「リーグは別物」日程の問題で1週間遅れの開幕に…カップ女王のS広島R・近賀ゆかりが意気込み「タイトルへの想いは格段に上がった」

2023.11.06 22:20 Mon
カップ女王として3年目のシーズンに臨むS広島Rの近賀ゆかり
©超ワールドサッカー
カップ女王として3年目のシーズンに臨むS広島Rの近賀ゆかり
6日、「2023-24 WEリーグキックオフカンファレンス」が東京都内で開催され、AFC Women's Club Championship 2023 – Invitational Tournament(AWCC)に出場する三菱重工浦和レッズレディースを除いた11クラブの各選手が登壇した。

日本初の女子プロサッカーリーグであるWEリーグは、11月11日に3シーズン目の開幕を迎える。
カンファレンスでは開幕戦のカードごとに選手紹介やメディア対応が行われた中、不在の浦和Lと対戦するのがサンフレッチェ広島レジーナ。元なでしこジャパンのDF近賀ゆかりが登場した。

浦和Lとの対戦は12月20日になるため、シーズン初戦は第2節のAC長野パルセイロ・レディースとの一戦に。経験豊富な近賀は、1週間遅れの開幕について言及した。

「一週遅く始まるので得なのかどうなのかというのはありますが、難しさもあり、見れるということもあり、色々な状況となります」
「ただ、うちとしては入りなので、長野さんは勢いに乗ると止まらないので、チームとしてもやられています。しっかり入ることが大事で、お互い良いところを出させないことがキーになると思うので、意識していきたいです」

長野について勢いに乗らせたくないと語ったが、S広島Rも周りからは同じように見られているはず。WEリーグカップ王者としてのシーズンとなり、周りの警戒は今まで以上に高まることは間違いない。

それでも近賀は「あまり変わらないです。リーグは別物だと思っています」と自分たちの意識はあまり変わっていないという。それでも「ただ、見られ方が変わるなというのはあるので、ただそれだけです」と、周りからの見方が変わるだろうとした。

チームとして積み上げてきたものは変わらないと語る近賀は「これまでのうちのスタンスは変わらないですし、カップ戦でタイトルは獲りましたが、チャレンジャーであることは変わりません」と謙虚な姿勢。ただ、「タイトルへの想いというのは格段にチーム内で上がったので、それをしっかりリーグで見せて、結果を出せるようにしたいと思います」とコメント。しっかりとリーグタイトルも目指していく気満々だ。

タイトルホルダーが増えること、優勝争いが盛り上がることは1つ女子サッカーが盛り上がる要因にもなる。近賀はメディアの力も重要だと語り、3年目のシーズンは大事になると語った。

「今日も多くの方に来ていただいて、3シーズン目を迎えられて良かったと思いますし、W杯、アジア大会、オリンピック予選があった中でWEリーグの3シーズン目が始まるということで、 女子サッカーへの関心を増すためには、凄くチャンスでもあり、3シーズン目なので大事な年になると思います」

「なでしこジャパンとともにWEリーグが盛り上がる努力をしていかないといけないですし、そこを煽ってもらえればありがたいと思います」

そして、盛り上げにはサポーターの力も必要だとコメント。WEリーグカップ決勝で、その大きさを感じたという。

「カップ戦決勝で広島の応援、サポーターを見ていただいた方は分かるかもしれませんが、うちのサポーター凄いんです」

「なので、広島から女子サッカーを盛り上げたいと思っているので、『ああやって応援されたいな』って思ってもらえるように、広島から盛り上げたいです」
関連ニュース

北朝鮮との決戦に田中美南「勝ったら天国、負けたら地獄」、第1戦を反省し「最初からガンガン行きたい」

なでしこジャパンのFW田中美南(INAC神戸レオネッサ)が、パリ・オリンピック アジア最終予選第2戦の北朝鮮女子代表戦へ向け意気込んだ。 なでしこジャパンは北朝鮮との第1戦を24日に中立地のサウジアラビアで行い、ゴールレスドローで終えた。第2戦は28日に国立競技場で行われ、勝った方がパリ行きの切符を手にするという、シンプルな構図で迎える。 第1戦にも先発出場した田中。しかし、見せ場はほとんど作れず、チームは無得点で試合を終えた。 ただ28日の試合は勝った方がパリ五輪行きに。田中は「本当に心境としては、明日の試合が楽しみな気持ちと、この試合に懸ける気持ちが1戦目を終えてより強くなっていますし、勝ったら天国、負けたら地獄という感じになるので、勝ちたいと思います」とコメント。全てを懸けて戦うとした。 1戦目ではあわやのシーンも作ったが「ああいうのでも入ると思うので、どんどん足を振りたいと思います」と語り、しっかりとシュートを打っていきたいと意気込みを語る。 ただ「1戦目を終えてあのままではいけなかった、無駄にしたなと個人的には思います」と、何もできなすぎたと振り返り、「同じような状況になったら、勝つことだけを考えて出ている選手がプレーしたいと思います」と、ピッチの上でしっかりと修正して戦いたいとした。 1戦目は北朝鮮は5バックで引いて守ってきた戦い方に。アグレッシブなプレスはなかったが、田中はこの第2戦で最初から仕掛けていきたいと語った。 「1戦目をやっていますし、90分、延長、PKとありますけど、90分で決着をつけられるようにしたいです」 「前線の選手はこの前の試合は何もできなかったので、最初からガンガン行きたいなと思っています」 2024.02.28 00:30 Wed

「自分のベストを」パリ五輪行きをかけた大事な試合、藤野あおばは勝利に必要な攻撃を意識「キレイな崩しよりも、こじ開けていくプレーを」

なでしこジャパンのFW藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦の北朝鮮女子代表戦へ向け意気込んだ。 なでしこジャパンは北朝鮮との第1戦を24日に中立地のサウジアラビアで行い、ゴールレスドローで終えた。第2戦は28日に国立競技場で行われ、勝った方がパリ行きの切符を手にするという、シンプルな構図で迎える。 第1戦にも先発出場した藤野。しかし、攻撃面であまり良いパフォーマンスを出せたとは言えず、チームとしても攻撃で良い形は作れていなかった。 日本での試合で勝利が必須の中、ピッチコンディションがあまりない国立競技場については「芝の感じは日本ぽいなというのはあったんですが、サウジアラビアよりは濡れていてボールが走りやすいので、動かしやすい印象です」とコメント。ビルドアップをしていく日本としては、サウジアラビアよりもやりやすい印象があるようだ。 これまでも世代別の代表での大舞台や、2023年のオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップを経験している藤野。負ければパリ・オリンピック行きが潰える一戦に向けての心境は「そんなに大きな変化はないですけど、一戦を終えてチームのために何かをしなければいけないのはずっと思っていることです」とコメント。「明日の試合は自分のベストパフォーマンスを出すことを意識しています」と、試合を前に、結果を残していきたいと意気込んだ。 前述の通り、勝利した方がオリンピック行きを決める戦いとなるが、藤野は攻撃面で自身の特徴を出していきたいと意気込んだ。 「サイドバック、ウイングバックの選手と一対一のシーンを作れていたので、仕掛けていきたいと思います」 「キレイな崩しよりも、こじ開けていくようなプレーが必要だと思うので、一対一は逃さずに仕掛けていきたいと思います」 2024.02.27 23:40 Tue

「自分の得点で勝たせられるように」アジア競技大会で北朝鮮とも対戦経験がある上野真実が決戦へ意気込み「攻撃に厚みを出していきたい」

なでしこジャパンのFW上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ)が、北朝鮮女子代表との第1戦を踏まえ、国立競技場での第2戦へ向けた意気込みを語った。 なでしこジャパンは24日、パリ・オリンピックアジア最終予選第1戦となる北朝鮮戦をサウジアラビアで行い、0-0の引き分けで終えた。翌日に現地でのトレーニングを挟み、26日に帰国。コンディション調整に重きをおいたトレーニングを行った。 2022年7月以来のなでしこジャパン選出となった上野。サウジアラビアでの第1戦は出番がないまま試合を終えた中、2戦目に向けては「結果を求めてやっていきたいと思っています」とコメント。また「自分の得点でチームを勝たせられるような試合にしたいと思います」と、ストライカーらしい意気込みを語った。 上野は日本女子代表として2023年10月の第19回アジア競技大会に参加。決勝での北朝鮮戦にも途中出場し、北朝鮮を知っている。 「アジア大会の時は前から相手が来るイメージが強すぎて、今回は結構引いた形にされてしまいました」と語り、自身が対戦した時とは違う戦い方をしてきたと振り返り、「自分たちも崩し切れなかったというところで、シュートや得点が遠かったなという印象でしたし、単純にパスミスだったりも少し目立った部分があったと思うので、次の試合はミスを減らしながら、自分たちの良さを出していければと思います」と、上手く攻撃ができなかったところを改善したいとした。 得点が必要な状況になれば出番も自然と回ってくるであろう上野。自身のプレーイメージについては「この間の試合を見ながら感じた部分というのは、前の選手としては相手の間で受けたり、相手の嫌な位置にポジショニングを取ると言うことは自分の強みだと思うので出していきたいです」と語り、「攻撃に厚みを出していきたいです」と、良さを出したいとした。 また「なかなか前にボールが繋がらない状況があったので、ボールを引き出したいですし、1トップの選手と絡んでプレーしていきたいです」とコメント。ボールを引き出す得意とするプレーで、勝利に貢献したいとした。 2024.02.27 12:30 Tue

「怖さももちろんある」負ければ終わり、北朝鮮との決戦へ清家貴子「活躍して、日本を勝利に導く」

なでしこジャパンのMF清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)が、北朝鮮女子代表との決戦に向けて意気込んだ。 なでしこジャパンは24日、パリ・オリンピックアジア最終予選第1戦となる北朝鮮戦をサウジアラビアで行い、ゴールレスドローで終えた。翌日に現地でのトレーニングを挟み、26日に帰国。そのまま、コンディション調整に重きをおいた軽めのトレーニングを行った。 清家は第1戦を受けての修正点について「ワンタッチのプレーを増やしていくところは大事だと思いますし、味方との共通認識は増やしていかないといけないと思います」とコメント。よりスピードとテンポを持ったプレーをしたいとした。 北朝鮮は5バックでブロックを深い位置に設定。あまりプレスをかけてくることはなかった。 清家は「もっとハイプレッシャーで前から食いついてくると思っていたので、想定外ではありました」と、スカウティングしていたのとは違ったとコメント。「その中でも5枚いてももっとサイドが来ると思っていたんですが、来なかったです。自分たちのポジショニング含めて、相手のDFがなかなか動かなかったので、立ち位置は直していきたいです」と、相手の出方に対して上手く対応できなかったとした。 そんな中で、28日の試合では勝った方が五輪への切符を獲得する状況。「もちろんチームとして修正もしていきますし、ホームで戦えることは自分たちにとっては凄く力になります」と、国立競技場で戦えることはプラスだとし、「個々の良さ、強さがもっと出てくると思います」と初戦とは違う形になるだろうと予想した。 改めて、大一番に臨む心境については「日本の女子サッカーの未来を背負っているので怖さももちろんありますが、そういう舞台で戦えるチャンスを得ているワクワク感だったり、チームで勝ってみんなで一緒に喜び合えることを想像するとありがたいです」とし、しっかりと勝っていきたいと意気込んだ。 また、この試合に向けてはケガ人も多く抱え、プレーできない主力選手もいる。清家のチームメイトであるMF猶本光も重傷を負い、五輪に出場したとしても危うい状況だ。 清家は「自分が活躍して、日本を勝利に導くというのが、そういう人たちのためだと思いますし、喜んでくれると思います」とコメント。「どうしても忘れられないというか、頭の片隅にはあるので、頑張りたいなと思います」と、彼女たちの想いも背負って、切符を掴みにいくとした。 2024.02.26 23:53 Mon

WEリーグ初代女王、INAC神戸のオーナーが電撃交代! 2023年には皇后杯で7度目の優勝果たした名門

INAC神戸レオネッサは26日、クラブの株式譲渡を発表した。 INAC神戸は、アイナックフットボールクラブ株式会社がクラブを保有していたが、全株式3,717株(100%)を大栄環境株式会社(本部:兵庫県神戸市、代表取締役社長:金子文雄)がアスコグループ株式会社(本社:兵庫県神戸市 代表取締役:文弘宣)より譲渡され、連結子会社とする株式譲渡契約が締結されたことを発表した。 なお、オーナー変更についてはWEリーグの承認も既に受けているとのこと。3月1日(金)に株式譲渡が実行される。 今回の株式取得の理由について、大栄環境株式会社が発表している。 「当社グループは、主に廃棄物の収集運搬から中間処理・再資源化及び最終処分事業を行い、社会インフラを提供する企業として、「未来は信頼から生まれる」という創業の原点を忘れることなく、地域に根差した事業を展開しております」 「「INAC神戸レオネッサ」は、兵庫県及び地元神戸市におけるスポーツコミュニティーの担い手を育成し、さらに国際的な活動を展開していく総合スポーツクラブとして、2001年に創設されました。「人はスポーツを通じて成長しよろこび、そして感動し、潤いある人生を創造することができる」という理念のもと、地域密着を基本に、U-18・U-15の選手育成及び小中学校等でのサッカー教室開催など地域と一体となった取り組みを積極的に展開しております」 「当社は「INAC神戸レオネッサ」の取り組みに賛同し、同チームを運営していくことで、地域の皆さまとの関係を深めることにより、青少年の健全育成、スポーツ文化の振興や地域経済の発展に寄与する社会的な役割を担っていくことが、当社グループのブランド価値と知名度の向上につながるものと考えております」 INAC神戸は、女子サッカークラブの名門として知られ、2001年にINACレオネッサとして創設。2009年にクラブ名をINAC神戸レオネッサに改称した。 WEリーグが創設される前からプロ契約を選手と結ぶなどしていた革新的なクラブで、なでしこリーグ時代には3度の優勝を経験。また、WEリーグでは初年度に女王に輝くなど実績を誇る。さらに、皇后杯では7度の優勝を誇り、2023年大会でも優勝。株式譲渡前の最後のタイトルを獲得していた。 現在はなでしこジャパンのGK山下杏也加、DF守屋都弥、DF三宅史織、MF北川ひかる、FW田中美南を擁し、過去には澤穂希さんや岩渕真奈さん、川澄奈穂美(アルビレックス新潟レディース)なども所属していた。 2024.02.26 18:47 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly