なでしこメンバーが宮澤ひなたの誕生日を大型ケーキで祝福!集合写真のポーズにも個性「24歳も突っ走っていきたい」

2023.11.29 19:30 Wed
24歳の誕生日を迎えた宮澤ひなた
Getty Images
24歳の誕生日を迎えた宮澤ひなた
なでしこジャパンのMF宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド)が誕生日を祝福された。オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)得点王という肩書を引っ提げ、今年9月にマイナビ仙台レディースからユナイテッドへ完全移籍で加わった宮澤。1月26日には待望の加入後初ゴールも挙げた。
11月末からスタートしているなでしこジャパンのブラジル遠征メンバーにも招集され、すでに現地入り。28日には24歳の誕生日を迎え、大きなケーキなどでチームメイトやスタッフから盛大に祝福された。

集合写真では各選手が2と4を指で示すなど、和やかなムード。宮澤自身もSNSを通じ、意気込みや感謝の言葉を綴っている。

「24歳になりました!今年の誕生日はブラジル。みんなに祝ってもらえて最高の誕生日になりました!24歳も元気に突っ走っていきたいと思います!メッセージやお祝いをしてくださった皆さん!ありがとうございます!!」
宮澤へはファンからも多数の祝福の声が寄せられたほか、ユナイテッドやW杯の公式X(旧:ツイッター)からもメッセージが届いた。

なでしこジャパンは日本時間30日と12月3日にブラジル女子代表との2連戦を行う。宮澤の24歳ファーストゴールにも期待が掛かる。

1 2
関連ニュース

フェアだった北朝鮮の選手たち/六川亨の日本サッカー見聞録

なでしこジャパンが朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を2-1で退け、パリ五輪の出場権を獲得したのはご存知の通り。前回東京大会に続いての出場で(2大会連続6回目)、予選を突破しての出場は12年ロンドン五輪以来となる。 今回の予選は、アジア2次予選を首位通過した日本、北朝鮮、オーストラリアに加え、成績上位の2位ウズベキスタンを加えた4チームがホーム&アウェーで対戦。日本は北朝鮮との最終予選でアウェーの第1戦を0-0で引分け、ホームでの第2戦を2-1で制した(オーストラリアはウズベキスタンに2試合合計13-0で勝利。ウズベキスタンの監督は本田美登里さんだったがチームをパリに連れて行くことはできなかった)。 2016年のリオ五輪予選は日本、オーストラリア、北朝鮮、韓国、中国、ベトナムの6チームが1回戦総当たりで対戦し、上位2チームが出場権を獲得できるという「狭き門」だった。そして日本は初戦でオーストラリアに1-3で敗れると、続く韓国戦は1-1のドロー。さらに第3戦の中国戦も1-2で敗れ、オーストラリアと中国の後塵を拝したのだった(ベトナムに6-1、北朝鮮には1-0)。 2011年のドイツW杯で優勝し、12年ロンドン五輪では銀メダル、さらに15年のカナダW杯出も準優勝とリオでもメダルを期待されたなでしこジャパン(FIFAランク4位)だったが、エース澤穂希の引退に加え、世代交代が遅れたことも日本が失速した一因だった。 しかしその後のなでしこジャパンはアンダーカテゴリーの選手の台頭と活躍もあり、高倉麻子前監督と池田太監督は世代交代にも積極的に取り組んできた。 試合に関しては多くのメディアが詳報しているので割愛するが、3BKというよりは5BKの5-4-1の北朝鮮とのミラーゲームは、先に失点するわけにはいかないし、延長戦やPK戦もあるだけに当然の選択だっただろう。4-3-3でキャプテンの熊谷紗希をボランチに起用しても、無難なパスワークに終始して効果的とは言い難い。やはり彼女は最終ラインに入ってカバーリング能力を発揮した方が安心して見ていられる。 スタメンで起用された左サイドの北川ひかるは得意の左足でのキックから先制点の起点になったし、上野真実もポジションチェンジから攻撃を活性化しようと奮闘した。ただ、宮沢ひなたのスピードや、遠藤純の安定感と比べると見劣りしてしまうのは仕方のないところ。WEリーグでの活躍から彼女らを抜擢した池田監督の決断も勇気のいることだっただろう。 昨年12月3日のブラジル戦で足首を骨折して手術した宮沢はパリ五輪に間に合うのかどうか。すでに左膝前十字じん帯を損傷した猶本光と遠藤は出場が絶望的なだけに、宮沢の回復具合が気になるところだ。 最後に、試合後のリ・ユイル監督は「山下の1ミリ」や熊谷のハンドについて自ら言及することなく、「フェアプレーの指導」について質問されると次のように答えた。 「アスリートのみならず、一般的にも道徳的にも、倫理的にもルールを守ることは非常に重要です。選手たちには常日頃のトレーニングからルールを守るように徹底しているし、そのなかでフェアプレー精神を身につけ、心がけるように指導している」 そして主審のジャッジに関しても淡々と答えた。 「オーストラリア出身の主審の判断はもちろん尊重します。しかしアウェーだった今日に関しては、ホームの日本にやや偏ったような判定が少し見受けられたのではないか。ゲストである我々をもう少し尊重するような判定があってもよかったのではないか。ある意味で釈然としないものがあるなかで、我々はあくまでも主審の判断にのっとって、最後までフェアプレーを心がけました」 北朝鮮といえば、昨年10月の杭州でのアジア大会準々決勝の日本戦で判定を不服として、試合後に数人の選手が主審を追いかけ回したし、試合中の給水タイムでは日本の水を強奪したばかりか殴りかかるジェスチャーまでする選手がいた。そうしたイメージが強かっただけに、女子の選手だからか判定に抗議してイエローカードを受けたものの、男子と違って激高することなく冷静に、そしてひたむきにプレーしていた。 スピードがあり、体幹の強さは北朝鮮の伝統と言える。さらに22名の平均年齢が21・8歳(日本は24・9歳)と若いだけに、次回2027年のW杯(今年5月のFIFA総会で開催地は決定)予選でも日本のライバルとして立ちはだかるかもしれない。 そして39歳のリ・ユイル監督は理路整然と試合を振り返り、同胞へのメッセージを求められると涙するなど人情味のあふれるキャラクターの持ち主であることを知れたのも、今回の取材の収穫だった。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2024.03.01 12:30 Fri

「緊張感はずっとあった」パリ行きの切符を手にした植木理子、本大会への競争に「どれだけアピールできるか」

なでしこジャパンのFW植木理子(ウェストハム)が、オリンピック出場を喜んだ。 28日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦が国立競技場で行われ、なでしこジャパンは北朝鮮女子代表と対戦した。 第1戦はゴールレスで終わっており、勝った方が五輪行きを決めるという試合に。高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)のゴールで先制すると、後半2位は藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)がヘディングでゴールを奪い追加点。その後1点を返されるが、2-1でなでしこジャパンが勝利し、パリ・オリンピックの切符を手にした。 植木は2-1でリードしたまま89分に田中美南(INAC神戸レオネッサ)と交代して出場。アディショナルタイムを含めてのプレーとなった。 試合後のメディア取材に応じた植木は「勝っていたので前から行くところ、守備の部分での役割っていうのはありましたし、攻撃の部分でも無理に行くというよりは、ボールを大事にしながら、チャンスがあればゴールを狙いに行きました」と自身の役割について語り、「まずは勝ち切れたことが1番の収穫です」と、しっかりと試合を締められたことを喜んだ。 大一番を前に、負ければ多くのものを失ってしまう可能性もあったなか、チームとしては緊張感があったという。 「結構チーム全体的に緊張感というのはずっとあったので、そういう意味では大一番という意識は全員があったと思います」 それでもしっかりと勝利を収め、パリ行きが決定。「ここから選手間の競争は高まると思います。そこに向けてやっていきたいですし、まずは自チームに戻って、どれだけアピールできるかかなと思います」と語り、本大会のメンバー入りに向けてのアピールが必要だと語った。 2試合を通じて攻撃面は苦しんだ日本。第2戦でもシュート数はそこまで多くはならなかった。 植木は「攻撃の部分ではもっともっとコンビネーションや関わりを増やすことで改善できると思います」と、改善の余地があるとしながらも「相手も必死にやってくるので、その中で2点取れたことは良かったと思います」と、難しい戦いでもしっかりとゴールを重ねられたことは良かったとした。 2024.02.29 22:20 Thu

「経験がものを言った」なでしこのパリ五輪決定に佐々木則夫女子委員長、ブラジル遠征が糧に 移動の経緯は過去の事例踏まえ「強行時は体調を崩す選手も」

なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)がパリオリンピック出場を決めた試合後、日本サッカー協会(JFA)の佐々木則夫女子委員長もミックスゾーンに姿を見せ、ブラジル遠征や過去の経験が今回の勝利に繋がったとコメントした。 なでしこジャパンは28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 同じ相手と中3日で連戦という、女子サッカーでは希少な条件だったが、これを見据えて行ったのが昨年12月のブラジル遠征。佐々木委員長は「(ブラジルでは)アウェイで2試合でしたけど、同じ相手と続けざまに2試合行うことをシミュレーションして、初戦は3-4で敗れたが、そのあとは(2-0で)勝って、得失点差もうちの方が上でした。今回の1戦目も厳しい状況ではあったけれど、経験がものを言ったのではないか。今日の試合は特にそれを感じました」と饒舌だった。 第1戦では直前まで開催地が決まらないというイレギュラーな事態に。ただ、それも「逆にそういうエクスキューズが、現場のスタッフや選手の気を引き締めることにつながった。そういった状況の中で力を合わせての、チームとしての勝ちだったではないか。昔もそうでしたけど、エクスキューズを力に変えて結束する、そういうところはでしこジャパンのいいところ」と、なでしこジャパンのチームとして、伝統として、逆境を乗り越える力が備わっているとコメントした。 さらに、第1戦後の移動についても経験を踏まえてのものだったと語る。 北朝鮮が24日の試合後、すぐに移動したのに対し、日本は翌日に現地でのリカバリートレーニングを挟んで26日に帰国。過去には直後の移動も経験したが、その際に体調を崩した選手もいたことから、今回は回復を挟んでの移動を選択したと明かした。 「コンディションは全員ケガもなく、病気等もなく、風邪をひくこともなく、非常に良い状況でこられました。これも前に経験しているんですが、強行ですぐヨーロッパから帰ってきたときに、ちょっと体調を崩した選手もいたんです。なので、何事もシミュレーションや遠征の経験などが、今日の、今回のゲームにつながったのではないか。いい準備の中の、いい結果だったのではないかなと思います」 <span class="paragraph-title">【写真】パリ行きのチケットを手に選手全員で記念撮影</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">笑顔で記念撮影<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%AA%E3%81%A7%E3%81%97%E3%81%93%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#なでしこジャパン</a> が <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%91%E3%83%AA2024?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#パリ2024</a> の出場権を獲得 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー</a> 女子日本代表のパリ2024での活躍が楽しみです<br><br>: <a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_nadeshiko</a><a href="https://twitter.com/Paris2024?ref_src=twsrc%5Etfw">@Paris2024</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#オリンピック</a> <a href="https://t.co/rAZZKDFxV7">pic.twitter.com/rAZZKDFxV7</a></p>&mdash; オリンピック (@gorin) <a href="https://twitter.com/gorin/status/1762851825747984607?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 21:50 Thu

「前日に言われた」久々出場が大一番での先発起用、先制点にも絡んだ上野真実はイメージ通りのプレーに一定の手応え「やりやすさを感じた」

なでしこジャパンのFW上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ)が、大一番での先発起用を振り返った。 28日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦が国立競技場で行われ、なでしこジャパンは北朝鮮女子代表と対戦した。 第1戦はゴールレスで終わっており、勝った方が五輪行きを決めるという試合に。高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)のゴールで先制すると、後半2位は藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)がヘディングでゴールを奪い追加点。その後1点を返されるが、2-1でなでしこジャパンが勝利し、パリ・オリンピックの切符を手にした。 2022年7月のEAFF E-1サッカー選手権以来のなでしこジャパン招集となった上野。第1戦は出番がなかったが、先発起用された。 試合後のメディア取材に応じた上野は先発起用について「前日に言われました」とコメント。「1試合目はベンチで見ていて、自分が出たらこういう位置でボールを受けようとイメージしていました」と、ピッチ外からイメージを膨らましており、実際の試合では「自分はやりやすさは感じましたし、もっとよりゴールに近い位置でボールを受ける動きはしたかったです」と、一定の手応えを感じたようだ。 しっかりと勝利にも貢献し、1点目ではヘディングで折り返してゴールにつなげた。しっかりと出場権を獲得したが「チームとして今日の試合に勝ち切れたことは良かったと思いますし、個人としてももっともっとゴールに向かう姿勢、高い位置でボールを受けられれば良かったと思います」と、結果は良かったものの、自身のパフォーマナスには満足していないようだ。 周りとの連携については「北川選手とだけじゃなく、田中選手との絡みであったり、自分が真ん中で抜けることでスペースが空くこともわかっていたので、そこで絡むことの連携は練習でよく出ていたので、そこを出せたと思います」と、トレーニングでイメージできていたことが、しっかりと出せていたようだ。 自身の特徴であるライン間でのボールを受けることもできていた上野。「後ろの選手が選択肢をいくつか持てるようにということをイメージしていて、外にいても出せるし、中にもつけられる立ち位置を意識しました」とコメント。ビルドアップをスムーズにするパフォーマンスも、久々の出場で見事だった。 <span class="paragraph-title">【動画】上野真実の折り返しが見事な先制ゴールに繋がる!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="LaY9huyAHiw";var video_start = 122;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 21:35 Thu

なでしこジャパンの長谷川唯と熊谷紗希がファンにメッセージも、注目は可愛すぎる五輪メガネ姿に「そのメガネ欲しい」「どこかで買えるの」

なでしこジャパンのDF熊谷紗希(ローマ)とMF長谷川唯(マンチェスター・シティ)の2人が、お茶目な姿でファンへのメッセージを送っている。 28日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦が国立競技場で行われ、なでしこジャパンは北朝鮮女子代表と対戦した。 サウジアラビアで行われた第1戦はゴールレスドローで終わっていた中、日本は前半26分にDF高橋はなのゴールで先制すると、後半32分にMF藤野あおばが貴重な追加点をマーク。前半45分にはGK山下杏也加のファインセーブもあり、終盤に1点を返されたものの、北朝鮮の反撃を1点に抑え、2-1で勝利。2大会連続6度目のオリンピック出場を決めていた。 主将の熊谷と中盤の要である長谷川は、ともに先発フル出場。チームを引っ張り、勝利へと導いていた。 その2人が、応援してくれたファンに感謝のメッセージ。オリンピックの5つの輪をかたどったカラフルなメガネを額にかけながら、カメラに向かって「パリオリンピック出場を決めました。皆さん、応援ありがとうございます」と感謝のメッセージを伝えている。 オリンピックの公式X(旧ツイッター)の日本語アカウントでその様子が公開されると、メッセージだけでなくメガネ姿に注目が寄せられることに。「そのメガネ欲しい」、「2人とも可愛らしい そのオリンピックメガネどこかで買えるのかしら」、「2人とも、めちゃ似合う」、「試合直後の対応力と可愛さの破壊力」と反響が寄せられていた。 <span class="paragraph-title">【動画】話が入ってこない!熊谷紗希と長谷川唯が五輪メガネ姿でメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">なでしこジャパンの熊谷紗希選手と長谷川唯選手からメッセージ<br><br>あたらめて <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%91%E3%83%AA2024?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#パリ2024</a> 出場権獲得、おめでとうございます<a href="https://twitter.com/maybe10_?ref_src=twsrc%5Etfw">@maybe10_</a> <a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_nadeshiko</a> <a href="https://twitter.com/Paris2024?ref_src=twsrc%5Etfw">@Paris2024</a> <a href="https://t.co/o0EI16gscc">pic.twitter.com/o0EI16gscc</a></p>&mdash; オリンピック (@gorin) <a href="https://twitter.com/gorin/status/1762846022232133945?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 19:25 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly