「美人過ぎやろ!」「えぐ可愛い奥さん」新潟の守護神・小島亨介の100試合セレモニーに登場した奥様にファンが驚き、小島の反応も話題「お顔が緩むコジ可愛い」

2023.11.11 23:15 Sat
新潟のゴールを守るGK小島亨介
©超ワールドサッカー
新潟のゴールを守るGK小島亨介
アルビレックス新潟の日本代表GK小島亨介のJリーグ通算100試合出場セレモニーが話題となっている。11日、明治安田生命J1リーグ第32節で新潟はホームにFC東京を迎えた。
この試合で先発した新潟の守護神である小島は、試合前に通算100試合出場のセレモニーで祝福された。

大分トリニータでキャリアをスタートした小島は、新潟でリーグ通算101試合に出場。10月28日に行われた京都サンガF.C.戦で100試合出場を達成していた。

セレモニーの様子をJリーグの公式X(旧ツイッター)がアップ。恒例の花束贈呈となったが、2021年に入籍した奥さんが担当。青と白の花束を手渡し、2ショットを撮影していた。
この投稿には「おめでとう」のコメントが集まったほか、「えぐ可愛い奥さん」、「奥さん可愛すぎ」、「奥さん、美人過ぎやろ!」、「奥さんキレイで可愛い」、「奥さん美人で羨ましい」、「みんな奥さん綺麗だな」とコメントが集まった。

また、「奥様を前にお顔が緩むコジ可愛いし素敵」と小島の反応にも注目が集まった。

新潟の守護神として君臨する小島。J1残留も決めており、来シーズンはさらなる飛躍となるか注目だ。

1 2
関連ニュース

谷口海斗の反転ボレー弾守り抜いた新潟が6試合ぶり白星! 京都はまたも無得点で3連敗【明治安田J1第9節】

20日、明治安田J1リーグ第9節の京都サンガF.C.vsアルビレックス新潟がサンガスタジアム by KYOCERAで行われ、アウェイの新潟が0-1で勝利した。 5試合勝利なし、2連敗中で18位に低迷する京都。前節は鹿島アントラーズに競り負け、3試合連続の無得点となってしまった。ホームでの初勝利も懸かる中、塚川孝輝が加入後初先発に。4試合欠場が続いた金子大毅もスタメンに名を連ねた。 対する14位の新潟も同じく5試合勝ちなしの状況。しかし、前節の北海道コンサドーレ札幌戦を引き分けて連敗を止め、週中のYBCルヴァンカップ2回戦ではいわきFC相手に2-0で勝利。公式戦連勝を目指す今回の一戦ではスタメンが2人入れ替わり、高木善朗と千葉和彦が先発した。 立ち上がりはハイプレスをかける京都がセットプレーも絡めて押し込む展開となったが、新潟もカウンターから反撃。10分、最終ラインの裏へ抜け出した谷口海斗が右サイドからボックス内へ侵入すると、切り返しから左足シュート。これはDF宮本優太のシュートブロックに遭った。 以降も前がかりな京都、速攻を仕掛ける新潟という構図が続く。28分には新潟の松田詠太郎がドリブルで右サイドを崩し、折り返しに宮本英治が合わせたが、GKク・ソンユンの正面に飛んだ。 なかなか決定機を作れない京都に対し、アウェイチームは35分にネットを揺らす。今度は松田が最終ラインの裏へ抜け出すと、GKとの一対一に。これは制することができなかったが、その流れから谷口がゴール左隅へ。新潟の先制かに思われたが、VARチェックの結果、松田のオフサイドと判定され、ゴールは認められなかった。 前半終盤にも新潟の右CKから藤原奏哉のボレーシュートが枠を捉えたが、GKク・ソンユンがセーブ。ゴールレスのまま折り返す。 流れを代えたい京都の曹貴裁監督は、後半頭から先発起用した塚川を下げ、松田天馬を投入。早速その松田のFKから武田将平のヘディングシュートが生まれると、カウンターから山崎凌吾の左足を振り抜くシーンも見られる。 その後も武田将平、原大智がゴールに迫った京都だったが、均衡を破ったのは新潟。59分、右サイドから攻め込むと一度はシュートが弾かれるも、高木からの浮き球のパスをうまく処理した谷口が振り向きざまにハーフボレー。これがゴール右隅に決まった。 リードした新潟は追加点の流れ。高木の落としを受けた小見洋太のダイレクトシュートは宮本が身を挺して防ぐ。 66分には両指揮官動き、どちらも3枚替え。曹貴裁監督はマルコ・トゥーリオ、鈴木冬一、アピアタウィア久を送り込み、追加点が欲しい松橋力蔵監督も小野裕二、太田修介、長谷川元希と攻撃的なカードを切った。 すると71分、右サイドに入った鈴木が遠めからパンチのあるミドルで新潟ゴールを狙う。これはGK小島亨介がしっかりと弾き出し、新潟は事なきを得た。 その後、谷内田哲平も投入し、交代カードを使い切った京都。83分にはCKのこぼれ球に反応した佐藤響が右足を振ったが、バーの上を越える。 1点リードの新潟がうまく時間を使いながら後半アディショナルタイムを迎えると、京都のCKの際にはGKク・ソンユンも攻撃参加。しかし、最後までゴールは割れず。アウェイの新潟がリーグ戦6試合ぶりの白星を手にした一方、京都は6試合勝利なしで3連敗となった。 京都サンガF.C. 0-1 アルビレックス新潟 【新潟】 谷口海斗(後14) <span class="paragraph-title">【動画】新潟の決勝点となった谷口海斗の鮮やかボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>これぞストライカー<br>\<br><br>ゴール前の混戦から<br>谷口が浮き玉をコントロールし<br>反転してのスーパーショット<br><br>6試合ぶりの勝利に向け<br>大きな大きな先制点<br><br>明治安田J1第9節<br>京都×新潟<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%96%B0%E6%BD%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都新潟</a> <a href="https://t.co/A4ftOPId1d">pic.twitter.com/A4ftOPId1d</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1781570870546186743?ref_src=twsrc%5Etfw">April 20, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.20 16:45 Sat

新潟が桐蔭横浜大学のMF笠井佳祐の来季加入内定を発表、今季は特別指定に「このクラブで優勝したい」

アルビレックス新潟は18日、桐蔭横浜大学のMF笠井佳祐(21)の来季加入内定を発表した。 また、今シーズンは特別指定選手として登録。背番号は「46」をつけることとなる。 笠井は千葉県出身で、関東第一高校から桐蔭横浜大学へと進学している。 クラブは特徴について「運動量豊富で攻守にダイナミックなプレーが特徴。前線に飛び出してのシュートやクロスからの得点も狙えるボランチ」と紹介している。 笠井はクラブを通じてコメントしている。 「2025シーズンよりアルビレックス新潟に加入することになりました桐蔭横浜大学の笠井佳祐です。プロサッカー選手のキャリアをアルビレックス新潟という歴史ある素晴らしいクラブでスタートできることをとても嬉しく思います」 「どんなときでも寄り添い応援し続けてくれた家族、自分を育ててくれた指導者、共に切磋琢磨したチームメイト、これまで自分に携わってくださったすべての方々に感謝し、結果で恩返しできるよう頑張ります」 「アルビレックス新潟の選手・スタッフの方々の温かさや雰囲気の良さ、ビッグスワンで見たサポーターの熱い応援、温かさと一体感は忘れられません。このクラブで成長できると強く感じましたし、このクラブで優勝したい。そのために1日でも早くピッチに立ち、アルビレックス新潟の勝利に貢献できるよう頑張りますので、熱い応援をよろしくお願いします!」 2024.04.18 16:45 Thu
thumb

新潟が秋山裕紀のミドルで連敗止めるドロー! 札幌は2選手負傷に退場者で連勝ならず【明治安田J1第8節】

明治安田J1リーグ第8節の1試合が13日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、アルビレックス新潟vs北海道コンサドーレ札幌は1-1のドローに終わった。 今季初の連敗中で4試合勝利なしの14位新潟はU23アジアカップメンバーから落選の小見洋太が長谷川元希、宮本英治、早川史哉とともに先発。5連敗ストップの今季初勝利を掴み、さらなる巻き返しを期す最下位札幌は古巣凱旋の鈴木武蔵が1トップに復帰したほか、青木亮太も左ウィングバックに戻った。 両チームとも自分たちの色で押し通せるかが勝負の鍵となる戦いは開始2分に谷口海斗のフィニッシュで襲いかかるなど、新潟優勢の入りに。7分と10分にも小見と長谷川のシュートがいずれも枠を叩き、ホームチームのペースで進む。 札幌は16分に鈴木の負傷交代にも見舞われたりもしたが、20分にバイタルエリア中央の荒野拓馬が縦パスを試みると、相手のクリアボールがこぼれ、浅野雄也が左足を一閃。クロスバーの内側を叩いて吸い込まれ、先手を奪う。 22分にも左サイドからの折り返しに浅野がボックス中央で合わせ、追加点に迫った札幌だが、GK小島亨介が許さず。新潟は40分に長谷川がボックス左に仕掛けた流れからボックス中央の松田詠太郎が右足を振るが、宮澤裕樹の好カバーに遭う。 リスタートからセカンドボールの回収率を高め、ペースも引き戻す札幌だが、55分にも馬場晴也が負傷し、またもアクシデントによる交代。片やダニーロ・ゴメスを送り込み、同点を目指す新潟だが、ボールこそ前に運べど、ゴールを割れず。 そのなか、75分に大森が前半に続くイエローカードで退場となり、札幌は残り15分を数的不利で戦う苦境に。札幌が5バックで守りを固める策に出るなか、新潟はこの流れを見るや77分に長倉幹樹と奥村仁を送り込み、反撃に転じる。 すると、新潟全体が押し上げる80分に左サイドの小見が中にパスを出し、これを受けた秋山裕紀が右足ミドル。遠目の位置からだったが、ゴール前の岡村にヒットしたボールがゴール右に突き刺さり、新潟が秋山の今季初ゴールで追いつく。 直後に3選手の交代に動いた札幌を尻目に勝ち越しを狙った新潟は87分にもダニーロ・ゴメスが左足ミドルを放っていったが、次のゴールとはならず。新潟は2連敗ストップも5戦未勝利、札幌は連勝逃すも2戦負けなしとなっている。 アルビレックス新潟 1-1 北海道コンサドーレ札幌 【新潟】 秋山裕紀(後35) 【札幌】 浅野雄也(前20) 2024.04.13 16:00 Sat

C大阪が新潟撃破で開幕7戦無敗! レオ・セアラ弾で2戦ぶり白星【明治安田J1第7節】

明治安田J1リーグ第7節の1試合が7日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、アウェイのセレッソ大阪がアルビレックス新潟を1-0で下した。 11位新潟はミッドウィークの前節から9選手が入れ替わり、キャプテンの堀米らが先発に復帰。3位C大阪は香川が引き続きメンバー外となるなか、北野が今季初先発した。 試合は攻めの時間が交互しながら進み、それぞれにシュートシーンこそあるものの、いずれも単発で大きなチャンスに至らず、睨み合いに。そのなかで、新潟が比較的ボールを握り、C大阪が高い位置で相手のビルドアップを引っかけながら、カウンターで押し返す。 ボールを動かすという部分では半ばを過ぎても新潟のプラン通りに進むが、C大阪もルーカス・フェルナンデスとカピシャーバの推進力も生かしながら陣地回復を図り、0-0でハーフタイムに。後半に入ると、新潟がより深みをとり始めるが、なかなかゴールを割れず。 すると、61分に柴山と山田の交代策に打って出たC大阪が69分に先制。ボックス右で浮き球パスを胸トラップの毎熊が切り返しから左足でクロスを上げると、中央のスペースに飛び込んだレオ・セアラがヘディングシュートでゴールネットを揺らし、一歩前に出る。 失点直後に小見、宮本、長倉の一挙投入に動いた新潟は相手ボックス内に入り込むシーンを増やすが、最後のところでC大阪のディフェンス陣を上回れず。78分に長谷川 のカードも切って反撃ムードを強めるが、C大阪のディフェンス陣がことごとく跳ね返す。 C大阪もなかなか追加点こそ奪い切れないものの、柴山、山田、上門、そしてデビューのジャスティン・ハブナーを送り込みながら、試合をコントロール。後半アディショナルタイムには猛攻を受けた新潟だが、C大阪が最後まで許さず、クリーンシートで勝利した。 C大阪はこれで2戦ぶり白星の今季4勝目となり、開幕からの連続無敗もクラブ新をさらに更新する7試合に。新潟は今季初連敗で4試合白星なしとなっている。 アルビレックス新潟 0-1 セレッソ大阪 【C大阪】 レオ・セアラ(後24) 2024.04.07 16:00 Sun

【J1注目プレビュー|第7節:新潟vsC大阪】先手を奪いたい新潟、首位を窺うC大阪は無敗継続でプレッシャーをかけられるか

【明治安田J1リーグ第7節】 2024年4月7日(日) 14:00キックオフ アルビレックス新潟(11位/8pt) vs セレッソ大阪(3位/12pt) [デンカビッグスワンスタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆カギは先制点、4試合ぶり勝利へ【アルビレックス新潟】</span> 6試合を終えて2勝2分け2敗の五分の成績。順位も11位と真ん中にいる状況だ。ここからの戦いが上に行くのか、下に行くのかを決めることになる。 ミッドウィークの試合はジュビロ磐田相手に2-0で敗戦。ジャーメイン良に2ゴールを奪われて敗れ、3試合勝利から遠ざかっている。 チームとしてはやや下降線。特にセットプレーの守備に課題があり、自分たちのプレーをなかなかさせてもらえない。 先手を奪われる戦いが続いているだけに、まずは守備から入りたいところ。相手に主導権を渡さず、得意のパスワークで先にゴールを奪えるか注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:小島亨介 DF:藤原奏哉、舞行龍ジェームズ、千葉和彦、堀米悠斗 MF:島田譲、秋山裕紀 MF:松田詠太郎、高木善朗、太田修介 FW:谷口海斗 監督:松橋力蔵 <span class="paragraph-subtitle">◆無敗継続で奪首なるか!?【セレッソ大阪】</span> ここまでの6試合は3勝3分けの無敗。首位との勝ち点差は「1」で3位につけている。 前節はアウェイでの柏レイソル戦で追いつかれての1-1のドロー。柏の守備を崩せずPKの1点に終わり、連勝も「3」でストップした。 攻撃面は相手ゴールに近づく場面はあれど、意外にもゴールは伸びていない。決定力を欠くことが多く、パスミスも目立つ。アタッキングサードの精度を上げることが、上位位に続けるためのポイントとなりそうだ。 難しい時間帯をいかに我慢して乗り切り、自分たちのペースに持っていけるか。90分を通したマネジメントが成功すれば、自ずと結果はついてくる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:キム・ジンヒョン DF:毎熊晟矢、西尾隆矢、舩木翔、登里享平 MF:ヴィトール・ブエノ、田中駿汰、奥埜博亮 FW:ルーカス・フェルナンデス、レオ・セアラ、カピシャーバ 監督:小菊昭雄 2024.04.07 11:27 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly