アトレティコの伝説フットレ氏、同胞フェリックスのバルサ移籍に悲痛 「悪夢が今日まで続いている」

2023.09.27 15:54 Wed
Getty Images
アトレティコ・マドリーのレジェンドであり、元ポルトガル代表FWでもあるパウロ・フットレ氏。同胞の後輩FWジョアン・フェリックスについて語った。
PR
1998年に横浜フリューゲルスでスパイクを脱いだフットレ氏。アトレティコでは90年代前半にキャプテンとしてコパ・デル・レイを制した伝説的存在だが、自身も古巣への愛着が深く、今でもご意見番としてファンから愛されている。
そんなフットレ氏はここ最近、「悪夢を見るようになった」という。スペイン『カデナ・セル』のインタビューでは、同胞フェリックスとアトレティコの関係が破綻したこと、そしてレンタル移籍先がバルセロナだったことを悲しんだ。

「ジョアンが『バルサでプレーしたい』と言い出したときから私は悪夢を見るようになり、それは今日まで続いている。(代理人の)ジョルジュ・メンデスに電話をかけ、あの言葉は彼の本心か?と聞くと、返事は『ノー』だった…」

「メンデスはジョアンがマンチェスター・ユナイテッドと面会したとも言い、各方面の友人に聞いて回ったところ、それは本当だった。その後にはマンチェスター・シティとも会ったようだが、シティからは必要とされなかったという」
「とにかくバルサにだけは行ってほしくなかったんだ。現在進行形のライバルだろう? 私が愛しているチョロ(ディエゴ・シメオネ監督)はジョアンを排除した…ジョアンとの間に起きたこと(確執)はサッカー界で日常茶飯事なのに」

愛するクラブ、愛する後輩。いちファンとして両者が決別したことを悲しみ、「コルチョネロ(アトレティコ)のファミリーがジョアンを憎んでいるのが辛い」と語るフットレ氏。フェリックスがバルセロナでさっそく活躍しているなか、“最大の悪夢”についても語った。

「バルサがジョアンとともにラ・リーガやチャンピオンズリーグ(CL)を制すかもなんて考えたら恐ろしいよ。CLの舞台でジョアンがアトレティコを下すこともね。なんてクレイジーなんだろう...私が今経験していることはこの上なくクレイジーだ」

PR
関連ニュース

「一進一退の試合」1stレグのリード活かせずCL敗退…主将コケは「厳しい夜になった」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表MFコケが、チャンピオンズリーグ(CL)敗退を嘆いた。『UEFA.com』が伝えている。 コケは16日に敵地で行われたCL準々決勝2ndレグのドルトムント戦で先発。1stレグを2-1で制し有利な状況にあったが、前半だけで2点を失いトータルスコアで逆転を許して後半へ。オウンゴールで1点を返すと、64分にはFWアンヘル・コレアのゴールで再びトータルスコアで優位に立ったが、守備が持ちこたえられず立て続けに2失点を許すと、そのまま2-4で試合を終えた。 これにより、2戦合計スコア4-5でアトレティコのCLベスト8敗退が決定。コケは落胆を露わにしており、チャンスを活かせなかったことを悔やんでいる。 「一進一退の試合だった。でも、それがフットボールだ。僕たちはチャンスをものにしなければならなかったと思う。ホームの試合では決め切れず、この試合も素晴らしいチャンスはいくつかあった」 「この試合を引き分けに持ち込めるチャンスはあり、それによって次に進むこともできたと思う。でも、チャンスを活かさなければこうしたことは起きてしまうものだ。CLの舞台ではなおさらね」 「チームには失点から立ち直る力が備わっていたからこそ、とても厳しい夜になったと思う。失点は非常に痛いものであり、相手が僕たち相手に次々とゴールを決めてきたのも事実だ」 「僕たちは多くの努力をしてきたからこそ、明らかに打撃だよ。素晴らしいCLでの戦いだったからこその痛手だ。僕たちは勝ち抜けたかったから、怒りがある」 「でも、これはフットボールであり、残酷なときもあるものさ。僕たちは頭を上げなければならず、そして何より、ここまで一緒に旅をしてくれたファンに感謝しなければならない」 2024.04.17 10:40 Wed

逆転でのCL準決勝進出に大きく貢献のブラント「誰にとってもクレイジーな試合だった」

ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ブラントが、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 ブラントは16日にホームで行われたCL準々決勝2ndレグのアトレティコ・マドリー戦で先発。1stレグを1-2で落とし突破のためには勝利が必要な一戦、34分にボックス左でボールを受けたブラントが縦に仕掛けて左足を振り抜き先制すると、その後追加点を挙げてハーフタイムへ。後半一度は同点とされるも、FWニクラス・フュルクルク、MFマルセル・ザビッツァーのゴールで再び突き放し、4-2で勝利した。 この結果、2戦合計スコア5-4でドルトムントのCL準決勝進出が決定。貴重な先制点を挙げ、この試合の最優秀選手にも選出されたブラントは、壮絶な打ち合いを制して逆転突破を決められたことを喜んでいる。 「ファンにとっても、僕たちにとってもクレイジーな試合だった。そして、僕たちにとって、ファンにとって、そして世界中のフットボールファンにとって、今日は素晴らしい試合だったと思う」 「最優秀選手の受賞は嬉しいけど、僕にとってはマルセル・サビッツァーこそ最も重要な選手だったよ。そして、準決勝のPSG戦は非常に厳しいものになるだろうね。グループステージではホームだと良いプレーができたけど、アウェイではうまくいかなかった。これからはもっと良い試合がしたいし、当然決勝に進みたい」 2024.04.17 10:10 Wed

「ベストを尽くしてきた」逆転に次ぐ逆転で敗退のアトレティコ、「相手の方が上」と語るシメオネ監督が感じた差は?

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、ドルトムント戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 16日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでアトレティコはアウェイでドルトムントと対戦。ホームで先勝しているだけに、このまま突破を目指したかったが、前半のうちに2失点を喫して逆転を許してしまう。 このままでは敗退となる中、後半立ち上がりにオウンゴールで2戦合計同点とすると、64分にはアンヘル・コレアのゴールで再びリードを奪うことに成功する。しかし、その後に2失点を喫し、2戦合計5-4で敗れ、ベスト8敗退となった。 逆転に次ぐ逆転で最終的には敗退となってしまったアトレティコ。シメオネ監督は、チームは奮闘したものの、チャンスを決め切るかどうかが勝敗を分けたとした。 「チームは最後まで、我々が望んでいたものとは逆になる試合に勝つための努力を見せた。ドルトムントは我々が2-2にしたことによく反応し、エリア内でより力強いかったからこそ、試合に勝ったと思う」 「最初、彼らにはワンチャンスがあり、それをものにした。我々にはチャンスが1つあったが、それを手にしなかった。そして、最後に彼らにあった唯一のチャンスで、結局ゴールを決めた。2-2になった後、彼らの攻撃はゴールで終わった」 「選手たちは試合に参加するために大きな仕事をしてくれたし、我々はベストを尽くしてここまで来た。これ以上言えることはない」 悔しい敗退となったシメオネ監督。改めて、ドルトムントが優れていたと語り、祝福した。 「我々はスコアボード上では僅差に迫ることができ、試合は同点に近かったが、相手の方が上だった。優れているチームは祝福されるべきだろう」 2024.04.17 09:25 Wed

「我々は強かった」2度の逆転を見せベスト4入りのドルトムント、テルジッチ監督はPSG相手のリベンジに自信「今の方が良いチーム」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、アトレティコ・マドリー戦の勝利を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 16日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでドルトムントはホームでアトレティコと対戦。アウェイでの1stレグは2-1で敗れていたため、勝利が必須だった。 試合は34分にユリアン・ブラントのゴールで先制すると、39分にはイアン・マートセンのゴールで2-0とし、2戦合計で逆転。それでも後半にオウンゴールとアンヘル・コレアのゴールで2-2とされ、2戦合計で逆転を許してしまう。 このままでは敗退となる中、71分にニクラス・フュルクルクのゴールで追いつくと、74分にはマルセル・ザビッツァーのゴールで再び逆転。2戦合計5-4で逆転勝利を収め、ベスト4進出を決めた。 二転三転したベスト4の行方。試合後、テルジッチ監督は勝利を喜び、チームを誇りに思うとした。 「非常に嬉しいし、非常に誇りに思う。今日の雰囲気は非常に良かった。今日は敗退するかもしれない瞬間が2度あったが、我々は強かったし、最後は勝ち進むに値するものだった」 「アトレティコ・マドリーのようなチームを相手に勝ち進むことができ、我々はそれに値したといえることを誇りに思う」 これにより、決勝に進出した2012-13シーズン以来、11シーズンぶりのベスト4となったドルトムント。準決勝ではグループステージでも対戦したパリ・サンジェルマン(PSG)に決定した。 グループステージでは1分け1敗と勝利がなかったドルトムント。テルジッチ監督は、当時よりチームは良い状態だと語り、決勝進出へ意気込みを語った。 「今、我々はPSGと対戦する。彼らとの最初の試合は良くなかった。2試合目では我々はよりよく彼らに適応し、勝利に近づいた」 「今日の我々はグループステージで対戦した時よりも、良いチームだと感じている」 2024.04.17 09:15 Wed

レーティング:ドルトムント 4-2(AGG:5-4) アトレティコ・マドリー【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、ドルトムントvsアトレティコ・マドリーが16日に行われ、4-2でドルトムントが勝利した。この結果、2戦合計スコアを5-4としたドルトムントが準決勝に進出している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ドルトムント採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240416_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 コベル 5.5 2失点も防げるシュートは止めていた DF 26 リエルソン 6.0 攻守に安定した出来 15 フンメルス 6.0 オウンゴール献上も1点目をアシスト。1stレグのようなバタつきは見せずベテランらしく振る舞った 4 N・シュロッターベック 6.0 コレアのスピード対応には苦戦も及第点 22 マートセン 6.5 1stレグのミスを帳消しにするゴール。攻撃に比重を置いて対面の選手を押し込んだ MF 20 ザビッツァー 7.5 2、3点目をアシストし、決勝点。インサイドの位置からゴール前への飛び出しが効いていた 23 ジャン 6.5 2点目の起点となるクサビのパスを入れる。守備面でもグリーズマンに自由を与えなかった 19 ブラント 7.0 1stレグに続く活躍。先制弾を挙げ、チームに勢いをもたらした。ザビッツァーと共に躍動 (→ロイス -) FW 10 サンチョ 6.0 打開はしきれなかったが、タメを作るドリブルはできていた (→エズジャン -) 14 フュルクルク 6.5 なかなかシュートチャンスに顔を出せずにいたが、値千金の3点目 27 アデイェミ 6.0 直近のボルシアMG戦退場からマレンの負傷を受けて先発のチャンス。一定の突破力を見せた (→バイノー=ギテンス 6.0) ゴールには絡まなかったが、ビハインドとなったチームに活力を与えた 監督 テルジッチ 7.0 アラー、マレンを負傷で欠いた中、4ゴールを奪っての見事な逆転劇。[4-3-3]採用もハマった ▽アトレティコ・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240416_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 オブラク 5.5 1、4失点目はオブラクであれば何とか弾ききりたかった。それでもフュルクルクとの一対一を止めており責められない DF 20 ヴィツェル 5.0 自身のサイドを破られて前半に2失点。古巣にしてやられた 2 ヒメネス 5.0 うまくフュルクルクを抑えていたが、ワンチャンスを仕留められた。4失点はディフェンスリーダーとして悔しい結果 22 エルモソ 6.0 ヘディングシュートが2点目を演出。守備面も問題なし MF 16 モリーナ 5.0 自身のサイドを攻略され前半のみの出場に (→バリオス 5.0) 左インサイドでプレー。ザビッツァーの躍動を止められず 14 M・ジョレンテ 5.5 後半は右サイドでプレー。縦に抜け出すプレーは出せなかった 6 コケ 5.5 自身の脇のスペースを使われた 5 デ・パウル 5.5 ザビッツァー、ブラントとのマッチアップではやや劣勢に (→サウール -) 3 アスピリクエタ 6.0 立ち上がりにスーパークリアを見せるも、イエローカードを受けたことで前半のみの出場に (→リケルメ 5.5) 後半から左サイドでプレー。コレアのゴールに絡むもやや攻撃面でもの足らず FW 7 グリーズマン 5.5 バイタルエリアをうまく使うには至らず 19 モラタ 5.0 立ち上がりの決定機を決めたかった (→アンヘル・コレア 6.5) 後半からの投入で流れを変える。一時逆転のゴール 監督 シメオネ 6.0 後半頭の3枚替え等、できる限りの策は施していた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ザビッツァー(ドルトムント) 好調を維持して大一番に臨み、1ゴール2アシストと圧巻の活躍。堅守アトレティコの守備陣を翻弄した。 ドルトムント 4-2 アトレティコ 【ドルトムント】 ブラント(前34) マートセン(前39) フュルクルク(後26) ザビッツァー(後29) 【アトレティコ】 OG(後4) アンヘル・コレア(後19) ※2戦合計スコア5-4でドルトムントが準決勝進出 2024.04.17 05:58 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly