「素敵やね」「こういうのいい」WEリーグ歴史的初勝利のC大阪L、試合後には清武弘嗣と丸橋祐介が激励に「レディース嬉しそう」

2023.11.13 21:45 Mon
クラブにとってのWEリーグ初ゴールを挙げた矢形海優
©WE LEAGUE
クラブにとってのWEリーグ初ゴールを挙げた矢形海優
セレッソ大阪ヤンマーレディースの初陣に男子チームの清武弘嗣丸橋祐介が応援に駆け付けた。今シーズンからWEリーグに新規参入したC大阪は、2023-24WEリーグカップでグループAで3勝1分け1敗の2位と好成績を残し、満を持して12日のリーグ開幕戦に臨んだ。
ホームのヨドコウ桜スタジアムにジェフユナイテッド市原・千葉レディースを迎え、60分に矢形海優が挙げたゴールを守り切って1-0で勝利。クラブにとってのリーグ初ゴール、そして、記念すべき初勝利を手にした。

この試合には男子チームの清武と丸橋も観戦に訪れていた。

試合後にはロッカールーム前まで顔を出し、レディースの選手を激励。キャプテンの脇阪麗奈やスコアラーの矢形が喜ぶ姿をC大阪の公式X(旧:ツイッター)が公開している。
ファンからも「素敵やね」、「こういうのいいね」、「レディースちゃん達嬉しそう。嬉しいよね。キヨちゃんもマルもいい兄貴」、「激闘の後にこの激励、これは彼女たちも嬉しいよね」などの声が届けられた。

清武から開幕直前にも応援メッセージが届くなど、C大阪は男女の垣根を越えた企画も数多い。それぞれのチームへの相乗効果も期待できそうだ。

1 2
関連ニュース

浦和のなでしこFW清家貴子が「9」試合連続ゴールでJ1記録のサリナス超え、Jリーグ記録にも並ぶ! 大宮Vとの“さいたまダービー”で快勝、2位I神戸はS広島Rに敗れる【WEリーグ】

18日、2023-24WEリーグ第15節の6試合が行われた。 ミッドウィーク開催となった今節。大宮アルディージャVENTUSと三菱重工浦和レッズレディースの“さいたまダービー”がNACK5スタジアム大宮で行われた。 7連勝と圧倒的な強さを見せつけて首位に立つ浦和。なでしこジャパンのFW清家貴子は8試合連続ゴールのWEリーグ新記録を更新中となっている。 試合は開始2分に伊藤美紀のゴールが決まり浦和が早々に先制すると、出鼻をくじかれて浮き足立ってしまった大宮Vを尻目に、10分、14分と島田芽依が連続ゴール。あっという間に3点のリードを奪った。 すると24分には待望のゴール。塩越柚歩のスルーパスを受けた清家がボックス内で反転し右足シュート。これがニアサイドを抜いてゴール。ついに連続ゴールを「9」に伸ばした。 なお、9試合連続ゴールは日本のトップリーグで最長記録に。Jリーグでは元スペイン代表FWフリオ・サリナスが横浜マリノス時代にシーズンを跨いで8試合連続ゴールを記録。清家はこの記録を抜いて「9」とした。なお、Jリーグ記録は2015年のJ3でレノファ山口FCの岸田和人が9試合連続ゴールを記録しており、日本記録とも並んだ。 あっという間に4点を奪った浦和は、なでしこジャパンの活動や連戦の疲労を考慮し、石川璃音を前半途中で下げる策に。また後半開始時にも、清家、島田のスコアラーと栗島朱里を下げるなど選手を入れ替えると、後半はあまり押し込むことができずに0-4のまま勝利を収め、8連勝を達成した。 2位のINAC神戸レオネッサはアウェイでサンフレッチェ広島レジーナと対戦。S広島Rは新スタジアムのエディオンピースウイング広島で初勝利を収めたい中、12分と34分に藤生菜摘が連続ゴール。I神戸はなかなかチャンスを作れずに2-0で敗戦。試合消化に差がありながら、首位の浦和との勝ち点差が「7」に開くこととなった。 3位のアルビレックス新潟レディースは、アウェイでちふれASエルフェン埼玉と対戦。34分に道上彩花のゴールで先制するも、49分に吉田莉胡のゴールで追いつかれる。1-1のまま試合が終わるかと思われたが、後半アディショナルタイム2分に児野楓香のゴールが決まり、1-2で勝利を収めた。 その他、日テレ・東京ヴェルディベレーザはホームにノジマステラ神奈川相模原を迎えて3-1で快勝。ジェフユナイテッド千葉レディースvsセレッソ大阪ヤンマーレディースは0-2でC大阪が勝利。AC長野パルセイロ・レディースvsマイナビ仙台レディースは2-2の引き分けに終わった。 ◆2023-24WEリーグ第15節 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3-1 ノジマステラ神奈川相模原 大宮アルディージャVENTUS 0-4 三菱重工浦和レッズレディース ちふれASエルフェン埼玉 1-2 アルビレックス新潟レディース ジェフユナイテッド千葉レディース 0-2 セレッソ大阪ヤンマーレディース AC長野パルセイロ・レディース 2-2 マイナビ仙台レディース サンフレッチェ広島レジーナ 2-0 INAC神戸レオネッサ ◆順位表 1位:三菱重工浦和レッズレディース(勝ち点41/+28/16試合) 2位:INAC神戸レオネッサ(勝ち点34/+17/15試合) 3位:アルビレックス新潟レディース(勝ち点32/+7/16試合) 4位:日テレ・東京ヴェルディベレーザ(勝ち点29/+16/15試合) 5位:大宮アルディージャVENTUS(勝ち点20/-6/15試合) 6位:サンフレッチェ広島レジーナ(勝ち点19/0/15試合) 7位:ちふれASエルフェン埼玉(勝ち点19/-3/15試合) 8位:ジェフユナイテッド千葉レディース(勝ち点16/-5/15試合) 9位:マイナビ仙台レディース(勝ち点15/-11/15試合) 10位:セレッソ大阪ヤンマーレディース(勝ち点14/-9/15試合) 11位:AC長野パルセイロ・レディース(勝ち点14/-10/15試合) 12位:ノジマステラ神奈川相模原(勝ち点2/-24/15試合) <span class="paragraph-title">【動画】浦和FW清家貴子が圧巻の「9」試合連続ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="imQ1WiIeyFs";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.18 21:55 Thu

小山史乃観が開幕戦で加入後初得点!タップインゴールでユールゴーデンでの初勝利も掴む

ユールゴーデンIFのU-20日本女子代表MF小山史乃観が加入後初ゴールをマークした。 2月にセレッソ大阪ヤンマーレディースからユールゴーデンへ加入した小山。AFC U20女子アジアカップを準優勝で終えて再びチームに合流し、3月24日のスウェーデン・カップで海外公式戦デビューを果たしていた。 リーグ開幕戦となった13日のダーム・アルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部)、ホームでのトレッレボリ戦にも2列目で先発フル出場。早速結果も残した。 テレーズ・オースランドが29分に先制点を奪い、リードして迎えた59分、ユールゴーデンはトーヴ・アルムクヴィストが持ち運んでのミドルシュートを放つと、GKが弾いたボールに小山が詰めた。 味方のシュート後に、こぼれる可能性を考えて唯一足を止めなかった小山。ゴールシーン以外にもチャンスに絡み、クラブ公式レポートでも「試合中常に活躍しており、この試合で彼女がネットを揺らしたのは必然だった」と、評している。 このまま試合を終えたユールゴーデンは、2-0で開幕戦白星スタート。小山にとっても加入後初勝利となった。 <span class="paragraph-title">【動画】小山史乃観が開幕戦で加入後初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7j5922SUq_4";var video_start = 64;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 15:15 Mon

WEリーグ初の滋賀県開催、C大阪彦根ホーム戦に近江高校吹奏楽部が来場し演奏!昨年は3大スポーツの聖地を全制覇「ともにエネルギーを届けたいと思います!」

セレッソ大阪ヤンマーレディースは10日、14日に行われる2023-24WEリーグ 第14節のちふれASエルフェン埼玉戦に、近江高等学校吹奏楽部が来場し、演奏を披露することを発表した。 滋賀県彦根市の平和堂HATOスタジアムで催される14日のEL埼玉戦は、C大阪にとって初となる彦根でホームゲームに。また、WEリーグとしても初の滋賀県開催となる。 C大阪はこの一戦を彦根市民招待デーに設定し、彦根市在住・在勤・在学者を対象に先着1000名を招待する。 また、サッカー部や硬式野球部、バレーボール部など、全国レベルのクラブを多数有する近江高等学校の吹奏楽部による演奏披露も実施。同校がプロサッカーの試合で演奏をするのは、今回が初めてとのことだ。 来場が決まった近江高校吹奏楽部は、C大阪の公式サイトを通じ、当日への意気込みを次のように語っている。 「こんにちは。近江高等学校吹奏楽部です。私たちは現在部員90名で活動をしています」 「座って演奏するだけでなく、歩きながら演奏をおこなうマーチング、また運動部の応援など多岐にわたる活動をおこなっています」 「昨年度は硬式野球部の応援で春夏の甲子園、バレー部の応援で春高バレーの聖地東京体育館、サッカー部が全国ベスト4まで進んだので国立競技場と、吹奏楽部が応援のできる3大スポーツの聖地を全国の高校で唯一制覇しました」 「プロのサッカーの試合で演奏させていただくのは、今回が初めてです!サポーターの皆様を盛り上げて、ともに選手にエネルギーを届けたいと思います!」 2024.04.10 18:20 Wed

前半だけで計7発の乱打戦制した浦和が首位守る 2位I神戸も田中美南2アシストで関西ダービー制す【WEリーグ】

2023-24 WEリーグ第13節の4試合が31日に行われ、三菱重工浦和レッズレディースは首位の座をキープした。ミッドウィークの前倒し試合を制し、暫定ながら首位に立った浦和は8位につけるAC長野パルセイロ・レディースとのアウェイ戦に。試合は立ち上がりからゴールの奪い合いとなる。 2分にボックス右からの清家貴子のクロスがオウンゴールを誘って先手を奪った浦和は6分にボックス左の島田芽依が左足でネットを揺らして追加点。AC長野も10分にボックス左に岡本祐花が抜け出していくと、伊藤めぐみが反撃の一発で食い下がるが、11分に遠藤優のボールカットから味方との連携でボックス右に抜け出した栗島朱里の折り返しを塩越柚歩が押し込み、浦和が突き放す。 めげずのAC長野は18分に相手バックラインでの乱れを突いて、GK福田史織がトラップし切れなかったボールを安倍乃花が無人のゴールに蹴り込み、再び1点差に。ところが、浦和はその1分後に味方のスルーパスで背後を抜け出した清家がリーグ新をさらに更新の7戦連発弾を決めると、続く31分にも島田が高い位置で相手GKのパスを引っかけてそのまま流し込み、5-2で試合を折り返す。 リーグ最多記録となる両チーム併せて7ゴールが飛び出した前半を経ての後半も激しい打ち合いが期待されたが、互いに守備のところを修正してのリスタートとあって、あまりシュート数も伸びない流れに。60分に岩下胡桃が負傷交代したAC長野もボールを握れば、崩しの糸口を探るなか、浦和の方も69分に菅澤優衣香の交代カードを切り、次のゴールを目指す姿勢を打ち出していく。 そのなかで、AC長野は74分にバイタルエリア中央でハイボールを競り合った安倍乃花が粘ってボールを左に叩くと、伊藤が左足ミドルをゴール右下に突き刺して2点差に。79分にタニガーン・デーンダーを送り込み、さらなる反撃を試みるが、浦和も6点目を狙う姿勢を保ちつつ、これ以上の失点を許さず。5試合ぶりの勝利を目指した長野を5-3で振り切った浦和が首位の座を守った。 AC長野パルセイロ・レディース 3-5 三菱重工浦和レッズレディース 【AC長野】 伊藤めぐみ(前10、後29) 安倍乃花(前18) 【浦和L】 オウンゴール(前2) 島田芽依(前6、前31) 塩越柚歩(前11) 清家貴子(前19) そして、消化試合が1つ多い浦和Lを2ポイント差で追いかける2位のINAC神戸レオネッサは11位につけるセレッソ大阪ヤンマーレディースのホームで関西ダービー。4連勝中の好調さを生かして、7分に田中美南がボックス右から折り返すと、成宮唯が右足で蹴り込み、I神戸が幸先よく一歩前に出る。 だが、ウィンターブレイク明けの初勝利を目指すC大阪も押し返すなか、38分に脇阪麗奈が右サイドから右足でクロスを送ると、ボックス中央の田中智子が三宅史織のマークに遭いながらもヘッドでがGK山下杏也加の牙城を打ち破り、前半のうちに試合をイーブンに戻す。 前半終盤に追いつかれ、試合を折り返したI神戸だが、立ち上がりの48分に田中が右サイドに流れて右足でクロスを供給し、後半の頭からピッチに入った愛川陽菜が反応。勢いをもってニアに飛び込むと、ヘディングシュートをゴール左に沈め、再びリードに成功する。 その後、次のゴールを目指したI神戸は56分に田中がバイタルエリア中央からボックス右に仕掛けていき、右足ループで狙うシーンもあったが、ダメ押しとはならず。それでも、反撃を許さぬ試合運びで勝ち切り、今節を勝利した浦和を引き続き2ポイント差で追走した。 セレッソ大阪ヤンマーレディース 1-2 INAC神戸レオネッサ 【C大阪】 田中智子(前38) 【I神戸】 成宮唯(前7) 愛川陽菜(後3) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】浦和がAC長野との打ち合いを制す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4_0RilNF6JA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.31 16:35 Sun

U-20日本女子代表DF小山史乃観が新天地スウェーデンで公式戦デビュー!主戦場はトップ下か

ユールゴーデンIFのU-20日本女子代表DF小山史乃観が、新天地での公式戦デビューを果たした。 ユールゴーデンは24日、女子スウェーデンカップ、グループ3のグループステージ最終節でAIKと対戦。小山はトップ下で先発し、フル出場を果たした。 今年2月にセレッソ大阪ヤンマーレディースからスウェーデンへと渡った小山は、AFC U20女子アジアカップ参加のため、グループステージの第1節、第2節を欠場。この試合がユールゴーデンでの公式戦初出場となった。 先のAFC U20女子アジアカップではユーティリティ性を買われ、左右のサイドバックから2列目や最前線でもプレー。U-20女子ワールドカップ(W杯)出場権獲得や準優勝に貢献した。 なでしこリーグ1部時代にはFWとして2021年に9得点、2022年に10得点を挙げ、それぞれ得点ランキングの4位、3位タイの成績も残すなど得点力も高く、ユールゴーデン加入後もトレーニングマッチながらすでにゴールを挙げている。加入時には「攻撃的なポジションでプレーしたい」とも述べており、今後も前線での起用が中心となりそうだ。 なお、試合はユールゴーデンがFKから15分に先制したが、19分、50分に失点を喫したのちに、83分にマチルダ・プランがCKから同点弾を奪取。2-2の引き分けに終わっている。 <span class="paragraph-title">【動画】なでしこ小山史乃観が新天地デビュー、ユールゴーデンvsAIKのハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wUIdp9rLa4A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.25 18:40 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly