京都が主将の松田天馬、麻田将吾と契約更新! 「日々努力して引っ張る存在に」

2022.12.07 17:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
左が松田天馬、右が麻田将吾
©︎J.LEAGUE
左が松田天馬、右が麻田将吾
京都サンガF.C.は7日、MF松田天馬(27)とDF麻田将吾(24)の契約更新を発表した。

鹿屋体育大学出身の松田は湘南ベルマーレでプロ入り後、2021年に京都入り。麻田は京都の下部組織育ちで、レンタル先のカマタマーレ讃岐から今季復帰した。

両選手はともに主力として徴用され、主将も務めた松田が公式戦32試合1ゴール、麻田が42試合出場を記録。クラブを通じて、それぞれ来季の抱負を語った。
松田天馬
「京都サンガF.C.を支えてくださる全ての皆さま、今シーズンも熱い想いを常に届けていただきありがとうございました。来シーズンも共に戦う事を決めました。このチームの成長を手助けできるよう、日々努力して引っ張る存在になっていきます! 京都の街のように一緒に大きく強くしていきましょう。よろしくお願いします」

麻田将吾
「今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。来シーズンも京都の一員としてプレーできることをとても嬉しく思います。京都サンガF.C.に関わる全ての人が一丸となって、より多くの勝利を掴み取れるように一緒に頑張りましょう!! 来シーズンもよろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

背番号は「99」、京都がFWイスマイラと契約更新「チャンピオンになるために共に頑張りましょう」

京都サンガF.C.は1日、ナイジェリア人FWイスマイラ(24)との契約更新を発表した。 イスマイラは、2019年4月に福島ユナイテッドFCに加入。Jリーグに挑戦すると、J3で66試合に出場し25得点を記録。2021年7月に京都へと完全移籍で加入した。 京都ではJ2で16試合3得点を記録すると、自身初となったJ1の舞台で10試合に出場も無得点。YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で4試合に出場し2得点を記録していた。 イスマイラはクラブを通じてコメントしている。 「チームに合流することができて嬉しいです。チャンピオンになるために共に頑張りましょう」 2023.02.01 19:58 Wed
twitterfacebook
thumb

南葛SCが大前元紀を完全移籍で獲得! 京都でプレーも1年で退団「ボールはともだち!楽しむ!!」

南葛SCは1日、京都サンガF.C.のFW大前元紀(33)が完全移籍で加入することを発表した。 大前は流通経済大学付属柏高校から2008年に清水エスパルスへと入団。その後、2013年にデュッセルドルフへと渡ると、同年8月には清水へと復帰した。 2017年には大宮アルディージャへと完全移籍すると、2018シーズンはJ2で得点王に。2010年からザスパクサツ群馬でプレーしていた。 2022シーズンから京都へと完全移籍。公式戦21試合に出場し5得点を記録していたが1年での退団となった。 大前はクラブを通じてコメントしている。 「初めまして。京都サンガF.C.からきました大前元紀です。『キャプテン翼』から生まれたチームである南葛SCの一員になれてうれしく思います」 「チームの目標達成のために自分が持っているすべてを注ぎたいと思います。JFLに昇格し、Jリーグの舞台に行けるように頑張ります。南葛SCを応援してくださる方々に夢や希望を与えれるよう、僕も楽しみながら頑張ります!ボールはともだち! 楽しむ!!」 2023.02.01 12:06 Wed
twitterfacebook
thumb

京都がDF飯田貴敬の契約更新を発表「成長するには必要な1年だった」

京都サンガF.C.は31日、DF飯田貴敬(28)との契約更新を発表した。 飯田は茨城県出身で、野洲高校、専修大学へと進学し、2017年に清水エスパルスへと入団。2020年から京都でプレーしている。 2022シーズンは3年ぶりのJ1の舞台となった中、6試合に出場。YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で2試合に出場していた。 飯田はクラブを通じてコメントしている。 「今年も京都サンガF.C.でプレーさせていただきます。早いもので、京都に来て4年目のシーズンが始まります」 「昨年は自分のサッカー人生において、貴重な1年でした。色々ありましたが全て経験となり、成長するには必要な1年だったと感じてます。今シーズンもよろしくお願いします!」 2023.01.31 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

元柏のオルンガが京都に!? Jリーグファン騒然の投稿も意外な事実、過去には1試合8得点のエピソードにファン「狙ってやってる?」

かつては柏レイソルで大暴れし、現在はカタールのアル・ドゥハイルでプレーするケニア代表FWマイケル・オルンガのSNS投稿が話題だ。 2018年8月に中国の貴州恒豊から柏に加入したオルンガ。2年目の2019年にはJ2で27ゴールを記録すると、3年目の2020年はJ1で28ゴールを記録し得点王に。その活躍が認められ、2021年1月にアル・ドゥハイルへと完全移籍した。 パワー、スピード、そして高さも兼ね備えたオルンガはJリーグに衝撃を与えた中、アル・ドゥハイルでは凄みが増し、公式戦63試合で62ゴールという驚異的な数字を残している。 そのオルンガが自身のツイッターを更新したが、投稿した写真が話題に。なんと「京都珈琲」にいるというのだ。 オルンガが座る後ろにも「京都」の文字。まさか日本への復帰か?と思わせたが、タグ付けされた位置情報はカタール。ドーハのムシェイレブという地区にあるオシャレカフェだった。 ファンも京都サンガF.C.への移籍かと話題にする一方で、Jリーグ時代のエピソードが再燃。2019シーズンのJ2最終節で柏は京都と対戦。J1昇格に向けて大量得点が必要だった京都の前に、オルンガは1試合で8ゴールを記録。13-1で勝利し、京都のファンにとっては悪夢として記憶に残っている中、「狙ってやってる?」という声も挙がっている。 オルンガがこの京都戦を思い出したのか、なんなのか。意味深な投稿は大きな話題となっている。 <span class="paragraph-title">【写真】オルンガが京都に!? 話題となっている意味深投稿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">京都珈琲 <a href="https://t.co/PNHH9bq7C0">pic.twitter.com/PNHH9bq7C0</a></p>&mdash; MICHAEL OLUNGA (@OgadaOlunga) <a href="https://twitter.com/OgadaOlunga/status/1619246616329990150?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛MF横谷繁が現役引退、古巣G大阪のスクールコーチ就任…京都や大宮、甲府でもプレー

愛媛FCは27日、MF横谷繁(35)が現役を引退することを発表した。なお、ガンバ大阪のアカデミー スクールコーチに就任する。 横谷はG大阪ユース出身で、2006年にトップ昇格。2008年から2シーズンは愛媛へ期限付き移籍を経験していた。2010年にG大阪へ復帰すると、2013年には京都サンガF.C.へ期限付き移籍。2014年に完全移籍すると、2015年から4シーズンは大宮アルディージャで、2019シーズンはヴァンフォーレ甲府でプレーしていた。 2020年には11年ぶりに愛媛と加入。3シーズンプレーし、66試合に出場し6得点を記録していた。 攻撃的なポジションでは中央やサイドでプレーし、ゲームメイカーとしてもプレー。J1通算72試合4得点、J2通算280試合35得点、J3通算25試合3得点を記録していた。また、リーグカップでは11試合に出場していた。 横谷はクラブを通じてコメントしている。 「愛媛FCを応援してくれている皆様へ」 「2022シーズンを最後に現役引退することを決めました。20歳の時、望月監督、バルバリッチ監督のもと2年間お世話になり、Jリーグ初得点をとることができました」 「また帰ってきてからプロ最後の試合で得点を取ることができました。あの瞬間みんなが来てくれてすごく幸せでした」 「計5年の間で沢山の人にお世話になり愛媛で充実した生活がおくれました。今年からはファンとして愛媛FCを応援します。長い間ありがとうございました」 また、指導者としてにはなるが久々に復帰するG大阪を通じてもコメントしている。 「皆さん、お久しぶりです。横谷繁と申します。このたび、ガンバ大阪スクールコーチに就任致しました。ガンバ大阪ユースを経て17年間プロサッカー選手としてプレーしてきました」 「サッカーの楽しさ、仲間の大切さ、人間性の向上など、いろんな経験をサッカーを通して伝えられたらなと思います。どうぞよろしくお願い致します」 2023.01.27 18:04 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly