G大阪一筋13年、藤春廣輝が今季で退団…クォン・ギョンウォン&塚元大も契約満了

2023.12.02 15:20 Sat
G大阪のいち時代を担ったスピードスターが退団。
©超ワールドサッカー
G大阪のいち時代を担ったスピードスターが退団。
ガンバ大阪は1日、元日本代表DF藤春廣輝(35)、韓国代表DFクォン・ギョンウォン(31)、FW塚元大(22)の退団を発表した。

大阪体育大学出身の藤春はG大阪一筋13年の左サイドバック。2014年の国内3冠時や、2015年の天皇杯連覇時などに主力を張ったスピードスターだが、ここ数年は黒川圭介の台頭に押され、今季のJ1リーグでは8月6日に敵地で行われた第22節の川崎フロンターレ戦が唯一の出場だった。
また、代表レベルでは2015年の日本代表入りや、2016年のリオ・デ・ジャネイロ オリンピックに臨む世代別代表にオーバーエイジとして出場。G大阪にとって良い時代を知る選手の1人だが、パリ五輪代表のDF今野息吹も法政大学から来季加入が決まっており、今季をもって離れる運びとなった。

クォン・ギョンウォンは2022年に城南FCから加入したセンターバック。代表ではカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場した実力者だが、G大阪での2年間はケガも少なくなく、今季もここまでJ1リーグ19試合(1得点)の出場だった。

塚元はG大阪の育成育ちで、2種登録を経て、2020年にトップチーム昇格。ツエーゲン金沢での修行から今季復帰を果たしたが、昨季に負ったケガで出遅れてしまい、ここまで2試合の途中出場にとどまっている状況だった。
今週末にホームで行われるJ1リーグ最終節を前に退団を発表した3選手はクラブの公式サイトでそれぞれ思いを綴った。

藤春廣輝
「13年間ありがとうございました。感謝の言葉しか無いです。ほんとに言葉にできないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。ここまで自分がガンバにいられるとも思ってなかったですし、色々な経験をさせてもらえて、素晴らしい監督、素晴らしい選手達がいたから自分がここまでやってくることができました。自分の中ではガンバが一番大好きですし、これから死ぬまでガンバ大阪の1サポーターとして応援し続けたいです」

「これからのガンバの監督、選手の応援もしたいです。サポーターには13年間応援してもらってすごく感謝しています。本当に一人一人にお礼を言いたいくらいの気持ちです。今シーズンの等々力での応援には泣かされました。すごく嬉しかったです。やっぱりサポーターにも感謝しか無いです。これからもガンバの応援よろしくお願いします」

クォン・ギョンウォン
「こんにちは。クォン・ギョンウォンです。まず、毎試合どんな時でもスタジアムで、応援して頂き支えてくださったサポーターの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。2年間ガンバ大阪の選手として、チームに貢献できなかった事が多かったと思います。それでも、いつも温かい声援を送って頂きありがとうございました。ガンバ大阪で培った全てが、今後の選手生活において大きな糧になると思います」

「2年間良いことばかりではありませんでしたが、嬉しい時も苦しい時もサポーターの皆さんの声を聞くと、乗り越えることができました。またいつか会えることを願っています。これからも、ずっとガンバ大阪を応援しガンバ大阪で過ごした日々は忘れません。ガンバ大阪のユニフォームを着て、ガンバの大阪の選手として闘えたことを誇りに思っています。ありがとうございました」

塚元大
「まずは、本当にジュニアユースの時から本当にお世話になりました。ありがとうございます。去年からシーズンの大半を怪我でプレー出来ませんでしたが、自分では復帰してから、出来る全ての努力をして来た自信がありました。なので、後悔などは一切無く、とにかく新しいチャレンジが楽しみです。そして何より、ボロボロだった体をここまで治してくれたメディカルスタッフには感謝してもしきれません」

「プロになってからこの4年間で、サッカーはもちろん、精神的にも肉体的にも凄く成長出来ました。なのでこれからの自分の活躍を楽しみにしていて欲しいなと思いますし、ガンバがまたタイトルを獲得する事を願っています。パナスタの応援を聞きながら試合を出来ないのは残念ですが、対戦相手としてまたパナスタに来れる日を楽しみにしています。本当にお世話になりました。ありがとうございました」
関連ニュース

残留争い続く中で巻き返しを図るG大阪、新スパイクを手に挑む石毛秀樹は「自分の色を出したプレーでタイトル獲得を」と意気込む

2024明治安田Jリーグは、2月23日に開幕。「ヒュンメル」がサポートして2年目となるガンバ大阪は、2月24日にアウェイのFC町田ゼルビア戦でスタートを切る。「ヒュンメル」は、2023年にアドバイザリー契約を結んだG大阪の石毛秀樹に新シーズンの意気込みを聞いた。 サッカー王国と呼ばれる静岡県出身の石毛は、地元のスクールでサッカーを始め、サッカーは清水エスパルスと共にあった。エスパルスサッカースクールから、アカデミー、トップも含め、期限付き移籍期間を合わせると約19年もの長きにわたって清水に在籍。そんな故郷を離れる決意をしたのが2021年12月。石毛は、感謝の気持ちと共に強い覚悟を持ってガンバ大阪への完全移籍を決めていた。 「3年前、ガンバでタイトルをとりたいって思ったし、このチームならできると思った。そういう気持ちで大阪にやって来た。実際、2年間は残留争いで、カップ戦でも大きな成果は出せず、思った通りにはいっていません。ただ、このチームで優勝したいって気持ちは、来た時から変わっていない」と話す。 今年、G大阪はクラブとして7位以上という目標を立てている。「この数年を考えると妥当だとは思いますが、7位を目指してプレーするわけじゃない。みんなタイトルをとりたいって思ってるし、そこを狙っていかないといけない。やるからには全部勝って優勝したいという気持ちで、今年もガンバで頑張ろう、と思っています」と自身のプロキャリアでは初めてとなる優勝を目指す。 <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/hunmel20240223_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> G大阪に加入した2022シーズンはリーグ戦20試合に出場し、0得点、プレータイムは925分。2023シーズンは、22試合3得点、915分となった。「昨年はコンスタントに好不調の波なくプレーできた。ただ、その自らの手応えと試合への出場は別もの。選手である以上、ピッチに立つことが一番大事ですが、試合に出られないことでフラストレーションをためても自分に良い影響はない。そのメンタルがあったからこそ、昨シーズンは良いプレーを継続できた」と振り返る。 2019年4月、右ヒザをケガし、そこから長いリハビリ生活を送ったことがプラスに働いている。「あの頃は自分についてよく考えた期間になりました。サッカーができないことに焦るのではなく、昨日できなかったリハビリメニューができるようになるという、小さな喜びを積み重ねる日々。ほんとに、『プロリハビリ選手』って感じでしたから」と笑う。 「自分にできることは、練習し、チームで立てる対策をピッチで表現すること。毎週その繰り返しで、スタメンでも途中出場でも準備が必要。スタメンだと試合をつくる、先制する、ということ。途中出場だと時間や得点状況を踏まえて、勝利への逆算を考えてプレーする。昨シーズン、ベンチで試合を見ているときも、そうやって考えながら試合を見ていた」とし、考えてプレーすることが自分の持ち味のひとつになっているという。 その石毛は、アドバイザリー契約を結ぶ前の2022シーズンから「ヒュンメル」のスパイクを着用。2023年11月には、新開発の『ヴォラート3』を手にした。「複数のシューズを交互に履き替える選手もいますが、僕は同じのを履きたいタイプ。最初2足もらったのですが、練習では1足を履き続けて履いています。3カ月以上と長く履いていても型崩れしない。僕の足の型になっている。そういう意味では、耐久性もあるんだな、と今になって思いますね」と時間の経過と共に感じるメリットもあるという。 <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/hunmel20240223_tw1.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;">写真提供:ヒュンメル<hr></div> 「ヴォラート3には何よりフィット感がありますね。まず、靴ずれしないので、自分の力を出しやすい。素足に近い感覚です。サッカーを始めた5歳から小学2年生まで、エスパルスのサッカースクールでは上靴で練習していたんですよ。素足に近い感覚でサッカーをしたほうがいいという方針で、そのときの感覚を思い出しました。そういう意味では、僕にとっては慣れ親しんだ素足感覚で、コントロールしやすいスパイクです」と新スパイクを履いて、新シーズンに挑む。 巻き返したい2024シーズンのG大阪は、期限付き移籍からの復帰も含めて13人の新戦力が加わった。「最初から自分の色を出してくる、前向きにやっていける選手が多く、刺激を受けているし、競争も激化している。自分も自分の色を出していかないと」と石毛は危機感や緊張感をモチベーションに変える。 毎シーズン、数値目標を掲げていなかったという石毛だが、今季は『5ゴール、5アシスト』という目標を立てた。「昨年、試合に出続けることができなかった。プレーの質を高めることと共に、数字を残すことが、プレータイムを伸ばすことにも必要だと思った」とスタイルを変え、数字へのこだわりを見せる。 また、メンバーが変わり、フォーメーションにも変化があり、石毛はボランチとしてプレーする。「一列下がったところで、得点は難しくなる部分もありますが、逆にミドルシュートが打ちやすくなる。攻撃的でゴールに関わるボランチという自分の色を出し、考えながら走り続けられることやプレースキックの精度を生かせば、個人的な目標にも近づいていく。数字を残すことができれば、チームの結果にも繋がっていくと思っています」と、3年前に決意したG大阪でのタイトル獲得を目指したシーズンが、いよいよ始まる。 取材・文:ヒュンメル 2024.02.23 12:30 Fri

G大阪に新加入のFWウェルトンが1試合出場停止、前所属の未消化分を引き継ぎ

Jリーグは22日、ガンバ大阪に加入したFWウェルトンに関して、出場停止処分を下すことを発表した。 ウェルトンは、レフスキ・ソフィアから今シーズンG大阪に完全移籍で加入していた。 24日に開幕戦のFC町田ゼルビア戦を迎える中、Jリーグは前所属クラブでの出場停止を引き継ぐことを発表。1試合の出場停止となることを発表した。 ウェルトンは、レフスキ・ソフィア在籍中にブルガリア1部リーグ(ファースト・プロフェッショナル・フットボールリーグ)で1試合の出場停止処分を下されていた。 移籍はしたものの、国際サッカー連盟(FIFA)の規則に基づき、また、FIFA規律委員会の別段の決定により、移籍先の国・チームにて未消化の出場停止処分を消化するとされており、開幕戦が出場停止となった。 ウェルトンは22日にチームの全体練習に合流。ブラジル生まれで、両利きのサイドアタッカー。2022-23シーズンはブルガリア1部で30試合に出場。今シーズンも16試合で3ゴール4アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選では6試合2ゴールを記録していた。 2024.02.22 20:30 Thu

「めっちゃ可愛い」G大阪とヒュンメルのコラボシューズが話題!「えぐいくらい欲しい」

ガンバ大阪は21日、オンラインショップにてヒュンメル オリジナルコラボシューズ「DECADE LX-E G」の予約販売を行うことを発表した。 「DECADE LX-E」は、外ばねコートキャンバスのNEWモデル。ボリュームのある厚めのフォクシングテープとヒュンメルのシェブロンラインがボールドルックを表現。タンブル調の素材がクラシック感とデザインアクセントになっている。また、”REACH LX-E” EVAのインソールによりクッショニングに加え、サステナブルなアイテムとして地球にも優しいアイテムとなっている。 「DECADE LX-E G」は、ガンバカラーであるブルーのスニーカーにチームロゴをレーザー加工でデザイン。また、チームロゴではなくクラブのスローガンである「BE THE HEAT BE THE HEART」とデザインされたモデルも展開される。 さらに、かかとの部分にはお気に入りの選手の背番号を入れることも可能。シューレ―スはブラックカラーが採用され、タウンユースにも使えるアイテムだ。 コラボスニーカーには、ファンも「レトロな雰囲気が好きな自分としてはかなり気に入った商品」、「コラボシューズかわいい」、「えぐいくらい欲しい」、「めっちゃ可愛い」と反応。クラブカラーのアイテムに好評の声が寄せられている なお、価格はチームロゴモデルも「BE THE HEAT BE THE HEART」モデルも12,100円(税込)。背番号を入れると15,950円(税込)となる。 サイズは22.5cm~30cmまで、27.5cmを除き0.5cm刻みで展開される。 販売期間は2/22(木)12:00 から3/3(日)22:00まで。4月中旬頃より順次お届け予定とのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】G大阪とヒュンメルのコラボシューズ「DECADE LX-E G」(チームロゴモデル)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">ヒュンメル オリジナルコラボシューズ「DECADE LX-E G」予約販売のお知らせ <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ガンバ大阪</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/GAMBAOSAKA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GAMBAOSAKA</a> <a href="https://t.co/1vvjOwADrI">https://t.co/1vvjOwADrI</a></p>&mdash; ガンバ大阪オフィシャル (@GAMBA_OFFICIAL) <a href="https://twitter.com/GAMBA_OFFICIAL/status/1760137272652140788?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.22 11:45 Thu

ACLベスト8進出の横浜FM、J1第3節G大阪戦の日程が変更に

Jリーグは21日、2024明治安田J1リーグ第3節、横浜F・マリノスvsガンバ大阪の日程変更を発表した。 当初、同試合は日産スタジアムで3月9日(土)に開催予定だったが、横浜FMのAFCチャンピオンズリーグ2023-24準々決勝進出に伴い、開催日、キックオフ時刻が変更となった。 なお、新たに決定した開催日、キックオフ時刻は以下の通り。 ◆2024明治安田J1リーグ第3節 横浜F・マリノスvsガンバ大阪 ・試合開催日:3月9日(土)→4月10日(水) ・キックオフ:14:00→19:00 ・スタジアム:日産スタジアム ・インターネット中継/TV放送:DAZN 2024.02.21 23:44 Wed

「目標達成に自分も貢献」 G大阪エース宇佐美貴史が静かに闘志! 主将2年目にも「良い意味で肩の力を抜いて」

ガンバ大阪の主将が迫るシーズンに期する思いを語った。 今週末から幕開けとなるJリーグ。それに先駆け、東京都内で「2024Jリーグ開幕PRイベント」を催し、昨季16位のG大阪からは宇佐美貴史が出席した。 昨年までのG大阪は3年連続の残留争い。今季はまずそこから脱却を図る1年で、エースとしての重責も担う31歳FWだが、心境を問うと、「いつもどおり。ワクワクするとかも特になく、平常心って感じ」と冷静さを漂わせた。 2年目になるキャプテンという大役にも「無責任にというわけじゃなく、良い意味で肩の力を抜いてやりたい。託すところは託しながらやれれば」と表情を崩さずに語った。 キャンプでは手応えがあったようだが、「その手応えがあるのが良い状態か、なくて危機感を募らせている方が良いかは始まってみないとわからない」と話す。 一方で、サンフレッチェ広島との新スタジアムこけら落としマッチを2-1の逆転勝利。[4―2―3―1]のシステムや新戦力の存在感など、多くで収穫を感じさせた。 広島戦が今季のG大阪の期待値を上げるが、「『俺ら強いな』と思える内容ではなかったと思う。自信を持てるような内容でも、時期でも、ゲームでもない」と浮かれる様子なしだ。 そんなチームは前も後ろも例年以上に多くの補強を敢行。「元々いた選手とフレッシュに良いコミュニケーションをとりながら、良い関係性を築いている。それぞれがそれぞれの良さを自分の形で出してくれれば」と期待した。 チームとしての7位以上という目標に「その目標を達成するために自分も貢献していきたい」と静かに闘志をたぎらせると、24日に敵地で行われるJ2王者として初昇格のFC町田ゼルビアとの一戦に力を込めた。 「開幕戦だからというよりかは目の前の試合ということで強く意気込んでいる状態。良い相手だし、チャレンジングなサッカーをしてくるだろうし、それを受けるんじゃなく、自分たちが向かっていく姿勢を打ち出したい」 昨季の開幕戦では柏レイソルに土壇場で追いつかれ、引き分けスタート。今季こそは4年ぶりの開幕白星を掴む。 2024.02.19 19:00 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly