死の組突破は「当たり前のことではない」 CL決勝T進出にドルトムント指揮官が喜び

2023.11.29 10:00 Wed
CL決勝トーナメント進出を決めたエディン・テルジッチ監督
Getty Images
CL決勝トーナメント進出を決めたエディン・テルジッチ監督
ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント進出を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。
PR
28日、敵地でのCLグループF第5節でミランと対戦したドルトムント。勝てばグループステージ突破が決まる一戦、いきなりPKを献上しながらGKグレゴール・コベルが見事なストップを見せると、逆に得たPKをこちらはMFマルコ・ロイスが決めて先制。一度は追いつかれたものの、59分にMFジェイミー・バイノー=ギテンスの得点で再度勝ち越すと、10分後にはFWカリム・アデイェミにもゴールが生まれリードを広げ、そのまま3-1で勝利した。
これにより、ドルトムントのCL決勝トーナメント進出が決定。死の組とも呼ばれたグループを1試合残して突破したことについて、テルジッチ監督は喜びを露わにしている。

「この死の組にあって、早い段階でグループステージ突破を決められて非常に嬉しい。アウェイの試合で2勝できたことについても、当たり前ではなかった」

「チームドクターは事前に、誰が30分プレーできるか、誰が45分プレーできるか、誰が60分プレーできるかについて教えてくれた。ここから日曜までは試合がないから、回復する時間も少しあるだろう」

PR
関連ニュース

古巣ボルシアMG復帰が噂のロイス、MLS行きも選択肢に?

ドルトムントの元ドイツ代表MFマルコ・ロイス(34)にアメリカのクラブも興味を示しているようだ。 ドルトムントの下部組織出身で、2012年夏にボルシアMGから古巣へと戻ったロイス。加入初年度からチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に貢献すると、ケガに悩まされながらも攻撃の柱として活躍し、在籍12シーズンで通算415試合出場、167ゴール126アシストを記録してきた。 契約を1年延長し、5年務めたキャプテンの座を退いて迎えた今シーズンは、ここまで公式戦28試合でプレー。6ゴール5アシストの数字を残しているが、さらなる契約延長の可能性は限りなく低いとみられており、ブレイクのきっかけを掴んだボルシアMGへの今夏の復帰が取り沙汰されている。 しかし、動いているのはボルシアMGだけではないようで、フランス『フット・メルカート』によると、メジャーリーグ・サッカー(MLS)の複数クラブが獲得に向け列をなしているとのこと。ロイスは契約が残り半年を切ったことから他クラブと自由に交渉を行える状況にあり、今後の進展は要注目となる。 2024.02.27 19:10 Tue

PSGはドンナルンマのパフォーマンスに不満? 今夏にドルトムントのスイス代表GK獲得を希望か

パリ・サンジェルマン(PSG)がドルトムントのスイス代表GKグレゴール・コベル(26)に関心を示しているようだ。 PSGは2021年夏に加入したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(24)が守護神を務め、今シーズンも公式戦29試合に出場。しかし、ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとクラブは時折ミスも見られるイタリア代表GKのパフォーマンスについて、必ずしも満足しているわけではないという。 今夏に将来的な守護神探しを計画とも報じられるPSGだが、すでにコベルの代理人に接触したとのこと。今シーズンのブンデスリーガで29試合に出場して安定したプレーを見せる守護神を、クラブは高く評価しているようだ。 コベルとドルトムントの契約は2028年夏まで残るが、選手本人はリーグ・アン行きの可能性も除外していない模様。かつてはチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムからも関心を寄せられていた人気銘柄だけに、今後さらに関心を示すクラブが増える可能性もありそうだ。 2024.02.27 13:45 Tue

ドルトムント、テルジッチ監督の去就不透明に…

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督の去就が再び不透明な状況に…。ドイツ『スカイ』が報じている。 テルジッチ体制2年目のドルムントは、チャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン、ミラン、ニューカッスルと同居した“死の組”を首位通過。ラウンド16初戦のPSV戦も敵地で1-1のドローとまずまずの状況にある。 その一方で、DFBポカールでのラウンド16敗退に加え、ブンデスリーガでは首位のレバークーゼンと20ポイント差の4位に甘んじている。 公式戦6試合未勝利でウィンターブレークに突入した際にクラブは同監督の続投を決断。ただ、今年に入ってからのリーグ戦では下位7クラブとの対戦において4勝2分け1敗と目に見える改善は見られず。トップ7との対戦を残す今後の戦い次第では、最低限のノルマであるトップ4フィニッシュを逃す可能性も危惧される。 なお、テルジッチ監督は26日のトレーニングを早退したが、これは体調不良が原因だったようだ。 仮に、ドルトムントが同監督の更迭を決断した場合、今冬にアシスタントコーチとして招へいしたヌリ・シャヒン氏、スベン・ベンダー氏のクラブOB2人が暫定指揮官として今シーズン終了までチームを率いる可能性もあるとのことだ。 2024.02.26 22:24 Mon

ホッフェンハイムとのシーソーゲームを落としたドルトムント、9戦ぶり黒星【ブンデスリーガ】

ドルトムントは25日、ブンデスリーガ第23節でホッフェンハイムをホームに迎え、2-3で打ち負けた。 前節ヴォルフスブルクに引き分けた4位ドルトムント(勝ち点41)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグではPSVに敵地でドローとした。そのドルトムントは最前線にフュルクルク、2列目に右からサンチョ、ロイス、マレンと並べる[4-2-3-1]で臨んだ。 9位ホッフェンハイム(勝ち点27)に対し、ドルトムントは開始2分に失点する。ジャンの横パスをベブにカットされ、そのままシュートを決められた。 まずい入りとなったドルトムントは7分、CKのサインプレーからザビッツァーがGK強襲のシュートを浴びせると、20分に決定機。マレンがザビッツァーのパスをボックス左で引き出してシュートに持ち込んだが、GKバウマンの好守に阻まれた。 それでも1分後に同点とする。ブラントの左CKをニアのロイスが頭で逸らしマレンがボレーで押し込んだ。さらに25分、一気に逆転する。ロイスのピンポイントFKからシュロッターベックのヘディングシュートが決まった。 逆転以降はドルトムントが流れを引き寄せ、敵陣でのプレーを続けた中、2-1で前半を終えた。 しかし迎えた後半、57分にリエルソンのミスパスからバイアーに決定的なシュートを許したドルトムントは、61分にロングカウンターを受けて同点とされる。 フュルクルクのロストからバイアーに持ち上がられると、ボックス手前から打たれたミドルシュートがディフレクトしネットが揺れた。 さらに65分、シュタハにディフェンスライン裏を取られてボックス内へ侵入されると、ラストパスをバイアーに押し込まれた。 再び追う展開となったドルトムントが前がかる中、69分にCKからロイスがGK強襲のシュートを浴びせると、75分にはマレンのパスを受けたフュルクルクがボックス左から決定的なシュートを放つも枠外へ。 その後、アデイェミ、ムココ、バイノー=ギテンスとアタッカーを投入したドルトムントは82分、ザビッツァーのミドルシュートがボックス内のグリリッチュの手に当たるもPKとはならず。 結局、追加タイムにFKからフリーのジャンがヘディングシュートに持ち込むも枠を外して2-3で敗戦。9戦ぶりの黒星となった。 2024.02.26 03:32 Mon

やはりサンチョにユナイテッドでの未来なし? 指揮官と不和でレンタル放出中

マンチェスター・ユナイテッドにイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(23)をとどめておくプランはやはりなさそうだ。 エリク・テン・ハグ監督と衝突した末に今冬ドルトムントへレンタル移籍で帰還することとなったサンチョ。イングランド代表からは2021年10月を最後に2年以上フェードアウト中だ。 もはやユナイテッドの構想に入っていないとされる23歳については、これまでもドルトムントから戻ってくる2024年夏の売却が報じられてきたが、やはりこの公算は高そうだ。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ユナイテッドは次なる補強に向けて既存戦力の”売り”=資金調達が必須。ファンなら誰しも何人かの選手が浮かび上がるが、中でもサンチョはその1人であることが確実だという。 サンチョは契約を2026年6月まで残し、週給は29万ポンド(約5530万円)。移籍金7300万ポンド(現レートで約139億2000万円)で2021年夏に加入後、公式戦82試合で12ゴール6アシストという数字を記録している。 いい買い手が見つかるのが、サンチョ本人にとっても良さそうだが、果たして。 2024.02.24 17:05 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly