今季出場ゼロ…セルタで飼い殺し状態のデニス・スアレスがエスパニョールにレンタル

2023.01.31 20:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エスパニョールは31日、セルタから元スペイン代表MFデニス・スアレス(29)をレンタルしたことを発表した。契約は今季終了時までとなる。

かつてはマンチェスター・シティやバルセロナの下部組織に在籍し、その将来が大きく期待されたデニス・スアレス。本格的にトップチームで試合に出るようになったのは、2014年夏にレンタルで加入したセビージャ。在籍は1年間のみだったが、公式戦46試合に出場し、ヨーロッパリーグ制覇に貢献した。

翌シーズンはビジャレアルにレンタル移籍し、公式戦48試合出場とこちらでも主力としてプレーした。すると過去2年の活躍を経て2016-17シーズンに満を持してバルセロナデビュー。しかし、セビージャやビジャレアルで見せたようなパフォーマンスは見せられず、その後はアーセナル移籍を間に挟み、2019年夏にサッカーを始めたセルタへ復帰した。
セルタでは主力としてプレーし、昨季はラ・リーガ全試合に出場。そこでセルタは今季前に契約延長を打診したが、スアレスがこれを拒否したことでクラブ会長の反感を買い、今季は一度も出場のない飼い殺し状態に。今季終了後にビジャレアル復帰の可能性があったが、なんとか半年で脱出に成功したようだ。

関連ニュース
thumb

セルタの20歳MFベイガ、ビッグクラブの関心が増加の一途…ラ・リーガ、プレミア、セリエAから熱視線

セルタのU-21スペイン代表MFガブリ・ベイガ(20)に対するビッグクラブの関心が高まり続けているようだ。 ベイガはセルタの下部組織で育った攻撃的MF。ファーストチームで定位置を確たるものとした今季はセントラルハーフや右サイド、最前線でもプレーしており、ラ・リーガでは24試合で8得点3アシストを記録している。 スペイン代表初選出が目前といわれるなか、レアル・マドリーが今夏最大のターゲットであるドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)獲得に失敗した場合の次点として、ベイガに関心を寄せていることが噂になっている。 その他にもバルセロナ、アトレティコ・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、チェルシー、ニューカッスルなどといったラ・リーガ勢、プレミアリーグ勢から関心が。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、ベイガのリリース条項は4000万ユーロ(約56億6000万円)と主張している。 一方、『ESPN』によると、セリエAのナポリとミランもベイガに注目しているとのこと。また、名だたるビッグクラブに先んじて1月にいち早くアプローチしていたのは、リーズ・ユナイテッドとボーンマスだったという。 瞬く間に移籍市場の注目株となったベイガ。その裏で、セルタは前述のリリース条項の増額を目的とした契約更新を検討しているようだが、選手側がこれを受け入れる可能性は低いとみられている。 2023.03.17 16:18 Fri
twitterfacebook
thumb

今季8ゴール、セルタの20歳MFにプレミアの3クラブが興味か…移籍金は58億円

スペインの新星にプレミアリーグのクラブが興味を示しているという。スペイン『アス』が伝えた。 ビッグクラブが目をつけているのは、セルタに所属するU-21スペイン代表MFガブリエル・ベイガ(20)とのことだ。 セルタのアカデミー出身のベイガは、2022年7月にファーストチームに正式昇格。今シーズンはラ・リーガで22試合に出場し8ゴール3アシストを記録している。 トップレベルでも高いパフォーマンスを見せるベイガだが、スペインの2強であるレアル・マドリーやバルセロナではなく、プレミアリーグのクラブが関心を寄せているという。その1つがニューカッスルとのことだ。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、リリース条項に4000万ユーロ(約58億円)が設定されていると主張。セルタはこの金額以下で手放すつもりはないという。 ニューカッスル以外にもアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドも関心を寄せているが、すぐに獲得に動くことはないともされている。 ただ、この活躍を続ければ新監督が就任したスペイン代表の招集もあると考えられており、夏には市場を騒がす可能性もありそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】躍動するベイガの最新ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="I3_WOUHF-WE";var video_start = 143;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.03.02 21:28 Thu
twitterfacebook
thumb

「彼らの方が喜んでいる」絶妙なアシスト見せた久保建英、3試合連続MOTMもドローを悔やむ「勝ち切れると思っていた」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がセルタ戦を振り返った。 ソシエダは18日、ラ・リーガ第22節でセルタとホームで対戦した。 久保はこの試合に中盤の右サイドで先発出場を果たすと、開始5分にいきなり魅せる。 セルタのビルドアップをブライス・メンデスがプレスをかけてカット。するとハーフウェイライン付近でボールを拾った久保がドリブルで運び相手を1つかわすと、絶妙なスルーパスを出す。 これにオーバーラップしたミケル・オヤルサバルが反応。ボックス内左で左足一閃。これがニアサイドを突き、GKの手を弾いてネットを揺らし、ソシエダが早々に先制した。 しかし、この試合はなかなか追加点を奪うことができずに苦戦。すると相手が退場して数的有利になったものの、後半アディショナルタイムにCKの二次攻撃からオウンゴールで失点。1-1の引き分けに終わった。 ソシエダは久保の試合後インタビューを投稿。久保は試合を振り返り、引き分けを悔やんだ。 「僕たちの状況からして勝ち切れると思っていました。でも、彼らにもチャンスがあったのは確かです」 早々に先制し、75分にレナト・タピアが退場したことで数的優位となりながら、最後に追いつかれたソシエダ。久保は積極的なプレーがチームとしてできなかったとし、1人相手が少ない中で難しくしてしまったと振り返った。 「彼らの退場によって、僕たちはもっと試合をコントロールしなければいけなかったと思います」 「彼らが1人少ないとわかっていたので、もっとボールを繋いで、バックパスを減らすべきでした。僕たちが試合を複雑にしてしまいました。バックパスをしたり、横へのパスと繋いだり、僕たちはもっと前に行くべきでした。バックパスを繋いでも役には立ちません」 「11vs11でしっかりとやれているなら、僕たちは11vs10でも難しくしてはいけません」 また、自身も得点チャンスでのシュートを相手GKにセーブされるなど、チャンスを生かしきれずに引き分けに終わった中、悔しい思いを口にし、次節への意気込みを語った。 「彼らにも決定機はありました。僕たちがもし勝っていれば喜び、彼らはガッカリしたはずです。引き分けとなった今、僕たちよりも彼らの方が喜んでいるでしょう」 「相手に決定機をいくつか与えてしまいました。僕も含め、試合を決定付ける場面はありました。僕も含め、全員が自分を振り返り、バレンシア戦は上手くいくことを願います」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英の圧倒的なスルーパスで先制!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="PKLkXXOrW68";var video_start = 40;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.19 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「魔法のようなプレー」地元紙が久保建英の絶妙すぎるアシストを称賛し最高タイの評価「試合のハイライトの1つ」

見事なアシストを記録したレアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がまたしても高い評価を得た。 ソシエダは18日、ラ・リーガ第22節でセルタとホームで対戦した。 久保はこの試合に中盤の右サイドで先発出場を果たすと、開始5分にいきなり魅せる。 セルタのビルドアップをブライス・メンデスがプレスをかけてカット。するとハーフウェイライン付近でボールを拾った久保がドリブルで運び相手を1つかわすと、絶妙なスルーパスを出す。 これにオーバーラップしたミケル・オヤルサバルが反応。ボックス内左で左足一閃。これがニアサイドを突き、GKの手を弾いてネットを揺らし、ソシエダが早々に先制する。 しかし、この試合はなかなか追加点を奪うことができずに苦戦。すると相手が退場して数的有利になったものの、後半アディショナルタイムにCKの二次攻撃からオウンゴールで失点。1-1の引き分けに終わった。 勝利を目前に敗れたソシエダ。それでも、先制点を生み出すアシストを決めた久保に対し、スペイン『ElDesmarque』は8点(10点満点)とゴールを決めたオヤルサバルらと並びチーム最高タイの評価を与えた。 「試合のハイライトの1つ。激しいプレッシングと、相手のバックラインにに穴を開けた魔法のようなプレー」 「オヤルサバルのゴールをアシストした」 これで今シーズンのアシストは3つ目。前節は見事なゴールとオウンゴール誘発となったが、2試合続けてゴールに絡む活躍を見せた。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英の絶妙アシストから、オヤルサバルの衝撃ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="PKLkXXOrW68";var video_start = 40;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.19 07:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ソシエダが土壇場被弾で10人のセルタ相手にドロー…《ラ・リーガ》

久保建英の所属するレアル・ソシエダは18日、ラ・リーガ第22節でセルタと対戦し1-1の引き分けに終わった。久保は83分までプレーしている。 前節、久保の2得点に絡む活躍などで公式戦4試合ぶりの白星を飾った3位ソシエダが、14位のセルタをホームに迎えた一戦。2戦連続でMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いている久保は、右MFで4試合連続のスタメンとなった。 ソシエダは開始早々の5分に先制する。中盤のボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、久保のスルーパスに反応したオヤルサバルがボックス左からニアサイドにダイレクトシュートを突き刺した。 その後も主導権を握るソシエダがゲームをコントロールするが、なかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。すると26分、ガランの左クロスからセルタに決定機を許したが、J・ラーセンのヘディングシュートはGKレミロが好セーブで防いだ。 ハーフタイムにかけては、互いに決定機のない膠着状態が続き、1-0で前半を終えた。 迎えた後半、セフェロビッチを投入したセルタに押し込まれるソシエダは、立て続けにピンチを作られる。50分、ボックス左でFKを当たると、ベイガのクロスが相手DFに当たってこぼれたボールをニアサイドのミンゲサが右足で狙ったが、これは左サイドネットに外れた。 さらに51分には、右クロスをボックス中央左のセフェロビッチが頭で折り返すと、対応したディエゴ・リコのミスパスに反応したアスパスがダイビングヘッドでゴールを狙ったが、このシュートが右ポストに直撃した。 ピンチを凌いだソシエダは65分、久保のスルーパスにボックス内に侵入したオヤルサバルにがシュート。さらに70分には、縦パスをボックス内で受けたオヤルサバルが落としから、ボックス右の久保が左足で狙ったが、共にシュートはGKビジャールの好セーブに阻まれた。 その後、75分にタピアが退場したことで数的優位となったソシエダだったが、最後の最後に逃げ切りに失敗する。93分、左CKの二次攻撃からボックス右でパスを受けたアスパスのクロスをノルマンがオウンゴールを献上。結局、試合はそのまま1-1で終了した。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英の絶妙アシストから、オヤルサバルの衝撃ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="e6MALyF4uIA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.19 00:09 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly