徳島MF玄理吾がソシエダの練習参加、育成業務提携の一環「学んできます!」

2023.11.17 16:40 Fri
ソシエダのトレーニングに参加する徳島MF玄理吾
©︎J.LEAGUE
ソシエダのトレーニングに参加する徳島MF玄理吾
徳島ヴォルティスは17日、MF玄理吾(19)がレアル・ソシエダの練習に参加することを発表した。

玄理吾は静岡学園高校から2022年に徳島に加入。プロ1年目は明治安田生命J2で14試合に出場。YBCルヴァンカップで6試合1得点、天皇杯で2試合1得点を記録していた。
2年目の今シーズンはJ2で19試合に出場。9月には日本国籍も取得していた。

徳島はソシエダと育成業務提携を結んでおり、その一環での参加となる。

玄理吾はクラブを通じてコメントしている。
「まずはこのような機会をいただけたことに感謝しています。たくさんのことを吸収して、今の自分に何ができて、何ができないのかを練習参加を通して学んできます!」
関連ニュース
thumb

昨季の上位同士対決は山形が制す! J1昇格に一歩及ばずの清水は逆転勝利スタート【明治安田J2開幕節】

25日、明治安田J2リーグ開幕節の7試合が各地で行われた。 昨シーズンJ2・5位のモンテディオ山形は、J2・6位で共に昇格プレーオフを戦ったジェフユナイテッド千葉とのアウェイゲーム。先制したのはホームの千葉で、11分に右CKから鈴木大輔がヘディングで合わせた。 しかし、1点ビハインドで後半を迎えた山形は、途中出場の高橋潤哉が54分、60分と立て続けにゴールを奪い逆転に成功。後半アディショナルタイムには坂本亘基が勝利を決定づける3点目を決め、最後に1点を返されながらも2-3の勝利を掴んだ。 J1昇格まであと一歩だった昨シーズン4位の清水エスパルスは、天皇杯で4強入りの快進撃を見せたロアッソ熊本と敵地で対戦。熊本は39分、豊田歩のクロス性のFKが直接ゴールに吸い込まれ、1点リードで試合を折り返す。 対する清水は後半に反撃。60分に山原怜音がゴール右隅を撃ち抜くと、終盤には原輝綺のクロスがオウンゴールを誘発。1-2の逆転勝利で飾った。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で惜しくもラウンド16敗退のヴァンフォーレ甲府は、中3日のJ2開幕節で徳島ヴォルティスの本拠地に乗り込んだ。甲府は8分、三平和司がクロスを押し込んで先手を取り、19分には三平のアシストから宮崎純真が追加点を奪う。 後半に入ると、杉本太郎のゴールで徳島が詰め寄るが、宮崎の追加点で甲府が再び2点差に。終盤にはエドゥアルド・マンシャとピーター・ウタカがダメ押しし、大量5得点の快勝でACL敗退を払拭した。 その他、昨シーズンJ3制覇の愛媛FCは窪田稜のゴールを守り抜き、ブラウブリッツ秋田に1-0で勝利。同じく昇格組の鹿児島ユナイテッドFCは、ザスパ群馬に先制されながらも追いつき、引き分けに持ち込んでいる。 ◆明治安田J2リーグ開幕節 ▽2月25日(日) 愛媛FC 1-0 ブラウブリッツ秋田 ファジアーノ岡山 3-0 栃木SC ロアッソ熊本 1-2 清水エスパルス ジェフユナイテッド千葉 2-3 モンテディオ山形 ザスパ群馬 1-1 鹿児島ユナイテッドFC 徳島ヴォルティス 1-5 ヴァンフォーレ甲府 大分トリニータ 1-1 ベガルタ仙台 ▽2月24日(土) 水戸ホーリーホック 1-0 いわきFC 横浜FC 1-1 レノファ山口FC 藤枝MYFC 0-0 V・ファーレン長崎 2024.02.25 16:49 Sun

2015年広島で21発のドウグラスが現役引退…計6つのJクラブでプレー、昨季限りで柏退団

昨季まで柏レイソルでプレーしたブラジル人FWドウグラス(36)が現役引退を表明した。 Jリーグでは柏のほか、徳島ヴォルティス、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島、清水エスパルス、ヴィッセル神戸でもプレーしたドウグラス。Jリーグ通算261試合の出場数を誇り、ゴール数は93得点を積み上げた。 J1リーグでは広島時代の2015年に21ゴールを決め、チームの優勝に貢献。柏では2022年に加入したが、ケガに苦しみ、1年目が10試合で4ゴール、2年目が7試合で0ゴールと振るわず。昨年をもって退団が決まった。 それからフリーが続いたドウグラスは15日に自身のインスタグラムにポルトガル語、英語、そして日本語で引退意向とともに、感謝の意を述べた。 「今日を持ってはプロサッカー選手として引退することになります。プロ選手として常に高い意識を持ちながら全ての可能な目標を達成できるように努力をしてきました。 「プロの選手になるという夢を叶えるためには、可能な事だけでなく、不可能と思われる事も追求しなければなりません。子どもの頃の夢で人生が変わっていきます。時には子供であっても大人のような対応を求められることもあり適応能力を養わなければならない」 「不利な状況の中、他人から否定される事があったり、運がついていないと思う様な状態であったとしても、夢の実現への執念をもって日々過ごしてきました」 「自分自身、出来る努力は全てしながらいつか必ず努力は報われ、夢は叶うと信じ、神様への感謝を持ちながら祈り続けました。そして幼い頃からの夢を叶える事が出来たのです」 「しかし、神様無しではどれだけ努力しようとも、自分自身だけの力ではこの夢は叶えられなかったと思います。神様への感謝、そして、私の夢を応援し信じてくれた周りの人達にも心から感謝の気持ちでいっぱいです。今でも日々感謝の祈りを捧げています」 「サッカー選手になれた事はまさしく私の人生のターニングポイントであり、私や家族の人生をも変えてくれました。世界中で愛されているスポーツがこの様に私の人生において変化をもたらしてくれ、多くの意味で私を成長させてくれたと思います」 「引退は間近であると感じていました。その事実を自覚しながら、プロサッカー選手になる為に必死に努力してきた様に、今度は現役続行出来る様にと必死でした。ここ2年間は身体の調子が良くなくて怪我(膝)との戦いを強いられました」 「あらゆる手段を使いながら毎日練習出来る喜びを感じました。そして、サッカー選手として味わう事の出来る試合前の緊張感こそ特権であると感じました。これまで私と共に歩み、私の人生に価値を与えてくれた人々のお陰で私は目標を達成する事が出来、勝者になれました」 「今の自分の気持ちを一言で言うならば”感謝”です。私の人生に多くの恵みを与えて頂いた神様に感謝します。妻のジゼッレや娘達のタイケとドゥアちゃんは私が喜びや成功した時、また、苦しみや悲しみの中力が尽きそうな時も常に支えてくれました」 「もうここにはいない母親のジェザは昼夜にも関わらず、いつも跪き神様に私の命のために熱心に祈ってくれてました。母はずっと私の心の中にいます」 「私の6人の兄弟姉妹のエヴァ、エリザマ、ダリラ、ランフィロ、ラヤンとマテウスが一緒に苦労し私を支えてくれました。いつも私を応援してくれた親戚や真の友人。そしてサッカーで出会った親友や17年間共にプレーした各クラブのチームメイト、コーチングスタッフと監督に心から感謝してます」 「最後に私を応援し、支えてくれたファンの皆様、プレーひとつひとつに対して喜び、私を後押しし名前を叫んでくれてゴールの瞬間にその感情を爆発させました。17年間本当にありがとうございました!」 2024.02.16 09:25 Fri

J2徳島からレンタル移籍中のDFカカ、買取義務の回避決定したアトレチコ・パラナエンセで構想外に

徳島ヴォルティスが保有するブラジル人DFカカ(24)。レンタル移籍先のアトレチコ・パラナエンセ(アトレチコPR)を離れて新天地へ向かう可能性があるようだ。ブラジル『グローボ』が伝えている。 カカはブラジルの名門クルゼイロから2021年2月に徳島入り。2021シーズンのJ1で26試合、2022シーズンのJ2で33試合出場も、2023シーズンは夏場までにJ2で10試合出場にとどまり、アトレチコPRへとレンタル移籍する。 アトレチコPRでは2023シーズン後半戦の加入で即座に定位置を掴み、公式戦「20」試合にいずれも先発出場。しかし、レンタル契約が2024年6月までとなっているなか、すでに新シーズンの構想から外れているという。 現段階でカカはチーム練習から外れて個別トレーニング。アトレチコPRはカカが公式戦「30」試合出場到達により、1720万レアル(約5億1600万円)の買い取り義務が生じる契約を徳島と締結したとされ、支払い回避を決定したようだ。 なお、これによってカカが徳島へレンタルバックするかどうかは不透明。徳島との契約を2025シーズンまで残すなか、アトレチコPRと同じブラジル1部の他クラブから徳島に問い合わせがあるとみられている。 2024.01.22 20:10 Mon

徳島が34歳エウシーニョの契約更新を発表! 「今年も共に戦いましょう」

徳島ヴォルティスは22日、DFエウシーニョ(34)と2024シーズンの契約を更新したと発表した。本日22日の宮崎キャンプから合流する予定だという。 かつて川崎フロンターレで2017年からのJ1リーグ連覇に貢献し、いずれのシーズンでもベストイレブンに輝いた攻撃的右サイドバックは清水エスパルスでのプレーを挟み、2022年4月に徳島入りした。 昨年はケガの影響もあってJ2リーグ9試合で1ゴールに終わったが、来るシーズンも徳島でプレーする運びに。クラブの公式サイトを通じて、決意を新たにしている。 「チームに貢献できるように頑張ります。素晴らしいシーズンにするために今年も共に戦いましょう」 2024.01.22 15:15 Mon

徳島と契約満了のDF吹ヶ徳喜が26歳で現役引退 「4年間楽しかった思い出ばかり」

徳島ヴォルティスは14日、DF吹ヶ徳喜(26)の現役引退を発表した。 吹ヶは名古屋グランパスの下部組織出身で、阪南大学を経て2020年に徳島ヴォルティスへ入団。2年目の2021シーズンに明治安田生命J1リーグ開幕節の大分トリニータ戦でプロデビューし、この年は公式戦8試合に出場した。 2022シーズンはFC今治へ期限付き移籍したものの、J3で1試合の出場に終わり、徳島に復帰した2023シーズンは出番が訪れず。昨年11月には契約満了が発表されていた。 吹ヶはクラブを通じてコメントしている。 「現役を引退することになりました。4年間のプロ生活で、徳島ヴォルティス、FC今治に関われたことを幸せに思っています。学生時代は名古屋グランパス、阪南大学にも、プロ選手になるまで育ててもらい感謝しています」 「苦しいこともありましたが、4年間楽しかった思い出ばかりで、素晴らしい出会いに恵まれました。ファン、サポーターの皆さんには、こんな僕でしたが応援してもらい、声をかけていただきありがとうございました」 「ポカリスエットスタジアムでのJ1ホーム初勝利の瞬間、ピッチに立てていれたことは一生の思い出です。お世話になりました。ありがとうございました」 2024.01.14 16:07 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly