ポグバの後釜を探すユベントス、ボローニャのスコットランド代表MFファーガソンに関心か

2023.11.25 00:01 Sat
Getty Images
ユベントスがボローニャのスコットランド代表MFルイス・ファーガソン(24)に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

母国のハミルトンのアカデミーで育ったファーガソンは、2018年7月に移籍したアバディーンで公式戦168試合に出場して37ゴール23アシストを記録。
この活躍が認められ、2022年7月にボローニャへ活躍の場を移すと、加入初年度からセリエAで32試合に出場し7ゴールを挙げる活躍をみせてプチブレイク。今季もセントラルMFの主力としてここまで公式戦12試合に出場し3ゴール4アシストをマークしている。

ミランやラツィオなど多くのクラブから関心を示されているファーガソンだが、今回の報道によれば、ドーピング問題で出場停止中のフランス代表MFポール・ポグバの後釜を探すユベントスが来年1月の獲得に本腰を入れており、移籍金1750万ポンド(約33億円)オファーを提示するとのことだ。

なお、ポグバの後釜を探すユベントスは、ストラスブールのU-21フランス代表MFハビブ・ディアラ(19)にも関心を示していたが、同選手は23日にストラスブールと2028年まで契約を延長しており、今冬での獲得を見送る可能性が高くなったようだ。
関連ニュース

【セリエA第32節プレビュー】公式戦連勝のユベントスがトリノとダービー

前節はチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うローマ・ダービーが行われ、ローマがウノゼロ勝利として5位の座を堅守した。そして首位インテルがウディネーゼに競り勝ち、スクデットまで8ポイントとしている。迎える第32節、3位ユベントス(勝ち点62)が9位トリノ(勝ち点44)とのダービーに臨む。 前節フィオレンティーナ戦、DFガッティのゴールを守り抜いてウノゼロ勝利としたユベントス。守護神シュチェスニーに救われた面もあったが、コッパ・イタリアのラツィオ戦に続く公式戦連勝とした中、今季の1stマッチ同様にダービーを制して波に乗りたいところ。ベストメンバーで臨める点も連勝に期待が懸かる。 3季ぶりのスクデットが目前に迫っている首位インテル(勝ち点82)は13位カリアリ(勝ち点30)と対戦。インテルは前節ウディネーゼ戦、MFフラッテージの後半追加タイム弾で劇的逆転勝利。相手GKオコイェの好守に阻まれ苦戦したが、終わってみれば勝ち切る強さを見せ付けた。今節は主砲FWラウタロを出場停止で欠くが、代役のFWサンチェスが穴を埋められるかに注目だ。 2位ミラン(勝ち点68)は19位サッスオーロ(勝ち点25)と対戦。前節レッチェ戦をFWジルー、FWレオン、FWプリシックと前線の3選手が揃ってゴールを挙げ快勝としたミラン。公式戦7連勝とした中、木曜に行われたローマとのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝ではホームでウノゼロ敗戦となった。公式戦連勝が止まってしまったが、勝利を取り戻してローマとの2ndレグに向かえるか。 そのミランにDFマンチーニの公式戦連発弾で勝利した5位ローマ(勝ち点55)は15位ウディネーゼ(勝ち点28)と対戦。ダービーでは大半の時間帯で主導権を握った上での勝利、そしてミランとのELではシステムを相手に合わせて主導権を握るなど、デ・ロッシ監督の手腕が光っている。前節インテルに善戦したウディネーゼを退け、ミランとのリターンマッチに臨みたい。 金曜にはMF鎌田の8位ラツィオ(勝ち点46)が最下位サレルニターナ(勝ち点15)と対戦する。前節ローマ・ダービーでは守勢の展開を強いられた中、ウノゼロ敗戦となったラツィオ。2シャドーの一角で先発となった鎌田は後半序盤にネットを揺らす場面があったものの、オフサイドに阻まれた。引き続き先発予想となっている鎌田にはゴールに絡むプレーを期待したい。 途中出場のFWポリターノ、FWラスパドーリ弾でモンツァを退け、公式戦5試合ぶりの勝利を飾った7位ナポリ(勝ち点48)は18位フロジノーネ(勝ち点26)と対戦する。 ◆セリエA第32節 ▽4/12(金) 《27:45》 ラツィオvsサレルニターナ ▽4/13(土) 《22:00》 レッチェvsエンポリ 《25:00》 トリノvsユベントス 《27:45》 ボローニャvsモンツァ ▽4/14(日) 《19:30》 ナポリvsフロジノーネ 《22:00》 サッスオーロvsミラン 《25:00》 ウディネーゼvsローマ 《27:45》 インテルvsカリアリ ▽4/15(月) 《25:30》 フィオレンティーナvsジェノア 《27:45》 アタランタvsヴェローナ 2024.04.12 18:00 Fri

評価高めるモッタ監督にユベントスが動く? ボローニャとの契約は今季終了まで

評価を高めるボローニャのチアゴ・モッタ監督(41)だが、新シーズンもセリエAに留まる可能性が高いようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 現役時代はバルセロナやインテル、パリ・サンジェルマン(PSG)などのビッグクラブでプレーし、数多くのタイトルを獲得してきたモッタ監督。指導者の道を歩み始めてからはジェノア、スペツィア・カルチョを経て、2022年にボローニャの監督に就任した。 ボローニャでは優れた手腕を発揮しており、今シーズンはセリエAで31試合を消化して4位と好位置をキープ。トップ4争いに加わるサプライズを見せており、ビッグクラブからも注目の指揮官となっている。 そんな中で、スペインとイタリアの移籍市場に精通するマッテオ・モレット氏によるとモッタ監督にはユベントスが関心を強めているとのこと。マッシミリアーノ・アッレグリ監督が今シーズン限りで退任する可能性があり、クラブは若手指揮官を後任に望んでいるようだ。 モッタ監督には同じくエリク・テン・ハグ監督の去就が不透明となっているマンチェスター・ユナイテッドからの関心もあるものの、現時点で指揮官は慣れ親しんだイタリアに残る可能性が高い模様。一方で、今季限りで契約が満了となるボローニャも契約延長をまだ諦めておらず、去就が注目されている。 2024.04.10 11:15 Wed

来季への準備進めるユベントス、ラツィオのフェリペ・アンデルソン獲得に接近

ユベントスがラツィオの元ブラジル代表FWフェリペ・アンデルソン(30)の獲得に近づいているようだ。 現在セリエAで3位につけ、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が近づくユベントス。新フォーマットで開催されるFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2025への出場も決まっており、クラブは新シーズンに向けて選手層拡大を模索している。 そんな中で、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ユベントスはフェリペ・アンデルソンの獲得に接近。ラツィオとの契約が今シーズンで満了となる同選手の、フリーでの加入が決定間近とのことだ。 フェリペ・アンデルソンは2013年夏に母国クラブのサントスからラツィオへ加入。その後、ウェストハム、ポルトでのプレーを経て2021年からラツィオに復帰すると、今シーズンも公式戦43試合3ゴール7アシストの成績を残すなど主力としてプレーしている。 ユベントスとフェリペ・アンデルソンの交渉は、すでに最終段階へ入っている模様。近日中に、加入が正式決定する可能性もあると予想されている。 2024.04.09 11:20 Tue

ユベントスとインテルの圧倒的な実力差をロカテッリも認める「僅差のゲームができると思っていたけど」

ユベントスのイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリが、インテルとの実力差を認めた。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 名門再建を目指し比較的順調に今季を走り出したユベントス。ある時期まで首位インテルにぴったりくっつく2位をキープしてきたが、直接対決を落とし、調子を乱され、勝てなくなった。 厳密に言えば、インテルに敗れたことで調子を乱されたのではなく、試合中からシモーネ・インザーギ監督率いるインテルと、マッシミリアーノ・アッレグリ監督率いるユベントスの実力差は歴然。カルチョの識者たちは一様に「ユーベはインテルと対峙し、試合が終わる前に自信を打ち砕かれた」との旨を主張する。 そんな見解に対し、7日のフィオレンティーナ戦直後に『DAZN』のインタビューに答えたロカテッリは「僕らは自分たちを直視すべき状況にある。今季いくつかの試合は本当に酷いものだった。インテルとも僅差のゲームができると思っていたのけど、正直に言ってあの一戦の失望はあまりに大きく、代償を払うことになったんだ」と完全同意。インテルとの実力差を認める。 「僕らは時々間違った選択で試合に臨んでいる。間違いなく僕らにも改善の余地はあるし、もっともっとボールを保持しなければならない。その過程で相手に及ばない試合があるのはいい」 ユーベ愛溢れるロカテッリは同時に、近々の目標を明確にする。 「とにかくチャンピオンズリーグ(CL)出場権とコッパ・イタリアの決勝戦進出はマストだ。昨季は悲惨なシーズンだったし、今季再びトロフィーを掲げたいんだ」 2月上旬のインテル戦から不振続きだったユベントスも、フィオレンティーナ戦勝利で公式戦2連勝。なるべく良い形で今季を終えたい。 2024.04.08 21:55 Mon

復調の兆し見せるユベントス、リーグ5試合ぶり勝利に指揮官満足「日々改善し、目標を達成しようとしている」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がセリエA5試合ぶりの勝利を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 前節のラツィオ戦を落とし、4試合未勝利のユベントス。2日のコッパ・イタリア準決勝1stレグではラツィオに対してリベンジに成功した中、公式戦2連勝をかけ、7日の第31節フィオレンティーナ戦に臨んだ。 立ち上がりから押し込んだユベントスはCKからイタリア代表DFフェデリコ・ガッティがポストの跳ね返りを押し込み、21分に先制。セルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチの幻のゴールもありながら1点リードで折り返すと、後半はピンチを凌ぎきり、1-0で逃げ切った。 4位ボローニャとの差を広げたアッレグリ監督は試合後、前半と後半の内容の変化に言及。苦戦を強いられたと述べている。 「前半は多くの時間でプレーし、複数の有利な状況を作リ出した。リードを2倍にすることもできた。後半も継続しようとしたが、それが簡単ではないことはわかっていた」 また、同点弾を許さなかったポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーについては「彼は素晴らしいセーブを見せた」と個人的に称賛。他選手の戦いぶりにも満足感を示した。 「チーム全体が結果を求めようとする精神や意欲を持ってよくやってくれたし、選手たちは並外れた能力を持っている。我々は日々改善し、自分たちの目標を達成しようとしている」 2024.04.08 14:42 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly