FIGCはマンチーニ監督の裏切りを許さず、電撃退任の指揮官に対して法的措置を検討か

2023.09.29 11:30 Fri
Getty Images
イタリアサッカー連盟(FIGC)は、前イタリア代表指揮官であるロベルト・マンチーニ監督に対して損害賠償請求を行う可能性があるようだ。

マンチーニ監督は2018年5月に、イタリア代表監督に就任。ロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を逃したチームを立て直すとユーロ2020で優勝を果たし、国中は歓喜に包まれた。
しかし、カタールW杯は欧州プレーオフでまさかの敗退となり、2大会連続で本大会出場に失敗。現在は2024年のユーロと2026年の北中米W杯出場を目指したチーム作りが進められていた。

そんな中で、マンチーニ監督は2023年8月に突如としてイタリア代表監督を退任。ほどなくしてサウジアラビア代表監督に就任したことで、「大金に誘惑され代表を裏切った」と考えるイタリア国民から激しい批判を浴び続けている。

イタリア『スカイ・スポーツ』によると、FIGCもまたこの裏切りを許すつもりはなく、マンチーニ監督に対して法的措置を検討しているとのことだ。FIGCは専門家に対して、突然の退任で被った損害の賠償請求が可能かについての意見を募っているという。
FIGCの会長であるガブリエレ・グラヴィーナ氏も連盟の動きを認めており、マンチーニ監督との関係は冷え切っていることを示唆している。

「連盟は補償を受けることができるかどうか理解するため、専門家に法的意見を提供するよう命じた」

「昨日、ゴルフ大会のイベントでマンチーニと会い、挨拶はした。なぜなら、スポーツ界において敬意と教育は重要な価値観とされているからだ」
関連ニュース

イタリアサッカー連盟がウクライナを支援、イタリア国内のトレーニング施設を提供

イタリアサッカー連盟(FIGC)は13日、ウクライナサッカー連盟(UAF)と協定を結んだことを発表した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば紛争が続くウクライナでトレーニングができない選手に対し、イタリア国内の施設を使用してもらう内容とのこと。 使用できる施設にはイタリア代表が活動する際の練習場であるコベルチャーノも含まれている。 FIGCのガブリエレ・グラビナ会長はウクライナと協定を結んだことについて「このような重要な協定を結べたことを誇りに思う。この協定はウクライナのサッカーの未来を守ることが目的。技術面での協力もしていきたい。アンドリー(UAF会長のシェフチェンコ氏)は我々の古い友人であり、適切なタイミングで常に傍に居てくれる存在だ」と協定を結んだ意図を説明した。 2024.02.14 07:45 Wed

イタリアの伝説、ジジ・リーヴァ氏が79歳で逝去…セリエA3度得点王のカリアリの象徴

カリアリとイタリア代表のレジェンドであるルイジ・リーヴァ氏(79)が、22日に逝去した。イタリア『スカイ・スポルト』など複数国内メディアが伝えている。 報道によると、リーヴァ氏は20日にカリアリの自宅で突然体調を崩して地元の病院に緊急搬送されたという。搬送後は容体が安定し、心臓循環器内科に入院していた。 その後、近日中に予定される簡単な心臓手術によって問題は解決される見通しとも伝えられていたが、容体悪化によって急逝した。 “ジジ・リーヴァ”の愛称で知られる伝説的なストライカーは、1963年から1977年にカリアリで活躍。1969-70シーズンにクラブ史上唯一となるセリエA優勝に導く活躍をみせ、個人としても通算3度のセリエA得点王に輝いた。 また、イタリア代表では通算42試合に出場し、35ゴールを記録。1968年のユーロ制覇、1970年ワールドカップ準優勝に貢献した。 現役引退後はカリアリのクラブ幹部やイタリア代表のチームマネージングスタッフを長らく務め上げた。 そして、カリアリでは名誉会長を務めると共に、2005年1月には自身が現役時代に着用していた背番号11が永久欠番となっていた。 2024.01.23 05:30 Tue

「全く好きじゃない」ユーロ王者・イタリア代表の新ユニフォームがリーク、アディダスになって2年目となる新デザインには不満も「文字はゴールドに戻すべき」

イタリア代表の新ユニフォームのデザインがリークされている。ユニフォーム専門サイト『Footy Headlines』が伝えている。 2021年に開催されたユーロ2020で、13大会ぶり2回目の優勝を果たしたイタリア。2018年のロシア大会と2022年のカタール大会と2大会連続でワールドカップ(W杯)出場は逃している中で、ユーロでは栄冠を掴んでいた。 イタリアが連覇を目指すユーロ2024は、同年6月から7月にかけて開催。ギリギリながらもイタリアも出場権を獲得したその大会の前の3月に、大会でも着用する新ユニフォームが発表される見込みのようだ。 そのデザインは、アッズーリ(青)の愛称通り青がベースとなっている。現行のユニフォームはマーブル柄が全体的にデザインされているが、新ユニフォームについては、デザインではなくシャツの素材にもともと組み込まれている縦のラインが入るようだ。 また、脇から背中にかけてメッシュパネルが採用されており、脇の部分は一部青から白に切り替わっている。 そして、現在は白のみで構成されている肩のスリーストライプスは緑、白、赤の3色で構成されている。 2023年に45年ぶりにアディダス製となっていた中、そこから2作目(125周年記念ユニフォームも入れると3つ目)となるこのユニフォームのデザインに、ファンからは「白のパネルのせいで台無しだ」、「合ってないものが多すぎて良いとは思えない」、「いいキットだが、文字はゴールドに戻すべきだ」、「このテンプレートは全く好きじゃない」とどちらかと言うと反対意見の方が多く寄せられている。 予選中にロベルト・マンチーニ前監督が電撃辞任し、ルチアーノ・スパレッティ監督が就任したイタリア。前回大会では下馬評を覆しての戴冠となったが、史上2度目の連覇はなるか。 <span class="paragraph-title">【予想デザイン】不満も上がったイタリア代表の新ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="qme" dir="ltr"> <a href="https://t.co/EmcFhx5oAo">pic.twitter.com/EmcFhx5oAo</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1734832273147449794?ref_src=twsrc%5Etfw">December 13, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.12.21 18:00 Thu

偉大な守備者キエッリーニが39歳での現役引退を発表…「新たな章をスタートし、人生のさらに重要でエキサイティングなページを書く時」

ロサンゼルスFCに所属する元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(39)が、現役引退を発表した。 9日にコロンバス・クルーとのMLSカップ(プレーオフ)決勝を戦い、1-2で敗れ、惜しくも優勝を逃していたキエッリーニ。 その敗戦から3日後に自身の公式SNSを通じて、現役引退を表明した。 「フットボールは僕の人生で最も美しく強烈な旅だった。フットボールは僕のすべてだった。フットボールと共に、ユニークで忘れられない道を歩んできた」 「だけど今は、新たな章をスタートし、新たな課題に直面し、人生のさらに重要でエキサイティングなページを書く時だ」 リヴォルノでキャリアをスタートさせたキエッリーニは、2004年7月にフィオレンティーナへと完全移籍すると、2005年7月にユベントスへと完全移籍。 ユベントスでは公式戦561試合に出場し36ゴールを記録。カピターノとして守備の要として長らくチームを支え、イタリア代表としても117試合に出場し、ユーロ2020の優勝にも貢献していた。 その後、2022年7月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCに完全移籍。2年目を迎えた今シーズンはケガでの離脱もありながら、リーグ戦20試合に出場し1ゴールを記録。MLSカップで準優勝に貢献した。 現行契約は来年夏までとなっていたが、今シーズン終了と共にスパイクを脱ぐ決断を下した。 引退後はMLSの発展に貢献する考えもある一方で、古巣であるユベントスに復帰する可能性もあるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】偉大なキャリアの思い出と共に引退を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">You have been the most beautiful and intense journey of my life.<br>You have been my everything. With you I have travelled a unique and unforgettable path.<br>But now it is time to start new chapters, face new challenges and write further important and exciting pages of life. <a href="https://t.co/IjHDDE4jMe">pic.twitter.com/IjHDDE4jMe</a></p>&mdash; Giorgio Chiellini (@chiellini) <a href="https://twitter.com/chiellini/status/1734589051036918153?ref_src=twsrc%5Etfw">December 12, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.12.13 00:39 Wed

キエッリーニが引退発表へ…今季はMLSカップ決勝まで行くもタイトル逃す

ユベントスやイタリア代表でもプレーし、現在はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCに所属するDFジョルジョ・キエッリーニ(39)が引退を決断したようだ。 リヴォルノでキャリアをスタートさせたキエッリーニ。2004年7月にフィオレンティーナへと完全移籍すると、2005年7月にユベントスへと完全移籍する。 ユベントスでは公式戦561試合に出場し36ゴールを記録。キャプテンとして守備の要として長らくチームを支え、イタリア代表としても117試合に出場し、ユーロ2020の優勝にも貢献していた。 2022年7月にロサンゼルスFCに完全移籍。2年目を迎えた今シーズンはケガでの離脱もありながら、リーグ戦20試合に出場し1ゴールを記録。MLSカップ(プレーオフ)に進出すると、チームは連勝を重ねて決勝進出。9日にコロンバス・クルーとの決勝が行われたが、2-1で敗れ、惜しくも優勝を逃していた。 ジャーナリストのロメオ・アグレスティ氏によれば、キエッリーニは12日にも引退を発表する予定とのこと。来年夏までの契約がある中で、シーズン終了と共にスパイクを脱ぐことになるという。 引退後はMLSの発展に貢献する考えもある一方で、古巣であるユベントスに復帰する可能性もあるとのこと。長らく第一線でプレーしたキエッリーニの決断が注目だ。 2023.12.12 21:45 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly