バイリーがベシクタシュ移籍! 今夏復帰のユナイテッドでは戦力にカウントされず

2023.09.05 09:55 Tue
Getty Images
ベシクタシュは5日、マンチェスター・ユナイテッドからコートジボワール代表DFエリック・バイリー(29)の獲得合意を発表した。

昨季は2016年夏から所属するユナイテッドを離れ、マルセイユにローン移籍したバイリー。公式戦23試合に出場したが、マルセイユを買い取りに動かせず、ひとまずユナイテッドに戻った。
だが、ユナイテッド復帰後はというと、プレシーズンにも含まれず、さらなる移籍が濃厚に。そうしているうちに今季が開幕したが、ベシクタシュに獲得の動きが取り沙汰される状況だった。

移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者いわく、1年契約での加入に。無理の効いた守りが魅力の一方で、ケガも少なくないセンターバックだが、トルコで輝けるだろうか。
関連ニュース

マルシャルにトルコ勢から熱烈ラブコール、オールド・トラッフォードでの冒険は今季で終了へ

元フランス代表FWアントニー・マルシャル(28)がマンチェスター・ユナイテッドに別れを告げる。 能力は確かでも評価が上がらないストライカー・マルシャル。リーグ戦17得点を記録したシーズンもあるが、ケガが少なくなく、何よりチームタスクの履行(主に守備)に疑問符が付きまとう。ユナイテッドとの契約は今季限りだ。 ユナイテッドが1月中のマルシャル売却を目指していたのは周知の事実で、その間に今季の新戦力FWラスムス・ホイルンドがみるみるフィット。21歳の若武者は1トップのファーストチョイスを確立した感がある。 そんなこんなで契約満了に伴う2024年夏の退団が確定事項として扱われるマルシャル。トルコ『Fanatik』によると、今冬移籍金を支払ってでも獲得を目指していたのは、フェネルバフチェとベシクタシュ。両者はフリー獲得に向けた契約交渉へと移行する可能性が高そうだという。 今冬はどちらかと言えばフェネルバフチェがクラブ間交渉をリードしていたようだが、マルシャル本人がトルコの両者、さらには“古巣”セビージャからのオファーを拒否。先月グロインペイン手術を受けて治療中の28歳は、新たな冒険の地としてどこを選ぶだろうか。 2024.02.13 17:01 Tue

ベシクタシュはハメス獲得に興味なし?副会長が宣言「神に誓ってありえない」

コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(32)に興味を持っていると言われるベシクタシュだが、クラブ側は関心がないと強調した。トルコ『Ilk Baski』が報じている。 ブラジル・ワールドカップ(W杯)での眩い輝きから早10年…大会後にレアル・マドリーの一員となったハメスだが、期待されたほどの活躍は披露できず、バイエルンへ貸し出されたのち、エバートン、中東カタールはアル・ラーヤン、オリンピアコスと転々とし、昨夏から“ピークを迎えた地”ブラジルはサンパウロへと舞い戻ってきた。 2025年6月までの2年契約を結んだわけだが、2023シーズン途中の加入から公式戦14試合で1ゴール3アシスト。近年低迷するサンパウロの起爆剤となれず、8日に契約解除が発表されていた。 欧州でのプレーを目指すハメスには、契約解除前からベシクタシュへの移籍の噂が報じられていたが、クラブの副会長を務めるヒュセイン・ユセル氏がこの噂を否定した。 9日に発表されたアルバニア代表FWエルネスト・ムジの獲得会見の中で、ユセル副会長は以下のように語った。 「この仕事には経済的な面もある。我々はムジと契約した。おそらく2~3年後には、この選手を4000~5000万ユーロで売ることを考えている。私達はこのような考え方でこれからも道を進んでいくつもりだ」 「SNSではたくさんのことを書かれている、ロドリゲスとかね。そういう選手が我々に来るとは神に誓ってありえない。私は個人的なことで言っているのではない。 これからもファンは我々を信頼してほしい」 2024.02.10 06:30 Sat

ベシクタシュ、アルバニアの新鋭FWムジを完全移籍で獲得

ベシクタシュは9日、レギア・ワルシャワからアルバニア代表FWエルネスト・ムジ(22)を完全移籍で獲得した。 15歳の頃に母国アルバニアの名門KFティラナの下部組織に入団したムジは、2018年1月に16歳でトップチームデビュー。翌シーズンにトップ昇格を果たすと、徐々に出場機会を増やし、公式戦64試合に出場し20ゴール5アシストを記録。 この活躍が認められ、2021年2月23日にポーランドの強豪レギア・ワルシャワへ完全移籍を果たすと、その4日後にポーランドデビュー。その後は準主力としてプレーを続けると、2022-23シーズンからレギュラーに定着。今季もここまで公式戦全試合に出場し9ゴール2アシストをマークしていた。 また、各年代のアルバニア代表でプレーしてきたムジは、2021年11月15日のアンゴラ代表戦でフル代表デビュー。これまで7試合に出場し2ゴールを記録している。 2024.02.09 23:40 Fri

ベシクタシュがレナト・サンチェス獲得交渉から撤退、負傷歴が懸念で確信持てず

ベシクタシュが元ポルトガル代表MFレナト・サンチェス(26)獲得交渉から撤退した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 パリ・サンジェルマン(PSG)からローマへレンタル移籍中のレナト・サンチェス。18歳で出場したユーロ2016にて一躍脚光を浴び、大会後にベンフィカから名門バイエルンへの移籍を勝ち取ったセントラルハーフだ。 しかし、ポルトガル代表の欧州制覇に大きく貢献して早8年、バイエルンでは戦力になれず、リールでの復活を経て昨季加入したPSGでもインパクトは皆無。1年で構想外となり、イタリアの首都へとやってきたが、すでにケガか病気による離脱が5回…セリエA5試合の出場にとどまる。 ケガの多い体質がキャリア不遇につながっている印象はどうしても拭えず、なんとも切ないところ。戦力に常時カウントできない以上、ローマからも必要とされておらず、レンタル打ち切りおよびベシクタシュ行きが報じられていた。 トルコは9日まで今冬の移籍市場が開いているわけだが、どうやらベシクタシュも8日、保有元PSGとの交渉から撤退。イタリア『カルチョメルカート』によると、理由はやはり負傷歴を懸念してのもの…「起用できるならウチの戦力になる」ものの、最後は確信が持てなかったとされる。 ローマは1100万ユーロ(約17億7000万円)の買い取りオプションを保有し、公式戦55%の出場でこれが買い取り義務に移行する契約を結んでいるものの、現状、レナト・サンチェスは今季終了後のPSG復帰が確実だ。 2024.02.09 13:25 Fri

ベシクタシュ、フォレスト主将DFウォーラルを買取OP付きレンタルで獲得

ベシクタシュは5日、ノッティンガム・フォレストからイングランド人DFジョー・ウォーラル(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションが付帯している。 ウォーラルは、地元ノッティンガム出身で2011年にフォレストのアカデミーに加入した193cmのセンターバック。ダゲナム・アンド・レッドブリッジ、スコットランドのレンジャーズにレンタル移籍の経験はあったものの、これまでフォレスト一筋のキャリアを歩み通算226試合に出場。 2021-22シーズンに主力としてプレミアリーグ昇格に貢献し、正式にキャプテンに就任した昨シーズンは自身初のプレミアリーグの舞台で30試合に出場し、残留に貢献した。しかし、今シーズンはリーグ戦7試合の出場にとどまっていた。 2024.02.06 07:00 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly