグ開幕節の7試合が各地で行われた。 昨シーズンJ2・5位のモンテディオ山形は、J2・6位で共に昇格プレーオフを戦ったジェフユナイテッド千葉とのアウェイゲーム。先制したのはホームの千葉で、11分に右CKから鈴木大輔がヘディングで合わせた。 しかし、1点ビハインドで後半を迎えた山形は、途中出場の高橋潤哉が54分、60分と立て続けにゴールを奪い逆転に成功。後半アディショナルタイムには坂本亘基が勝利を決定づける3点目を決め、最後に1点を返されながらも2-3の勝利を掴んだ。 J1昇格まであと一歩だった昨シーズン4位の清水エスパルスは、天皇杯で4強入りの快進撃を見せたロアッソ熊本と敵地で対戦。熊本は39分、豊田歩のクロス性のFKが直接ゴールに吸い込まれ、1点リードで試合を折り返す。 対する清水は後半に反撃。60分に山原怜音がゴール右隅を撃ち抜くと、終盤には原輝綺のクロスがオウンゴールを誘発。1-2の逆転勝利で飾った。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で惜しくもラウンド16敗退のヴァンフォーレ甲府は、中3日のJ2開幕節で徳島ヴォルティスの本拠地に乗り込んだ。甲府は8分、三平和司がクロスを押し込んで先手を取り、19分には三平のアシストから宮崎純真が追加点を奪う。 後半に入ると、杉本太郎のゴールで徳島が詰め寄るが、宮崎の追加点で甲府が再び2点差に。終盤にはエドゥアルド・マンシャとピーター・ウタカがダメ押しし、大量5得点の快勝でACL敗退を払拭した。 その他、昨シーズンJ3制覇の愛媛FCは窪田稜のゴールを守り抜き、ブラウブリッツ秋田に1-0で勝利。同じく昇格組の鹿児島ユナイテッドFCは、ザスパ群馬に先制されながらも追いつき、引き分けに持ち込んでいる。 ◆明治安田J2リーグ開幕節 ▽2月25日(日) 愛媛FC 1-0 ブラウブリッツ秋田 ファジアーノ岡山 3-0 栃木SC ロアッソ熊本 1-2 清水エスパルス ジェフユナイテッド千葉 2-3 モンテディオ山形 ザスパ群馬 1-1 鹿児島ユナイテッドFC 徳島ヴォルティス 1-5 ヴァンフォーレ甲府 大分トリニータ 1-1 ベガルタ仙台 ▽2月24日(土) 水戸ホーリーホック 1-0 いわきFC 横浜FC 1-1 レノファ山口FC 藤枝MYFC 0-0 V・ファーレン長崎 2024.02.25 16:49 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly