「まだまだぬるくて甘い」土壇場でJ1昇格逃した清水、秋葉忠宏監督は選手たちに「負けて泣くんじゃねえ」と檄

2023.12.02 18:50 Sat
清水は1年でのJ1昇格を逃す…
©超ワールドサッカー
清水は1年でのJ1昇格を逃す…
清水エスパルスの秋葉忠宏監督が、東京ヴェルディ戦を振り返った。2日、2023J1昇格プレーオフ決勝で東京Vと清水が対戦した。
今シーズンのJ2で3位に終わった東京Vと4位の清水の対戦。国立競技場で行われた試合には、5万3264人の大観衆が詰めかけた。

1年でのJ1復帰を目指す清水と、16年ぶりのJ1昇格を目指す東京Vの対戦。オリジナル10同士の意地を懸けた戦いとなった。

試合は前半から清水が攻撃を仕掛けていく展開に。それでもフィニッシュまでなかなか持ち込めず、前半はゴールレスで終わった。
迎えた後半も清水ペース。すると63分、東京Vの森田晃樹がハンドを取られてPKを得ると、チアゴ・サンタナがしっかりと決めて清水が先制する。

勝たなければ昇格できない清水。リードを奪うと、しっかりと試合を進めていき、東京Vに多くのチャンスを作らせない。このまま昇格を掴むかと思われた中、90分に抜け出した染野唯月に対して高橋祐治がタックル。これがファウルとなり東京VにPKが与えられると、これを染野がしっかりと決めて同点に。そのまま試合は終わり、1-1で終了。年間順位で上位にいる東京Vの昇格が決定し、清水は最終節で自動昇格圏から転落し、そのまま来季もJ2を戦うことが決定した。

試合後の記者会見で秋葉監督は「見ての通り、何も勝ち得られなかった。ただただそれだけです」とコメント。この結果を受け止めて、しっかりと考えるべきだとした。

「何回負けて泣いているんだという。プロとして、何も残せない。まだまだ足りないということですから、僕も含めて下を向いている場合でも、泣いている場合でもないということ。しっかりとこれを心に刻んで、これからのフットボール人生どういうキャリアを過ごすのかどうか」

「まだまだフットボーラーとしてプロとして、人間力、勝負強さ、メンタリティが全て足りないということですから、自分がどうなりたいのか、1人1人がしっかり見つめ直して、キャリアをどう過ごすべきなのか考えたいと思います」

厳しい言葉を並べた秋葉監督。試合後のロッカールームでは「負けて泣くんじゃねえということです」と声をかけ、「我々はプロだからこそ、勝ち取らなければ何も意味がないということ。それだけです」と、敗れたことで何も意味がないとした。

前半は押し込んでいたようにも見えたが、秋葉監督は決定的なチャンスを作れていないことを危惧。ハーフタイムに声をかけたという。

「非常にゲーム自体は優勢に見えますが、フィニッシュのところで前半から決定機があるかと言われればそうではなかったので、ボックス周りからどう冷静にラストパスを出すのか、フィニッシュまで持っていくのか。力が入っているようにも見えたので、そうならないようにもう1度、後半どう最後に仕留めるのか。前半あれだけヴェルディさんが来ていれば、後半はもっと足が止まると思っていたので、システム含めてどう仕留めるかを選手には話しました」

ただ、それでも試合はドロー。後悔していることについては「全くないです。そんなものがあればとっくにやっていますし、ただただ自分の力の無さ。こういうゲームをしてしまった。それしかないです」と、何もなく、ただ力不足だったと語った。

大きな盛り上がりを見せた試合。秋葉監督は「このスタジアムでのビッグマッチに、これだけ多くの人が来てくれたということ、その嬉しさ、感謝の気持ちはあります」とコメント。ただ「そこは過去のことは関係なく、今日我々は結果を出すのみでしたからが、それができなかったということ。ただただ力がなかった。僕自身が全て責任が負ってますから、自分に責任があって、力がなかった、勝負師じゃなかった、こういうビッグマッチで勝てなかった。ただただそれに尽きると思っています」と、改めて力がないと反省した。

後半は途中から3バックのシステムに変更し、ウイングバックを置く形に。秋葉監督は「点を取る前から3バックにしていました。点を取ったから3バックにしたというよりは、その前から3バックのプランを持っているチームなので、その中で点が取れたということ」と語り、「しっかりとどうゲームを進めていくのか。正直言うと、今日は2点差以上で勝とうと話していましたし、85分までは全く守るつもりはないとずっと選手たちには伝えていましたので、点を取ったからといって全く守るつもりはなかったです」と、今シーズン通してきた攻める姿勢は変えるつもりはなかったという。

ただ、「ゲームの真理なのか、流れなのか、往々にしてフットボールにある点を取ったチームがメンタル的になのか、ゲームのあやなのか、押し込まれてしまったのが残念だったなと」と振り返り、「我々としては2点目を取りに行く。2点目を取ってゲームを決めるというのが我々が持っているプランでした」と、もっとゴールを重ねたかったと振り返った。

秋葉監督は最後に今日スタジアムに来れなかった清水サポーターへコメント。来シーズンこそ結果を残したいと、改めて意気込んだ。

「ただただ申し訳ないということ。何度も何度も悔しい思いをさせる、何回目だという話です」

「それは本当に言う言葉がないぐらい、それほど多くの方が清水エスパルスを応援してくれることに感謝しかないです。それにプロとして応えられない。まだまだぬるくて甘いんだろうなと思っています」

「何かを根本的に、僕を含めて変えなければずっとこれを繰り返すだけだと思いますから、もっともっと抜本的に色々なものをしっかり見つめ直して、オフシーズンの間に特に見つめ直して色々いなものを変えていきたいと思います」

1 2
関連ニュース
thumb

首位清水が仙台との打ち合い制し3連勝達成!快勝の3位岡山が後を追う【明治安田J2第11節】

20日、明治安田J2リーグ第11節の5試合が各地で行われた。 2連勝中で首位を走る清水エスパルス(勝ち点22)は5位ベガルタ仙台(勝ち点17)をホームに迎えての上位対決。先に試合を動かしたのは16分の清水で、ロングボールから味方の落としを受けたルーカス・ブラガがGKとの一対一を冷静に左足で決めた。 清水の1点リードで後半へ突入すると、54分にカウンターから北川航也が決めて追加点。それでも意地を見せる仙台は65分、中島元彦が押し込んで再び1点差とする。 その後、終盤まで同点ゴールを許さなかった清水は途中出場の17歳・西原源樹が83分にクラブ最年少得点を記録。後半アディショナルタイムにはオナイウ情滋に1点を返されたが、3-2の打ち合いを制した清水が3連勝とした。 首位への返り咲きを目指す3位ファジアーノ岡山(勝ち点19)は14位ロアッソ熊本(勝ち点12)とのホームゲーム。30分、味方のボックス内での落としを輪笠祐士が左足で押し込み、岡山が均衡を破る。 さらに前半アディショナルタイム、右サイドを抜け出した岩渕弘人がGKとの一対一を落ち着いて決め、岡山が2点リードで折り返し。後半はスコア動かずの決着となり、今節を明日に控える2位V・ファーレン長崎(勝ち点21)をかわして暫定2位となった。 その他、7位ヴァンフォーレ甲府(勝ち点15)は19位ザスパ群馬(勝ち点6)に4-1で大勝し、暫定5位に浮上。13位モンテディオ山形(勝ち点13)は、9位愛媛FC(勝ち点15)相手に2-1で逃げ切り暫定7位となった。 ◆明治安田J2第11節 ▽4月20日(土) 清水エスパルス 3-2 ベガルタ仙台 ファジアーノ岡山 2-0 ロアッソ熊本 藤枝MYFC 0-1 徳島ヴォルティス ヴァンフォーレ甲府 4-1 ザスパ群馬 モンテディオ山形 2-1 愛媛FC ▽4月21日(日) 《14:00》 大分トリニータ vs いわきFC ジェフユナイテッド千葉 vs ブラウブリッツ秋田 V・ファーレン長崎 vs 横浜FC レノファ山口FC vs 水戸ホーリーホック 鹿児島ユナイテッドFC vs 栃木SC <span class="paragraph-title">【動画】清水の17歳・西原源樹が1人かわして決めたクラブ最年少得点</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>ニュースター見参<br>\<br><br>17歳の西原源樹が<br>エリア内で相手を股抜きで交わし見事なゴール!<br><br>嬉しいJリーグ初得点は<br>チームを救う決勝点<br><br>明治安田J2第11節<br>清水×仙台<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E4%BB%99%E5%8F%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#清水仙台</a> <a href="https://t.co/FzLzK35FBz">pic.twitter.com/FzLzK35FBz</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1781588511809843272?ref_src=twsrc%5Etfw">April 20, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.20 16:54 Sat

清水のU-20日本代表DF菊地脩太、J2で争う山形へ育成型期限付き移籍「この決断に大きな覚悟と責任」

モンテディオ山形は19日、清水エスパルスのU-20日本代表DF菊地脩太(20)の育成型期限付き移籍加入を発表した。 移籍期間は2025年1月31日までで、背番号は「83」に決定。また、2024シーズンは清水との公式戦に出場できない。 菊地は清水の下部組織出身で、ジュニアユース、ユースと昇格し、2021年には2種登録でトップチームデビュー。2022年に正式昇格したが、リーグ戦での出番なく、同年7月にV・ファーレン長崎へ育成型期限付き移籍した。 長崎でもJ2リーグ2試合の出場に終わり、2023シーズンは清水へ復帰。この年もカップ戦4試合のプレーにとどまると、今シーズンはここまでメンバー入りがなかった。 同じJ2を戦う山形への武者修行を決断した菊地は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形に関わる全ての皆さま、はじめまして。清水エスパルスから育成型期限付き移籍で加入することになりました、菊地脩太です。チームに貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆清水エスパルス 「今回、育成型期限付き移籍でモンテディオ山形に移籍することになりました。この決断に大きな覚悟と責任を持ち頑張ってきます」 2024.04.19 16:04 Fri
thumb

首位・清水が北川航也の1G2Aで逃げ切り! 長崎はエジガル・ジュニオのハットトリックなどで6発大勝【明治安田J2第10節】

13日、明治安田J2リーグ第10節の6試合が各地で行われた。 首位浮上の清水エスパルス。10位のいわきFCとアウェイで対戦した。清水は7分、北川航也が左サイドでうまくボールを収めると、ルーカス・ブラガがクロスを押し込んで先制。さらに9分、再び北川のラストパスから乾貴士が決め、幸先良く2点をリードした。 対するいわきも前半のうちに反撃。22分に西川潤のシュートがゴール左隅に決まり、1-2で後半へ突入する。 次にスコアが動いたのは68分。左ポケットで粘った山原怜音がマイボールとすると、ここまで2アシストの北川がフィニッシュ。いわきは谷村海那が1点を返したが、逃げ切った清水が連勝で首位の座を守った。 2連勝と好調の2位・V・ファーレン長崎は20位と低迷する徳島ヴォルティスとのホームゲーム。長崎は4分にこぼれ球を押し込み、先制点のエジガル・ジュニオが続く12分にもCKから再びゴールを奪い、2-0で試合を折り返す。 後半早々の47分にもネットを揺らしたエジガル・ジュニオがハットトリックを達成するなか、初ゴールの笠柳翼に続いて、途中出場のフアンマ・デルガドも2発。終盤に渡大生に意地の1発を許したが、6-1の大勝とした。 その他、ベガルタ仙台は前半の2ゴールでモンテディオ山形を下し、暫定4位に浮上。7位・愛媛FCと16位・鹿児島ユナイテッドFCによる昇格組同士の一戦は前半に退場者を出した鹿児島が後半アディショナルタイムの野嶽寛也のゴールで追いつき、土壇場で2-2の引き分けに持ち込んでいる。 ◆明治安田J2第10節 ▽4月13日(土) ベガルタ仙台 2-0 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 6-1 徳島ヴォルティス 水戸ホーリーホック 2-2 栃木SC ジェフユナイテッド千葉 1-1 大分トリニータ いわきFC 2-3 清水エスパルス 愛媛FC 2-2 鹿児島ユナイテッドFC ▽4月14日(日) 《14:00》 ロアッソ熊本 vs ヴァンフォーレ甲府 ブラウブリッツ秋田 vs ファジアーノ岡山 横浜FC vs 藤枝MYFC レノファ山口FC vs ザスパ群馬 <span class="paragraph-title">【動画】北川航也が乾貴士のゴールをお膳立て</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> ゴール動画 <br> 明治安田J2リーグ 第10節<br> いわきvs清水<br> 0-2<br> 9分<br> 乾 貴士(清水)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/RY80AH73I1">pic.twitter.com/RY80AH73I1</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1779079516025233779?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.13 18:37 Sat
thumb

後半AT弾で富士山ダービー制した清水が首位浮上! 激闘をドローで終えた岡山は3位転落【明治安田J2第9節】

7日、明治安田J2リーグ第9節の10試合が各地で行われた。 前節に初黒星を喫するも、首位を維持するファジアーノ岡山は6位の愛媛FCとアウェイで対戦。先手を取ったのはホームの愛媛で、ショートカウンターから松田力が左足ミドルシュートを決め、12分に先制した。 1点ビハインドで後半を迎えた岡山は68分に追いつく。右CKの流れから本山遥の折り返しが相手のオウンゴールを誘発した。しかし、その2分後にFKを得た愛媛はゴール前へのクロスに小川大空が頭から飛び込み、すぐさまリードを取り返す。 激しくスコアが動いた中、72分に愛媛のパク・ゴヌが危険なタックルを見舞い、一発退場に。数的優位の岡山は後半アディショナルタイム、左CKから齋藤恵太がヘディングシュートを決め、土壇場で同点に。両チームともに死力を尽くした一戦は2-2の痛み分けに終わった。 岡山を追いかける2位・清水エスパルスは敵地で5位・ヴァンフォーレ甲府との上位対決。前半は両チームともにゴールに迫りながら0-0で折り返す。 後半はホームの甲府が度々決定機を迎えるが、水際で凌いだ清水が後半アディショナルタイムに先制。右CKがファーへ流れると、乾貴士の折り返しを住吉ジェラニレショーンが頭でプッシュ。劇的な形で富士山ダービーを制した清水はついに岡山をかわして首位に躍り出た。 その他、3位のV・ファーレン長崎はロアッソ熊本との打ち合いを制し、4-3で勝利。勝ち点18で岡山と並び、得失点差で2位に浮上した。4位・横浜FCは一度逆転しながらもいわきFCに追いつかれ、2-2のドロー決着となっている。 ◆明治安田J2第9節 ▽4月7日(日) ロアッソ熊本 3-4 V・ファーレン長崎 ザスパ群馬 0-0 水戸ホーリーホック 横浜FC 2-2 いわきFC 徳島ヴォルティス 0-1 ジェフユナイテッド千葉 藤枝MYFC 1-1 ベガルタ仙台 大分トリニータ 1-3 ブラウブリッツ秋田 モンテディオ山形 2-0 鹿児島ユナイテッドFC 栃木SC 0-0 レノファ山口FC ヴァンフォーレ甲府 0-1 清水エスパルス 愛媛FC 2-2 ファジアーノ岡山 <span class="paragraph-title">【動画】終盤に決まった清水の決勝弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>試合が動いたのは90分<br>\<br><br>乾貴士の優しいクロスに<br>住吉ジェラニレショーン<br><br>明治安田J2第9節<br>甲府×清水<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/EyGjzmm9gg">pic.twitter.com/EyGjzmm9gg</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1776868866590708164?ref_src=twsrc%5Etfw">April 7, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.07 17:38 Sun
thumb

首位岡山が今季初黒星…上位3つが足踏みで、千葉がクラブ記録更新の8得点大勝【明治安田J2第8節】

明治安田J2リーグ第8節の10試合が各地で行われた。 前節連勝が止まるも、5勝2分けと首位のファジアーノ岡山は5位横浜FCとホームで対戦。1-3で敗れ、今季初黒星を喫した。 10分に高橋利樹に加入後初ゴールとなる先制弾を許すと、31分、43分にも失点を重ね、前半だけで3点のビハインドを負う。ハーフタイムの4枚替えで反撃を試みたが、追撃はルカオのPK1点にとどまった。 岡山を勝ち点差2で追う2位清水エスパルスは、最下位徳島ヴォルティスと対戦し、先制するも最終盤に痛恨被弾でドロー。早々5分にルーカス・ブラガが試合を動かしたが、追加点を奪えずにいると、後半追加タイムにPKを献上し、これを決められて首位浮上のチャンスを逃した。 3位ベガルタ仙台もホームで8位愛媛FCに逆転負けを喫し、上位3チームが足踏みする中で、4位V・ファーレン長崎や6位ヴァンフォーレ甲府が3ポイントを積み上げ、各チームの差がぎゅっと詰まった。 また、16位ジェフユナイテッド千葉はチーム記録更新となる1試合8ゴールを奪い、栃木SCに大勝。なお、栃木にとっても1試合最多失点となった。 前節J2最年少得点記録を塗り替えたロアッソ熊本のFW神代慶人は、この日もゴールを記録。途中出場から2本のPKを沈め、レノファ山口FCからの逆転勝ちに貢献している。 その他の結果は以下の通り。 ◆明治安田J2リーグ第8節 ▽4月3日 ベガルタ仙台 1-2 愛媛FC ブラウブリッツ秋田 1-1 水戸ホーリーホック いわきFC 3-0 藤枝MYFC ザスパ群馬 0-2 大分トリニータ ジェフユナイテッド千葉 8-0 栃木SC 清水エスパルス 1-1 徳島ヴォルティス ファジアーノ岡山 1-3 横浜FC レノファ山口FC 1-2 ロアッソ熊本 V・ファーレン長崎 2-0 モンテディオ山形 鹿児島ユナイテッドFC 0-1 ヴァンフォーレ甲府 2024.04.03 22:30 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly