来季J1の新潟がC大阪DF新井直人を完全移籍で獲得、3年ぶりの古巣復帰で今季はレンタル先の徳島で主軸

2022.12.02 13:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は2日、セレッソ大阪のDF新井直人(26)が完全移籍で加入したことを発表した。

新井は新潟経営大学から2019年に当時J2の新潟へ加入。開幕戦でスタメンを勝ち取り、ルーキーイヤーから出場試合数を重ねた。

2021年にセレッソ大阪へ完全移籍で加わるも、J1では出場機会に乏しく、今季は徳島ヴォルティスへ期限付き移籍。主軸としてリーグ戦38試合2得点の数字を残した。
3年ぶりに古巣復帰の新井は各クラブを通じて次のようにコメントしている。

◆アルビレックス新潟
「再びアルビレックス新潟でプレーする機会をいただき、本当に嬉しく思っています。愛する新潟の街、ビッグスワン、そしてサポーターの皆さんの前で早くプレーがしたいです」

「ここに戻ってくることは、自分としてまだ早いのではないかといろいろと悩みました。それでも寺川(能人)強化部長をはじめ、熱く必要としてくださったアルビレックス新潟というクラブのために、もう一度自分の人生も懸けて勝負したいと思いました」

「そして、このクラブでタイトルが獲りたいです。来シーズン皆さんと再び共に戦えるのを楽しみにしています」

「アイシテルニイガタ!」

◆セレッソ大阪
「セレッソでプレーする時間は1年という短い時間ではありましたが、選手、スタッフ含め、サポーターの皆さん、応援ありがとうございました」

「セレッソに戻ってもう一度チャレンジしたい気持ちも当然あり、すごく悩みました。試合に中々出られず、やり残したことや悔いも沢山あります。それでもいま必要とされる所でプレーしたいと思い、セレッソを離れることを決断しました。ここに来られたからこそ出会うことができ、共に戦えた選手、スタッフがいます。セレッソと来シーズン戦えることを楽しみにしています。サポーターの皆さんにまたプレーしている姿を見せられるよう頑張っていきます。本当にありがとうございました!」

◆徳島ヴォルティス
「『徳島を再びJ1に』という強い想いを抱いて戦ってきましたが、それに結果で応えることができず申し訳ない気持ちでいっぱいです」

「ただ今シーズン、徳島のために向き合い戦ってきたことに対して悔いはありません。だからこそ、1年前に徳島に来る決断をしてからこれまでの間、間違いなく成長することができたと感じています」

「共に戦った選手、スタッフ、そして徳島ヴォルティスに関わるすべての仲間たちは、来シーズン必ずJ1昇格を成し遂げると思います。そのためにサポーターの皆さん、応援をよろしくお願いします。皆さんまたどこかで会いましょう!本当に応援ありがとうございました」

関連ニュース
thumb

琉球退団のMF上里一将が現役引退…札幌、FC東京、徳島、熊本でもプレー…今後はアカデミーロールモデルコーチに就任

FC琉球は7日、MF上里一将(36)の現役引退を発表した。また、琉球アカデミーのロールモデルコーチに就任することも発表された。 上里は地元の沖縄県出身で、宮古高校から2004年いコンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)に入団。7シーズンを過ごすと、2011年はFC東京へ、2012年は徳島ヴォルティスへと期限付き移籍。2017年にロアッソ熊本へ完全移籍した。 琉球には2019年に加入し、4シーズンプレー。J2通算137試合に出場し9得点を記録していた。 キャリア通算では、J1で12試合、J2で476試合31得点、リーグカップで1試合に出場。今オフには古巣の札幌のキャンプに参加するなどしていたが、引退が決定した。 上里はクラブを通じてコメントしている。 「上里一将は2022シーズンをもちまして現役を退く決断を致しました。そしてこれからは未来の子供達の為に、培ってきた経験を伝え還元できるよう尽力させて頂きます」 「また今後の方向性や思いは、2月下旬の会見でお伝えできればと思っています。これまで支え、応援して下さった全ての方々に感謝致します。19年間、本当に有難う御座いました」 2023.02.07 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

柏、イッペイ・シノヅカとの契約解除を発表 「大変幸せでした」

柏レイソルは6日、MFイッペイ・シノヅカ(27)との契約を双方合意のもとで解除した旨を発表した。 ロシアのスパルタク・モスクワでキャリアスタートのイッペイ・シノヅカは横浜F・マリノス、大宮アルディージャを経て、2021年に柏入り。昨季をアルビレックス新潟を過ごして、今年1月にレンタル終了が発表されたが、今後を巡っては「決定次第お知らせいたします」と記されていた。 今季の開幕まで2週間を切ったなか、柏退団が決まったアタッカーはクラブを通じて、別れの挨拶をしている。 「1年間でしたが、自分の夢見憧れていたチームでプレーでき、大変幸せでした。怪我などもあり、あまりチームに貢献できませんでしたが、これからの柏レイソルを応援しています。ありがとうございました!」 2023.02.06 15:25 Mon
twitterfacebook
thumb

松本退団の田中パウロ淳一が栃木シティFCへ加入「死に物狂いで頑張ります」

松本山雅FCは3日、MF田中パウロ淳一(29)が栃木シティフットボールクラブへ加入することを発表した。 田中は大阪桐蔭高校から2012年に川崎フロンターレでプロキャリアをスタート。その後、ツエーゲン金沢、 FC岐阜、レノファ山口FCでのプレーを経て、2021年に松本へと加入した。 通算ではJ1で3試合、J2で203試合19得点、J3で32試合5得点、天皇杯で9試合4得点を記録。2022シーズンはJ3で8試合3得点に終わっていた。 TikTokなどSNSでの発信でも話題を呼んでいる田中は、クラブを通じてコメントしている。 「田中パウロ淳一です。栃木には闘いに来ました。死に物狂いで頑張ります。すべてはこれから魅せていきます」 2023.02.04 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

八戸退団の廣瀬智行、新天地は東京都2部に

ヴァンラーレ八戸は3日、DF廣瀬智行(28)の移籍先が東京都社会人2部リーグのTOKYO2020 FCに決まったと発表した。 城西国際大学出身の廣瀬は東京武蔵野シティFC、ラインメール青森FCで日本フットボールリーグ(JFL)でプレーを続けるなか、2021年に八戸でJリーグ初挑戦。だが、昨季も明治安田生命J3リーグで9試合と出番が限られ、契約満了による退団が決まっていた。 廣瀬は新天地の公式ツイッターを通じて、「こんにちは、廣瀬智行です。新しいチャレンジをさせてもらえることに感謝しています。自分の出せる力を出し切りチームに貢献できるように取り組んで行きたいと思います。よろしくお願いします」とコメントした。 2023.02.03 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥取がFC神楽しまねからFW遊馬将也を完全移籍で獲得「持っているものを全て出し切ります」

ガイナーレ鳥取は3日、FC神楽しまねからFW遊馬将也(29)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「29」となる。 遊馬は埼玉県出身で、武南高校から東洋大学へと進学。2016年にブラウブリッツ秋田へと入団する。 3シーズンを過ごし、J3で59試合に出場し7得点を記録。2019年に奈良クラブに完全移籍。2021年に松江シティFC(現:FC神楽しまね)へと完全移籍していた。 FC神楽しまねではJFLで51試合で8得点を記録。しかし、チームは選手などへの給与未払や資金繰りの問題があり、JFLからの退会が決定していた。 遊馬はクラブを通じてコメントしている。 「FC神楽しまねから加入する事になりました、遊馬将也です。チームの目標であるJ2昇格に向けて、自分の持っているものを全て出し切ります」 「そして日々を大切にし、感謝の気持ちを持って謙虚に取り組んでいきたいと思います!共に闘いましょう!応援よろしくお願いします!」 2023.02.03 15:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly