半端なく強そう!屈強すぎるメッシの専属ボディガードの正体が明らかに、元軍人の総合格闘家

2023.08.25 12:35 Fri
Getty Images
アルゼンチンの英雄でもあるFWリオネル・メッシを守るボディガードの正体に母国メディアも注目している。パリ・サンジェルマン(PSG)を退団し、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに加入したメッシ。新天地では8試合で10ゴールと次元の違う活躍を見せている。
インテル・マイアミもメッシのデビュー後は8連勝と破竹の勢い。MLSとメキシコのリーガMXのクラブで争うリーグスカップで見事優勝し、クラブ史上初のタイトルを獲得すると、23日に行われたUSオープンカップのセミファイナルでも勝利。2つ目のタイトルに王手をかけている。

クラブに大きな影響を与えているメッシを巡っては、その周囲にいる1人の人物が話題に。それはクラブが雇ったメッシのボディガードで、移動時はもちろん、試合中のタッチライン際でも周囲に警戒を光らせる姿が注目を集めていた。

スキンヘッドで立派な顎髭を蓄え、見るからに屈強なボディガードだが、アルゼンチン『ラ・ナシオン』がその正体を明らかにしている。
インテル・マイアミの共同オーナーであるデイビッド・ベッカム氏が選んだとされるそのボディガードは、イラクとアフガニスタンでの軍事経験もある元米海軍兵で、プロの総合格闘家として活躍しているという。

自身のインスタグラムでは定期的にトレーニングの動画もアップしており、フォロワーは12万人を超える。そのフォロワーの中には、メッシだけでなく元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスもいる。


1 2
関連ニュース

名古屋、神戸戦に吉田沙保里さんが来場 最強ゲストにサポ沸き立つ「フィジカル系のFW補強か」「CFかCBかな?」

大物ゲストの来場にサポーターが沸き上がっている。 名古屋グランパスは22日、5月3日に豊田スタジアムで開催される明治安田J1リーグ第11節ヴィッセル神戸戦に、女子レスリングの金メダリスト吉田沙保里さんが来場することを発表した。 世界選手権13連覇に、オリンピックでは2004年のアテネ大会から2012年のロンドン大会まで3大会連続の金メダル獲得。個人戦では206連勝に、紫綬褒章や国民栄誉賞も受賞と、上げればキリがない偉大な成績を残した吉田さん。2019年1月をもって現役を引退した。 三重県出身だが、愛知県大府市にある至学館大学出身であり、愛知は「第二の故郷」とのことだ。 名古屋は神戸戦にてゴールデンウィークの一大イベント『キッズワンダーランド』を開催。吉田さんはトークショーに出演し、子ども時代の話や思い描いていた夢、現在の夢などを伝える。また、キックインセレモニーへの参加を予定している。 霊長類最強女子の参戦には名古屋サポーターも興奮気味。「酒井が怪我したからフィジカル系のFW補強したか」、「どこで起用するんだろ?CFかCBかな?」、「霊長類最強が、神戸を止める!」、「試合前に神戸の選手達をこうキュッと」、「大迫、武藤を試合終了までロッカーから出さないように抑えておいてもらおう」と思い思いのコメントを残している。 吉田さんはクラブを通じてコメント。当日への意気込みと、来場を呼び掛けた。 「みなさん、こんにちは吉田沙保里です。 愛知県は私にとって夢を叶えるため、レスリング漬けの毎日を過ごした第二の故郷です」 「現役の頃はあまりサッカー観戦に行く機会がなかったのですが、引退してからはサッカーの友だちが増えて、試合観戦はもちろん私自身もサッカーに挑戦することが多くなり、最近はサッカーがとても身近な競技になっています」 「5月3日のキッズワンダーランド、今年のテーマは『スポーツ』ということでスポーツの楽しさ、魅力をお伝えしながら、みなさんと一緒に試合を盛り上げていけたらなと思っています。豊田スタジアムでお待ちしています」 <span class="paragraph-title">【動画】吉田沙保里さんから名古屋戦来場へ向けてのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#グランパス</a> キッズワンダーランド<br>5/3(金・祝)神戸戦<br>霊長類最強女子<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%B2%99%E4%BF%9D%E9%87%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#吉田沙保里</a> さん参戦決定<br><br>5/3(金・祝)の神戸戦に至学館大学(愛知県大府市)出身の女子レスリング金メダリスト吉田沙保里さんに、来場いただくことが決定しましたbr><br>詳細は<a href="https://t.co/DbNvmVwXBa">https://t.co/DbNvmVwXBa</a><a href="https://twitter.com/sao_sao53?ref_src=twsrc%5Etfw">@sao_sao53</a> <a href="https://t.co/Qta2F7zjPq">pic.twitter.com/Qta2F7zjPq</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1782247899449192470?ref_src=twsrc%5Etfw">April 22, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.22 21:55 Mon

大坂なおみがクラシコ観戦!クルトワとツーショット公開、特別GKユニフォームも「hala Madrid!」

女子プロテニス選手の大坂なおみが、レアル・マドリーvsバルセロナのエル・クラシコを現地観戦。マドリーのスペイン代表GKティボー・クルトワとのツーショットも公開した。 21日、サンティアゴ・ベルナベウではラ・リーガ第32節のエル・クラシコが行われ、後半のアディショナルタイムにイングランド代表MFジュード・ベリンガムがゴールを決めたマドリーが、ホームで3-2と逆転勝ちを収めた。 大坂は自身のX(旧:ツイッター)で「hala Madrid! thank you @thibautcourtois @realmadrid」綴り、スタジアム内でのクルトワとの記念写真を公開。「OSAKA」のネームが入った特別GKユニフォームとともに注目を集めた。 <span class="paragraph-title">【写真】大坂なおみとクルトワのツーショット!特別ユニとともに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">hala Madrid! thank you <a href="https://twitter.com/thibautcourtois?ref_src=twsrc%5Etfw">@thibautcourtois</a> <a href="https://twitter.com/realmadrid?ref_src=twsrc%5Etfw">@realmadrid</a> <a href="https://t.co/2Q9nXIw6CT">pic.twitter.com/2Q9nXIw6CT</a></p>&mdash; NaomiOsaka大坂なおみ (@naomiosaka) <a href="https://twitter.com/naomiosaka/status/1782241850931507202?ref_src=twsrc%5Etfw">April 22, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.22 19:40 Mon

J2千葉、終盤逆転負け秋田戦の結果受けクラブ等への誹謗中傷行為を確認、声明発表し警察へも相談と厳格対応

ジェフユナイテッド千葉は21日、J2第11節の結果における誹謗中傷行為に関する声明を発表した。 「この度、2024明治安田J2リーグ 第11節の結果に関しまして、当クラブや特定の者に対する誹謗中傷行為が確認されました。このような行為は断じて許されるものではございません。本件について、当クラブ及び当事者に対して危害が加えられる恐れがあることから、所轄の警察署へ相談をし、適切な対応をとってまいります」 「ジェフユナイテッド市原・千葉では、今季J1昇格という目標に向け、サポーターの皆さまと一緒に喜びを分かち合うべく日々取り組んでおります。今後とも温かいご支援・ご声援を頂きますようお願い申し上げます」 千葉は21日、明治安田J2リーグ第11節でブラウブリッツ秋田をフクダ電子アリーナに迎え、1-2と逆転負け。66分に田口泰士の今季初ゴールで先制するも、90分に追い付かれ、後半アディショナルタイムにはPKを献上。これは守護神・藤田和輝が止めたものの、直後に被弾し、2試合未勝利となった。 47分に秋田に退場者が出たことで数的優位となった千葉は、公式シュート数25対5と、再三再四好機を演出するも、決定力を欠き1点止まり。終盤に代償を払うこととなっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】千葉が先制するも数的不利の秋田に逆転負け</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="egBrfFsKluw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.22 19:10 Mon

FC東京が“東京ダービー”での事象を報告「FC東京を揶揄することを目的としたと思われる貼り紙が複数確認」、東京Vとも連携

FC東京は22日、東京ヴェルディ戦での事象について報告した。 13日、明治安田J1リーグ第8節でFC東京は東京Vとの“東京ダービー”を戦った。 16年ぶりにJ1の舞台で実現した“東京ダービー”は大きな盛り上がりを見せる一方で、2023シーズンの天皇杯で対戦した際には、試合前に公共物の破損や試合中の火器の使用など、FC東京サポーターの問題行動が話題となった。 “東京ダービー”を前に、クラブは行動について注意喚起。調布警察署との連携も発表していた中、今回はFC東京が被害を受けたことを報告している。 発生した事象については「京王飛田給駅のスタジアム通りにおいて、FC東京を揶揄することを目的としたと思われる貼り紙が複数確認された」、「その一部が当クラブのパートナーであるキリンビバレッジ様が設置した自動販売機に貼られた」とのこと。クラブスタッフの巡回やSNSなどのインターネット媒体を用いて情報収集を行い、飛田給駅前交番や地元自治会とも連携して対応にあたったという。なお、試合前にもクラブ公式X(旧ツイッター)で注意喚起していた。 この件については東京V側にも報告。「FC東京から、当日の主管団体であります東京ヴェルディにも情報提供をいたしました。また、8月に弊クラブ主管にて開催いたします次回対戦時において、両クラブが連携して対策を検討していくことを確認しております」としている。 東京Vは21日に声明を発表しており、「看過されるべきでない事象と認識しております。また、実行者の特定に努め、捜査協力等を求められた場合には関係各所の対応に協力してまいります」としていた。 試合は東京Vが2点を先行するも、FC東京は終盤に2点差を追いつきドロー。両者は8月17日(土)に味の素スタジアムで再戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】白熱の東京ダービー、東京VvsFC東京</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="HZj1w5Oa1Mc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.22 11:55 Mon

エバートン戦判定に憤るフォレストが物議醸す声明…「VAR担当がルートンのファンであると警告したが…」

ノッティンガム・フォレストが、エバートン戦での幾つかの物議を醸す判定を受け、異例の声明を発表した。 共にPSR違反でプレミアリーグから勝ち点剥奪処分を科され、熾烈な残留争いに巻き込まれている16位のエバートンと17位のフォレストは、21日に行われたプレミアリーグ第34節で対戦。このシックスポインターはホームのエバートンがMFイドリサ・ゲイエ、MFドワイト・マクニールの見事なミドルシュートによる2ゴールで勝利した。 今節は18位のルートン・タウンが敗れており、自動降格圏との勝ち点1差を維持して残留圏内をキープしたフォレストだが、この試合ではいずれもエバートンDFアシュリー・ヤングが絡んだプレーに関してPK獲得の可能性があったとして、プロ審判協会(PGMOL)に対して公式X(旧ツイッター)で異例の声明を発表した。 「3件の非常に不適切な決定、つまり3件のPKが与えられなかったということは、我々には到底受け入れられない」 「我々は試合前にPGMOLに対し、VAR担当がルートンのファンであると警告したが、彼らは彼を変えることはなかった。我々の忍耐力は何度も試されてきた」 「ノッティンガム・フォレストは今後、幾つかのオプションを検討する予定だ」 なお、今回フォレストが名指しで批判したVAR担当はスチュアート・アトウェル氏。クラブは同氏がフォレストの残留争いのライバルであるル-トンのファンであり、今回のエバートン戦において自分たちに不利な判定を下す可能性を排除するため、担当の変更をPGMOLに訴えたものの、それが受け入れられなかったとして、公平性を欠く同協会の対応を非難した格好だ。 なお、フォレストが指摘した3つのPKの獲得の可能性があった前半終盤のヤングのハンド疑惑と、後半序盤のFWカラム・ハドソン=オドイがボックス内で後ろから倒されたプレーに関しては、確かに当事者としては受け入れがたい判定だったと言える際どいものだった。 また、フォレストは第18節のボーンマス戦においてもDFウィリー・ボリーのイエローカード2枚での退場に関して、後にPGMOLでチーフを務めるハワード・ウェブ氏がミスを認めたとも報じられる前例があり、その際には主審を務めたロブ・ジョーンズ氏とVARによる会話の録音データ公開や、ジョーンズ氏の資格停止を要求したという一件があった。 そのため、今シーズンを通じての不満が爆発する形で今回の異例の声明発表に至ったようだ。 ただ、イギリス『スカイ・スポーツ』でコメンテーターを務めるジェイミー・キャラガー氏は、「不満はわかるが、VAR担当がルートンのファンか? とのくだりに関してそんなことに首を突っ込んではいけない」、「フットボールクラブであるならば、少しは品格を見せなければならない」と、一部の表現に関して苦言を呈している。 また、イングランドサッカー協会(FA)は今回のフォレストの投稿を大いに問題視しており、今後の処分に向けて調査を開始したようだ。 2024.04.22 08:00 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly