勝てばEL決勝T進出が決まるリバプール、クロップ監督「もっとも激しい時期の始まりにいる」

2023.11.30 18:20 Thu
過密日程の厳しさにも触れたユルゲン・クロップ監督
Getty Images
過密日程の厳しさにも触れたユルゲン・クロップ監督
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)に向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。
PR
これまでEL4試合で3勝1敗のリバプール。前節はトゥールーズ相手にまさかの黒星を喫したチームだが、30日に行われるグループE第5節のLASK戦に勝利すれば、1試合を残して決勝トーナメント進出が決定する状況だ。
先週末のプレミアリーグではマンチェスター・シティとのタフな試合があっただけに、適切なやり繰りが求められる状況だが、試合に先立って行われた記者会見でクロップ監督は過密日程の厳しさに触れつつ、だからこそ試合ではアンフィールドの力を借りたいと期待を示している。

「我々はシーズン全体の中でも、もっとも激しい時期の始まりにいる。木曜、日曜、水曜、土曜にプレーしており、それはとても大変なことだ。その次の試合がいつかはわからないが、おそらくまた木曜日だろうか? (12月9日開催の)クリスタル・パレス戦まで、我々がいくつもの決断を下さなければならないのは明らかだ」

「明日は本当に優れた相手と、決勝トーナメント進出を決めるためではなく勝つための試合が控えている。前回勝ったのは確かだが、試合中は苦戦する場面もあった。そして彼らは、本当に良いシーズンを過ごしている」
「明日はホームの雰囲気を最大限活用しなければならない。これがヨーロッパの夜であることを確認する必要があるだろう。我々としても、 ヨーロッパの夜、アンフィールドでの正しいヨーロッパの夜を期待している」

「私はフレッシュで、挑戦したい、楽しみたいと考えているチームを編成する。試合では、結果を求めて真剣に戦うつもりだ。そしてアンフィールドもそれを望んでいるなら、それは非常に役立つだろう」

また、クロップ監督はGKアリソン・ベッカーの負傷により、GKクィービーン・ケレハーに出番が回ってくることに言及。普段はアリソンの存在もありなかなか出場機会を得られていないケレハーが、ここでクオリティを示すことを願った。

「まさにそれが、クィービーンをチームに置きたいと思った理由だ。クィービーン含む誰もがアリ(アリソン)の負傷を望んでいなかったが、それが起こった場合は可能な限り最強の選択肢が必要になる。それが我々にとってのクィービーンなのだ」

「今、彼はチャンスを手にしている。いずれにしても、明日の夜はプレーしていたと思うがね。そして、これから彼はあと数試合を戦うことになるのだから、自分のポテンシャルを最大限に発揮することを期待している」

PR
関連ニュース

国立での北朝鮮戦、気になるピッチの状態は…なでしこ10番・長野風花「予想とはちょっと違ったんですけど…」

なでしこジャパンのMF長野風花(リバプール)が、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦の北朝鮮女子代表戦へ向け、公開トレーニング後にメディアの取材に応じた。 なでしこジャパンは北朝鮮との第1戦を24日に中立地のサウジアラビアで行い、ゴールレスドローで終えた。第2戦は28日に国立競技場で行われ、勝った方がパリ行きの切符を手にするという、シンプルな構図となった。 リバプールでは中盤の底を託され、なでしこでも10番を背負う長野は「疲労はないですし、明日やるだけです」と頼もしい言葉を残した。 開催地の直前決定や移動の連続といったイレギュラーのあった中で迎えた第1戦については「いろいろな要因があった中で失点しなかったことが大きかったですし、チームとしてはポジティブに捉えています」と、ドローを前向きに捉えている。 一方で、敵陣深くまでボールを運ぶ回数そのもが少なく、攻撃面では迫力を欠いた。「距離感は納得のいくものではなかった」と、攻守のいずれにおいても距離感に難があったと分析し、次戦へ向けて修正したいと述べている。 「ピッチの中でもっと修正できた部分はあったと思うので、明日の試合はもっとスムーズにゴールまでいけるように、話をしました」 「なかなか(田中)美南さんにまずボールが入らないことが問題で、守備の面でも距離感がよくなくて相手に繋がれて前向きでプレーさせてしまった。第1戦の距離感は納得のいくものではなかったです」 そして、ボールとピッチについてだ。 第1戦では使用球にmolten製の『Vantaggio 5000 第五世代』が用いられたが、第2戦ではadidas製の『コネクト24(CONEXT24)』が使用される見込み。 2戦でボールが変わる点もまたイレギュラーだが、使用球について長野は「サウジアラビアでやった試合はボールが軽くて、私的には蹴りやすかったですけど、今回のボールはちょっと重くて、寒さもあって硬くてあまり伸びない」という印象を持ったという。 また、これまで行われた試合の様子から、不安視されているピッチの状態について問われると、言葉を選びながら「予想していたものとは、ちょっと違ったんですけど、それは私たちも北朝鮮も一緒なので、あまり影響されずにプレーしたいです」と、語るにとどめた。 2024.02.27 22:35 Tue

「彼らには恐怖があった」EFL杯決勝敗北のチェルシー、辛辣批判のネビル氏は主張曲げず

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏が、EFLカップ(カラバオカップ)決勝で敗れたチェルシーを改めて批判した。 チェルシーは25日のEFLカップ決勝でリバプールと対戦したが、FWモハメド・サラーやDFトレント・アレクサンダー=アーノルド、GKアリソン・ベッカーら多くの主力を欠いた相手に対して中々優位に立てず。延長戦に入るとファーストチームでの経験がほぼない若手が数多く出場したリバプールにむしろ主導権を握られると、最終的にCKからDFヴィルヒル・ファン・ダイクに決勝弾を決められ0-1で敗れた。 チェルシー側も主将であるDFリース・ジェームズを筆頭に主力数選手が欠場も、リバプールに比べFWクリストファー・エンクンクやFWミハイロ・ムドリクら主力選手をベンチから送り出す余裕はあったことから、試合後には不甲斐ないチームへの批判が集中。特にネビル氏が「blue billion-pound bottlejobs(青い10億ポンドのプレッシャーに弱い集団)」と呼んだことにはマウリシオ・ポチェッティーノ監督が「フェアではない」と反論するなど、大きな話題となった。 それでも、イギリス『スカイ・スポーツ』でネビル氏はこの表現を訂正するつもりはないと主張。チェルシーがリバプールを必要以上に怖がったことが、トロフィーを逃す原因になったのは確実だと述べている。 「あれが本能的なコメントの瞬間だったと言うつもりはない。延長戦の私の解説を聞いていたら、最初の1分から残り2分あたりまで、私がチェルシーに対して怒りを募らせていたとわかるだろう」 「私はチェルシーに恐怖の匂いを感じた。なぜ彼らは、リバプールの若者たちやユルゲン・クロップに自信をつけさせてしまったのだろう。リバプールファンから5分間ほど大合唱が起こったが、それは青いシャツの選手が恐怖の匂いを漂わせていたからだ」 「彼らは悔いなくピッチを去る必要があった。チェルシーはその瞬間をつかまなければならなかったが、縮こまってしまったんだ。“bottle”は非常に強い言葉かもしれないが、絶対的な恐怖を感じながらプレーしたり、固まってしまったり…どう表現しても良いが、それこそ延長戦でチェルシーに見られたものだろう。才能のある若手はたくさんいるから、このタグを固着させたくないはないがね」 「チェルシーがリバプールより若いチームだと主張する人がいるのは知っている。だが、リバプールが選手交代をしたとき、私はキャラガーに『どういうプレーをするかわからない選手が3、4人いる』と言わなければならなかった」 「嘘は一つもない。彼らはリバプールの控え選手と対戦しながら、優勝の瞬間を掴めなかった。私は彼らに腹を立てていたんだ。ピッチ上に3人くらいの少年たちがいて、これほど弱体化したリバプールと対戦する機会はあるだろうか。それなのに、彼らはなぜあんなプレーをしたのだろう」 「誤解しないでほしいが、私はリバプールにトロフィーを掲げてほしくなかったから、チェルシーに対して偏見を持っているというわけではないんだ」 2024.02.27 11:40 Tue

「世界No.1」称賛集まるリバプールの2番手GKケレハー、2024年夏がキャリアのターニングポイントか

リバプールの2番手守護神、アイルランド代表GKクィービーン・ケレハー(25)への称賛が世界各国のサポーターから集まっている。 リバプールは25日、EFLカップ(カラバオカップ)決勝戦でチェルシーに1-0と勝利。チームが野戦病院と化し、若手を大量起用せざるを得ない状況下、延長後半にヴィルヒル・ファン・ダイクが圧巻のヘディング弾をぶち込んだ。 主将の1発に至るまでには、ケレハーの好セーブ連発があったことを忘れるわけにはいかない。正守護神アリソン・ベッカーの不在により大舞台を託された25歳は、2番手GKであることを忘れさせるほどの活躍をこの一戦で披露している。 日本でも深夜のXトレンドランキング上位に「ケレハー」が登場するほどの躍動だったわけだが、それはもちろん現地でも同じ。 「信じられん…」「ワールドクラス」「彼がいなければ負けていたかも」「芸術的存在」「世界No.1」「世界No.1の2番手GK」などなど、数多の称賛がイングランドから”因縁深い隣国”アイルランドのシュートストッパーに寄せられた。 さて、そんなケレハーだが、2024年夏のリバプール退団も囁かれているのをご存知だろうか。 イギリス『フットボール・インサイダー』は先月下旬、「リバプールとの契約を2026年6月まで残すケレハーの獲得をセルティックが検討中」と紹介。先日引退を発表したジョー・ハート(36)の後継者に据えるプランだとされる。 リバプールの要求は2000万ポンド(約38億1000万円)と決して安くなく、この額を満額支払えばクラブレコードとなるセルティックは買い取りオプション付きレンタルを模索し協議…その後の進展は伝えられていない。 どうやらセルティック以外にもケレハーに関心を寄せるクラブがあるとのことだが、聖地ウェンブリー・スタジアムでMVP級の活躍を披露した2番手GKをリバプールはどう扱うのか。 ケレハーは今季の活躍を通じ、勝ち点を拾えるGKであることを証明しているだけに、今回の活躍を経て、今後ますます他クラブからの関心が高まっていくかもしれない。 2024年夏は間違いなく選手キャリアのターニングポイントだろう。 2024.02.26 18:30 Mon

優勝貢献の遠藤航が松葉杖姿!? 試合後の姿が話題に…ファン騒然「犠牲が大きすぎる」「これは笑えない」

出色のパフォーマンスでタイトル獲得に貢献したリバプールの日本代表MF遠藤航だが、試合後に不安な姿を見せていた。 25日、EFLカップ(カラバオカップ)決勝が行われ、リバプールはチェルシーと対戦。遠藤はアンカーとしてこの試合も先発出場した。 中盤に君臨し、チェルシーの攻撃を封じると、前半には決定的なピンチをシュートブロックするなどチームを救う活躍。また、効果的な縦パスやスルーパスを通すなど、攻撃面でも良さを出した。 試合はゴールレスのまま延長戦に入り、遠藤は120分間プレー。ヴィルヒル・ファン・ダイクのゴールでリバプールが見事に優勝を果たしていた。 遠藤のパフォーマンスはイギリス国内で称賛され、各メディアも高い評価を与えることに。ユルゲン・クロップ監督も「彼はマシーンだ」とパフォーマンスを称賛していた。 その遠藤だが『The Athletic』でリバプールを担当するリポーターのジェームズ・ピアース氏が自身のX(旧ツイッター)を更新。遠藤の写真と共に「松葉杖をつき、左足には保護ブーツを履く遠藤航」と投稿した。 激戦を戦い抜いた遠藤だが、左足を負傷した模様。ファンは「犠牲が大きすぎる」、「そんなことあるか?」、「マジで?」、「これは笑えない」、「喜びも半減だ」とコメント。一方で「あくまでも予防だろう」、「ちょっとした違和感のはず」と、楽観視するコメントも見られている。 離脱となればリバプールはもちろんのこと、3月に2026年北中米ワールドカップ予選を戦う日本代表にとっても痛手となるが、問題ないことを願うばかりだ。 <span class="paragraph-title">【写真】松葉杖をつき保護ブーツを履いている遠藤航</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Wataru Endo on crutches with his left foot in a protective boot. <a href="https://twitter.com/hashtag/LFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LFC</a> <a href="https://t.co/jLxBYnvfrs">pic.twitter.com/jLxBYnvfrs</a></p>&mdash; James Pearce (@JamesPearceLFC) <a href="https://twitter.com/JamesPearceLFC/status/1761831634200842520?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.26 14:10 Mon

遠藤航の姿がギリギリ見えず…リバプールのトロフィーリフト映像に日本人嘆き「悲しい」「カメラワーク前にしてほしかった」

リバプールの日本代表MF遠藤航が新天地で初めてのトロフィーを獲得した。 25日、EFLカップ(カラバオカップ)決勝、チェルシーvsリバプールが行われ、120分の激闘を0-1で制したリバプールが2シーズンぶり通算10度目の優勝を果たした。 アンカーとして先発出場した遠藤は、延長戦を含めた120分間フル出場。21分にはニコラス・ジャクソンのシュートをブロックし決定機を防ぐなど、守備面を中心に大きく貢献していた。 チームの一員としてリバプールでの初タイトルを獲得した遠藤。試合後には優勝の喜びを体現するトロフィーリフトにも参加した。 だが、そのトロフィーリフトの映像には日本のファンから嘆きの声があがっている。 リバプールの選手たちは1人ずつ順番にトロフィーを掲げていく。中継カメラはそんな選手たちを最初は正面から撮影していたが、遠藤の直前の選手のところで斜めからのアングルに変わると、一歩分後ろの位置でトロフィーを掲げた遠藤の姿がちょうど隣の選手と被って見えなくなってしまっていた。 これには、『DAZN』で解説を務めていた林陵平氏も思わず「カメラワーク前にしてほしかった」と一言。SNS上でも「大活躍だったのに」、「この日唯一のポジショニングミス」、「悲しい」、「カメラワーク気になる」と残念がる声が多くあがっている。 ユルゲン・クロップ監督のラストシーズンとなる今シーズンは4冠の可能性が残されているリバプール。別のトロフィーを掲げる遠藤の姿も見てみたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】トロフィーを掲げる遠藤航はギリギリ見えず…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Oyf3eWZCBZg";var video_start = 41;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.26 13:10 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly