ヴラホビッチは最低8000万ユーロ... バイエルン&PSGが参戦も

2022.12.20 13:41 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(22)に、アーセナルら4クラブが関心を寄せているようだ。

今年1月にフィオレンティーナからユベントスへ移籍したヴラホビッチ。加入後は通算36試合で16得点をマークするなど比較的安定したパフォーマンスを発揮も、来年の1月や夏に向けてその去就が注目されている。

イタリア『カルチョメルカート』によると、ユベントスは少なくとも今シーズンが終わるまでは、2026年6月まで契約を残す22歳エースに対するいかなるオファーにも耳を傾けない方針を決定。交渉に臨む場合でも最低8000万ユーロ(約113億円)を要求するとのことだ。
現段階で触手を伸ばすのはアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドの2クラブで、ここにバイエルンとパリ・サンジェルマン(PSG)が割って入る可能性も。代理人の元にはひっきりなしに電話がかかってきているという。

関連ニュース
thumb

ケアン弾を守り抜いたユベントスがヴェローナにウノゼロ勝利《セリエA》

ユベントスは1日、セリエA第28節でヴェローナをホームに迎え、1-0で辛勝した。 代表ウィーク前の前節、インテルにシーズンダブルとした7位ユベントス(勝ち点41)は、コッパ・イタリア準決勝のインテル戦を3日後に控える中、ディ・マリアやヴラホビッチ、コスティッチをベンチスタートとした。 18位ヴェローナ(勝ち点19)に対し、ケアンと負傷明けのミリクの2トップで臨んだユベントスは守勢の入りを強いられる。ハイプレスをかけてきたヴェローナに15分、デパオリのボレーシュートでゴールに迫られた。 徐々に盛り返すユベントスは37分、ペナルティアーク中央で得たFKをダニーロが狙うと、DFにディフレクトしたシュートが枠の左角に直撃した。 ゴールレスで迎えた後半、バレネチェアに代えてミレッティを投入したユベントスは56分に試合を動かす。ロカテッリのパスをボックス中央で受けたケアンが確実にシュートを決めきった。 その後、ミリクとケアンに代えてディ・マリアとヴラホビッチを投入し、攻め手を維持したまま時間を消化していく。83分にはピンチを迎えたが、テラッチアーノのミドルシュートはGKシュチェスニーがセーブ。 1-0のまま逃げ切りに成功し、リーグ戦3連勝としてインテル戦へ弾みを付けている。 2023.04.02 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

CB強化を模索するユベントス、シティで序列低下のラポルテをターゲットに?

ユベントスがバルセロナらのクラブも関心を寄せるなか、マンチェスター・シティでプレーするスペイン代表DFアイメリク・ラポルテ(28)の獲得を検討しているようだ。 ラポルテは2018年1月にアスレティック・ビルバオからシティへ加入。主力センターバックの一人として数多くのタイトル獲得に尽力してきたが、今シーズンはケガによる出遅れも響き、ベンチが定位置にとなっている。 プレミアリーグでは7試合の出場にとどまっており、選手本人は出場機会を求めて移籍を希望しているとも報じられているなか、スペイン『Relevo』によると、ユベントスが最も熱心な動きを見せているとのことだ。 3バックのシステムを採用しているマッシミリアーノ・アッレグリ監督はセンターバックの強化を熱望しており、高いビルドアップの能力と対人の強さを備えるスペイン代表DFを是が非でもチームに迎えたい考えだという。 一方で、シティとラポルテの契約は2025年夏まで残っており、移籍金は3000万ユーロ(43億6000万円)以上になる可能性も。財政難に陥るユベントスにとっては高額な移籍金となるが、ラポルテが移籍を希望すればシティ側が値下げに応じる可能性はあると踏んでいるようだ。 2023.03.31 10:57 Fri
twitterfacebook
thumb

ディ・マリア、来月にさらなる新契約交渉へ

ユベントスとアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(35)の間で来月にさらなる交渉が行われるようだ。 昨夏にパリ・サンジェルマンからフリー加入したディ・マリア。ケガによる離脱もありながら、ピッチ上で存在感を示すが、単年契約とあって、その行方が注目どころとなっている。 移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、そんなディ・マリアの契約交渉は進められているが、来月中にも新たに話し合われる見通しだという。 巷ではトルコや、アメリカも新天地として噂されるが、ディ・マリア本人はユベントスとの対話にオープンな状況のようだ。 今シーズンのここまで公式戦24試合に出場して8得点7アシストと核となり、ユベントスの引き留めも明らかになるディ・マリアだが、果たして。 2023.03.31 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマと契約満了のスモーリング、クラブは契約延長を楽観視も去就確定はシーズン終了後か

ローマが元イングランド代表DFクリス・スモーリング(33)との契約延長を楽観視しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 9年間在籍したマンチェスター・ユナイテッドではパフォーマンスに波があったスモーリング。だが、イタリアの水が合ったのか、2019-20シーズンからプレーするローマでは最終ラインの要に君臨している。 昨季はヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)優勝に貢献し、ローマに初の欧州タイトルをもたらした選手としてクラブ史にその名を刻むことに。今季も公式戦37試合に出場するなど引き続きチームを引っ張っているなか、契約満了が今年6月に近づいている。 インテルとユベントスがスモーリングのフリー獲得を目指していることが報じられている裏で、ローマは3月初旬に代理人と会談。1年の契約延長+オプションを提示したものの、選手側は2年契約を要求しており、金銭面でも折り合えていないという。 それでも、ローマはスモーリングとの契約延長を楽観的。現在はクラブ全体がヨーロッパリーグ(EL)優勝、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて全力を注いでおり、去就が確定するのはシーズン終了後になるとみられている。 2023.03.30 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「次のピルロになれるかも」ユベントスで頭角現すファジョーリにピャニッチも期待

UAEのシャールジャFCに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、古巣ユベントスのU-21イタリア代表MFニコロ・ファジョーリを称賛した。 ユベントスの下部組織で育ち、2021年1月にファーストチームデビューを果たしたファジョーリ。昨季はセリエBのクレモネーゼへ武者修行に出て経験を積むと、ユベントスに復帰した今季は公式戦26試合に出場するなど、主力の1人に定着しつつある。 クラブだけでなく、イタリア代表の未来としてもファンやメディアから期待を集めるファジョーリについては、ピャニッチも高く評価しているようだ。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じたピャニッチは、ユベントス時代に抱いたファジョーリの印象について明かしており、クラブに多くの栄冠をもたらしたアンドレア・ピルロ氏を彷彿とさせる存在だと語った。 「ニコロが17歳でファーストチームの練習に参加したとき、他の若者と違うとわかったよ。僕はいつもニコロに対して敬意を持っていたから、今シーズンの彼の活躍にも驚かなかった」 「彼はこの調子を続けて、謙虚であり続けなければならない。マッシミリアーノ・アッレグリや彼のスタッフは、ニコロがトップレベルのミッドフィルダーになる助けとなるだろう。彼はイタリア代表の現在であり、未来でもある」 「彼がクラブや代表にとって、次のピルロになる可能性だってあるだろう。ただ、僕としてはあくまでファジョーリとして記憶されるべきだと思う」 2023.03.30 11:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly