東京VがDF深澤大輝、FW阪野豊史、FW河村慶人の3選手と契約を更新

2022.12.08 15:36 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
東京ヴェルディは8日、DF深澤大輝(24)、FW阪野豊史(32)、FW河村慶人(23)の3選手と、2023シーズンの契約を更新したことを発表した。

深澤は東京Vのアカデミー出身で、中央大学在学中に特別指定選手として東京Vのトップチームに登録され、翌年に正式加入。今季は背番号が「23」から「2」へと変更になり、リーグ戦で32試合出場3得点をマークした。

浦和レッズの育成組織出身の阪野は明治大学を経てトップチームへ加入後、栃木SC、愛媛FC、モンテディオ山形、松本山雅FCでプレーした。今季から東京Vへ加入したが、開幕前に右アキレス腱を断裂。復帰後は限られた出番の中で10試合3得点を記録した。
河村は日本体育大学在学中の2021年に特別指定選手として東京Vに登録。今季から正式加入となり、J初出場・初ゴールを含む、リーグ戦28試合出場3得点という数字を残した。

3選手はクラブ公式サイトを通じ、次のようなコメントを残している。

深澤大輝
「2023シーズンも東京ヴェルディで戦える事に感謝して、J1昇格を果たすために全力で取り組みます!応援よろしくお願いいたします」

阪野豊史
「2023年も東京ヴェルディでプレーすることになりました。今までで、最高のシーズンにしたいと思います。チームの目標達成の為に全ての力を尽くします!」

河村慶人
「2023シーズンも東京ヴェルディでプレーできることを嬉しく思います。先は見ません。目の前の相手に勝つために全力で闘います。応援よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

東京VのMF橋本陸斗が左ハムストリング腱膜損傷で全治約10週間

東京ヴェルディは30日、MF橋本陸斗の負傷を発表した。 クラブの発表によると、橋本は27日に負傷したとのこと。左ハムストリング腱膜損傷と診断された。 なお、全治は受傷日より約10週間の見込み。復帰は4月以降になることとなる。 橋本は2021年に2種登録されると、15歳10カ月月26日でデビュー。Jリーグ史上3番目の若さであり、J2最年少記録を樹立した。 2022シーズンは明治安田生命J2リーグで3試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 2023.01.30 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「これはひどい」あのフッキがまさか…がら空きゴール前で想像超えの枠外シュート

アトレチコ・ミネイロの元ブラジル代表FWフッキが信じられないシュートミスを犯した。 かつては川崎フロンターレや北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディでプレーし、日本にも馴染み深いフッキ。ポルトやゼニト、上海上港(現在は上海海港)を渡り歩いたのち、2021年1月に母国凱旋を果たすと、アトレチコ・ミネイロ加入1年目には公式戦67試合で36ゴールをマークし、クラブを50年ぶりのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝の立役者となった。 加入2年目も公式戦46試合29ゴールと、年齢を全く感じさせぬ圧倒的な存在感を示しているが、それでも意外なゴール逸が発生するようだ。 前半にPKを沈め、この日も得点を積み重ねたフッキは、追い付かれて迎えた後半の頭にも勝ち越しの決定機が訪れた。ボックス右からのグラウンダークロスはGKを抜け、正面へ走り込んだフッキの元へ。だが、無人のゴールへわずか数mというシュートは、ボールを利き足で合わせようとしたかあるいは右足での空振りか、枠の右へと外れてしまった。 とはいえ、指揮官は頭を抱え、ファンも「これはひどい」、「おぉ神よ!」、「PKがあって良かったよ」と苦笑い。サッカー下手という意味のスラング「バグレ(ナマズの仲間)」とのコメントも並んだ。 シュートミスには本人も苦笑いで、「ごめん!」とばかりに手を挙げ、身振りで想像よりもクロスがマイナスに入ってしまったと釈明しているようだ。 アトレチコ・ミネイロはその後再びのPKをフッキが決めて勝ち越し、2-1で勝利。ミスも笑い事で済んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】フッキががら空きゴール前でまさかのシュートミス…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Olha o que ele fez! Hulk, meu querido, que gol perdido foi esse... <a href="https://t.co/044XDbWsQL">pic.twitter.com/044XDbWsQL</a></p>&mdash; ge (@geglobo) <a href="https://twitter.com/geglobo/status/1616901172492656646?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.22 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

東京V、山田剛綺と稲見哲行の負傷報告…ともに全治8週間の見込み

東京ヴェルディは21日、FW山田剛綺とMF稲見哲行の負傷を報告した。 山田は昨年12月25日に受傷して、全治8週間見込みの左ハムストリング腱膜損傷と診断。今年16日に受傷した稲見も左ハムストリング腱膜損傷で全治8週間の見込みだという。 城福浩体制2年目の東京Vは2月19日にホームで予定する明治安田生命J2リーグ開幕節でツエーゲン金沢と対戦する。 2023.01.21 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「えぐい…」「激オシャレ」東京Vの2ndユニフォームがカッコ良すぎと話題、パンツがダークブラウンの珍しさも「めっちゃカッコええな」

東京ヴェルディは20日、2023シーズンの2ndユニフォームを発表した。 すでに10日に1stユニフォームが発表されていた中、大きな反響を呼んでいたが、2ndユニフォームも斬新な形となった。 『ATHLETA』が手掛けるユニフォームのテーマは「SHINE SYNERGY 〜融合の輝き〜」。クラブと東京の多様性がシナジーを起こし、未来を明るくしていく願いを込め、シャインホワイトとヴェルディグリーンが融合したライトグリーンのマーブル柄で表現している。 また、パンツはダークブラウンとなり、東京らしいモダンなスタイルを演出している。なお、GK2ndはサックス(水色)で全身をまとめることとなった。 これにはファンも「シンプルでカッコいい!」、「ヴェネツィア並みにかっこいい」、「えぐい…」、「今年も良き」、「めっちゃカッコええな」、「マーブル柄が激オシャレ」、「ダークブラウンのパンツは珍しい」、「カッコ良すぎ」、「色が良い」と好評のようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】色味が大きな話題に!東京Vの2ndユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2023シーズン2ndユニフォームデザイン決定!<br><br>クラブと東京の多様性がシナジーを起こし、未来を明るくしていく願いを込め、シャインホワイトとヴェルディグリーンが融合したライトグリーンのマーブル柄で表現。<br><br>詳細<a href="https://t.co/sJdXsbPWdh">https://t.co/sJdXsbPWdh</a><a href="https://twitter.com/hashtag/verdy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#verdy</a></p>&mdash; 東京ヴェルディ(TOKYO VERDY)公式(@TokyoVerdySTAFF) <a href="https://twitter.com/TokyoVerdySTAFF/status/1616270221811290112?ref_src=twsrc%5Etfw">January 20, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.20 12:43 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪の中盤支えた元日本代表M橋本英郎が現役引退、昨季はおこしやす京都で選手兼HC

関西サッカーリーグ1部に所属するおこしやす京都ACは19日、元日本代表MF橋本英郎(43)が現役を引退することを発表した。 ガンバ大阪の育成組織出身の橋本は1998年にトップチームへ昇格。明神智和や二川孝広、遠藤保仁とともに「黄金の中盤」を形成し、2005年のJ1制覇をはじめ、在籍中していた2011年まで7つのタイトルを獲得した。 以降はヴィッセル神戸、セレッソ大阪、AC長野パルセイロ、東京ヴェルディ、FC今治でプレー。J1からJFLまで各カテゴリーで出場、得点し、2022年には選手兼ヘッドコーチとして、おこしやす京都ACへ加入した。 J1通算339試合19得点、J2通算80試合1得点、J3通算62試合2得点という数字を残し、日本代表としても15試合に出場している。 ここでスパイクを脱ぐという決断をした橋本は、おこしやす京都を通じ、以下のようにコメントをしている。 「昨シーズンで引退する事になりました。おこしやす京都ACでは、JFL昇格という目標を達成出来ず残念でした。そのために自分は加入したと思っていて力不足を痛感しました」 「ただ、初めての社会人リーグでの戦いは楽しかったです!これからのJFL昇格、Jリーグ入りをこれからも応援します!!」 2023.01.19 19:48 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly