ホッフェンハイム主将ヒュブナーが33歳で現役引退…負傷に悩まされ「続けられない…」

2022.12.07 00:34 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは6日、キャプテンを務めるドイツ人DFベンジャミン・ヒュブナー(33)の現役引退を発表した。

卓越した対人能力、安定した守備に加え、リーダーシップに優れるセンターバックは、ホッフェンハイムでキャプテンを担っていたが、2018年夏の頭部負傷以降、多くの負傷に苦しんできた。とりわけ、2020年夏に負った左足の負傷で1シーズンを棒に振ってからは過去2年半で478分間しかプレータイムを得ていなかった。

そして、自身のことをあまり深く言及することがなかった寡黙なリーダーは、「続けられない」と短い言葉でシーズン途中のこのタイミングでの現役引退を表明した。
その寡黙なヒュブナーに代わってフットボールディレクターのアレクサンダー・ローゼン氏は、「ベニは模範的なファイターであり、ピッチ上で強い個性を持ったリーダーであっただけでなく、チームの問題に関しても、私にとって一貫して重要で明確な連絡先だった。彼のプロ引退後にどのように彼をクラブに組み込むことができるかについて、最初の具体的な話し合いがすでに行われている」と、同選手の今後について説明した。

また、ヒュブナー不在時にゲームキャプテンを担ってきたドイツ代表GKオリバー・バウマンは、「もちろん、キャプテンとしてチームをフィールドに導くことは、僕にとって常に光栄なことだ。だけど、ベニがまだプレーすることができれば、この特権がなくても喜んでやっていたはずだ。ここ数年、ストレスの多い状況に対処してきた彼のやり方は、彼がいかに素晴らしい人物であるかを示している」と前任者を称賛している。

ヒュブナーは過去にフランクフルトで長らくスポーツディレクターを務めたブルーノ・ヒュブナーを父親に持ち、兄のクリストファー(現役引退)、弟のフロリアン(ニュルンベルク)もプロフットボーラーとして活躍するフットボール一家で育った。

ヴェーエン、VfRアーレンを経て2014年に加入したインゴルシュタットでクラブ史上初のブンデスリーガ昇格に貢献した193cmのセンターバックは、2016年にホッフェンハイム入り。ここまで公式戦103試合9ゴール11アシストの数字を残した。

なお、来年1月24日に行われるシュツットガルトとのホームゲームの前に、ヒュブナーとファンとの別れの場が設けられるという。

関連ニュース
thumb

ホッフェンハイム、セビージャからデンマーク代表MFデラネイをレンタル移籍で獲得

ホッフェンハイムは30日、セビージャに所属するデンマーク代表MFトーマス・デラネイ(31)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「17」を着用する。 1年半ぶりのブンデスリーガ復帰となったデラネイは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ホッフェンハイムでブンデスリーガに戻れることを嬉しく思います。ホッフェンハイムの一員として成功できるように、自分の役割を果たしたいと思っている」 コペンハーゲンの下部組織出身のデラネイは、ブレーメンやドルトムントでの活躍を経て2021年8月にセビージャへ加入。セビージャでは、度重なるケガに苦しめられたものの、在籍1年半で公式戦47試合2ゴール1アシストを記録していた。 また、72キャップを誇るデンマーク代表では、先のカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場。しかし、グループステージ初戦のチュニジア代表戦でヒザを負傷し、ハーフタイムで交代。そのままチームを離脱していた。 2023.01.31 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

板倉フル出場のボルシアMGがホッフェンハイムに4発快勝!《ブンデスリーガ》

板倉滉の所属するボルシアMGは28日、ブンデスリーガ第18節でホッフェンハイムと対戦し4-1で勝利した。板倉はフル出場している。 ミッドウィークに行われたアウグスブルク戦を惜敗した9位ボルシアMGが、7試合勝利のない13位ホッフェンハイムのホームに乗り込んだ一戦。板倉はセンターバックの一角で3試合連続の先発出場となった。 ボルシアMGは12分、GKオムリンの素早いスローからカウンターを仕掛けると、左サイドでボールを受けたシュティンドルのロングパスでDFの裏に抜け出した反応したホフマンがボックス右からシュートをニアサイドに突き刺した。 先制したボルシアMGだが、直後にピンチを迎える。13分、ビショーフのパスでボックス内に侵入したバウムガルトナーが飛び出したGKをかわしシュート。しかし、これはカバーに戻った板倉がライン手前でクリアした。 その後は一進一退の展開が続く中、ボルシアMGが再びネットを揺らす。37分、シュティンドルのふわりと浮かせたロングパスで抜け出したホフマンがボックス内まで侵入。一度はDFブルックスにボールをカットされたが、DFエンソキに当たってこぼれたボールを再び拾ったホフマンがゴール右隅へシュートを流し込んだ。 迎えた後半は立ち上がりから膠着状態が続く中、ボルシアMGは66分にホフマンの右クロスをファーサイドで受けたシュティンドルがチャンスを迎えたが、シュートは相手GKが右足で弾き出した。 追加点のチャンスを逃したボルシアMGは、80分に失点する。ボックス左から侵入したベッカーのクロスをゴールエリア右のバウムガルトナーが頭で折り返すと、最後はゴール前のベブに押し込まれた。 1点を返されたボルシアMGだったが、すぐに反撃。すると83分、ボックス右から侵入したスカリーの折り返しをニアで収めたホフマンが素早いターンからマイナスに落とすと、最後はシュティンドルがゴール右隅へ冷静に流し込んだ。 試合を決定づける3点目を奪ったボルシアMGは、試合終了間際にも途中出場のヴォルフがゴールネットを揺らすなど、4-1で快勝した。 2023.01.29 01:38 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムが元米代表DFブルックス獲得! 昨夏ベンフィカ加入もわずか半年でドイツ帰還

ホッフェンハイムは26日、ベンフィカから元アメリカ代表DFジョン・アンソニー・ブルックス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「23」に決定。契約期間は2024年6月30日までの1年半となる。 アメリカ人の両親の元、ベルリンで生まれたブルックスは、ヘルタ・ベルリンでプロキャリアをスタート。その後、2017年に加入したヴォルフスブルクでは5シーズンに渡ってプレーし、公式戦146試合に出場し、8ゴールを記録。193cmの恵まれたサイズと屈強なフィジカルを武器に、3バックと4バックを併用するチームのバックラインを支えていた。 カタール・ワールドカップのメンバー入りはならずも、アメリカ代表として45キャップを誇る29歳DFは、昨夏にベンフィカへフリートランスファーで加入。だが、ここまで公式戦5試合の出場にとどまり、わずか半年でのドイツ帰還を選択した。 2023.01.26 23:52 Thu
twitterfacebook
thumb

「これはエグい」「凄すぎ」遠藤航が圧巻のパフォーマンス、ボール奪取から仕上げのミドル弾までの流れが完璧「デュエルに勝ってからゴールはやばい」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が、鮮やかなゴールを決めてみせた。 24日、ブンデスリーガ第17節でシュツットガルトはホッフェンハイムとアウェイで対戦した。 DF伊藤洋輝と共にこの試合も先発した遠藤。1-1で後半を迎えると、77分に結果を残す。 自陣での遠藤のプレスが起点となると、カウンター発動。右サイドに展開すると、ボックス内右からのナウィル・アーマダのマイナスの折り返しをボックス手前中央で待っていた遠藤がダイレクトで蹴り込む。 ゴールの外側からカーブのかかったシュートがゴール右隅に決まり、シュツットガルトが逆転。遠藤にとっては今季のブンデスリーガで3点目のゴールとなった。 見事なミドルシュートにファンは「これはエグい」、「守備してからのゴールって凄すぎ」、「デュエルに勝ってからゴールはやばい」、「デュエルにミドルって」、「まさに大黒柱」、「こんなシュートもあるのか」とボールを奪ってからフィニッシュを決める姿に驚きの声が集まった。 なお、試合は後半アディショナルタイムに追いつかれ、2-2のドローとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ボール奪取からフィニッシュまで!遠藤航の圧巻ミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴール速報】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a><br>遠藤が今季ブンデス3ゴール目をマーク!!!<br><br><a href="https://t.co/A7zKrwvkLw">https://t.co/A7zKrwvkLw</a><a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a><a href="https://twitter.com/VfB?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB</a><a href="https://twitter.com/VfB_JP?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB_JP</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BD%93%E6%84%9F%E3%81%9B%E3%82%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ドイツサッカーを体感せよ</a> <a href="https://t.co/yux91rkgug">pic.twitter.com/yux91rkgug</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1617996031542677510?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.25 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤が今季4点目!10人のシュツットガルトは土壇場被弾で2戦連続ドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは24日、ブンデスリーガ第17節でホッフェンハイムと対戦し2-2の引き分けに終わった。シュツットガルトの遠藤航はフル出場し77分にゴールを記録、伊藤洋輝はフル出場している。 3日前に行われたマインツ戦をドローで終えた16位シュツットガルトが、リーグ戦4連敗中の13位ホッフェンハイムのホームに乗り込んだ一戦。遠藤と伊藤が揃って先発となったシュツットガルトは前節同様の[4-3-3]を採用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、シュツットガルトは11分に先制を許す。右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったスティラーが逆サイドに展開すると、ボックス左で受けたアンヘリーニョのダイレクトクロスをゴール前に抜け出したクラマリッチがジャンピングボレーで押し込んだ。 その後もやや劣勢の展開が続くシュツットガルトは、なかなか相手陣内の深い位置までボールを運べず。前半アディショナルタイム1分には、アーマダのパスを受けたサイラスがボックス右から侵入しシュートを放ったが、これは相手GKが正面で弾き出した。 このまま前半終了かと思われたが、シュツットガルトが終了間際に試合を振り出しに戻す。アディショナルタイム5分、中盤でのボール奪取からアーマダのスルーパスでDFの裏に抜け出したギラシーが冷静にGKとの一対一を制した。 1-1で迎えた後半も膠着状態が続く中、シュツットガルトは77分に勝ち越しに成功する。中盤でのカウンターを仕掛けるとペレアのパスをボックス右で受けたアーマダがマイナスの折り返すと、最後はペナルティアーク内の遠藤がダイレクトシュートをゴール右に突き刺した。 勝ち越しに成功したシュツットガルトだったが、このゴールでのゴールセレブレーションで観客席に飛び込んだアーマダがこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場処分となった。 数的不利となったシュツットガルトは、終盤にかけてホッフェンハイムの猛攻を受けると、試合終了間際に追いつかれる。94分、アンヘリーニョのロングパスをボックス右で収めたクラマリッチがカットインから左足一閃。これがゴール左に突き刺さり、試合はそのまま2-2で終了した。 <span class="paragraph-title">【動画】ボール奪取からフィニッシュまで!遠藤航の圧巻ミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴール速報】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a><br>遠藤が今季ブンデス3ゴール目をマーク!!!<br><br><a href="https://t.co/A7zKrwvkLw">https://t.co/A7zKrwvkLw</a><a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a><a href="https://twitter.com/VfB?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB</a><a href="https://twitter.com/VfB_JP?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB_JP</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BD%93%E6%84%9F%E3%81%9B%E3%82%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ドイツサッカーを体感せよ</a> <a href="https://t.co/yux91rkgug">pic.twitter.com/yux91rkgug</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1617996031542677510?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.25 06:44 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly