「寂しいです」「ありがとう」清水移籍の高橋祐治、妻の元AKB48・高城亜樹さんが感謝のメッセージ&清水へ挨拶「素敵な思い出がたくさん」

2023.01.15 21:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
柏レイソルから清水エスパルスへと完全移籍したDF高橋祐治の妻である元AKB48の高城亜樹さんが、柏への感謝を綴った。高橋は京都サンガF.C.やカマタマーレ讃岐、サガン鳥栖でプレーしたのち、2020年に柏へ完全移籍で加入。3シーズン在籍し、ケガなどもあった中、2022シーズンは明治安田生命J1リーグで29試合に出場し1得点を記録するなど、柏で最も充実したシーズンとなった。

しかし、2022シーズン限りで退団し、清水に完全移籍で加入。新天地での活躍が期待される。
その高橋と2019年2月に結婚した高城さんが自身のインスタグラムを更新。三協フロンテア柏スタジアムで夫婦と2人の子供が揃った4ショットを投稿し、柏の人々への感謝を綴ると共に、清水の人々への挨拶を行った。

「柏レイソルでの3年間本当にお世話になりました。チームのご家族、親切な街の方、ママ友に支えられて素敵な思い出がたくさんです」

「本当にありがとうございました」

「私たち家族は祐治がどこに移籍しても全力でプレー出来るようにサポートしていきます」

「お別れは寂しいけど、新しい土地で素敵な出会いがありますように」

「静岡県は初めて!!毎日観光地やオススメスポットを探している日々です。清水エスパルスの皆様よろしくお願いします」

ファンは「結局神なんだよね」、「ありがとう」、「寂しいです」、「静岡でも頑張って」、「また柏に来てください」とコメント。また、清水のファンも「ようこそ静岡へ」、「活躍期待してます」、「食べ物美味しですよ」、「富士山が綺麗に見えます」など、オススメのスポットなどが寄せられている。

1 2

関連ニュース
thumb

「低音ボイス」「嬉しさ全開やな!」札幌サポのNMB48堀詩音さんが柏戦ゴール裏に、熱狂度合いを声が証明「筋肉痛きた」

北海道コンサドーレ札幌のサポーターである、NMB48の堀詩音さんがゴール裏で熱狂したようだ。 地元・北海道のJクラブである札幌の"ガチ"サポーターとして知られる堀さん。昨シーズンはJリーグアジアチャレンジをタイまで海外遠征したほどで、今季も開幕戦となったアウェイでのサンフレッチェ広島戦をはじめ、各地へ足を運んでいる。 3日には三協フロンテア柏スタジアムで行われた柏レイソル戦に参戦。時折ボールも飛び込んでくるあのゴール裏で観戦した。 試合は激しい点の取り合いとなり、同点で迎えた後半アディショナルタイム3分に田中駿汰がゴールをマークして札幌が5-4で勝利。今季の赤黒を象徴するような、点を取られても取り返すというスペクタクルなサッカーを展開し、劇的な白星を手にした。 当然、ゴール裏で応援していた堀さんも大興奮。試合直後に投稿された動画の声やポーズからも熱が伝わってくるようだ。ファンからも「凄ぇ」、「声がw」、「詩音ちゃん低音ボイス」、「アイドルこれでいいのか…?笑3150!!」、「そんな気分になるのは、よ〜く分かります」、「想像のかなり右上だった」、「嬉しさ全開やな!」といったコメントが寄せられた。 堀さんは現在、昨年負った左膝外側半月板損傷からの復帰プログラム中だが、応援もリハビリになるとのこと。とはいえ、試合翌日には足にきていたようだった。 「リハビリの先生が神戸サポの方で、ゴール裏での応援は飛び跳ねて、声を出して応援するのもリハビリの一環になるので、どんどんゴール裏行ってきてくださいっていつも言って下さってるんだけど」 「約1ヶ月ぶりのゴール裏だったからか、本日しっかり筋肉痛きた」 <span class="paragraph-title">【写真&動画】日立台ゴール裏観戦の堀詩音さんと終了直後の歓喜の様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CtCE1KEPH1o/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CtCE1KEPH1o/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CtCE1KEPH1o/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">堀詩音 (NMB48)(@shion_hori)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="qme" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/consadole?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#consadole</a> <a href="https://t.co/ErStwqVGl0">pic.twitter.com/ErStwqVGl0</a></p>&mdash; 堀詩音(NMB48) (@shion_0529_hori) <a href="https://twitter.com/shion_0529_hori/status/1665012076463673352?ref_src=twsrc%5Etfw">June 3, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.06.05 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

計9ゴールの乱打戦を札幌が制す! 最後まで柏に粘られるも、後半ATに田中駿汰が劇的勝ち越し弾【明治安田J1第16節】

3日、明治安田生命J1リーグ第16節の柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌が三協フロンテア柏スタジアムで行われ、アウェイの札幌が4-5で勝利を収めた。 15位と低迷している柏は、第14節ヴィッセル神戸戦から井原正巳監督新体制となっている。その神戸戦は1-1のドローで終えたものの、続く第15節川崎フロンターレ戦では地力の差を見せつけられ0-2で敗北。そろそろ新体制初白星が欲しいところ。この試合ではフロートが8試合ぶりに先発出場を果たしている。 対する8位の札幌は、前節の名古屋グランパス戦で連勝が「3」でストップ。アウェイゲームではあるが、持ち前の攻撃力を発揮して再スタートを切ることが期待された。福森、宮澤がスタメンを外れ、中村とルーカス・フェルナンデスが先発で起用されている。 キックオフ直後、いきなり札幌がチャンスを作る。1分、最終ラインからロングボールが前線に送られると、競り勝った小柏がそのままボックス内に侵入。ここは戻ったDFとGKが挟み込み、小柏にシュートを打たせなかった。 10分、札幌が分厚い攻撃から先制に成功する。左サイドから仕掛けると菅のクロスは跳ね返されたが、セカンドボールを拾い、立て続けに攻撃。混戦の中、前線でボールを持った駒井が荒野に落とすと、荒野の思い切りの良いシュートがゴール左に突き刺さった。 先制を許した柏もすぐさま反撃に出る。12分の細谷のシュートはわずかに枠を外れたが、15分に同点弾をゲット。古巣対決となった高嶺が後方から最前線へ浮き球のパスを送ると、相手DFに当たってコースが変わる。これを金子が戻りながら頭に当てたが、クリアしきれず。こぼれ球を戸嶋が左足ボレーで合わせ、試合を振り出しに戻した。 試合は序盤から打ち合いの展開となる。18分、札幌は最終ラインの荒野から左サイドに展開。収めたルーカス・フェルナンデスが中央へパスを送ると、走り込んだ駒井が勢いを落とさずボックス内に侵入。タイミングを外したシュートで勝ち越しゴールを決めると、31分にはハーフウェイライン付近でマイボールにした札幌は、最前線の小柏にボールが渡り、右サイドの浅野へパス。浅野がカットインから左足で放ったカーブシュートはGK松本が右手を伸ばして止めたが、こぼれ球に小柏がいち早く反応。きっちりと押し込み、スコアを1-3とした。 2点差とされた中、柏もすぐさまやり返す。34分、札幌のCKを防ぐと自陣内からカウンターを発動。ボールを持った小屋松が相手DFの前にうまく入りながらボックス手前まで独走すると、ループ気味のシュートでGK菅野との1対1を制し、柏が1点差に詰め寄る。 札幌は、その後ルーカス・フェルナンデスや駒井、荒野が枠内にシュートを飛ばすが、GK松本が立ちはだかる。前半から激しい展開となったこの一戦は、2-3で折り返した。 同点に追いつきたい柏は後半頭から動く。椎橋に代えて三丸を投入。4バックから3バックに変えると、53分にその効果が出る。相手陣内中央付近で片山がボールを奪うと、最終ラインの裏へと走り出した細谷にスルーパスを通す。細谷は落ち着いてゴール右へシュートを流し込み、柏が再びイーブンに戻した。 しかし、追いつかれた札幌が69分に再び突き放す。左CKのこぼれ球に金子が反応。ダイレクトで左足を振り抜くと、低い弾道のシュートが岡村の足に当たってコースが変わり、札幌がリードを再び得る。 このまま逃げ切りたい札幌は、ルーカス・フェルナンデスと小柏を下げ、福森やスパチョークを起用する。一方、また追いかける形となった柏は、加藤と武藤を77分に、ドウグラスを83分に投入し、同点を目指しに行く。 札幌1点リードのまま90分が経過。しかし、後半アディショナルタイムにも試合は激しく動いた。 91分、柏は右CKを得ると、ニアに飛び込んだ山田がクロスを頭でフリック。するとこのボールがファーにいた武藤にまで届き、柏が土壇場で同点に追いつく。 劇的な引き分けかと思われたが、ドラマはまだ終わっていなかった。93分、札幌がボールを保持してじっくりと柏ゴールへ迫る。右のハーフスペースから細かいパスワークでボックス内に侵入すると、中央への浮き球のパスを駒井が頭で繋ぎ、これをボックス内右にいた宮澤が頭でマイナスへ折り返すと、田中駿がゴール左へシュートを流し込んだ。 一旦は宮澤のオフサイドでノーゴールの判定となったが、VARにより判定はオフサイドなしに。札幌が劇的に勝ち越しに成功。計9ゴールが生まれたシーソーゲームは、アウェイの札幌が制した。 札幌は勝ち点3を獲得したことにより、暫定的に7位に浮上。一方の柏は、リーグ戦5試合未勝利となった。 柏レイソル 4-5 北海道コンサドーレ札幌 【柏】 戸嶋祥郎(前15) 小屋松知哉(前34) 細谷真大(後8) 武藤雄樹(後45+1) 【札幌】 荒野拓馬(前10) 駒井善成(前18) 小柏剛(前31) 岡村大八(後24) 田中駿汰(後45+3) <span class="paragraph-title">【動画】劇的ドラマは後半AT3分! 取り消しもVARで逆転</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>運命を分けるVAR <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> LIVE配信中 <a href="https://t.co/GE400N7msZ">pic.twitter.com/GE400N7msZ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1664972432531423232?ref_src=twsrc%5Etfw">June 3, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.06.03 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

柏、中京大DF桒田大誠の2025年加入内定を発表! 「謙虚に全力で闘います」

柏レイソルは1日、中京大学に在学するDF桒田大誠(20)の2025シーズン加入内定を発表した。 千葉県出身の桒田。暁星国際高校から中京大学に進学すると、今年3月には全日本大学選抜メンバーに選出された。 2025年より晴れてプロキャリアをスタートさせることになった桒田は、クラブを通じて意気込みを述べている。 「2025シーズンから柏レイソルに加入することになりました、中京大学の桒田大誠です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアを地元でもある柏レイソルという素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います」 「自分の特徴を存分に発揮して、今まで支えてくださった方々への感謝を忘れず、謙虚に全力で闘いますので、応援よろしくお願いします」 2023.06.01 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

柏、4月加入のブエノが右ヒザ手術で全治半年

柏レイソルは31日、DFブエノの長期離脱を報告した。 ブラジル生まれなら、千葉国際高校入学で来日のブエノ。昨季まで鹿島アントラーズに所属し、過去に清水エスパルス、ヴィッセル神戸、徳島ヴォルティスでもプレーした。 昨年12月に鹿島を退団から無所属が続いたが、今年4月になって柏入り。4月末の明治安田生命J1リーグで新天地デビューしたが、以降は出場なしだった。 このほど右ヒザ軟骨損傷の治療で手術。全治は6カ月の見込みだという。 2023.05.31 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎Fが2-0で柏を下し連敗ストップ! 小林悠が先制点ゲット、登里享平のゴラッソで追撃【明治安田J1第15節】

28日、明治安田生命J1リーグ第15節の川崎フロンターレvs柏レイソルが等々力陸上競技場で行われ、ホームの川崎Fが2-0で勝利を収めた。 ホームの川崎Fは公式戦3連敗中とやや苦しんでいる中でこの一戦に臨んだ。出場停止だった脇坂やシミッチがスタメンに復帰し、小林が今季リーグ戦初先発。メンバー外が続いていたレアンドロ・ダミアンもベンチに戻ってきた。 アウェイの柏は井原監督体制となってからリーグ戦2試合目。前節は首位ヴィッセル神戸と対戦し、1-1のドローで終えていた。メンバー外となったマテウス・サヴィオの代わりに、仙頭がスタメンに名を連ねた。 試合開始直後から川崎Fが勢いのある攻撃を見せる。1分、家長と脇坂が見事な連携で右サイドを崩すと、家長のクロスが小林の下へ。左足で放ったシュートはわずかに枠を外れ、左サイドネットを揺らすに留まった。 7分には家長の強烈なシュートが柏ゴールに襲いかかる。これはGK松本が冷静に弾き出した。対する柏は最前線の細谷をターゲットにして、攻撃に出る。8分には最終ラインの裏に抜け出した細谷に後方から浮き球のパスが通るが、これはオフサイドの判定となった。 17分、川崎Fがボックス手前左でFKを獲得する。キッカーは脇坂。直接ゴールを狙ったが、ゴール左に外れてサイドネットを揺らした。 主導権を握る川崎Fに先制点をもたらしたのは小林だった。21分、高い位置からプレッシャーをかけると、立田のミスを誘い自らボールを奪う。そのままボックス内まで持ち込み、右足で冷静にシュートを流し込んだ。 32分、ボールを保持する川崎Fが右サイドから崩す。家長がカットインからクロスを送ると、前線に飛び出したシミッチが頭で合わせる。これは惜しくも枠の左へ外れ、追加点とはならなかった。 柏も川崎Fの綻びを見つけてゴールを狙う。34分、最前線の細谷がGK上福元にプレッシャーをかけ、ミスを誘発。こぼれ球をそのままシュートしたが、枠内に飛ばすことはできなかった。 その直後、今度は川崎Fがチャンスを作る。家長が右サイド相手陣内中央辺りでスライディングを仕掛け、ボールを奪い返す。すると、脇坂からボックスの右にいた山根にボールが渡り、中央へグラウンダーのクロス。ディフレクションしたボールに宮代がうまく合わせたが、GK松本が立ちはだかった。 前半の終盤に差し掛かっても川崎Fの勢いは止まらない。波に乗る小林が立て続けに2本シュートを放つ。うち1本はディフェンスに当たってコースが変わる難しいボールとなったが、GK松本が好セーブを見せ、追加点を許さなかった。 このまま1-0で折り返すかに思われたが、前半アディショナルタイムに川崎Fが念願の2点目を奪う。相手陣内左サイドでロングパスを受けた登里が脇阪とのワンツーを駆使して中央へカットイン。豪快なシュートをゴール右隅に叩き込み、リードを2点に広げた。 追いかける展開の柏は後半頭から交代カードを切る。仙頭と山田を下げ、武藤とフロートを投入。フロートが最前線に入り、細谷は右ウイングにポジションを移した。 先に動いた柏が早速チャンスを作る。51分、自陣内でボールを奪うとカウンターを発動。高嶺ガボールを運ぶと、左サイドを駆け上がった武藤にボールが渡り、カットインから右足でシュートを打つ。巻いてファーを狙ったが、わずかに枠を外れゴールとはならなかった。 川崎Fも攻撃の手を緩めない。ボックス内中央にポジションをとった宮代に楔のパスが入ると、落としを受けた大島がボックス内に侵入。GKと1対1となり左足でシュートを放ったが、左ポストに直撃し、追加点を決めることはできなかった。 67分、川崎Fは大島を下げて小塚を投入する。すると直後の68分、左のCKが右サイドに流れると、小林が上げた中央へのクロスに宮代が飛び込む。このヘディングシュートはバーの上へ超えてしまった。 柏は69分に片山に代えて三丸、73分に小屋松に代えてドウグラスをピッチに送り出すが、なかなか流れを変えられない。 そんな中、76分にアクシデントが発生する。川崎Fの山根のクロスにボックス内にいた小林が反応すると、オーバーヘッドで合わせようとする。この際の足が柏DF立田の頭に当たってしまい、立田がピッチに倒れ込んでしまう。無事起き上がったが頭へのダメージということもあり、土屋と交代することとなった。 試合は2-0のまま終盤に突入する。後半アディショナルタイムに入ってからも小林がクロスに頭で合わせ、柏ゴールを脅かす。柏も途中出場のドウグラス中心に川崎Fゴールを目指すが、力及ばず。地力の高さを見せた川崎Fが連敗を止めた。 川崎フロンターレ 2-0 柏レイソル 【川崎F】 小林悠(前21) 登里享平(前45+1) 2023.05.28 19:21 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly