新コンビ結成!?逆転弾生んだ三笘薫とアンス・ファティのハグショットにファンも喜び「この2人が大好きだ!」

2023.09.25 12:05 Mon
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンの勝利を呼び込んだ2人の2ショットが話題だ。
PR
24日、プレミアリーグ第6節でボーンマスをホームに迎えたブライトン。ヨーロッパリーグ(EL)明けということもあり9人先発を入れ替え、日本代表MF三笘薫もベンチからのスタートとなった。
しかし、前半はなかなか嚙み合わずのブライトン。先制を許すと、アディショナルタイムに何とか同点に追いついたものの1-1で前半を終えた。

すると、後半開始からアンス・ファティとともに三笘が出場。開始17秒でそのファティのアシストから三笘の逆転ゴールが決まると、77分にはペルビス・エストゥピニャンのクロスから三笘でヘディングで2点目。日本代表MFの活躍でブライトンは3-1の逆転勝利を飾った。

試合後、ブライトンはクラブの公式インスタグラムを更新。「この2人が大好きだ!」逆転勝利に導いた三笘とファティの2ショットを公開している。
バルセロナからレンタル移籍でやってきたスペイン代表FWと三笘の2人には、ファンも「ブロマンスが始まった!!!」、「彼らを愛している」、「BIG2」、「すごいデュオ」とコメントし、新たな名コンビ結成を期待している。

まだ6試合ではあるがプレミアリーグの順位を3位に上げたブライトン。この先も三笘とファティがチームを勝利に導いていけるか。




PR
1 2
関連ニュース

ハーランドが5得点の大暴れ!ルートン粉砕の王者シティが準々決勝進出を決める!!橋岡の英デビュー戦はほろ苦い結果に…【FAカップ】

マンチェスター・シティは27日、FAカップ5回戦でルートン・タウンと対戦し6-2で勝利した。ルートンのDF橋岡大樹は62分からプレーしている。 4回戦でトッテナムを下したシティが、エバートンを下したルートンのホームに乗り込んだ一戦。直近のボーンマス戦をフォーデンのゴールで勝利したシティはその試合からスタメンを4人変更。GKエデルソン、フォーデン、ロドリ、ルベン・ディアスに代えてデ・ブライネやグリーリッシュ、ウォーカー、GKオルテガをスタメンで起用した。 今冬に加入した橋岡がベンチスタートとなったルートンに対し、シティは開始早々の4分に先制する。マテウス・ヌネスのスルーパスでボックス左に抜け出したデ・ブライネの折り返しをハーランドが左足で流し込んだ。 先制後はルートンの反撃を受けたシティだが、18分に追加点。GKオルテガからのロングフィードをセンターサークル内のハーランドが落とすと、これを受けたデ・ブライネが素早くスルーパスを供給。これに反応したハーランドがボックス内まで切り込むと、左足のシュートをゴールに流し込んだ。 リードを広げたシティは、30分にもボックス左手前でハーランドの落としを受けたベルナルド・シウバのクロスをボックス中央のデ・ブライネがボレーシュート。さらに相手GKの弾いたボールをハーランドがダイレクトで合わせたが、これはGKクルルの正面を突いた。 攻勢を続けるシティは40分、デ・ブライネのスルーパスでDFの裏に抜け出したハーランドがボックス内まで侵入すると、冷静に飛び出したGKを確認し浮かせたシュートをゴールネットを揺らし、ハットトリックを達成した。 その後、シティは45分にクラークの見事なゴラッソで1点を返され、前半を3-1で終えた。 迎えた後半、シティは早い時間に再び失点する。52分、バックパスを受けたGKオルテガのミスパスをボックス手前でカットされると、バークリーの浮かせたパスでボックス内に抜け出したクラークにハーフボレーを叩き込まれた。 1点差に迫られたシティだったが、すぐに反撃。すると55分、ウォーカーの絶妙なパスでボックス右に抜け出したデ・ブライネの折り返しをハーランドが難なく流し込んだ。 さらにシティは、その3分後にもベルナルド・シウバのパスをボックス中央左で受けたハーランドが鋭いシュートを放つと、GKクルルの股下を抜いたシュートがネットを揺らし、5点目を奪った。 3点を追う展開となったルートンは、62分にオグベネを下げて橋岡を投入。しかし、再びスコアを動かしたのはシティ。72分、バイタルエリア手前でパスを受けたコバチッチがボックス手前まで持ち上がりミドルシュート。これがゴール左に突き刺さった。 試合を決定づけたシティは、77分にハーランドやベルナルド・シウバら4人を交代。その後も危なげない試合運びを見せたシティが6-2で勝利。6大会連続のベスト8進出を決めた。 2024.02.28 07:08 Wed

「皆さんに来てほしい」長谷川唯がスタジアムでの後押しを呼びかけ、北朝鮮の監督が名指しでの警戒に「もっとインパクトあるプレーを」

なでしこジャパンのMF長谷川唯(マンチェスター・シティ)が、パリ・オリンピック アジア最終予選第2戦の北朝鮮女子代表戦へ向け意気込んだ。 なでしこジャパンは北朝鮮との第1戦を24日に中立地のサウジアラビアで行い、ゴールレスドローで終えた。第2戦は28日に国立競技場で行われ、勝った方がパリ行きの切符を手にするという、シンプルな構図で迎える。 第1戦にも先発出場した長谷川。チームとしてなかなか攻撃面では良いところが出せずに終わったが、ゴールレスで終えることができた。 勝利すれば良いという条件の中での第2戦に向けては「勝つしかない試合ですけど、責任を背負いすぎるというよりはプレッシャーも楽しんで、内容も大事ですけど結果だけを求めて、楽しんでプレーしたいと思います」と意気込みを語った。 長谷川は2018年に行われたアジア競技大会の準々決勝で北朝鮮と対戦。その試合でゴールを記録していた。 当時のイメージについては「ほとんど覚えていないです。ゴールのことも最近北朝鮮とやる少し前に思い出しました」とコメント。「あまり意識はしていないですが、いつやっても嫌な相手だなという印象がありました」と、難しい相手というイメージはあるようだ。 また「この前の1戦目も難しい戦いになりましたし、久しぶりにああいうチームとやってやりにくさを感じました。日本人の選手として同じチームとやることは嫌じゃなく、自分達にアドバンテージがあると思っているので、修正力、対応力を活かしながら、明日はもっとボールを支配して勝てればと思います」と、24日の試合を生かして、決戦で勝利したいとした。 今回の試合もゴールが期待されるが「前目のポジションをやっていることは所属チームよりも多いので、ゴールに絡めるプレー、ゴール、アシストの結果を残せるプレーを見せたいと思います」と意欲を見せることに。得点に絡むプレーを長谷川が見せれば、自ずと日本に勝利が舞い込むことになるだろう。 そんな長谷川だが、北朝鮮のリ・ユイル監督は警戒する選手として名前をあげていた。 長谷川は驚きながらも「そうやって言われることは良いことだと思います」と語りつつ、「1戦目はチームとしても個人としても何もできなかったと思っているので、もっとインパクトあるプレーを見せられたら良いなと思います」と、より結果に繋がるプレーを見せたいとした。 当然警戒も高まることになるが「自分自身が良いプレーをすることは大事ですけど、相手がたくさん寄ってきてくれるということは周りが空いているので、そこを上手く使って、自分が直接関わらなくても他の選手がやりやすいプレーをできればと思います」とチームとして良い捉え方をしたいとコメント。「相手を引きつけるだけのプレーも必要ですし、個人突破も必要だと思います。1戦目は1人1人が剥がすプレーができなかったことが問題だと思いますし、そこを引き出せればと思います」と、しっかりと対応していきたいとした。 その舞台となる国立競技場のピッチだが、芝の状態が良くない。前日練習でピッチに立った長谷川は「ちょっと荒れているということは聞いていたので、思っていたよりも土っぽいという感覚はありました」と言及。「やっていても滑る印象はなかったんですけど、ボールが転がりやすかったりイレギュラーなバウンドをするなということはありますが、それは言い訳にならないので、しっかり対応したいと思います」と、問題はありながらも言い訳にはしないとした。 そして、チケット販売も芳しくないという事実がある。27日の17時時点では2044枚しかゴール裏が売れておらず、北朝鮮側は3000枚全てが売れて完売という状況だ。 試合当日もチケットが販売される予定だが、ファン・サポーターに向けた長谷川は「この大きな舞台でやらせてもらっているということで、たくさんの方に見ていただきたいです」と来場を願うことに。「Jリーグではヴェルディがたくさんのお客さんを集めて試合をしていたので、ああいう場でできればと思っています。皆さんに来てほしいと思います」と、スタジアムで声を届けてもらいたいと訴えた。 2024.02.28 00:10 Wed

「彼に捧げたい」チームメイトの粋な計らい! ケガで今季終了の坂元達裕へ捧げるパフォーマンスが称賛を受ける「戻って来れば僕たちは幸せ」

コヴェントリー・シティのFWエリス・シムズが、チームメイトを思った行動に出たことを明かした。 コヴェントリーは26日に行われたFAカップ5回戦でメイドストーン・ユナイテッドと対戦。シムズは先発出場すると、ハットトリックを見事に達成。チームの5-0での勝利に大きく貢献した。 話題を呼んでいるのは先制ゴールを決めた後のパフォーマス。シムズはベンチに駆け寄ると、おもむろにユニフォームを掲げてゴールを捧げる行動に出た。 このユニフォームは背番号7のもの。今シーズンから加入したMF坂元達裕のものだ。坂元は、23日に行われたチャンピオンシップ第34節のプレストン・ノースエンド戦に出場すると、31分に空中戦で落下。背中や腰を強打すると、そのまま担架で運び出されていた。 重傷の可能性もあった中、今シーズン中の復帰がなくなることが決定。長期離脱することになることがマーク・ロビンズ監督から明かされていた。 シムズは試合後に自身のゴールパフォーマンスについて言及。誰かがゴールを決めた際にやろうと決めていたと明かし、チームを支えてきた坂元を思っての行動だとコメント。ケガからの回復を願うと語った。 「僕たちは円陣の中で、もし誰かがゴールを決めたら、そのゴールを彼に捧げようと話し合った。みんなが知っている通り、彼は前の試合でケガを負い、長期離脱の可能性がある」 「彼はチームの人気のあるメンバーであり、彼に捧げたいと思う」 「クラブにはこれまで多くの日本人はいなかったと思う。彼が国を跨いで移籍し、今のようなことでチームに定着することは、とても歓迎すべきことだと思う」 「彼は英語を勉強していて流暢に話ができるけど、数週間はいなくなるだろう。彼が戻ってくることを願っているし、戻って来れば僕たちは再び幸せになり、笑顔になれる」 <span class="paragraph-title">【動画&写真】感動!ケガで今季が早くも終了した坂元達裕へゴールを捧げる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="bZxAGeJut7E";var video_start = 175;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">An Ellis Simms hattrick (his first in senior football) and the Championship side are running away with this.<br><br>Mark Robins cares not for <a href="https://twitter.com/hashtag/FACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FACup</a> fairytales.<a href="https://twitter.com/hashtag/BBCFootball?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BBCFootball</a> <a href="https://t.co/bxnGjFBsYR">pic.twitter.com/bxnGjFBsYR</a></p>&mdash; BBC Sport (@BBCSport) <a href="https://twitter.com/BBCSport/status/1762215610035896628?ref_src=twsrc%5Etfw">February 26, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.27 23:30 Tue

アジア競技大会の北朝鮮戦でもゴール、なでしこの新鋭・谷川萌々子は再現なるか「チャンスがあれば狙っていきたい」

なでしこジャパンのMF谷川萌々子(FCローゼンゴード)が、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦の北朝鮮女子代表戦へ向け、公開トレーニング後にメディアの取材に応じた。 なでしこジャパンは北朝鮮との第1戦を24日に中立地のサウジアラビアで行い、ゴールレスドローで終えた。第2戦は28日に国立競技場で行われ、勝った方がパリ行きの切符を手にするという、シンプルな構図で迎える。 今春にJFAアカデミーを卒業する18歳にとって、トップカテゴリーの選手と戦う機会はこれまで多くはなかったが、「(当たりが)強いなっていうのは感じますけど、やっていける気持ちもあるので、積極的に球際も負けずにやっていきたい」と、力強く語る。 ジッダでの第1戦にも69分から途中出場。アジア競技大会決勝でも相まみえている相手に対して「(北朝鮮戦の)雰囲気を一度味わっているので、途中出場の時もビビることなくプレーできたと思います」と頼もしい言葉を残す。 第1戦でのチームとしての課題にはこぼれ球の対応を挙げ、自身としても不完全燃焼気味。先述のアジア競技大会北朝鮮戦では得点も決めており、国立競技場での第2戦でもレンジの長い一撃に期待が高まる。 「(第1戦では)ロングホールからのセカンドボールやサードボールを相手に拾われて、二次攻撃をされていたので、ポジショニングについてはチームでも改善できています」 「(途中出場時は池田太監督から)しっかりハードワークして、チャンスがあればシュートを打ってこいと言われてピッチに入ったんですけど、1本も打てずに終わってしまったので、次にチャンスがあれば狙っていきたいです」 2024.02.27 23:20 Tue

国立での北朝鮮戦、気になるピッチの状態は…なでしこ10番・長野風花「予想とはちょっと違ったんですけど…」

なでしこジャパンのMF長野風花(リバプール)が、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦の北朝鮮女子代表戦へ向け、公開トレーニング後にメディアの取材に応じた。 なでしこジャパンは北朝鮮との第1戦を24日に中立地のサウジアラビアで行い、ゴールレスドローで終えた。第2戦は28日に国立競技場で行われ、勝った方がパリ行きの切符を手にするという、シンプルな構図となった。 リバプールでは中盤の底を託され、なでしこでも10番を背負う長野は「疲労はないですし、明日やるだけです」と頼もしい言葉を残した。 開催地の直前決定や移動の連続といったイレギュラーのあった中で迎えた第1戦については「いろいろな要因があった中で失点しなかったことが大きかったですし、チームとしてはポジティブに捉えています」と、ドローを前向きに捉えている。 一方で、敵陣深くまでボールを運ぶ回数そのもが少なく、攻撃面では迫力を欠いた。「距離感は納得のいくものではなかった」と、攻守のいずれにおいても距離感に難があったと分析し、次戦へ向けて修正したいと述べている。 「ピッチの中でもっと修正できた部分はあったと思うので、明日の試合はもっとスムーズにゴールまでいけるように、話をしました」 「なかなか(田中)美南さんにまずボールが入らないことが問題で、守備の面でも距離感がよくなくて相手に繋がれて前向きでプレーさせてしまった。第1戦の距離感は納得のいくものではなかったです」 そして、ボールとピッチについてだ。 第1戦では使用球にmolten製の『Vantaggio 5000 第五世代』が用いられたが、第2戦ではadidas製の『コネクト24(CONEXT24)』が使用される見込み。 2戦でボールが変わる点もまたイレギュラーだが、使用球について長野は「サウジアラビアでやった試合はボールが軽くて、私的には蹴りやすかったですけど、今回のボールはちょっと重くて、寒さもあって硬くてあまり伸びない」という印象を持ったという。 また、これまで行われた試合の様子から、不安視されているピッチの状態について問われると、言葉を選びながら「予想していたものとは、ちょっと違ったんですけど、それは私たちも北朝鮮も一緒なので、あまり影響されずにプレーしたいです」と、語るにとどめた。 2024.02.27 22:35 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly