vol.15/デンマーク代表【カタールW杯出場国ガイド】不屈の司令塔牽引の今大会屈指のサプライズ候補

2022.11.18 22:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
11月20日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがカタールの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。15カ国目は、デンマーク代表を紹介する。

◆デンマーク代表
監督:カスパー・ヒュルマンド
主将:シモン・ケアー
予選成績:9勝1敗
W杯出場数:2大会連続6回目
W杯最高位:ベスト8
FIFAランク:10位

◆今大会屈指のサプライズ候補
Getty Images

ユーロ1992でサプライズの初優勝を遂げたダニッシュ・ダイナマイトは、今大会でその再現を目指す。昨年のユーロ2020での躍進をキッカケに、W杯欧州予選やUEFAネーションズリーグでも見事な戦いを披露しているヒュルマンド率いるデンマーク。真のワールドクラスと呼べるタレントはエリクセンのみだが、多くの実力者を擁し[3-5-2(3-4-2-1)]の布陣で一体感溢れるプレースタイルを見れば、今大会屈指のサプライズ候補と言っても過言はない。
GKのポジションでは絶対的な守護神シュマイケルをドイツの首都でプレーするクリステンセン、レノウがサポートする形だ。昨季までレスターで安定感際立つパフォーマンスを見せていたシュマイケルだが、今夏電撃移籍した新天地のニースではチームと共に振るわないパフォーマンスが続いているが、代表チームでは普段通りの安定したプレーを見せており、大きな問題とはならないはずだ。

ディフェンスラインではケアーとアンドレアス・クリステンセン、アンデルセンが3バックの主軸を担う。アンデルセンを除き負傷明けのケアーとA・クリステンセンの状態は気がかりだが、万全の状態であれば、圧倒的な対人の強さと正確なフィードによって攻守両面における高い貢献が期待できる。左右のウイングバックでは中盤的な要素が強いヴァスを除き推進力と対人能力に優れる質実剛健なメンバーが揃った。主力候補のラスムス・クリステンセンとメーレの運動量、攻撃参加はチームにとって重要な要素だ。

中盤ではトップ下起用が見込まれるエリクセンと、セントラルMFでコンビを組むハードワーカーのホイビュアとデラネイのベテラン3選手が絶対的な存在だ。そして、セントラルMFでが献身性とスマートなプレーが売りのイェンセンとノルゴーアがバックアップを担い、ダムスゴーアとリンドストロームの若手2選手はエリクセンのバックアップと共に、前線が2シャドーを採用した際にはスタメン候補となる。

前線はビッグネームはいないものの、ハードワークとフィジカル能力に長けたコーネリウスやポウルセン、ヴィンドといったターゲットマンタイプと、万能型のドルベリ、創造性と左足のテクニックに長けたスコフ・オルセン、ウイングバックでもプレー可能なスコフらセカンドトップタイプの選手が揃う。基本はコーネリウスとスコフ・オルセンの2トップが有力だが、多士済々のアタッカー陣を相手に合わせて起用する形となる。

◆超WS的注目プレーヤー
MFクリスティアン・エリクセン(マンチェスター・ユナイテッド)
Getty Images

デンマークの注目プレーヤーは、不撓不屈の精神力を持つ司令塔のエリクセンだ。昨夏開催のユーロで試合中に心停止を起こす悲劇に見舞われた30歳だが、昨季後半にブレントフォードで奇跡の戦列復帰を果たすと、今年3月に行われた代表復帰戦ではいきなりゴールを挙げる、圧巻のカムバックを見せた。今夏、新天地を求めて加入したマンチェスター・ユナイテッドでも開幕から安定したパフォーマンスを披露し、新生ユナイテッドを牽引。中断前最後の一戦となったフルアム戦では加入後初ゴールを記録し、今大会に向けて大きな弾みをつけている。さすがに優勝は厳しいかもしれないが、1998年フランス大会のベスト8更新にチームを導きたい。

◆登録メンバー
GK
1.カスパー・シュマイケル(ニース/フランス)
16.オリヴァー・クリステンセン(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
22.フレデリック・レノウ(ウニオン・ベルリン/ドイツ)

DF
2.ヨアキム・アンデルセン(クリスタル・パレス/イングランド)
3.ビクトル・ネルソン(ガラタサライ/トルコ)
4.シモン・ケアー(ミラン/イタリア)
5.ヨアキム・メーレ(アタランタ/イタリア)
6.アンドレアス・クリステンセン(バルセロナ/スペイン)
13.ラスムス・クリステンセン(リーズ/イングランド)
17.イェンス・ストリガー・ラーセン(トラブゾンスポル/トルコ)
26.アレクサンダー・バー(ベンフィカ/ポルトガル)

MF
7.マティアス・イェンセン(ブレントフォード/イングランド)
8.トーマス・デラネイ(セビージャ /スペイン)
10.クリスティアン・エリクセン(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
14.ミッケル・ダムスゴーア(ブレントフォード/イングランド)
15.クリスティアン・ノルゴーア(ブレントフォード/イングランド)
18.ダニエル・ヴァス(ブレンビー)
23.ピエール=エミール・ホイビュア(トッテナム/イングランド)
25.イェスパー・リンドストローム(フランクフルト/ドイツ)

FW
9.マルティン・ブラースヴァイト(エスパニョール/スペイン)
11.アンドレアス・スコフ・オルセン(クラブ・ブルージュ/ベルギー)
12.カスパー・ドルベリ(セビージャ/スペイン)
19.ヨナス・ヴィンド(ヴォルフスブルク/ドイツ)
20.ユスフ・ポウルセン(RBライプツィヒ/ドイツ)
21.アンドレアス・コーネリウス(コペンハーゲン)
24.ロバート・スコフ(ホッフェンハイム/ドイツ)

◆グループステージ日程
▽11/22
《22:00》
vsチュニジア代表
@エデュケーション・シティ・スタジアム

▽11/26
《25:00》
vsフランス代表
@スタジアム974

▽11/30
《24:00》
vsオーストラリア代表
@アル・ジャヌーブ・スタジアム

関連ニュース
thumb

マッケニー売却が前提… 新体制ユベントス、アタランタの25歳DFメーレと接触

ユベントスが、アタランタのデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(25)に関心を寄せているようだ。 不正会計のペナルティとして、セリエAの勝ち点15を剥奪されたユベントス。財政難がクラブ内外に陰を落とすなかでスタートした新体制においては、アメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)を筆頭に主力選手の売却が取り沙汰されている。 そのマッケニーはリーズ・ユナイテッドとの紐付けが注目を集めているが、イタリア『カルチョメルカート』によると、売却が成立した場合、ユベントスは売却益を元手にしつつ、メーレの獲得に動くようだ。 メーレはカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したデンマーク代表の中心選手。W杯では全3試合にスタメン出場し、国際Aマッチ通算34試合9得点を誇る。 クラブキャリアでは母国でプロデビュー後、2017年夏にベルギー1部のヘンクへと移籍し、2021年冬に加入したアタランタではすぐさま欠かせぬ存在に。両サイドハーフと左サイドバックに対応可能で、今季はセリエA17試合で1得点1アシストを記録している。 今季唯一のゴールは23日のユベントス戦。ユベントスは水面下でアタランタ及び代理人との話し合いが始まっており、まずは買い取り義務などが付帯しないシンプルなレンタルから可能性を探っているとのことだ。 2023.01.26 16:32 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズの鉄人MFホイビュアがデンマーク男子年間最優秀選手賞を初受賞!

トッテナムのデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュアが、2022年度のデンマーク男子最優秀選手に選ばれた。 8日にデンマークサッカー協会(DBU)が発表した。 デンマークの男子サッカー選手賞は、これまではサッカー協会(DBU)と選手協会が別個で選出していたが、2021年からは共同に。2013年以降は、マンチェスター・ユナイテッドのMFクリスティアン・エリクセンが5回、ニースのGKカスパー・シュマイケルが3回、そして昨年はミランのDFシモン・ケアーが2度目の受賞となった。 初受賞となったホイビュアは、DBUの公式サイトで以下のように喜びを語った。 「たくさんプレーして、楽しく最後までプレーできた、とても充実した1年だった!」 「2022年は本当に良い年だった。自分のやっていることが正しいと確認できた。このような評価は、僕がこの道を進み続けるモチベーションを高めるだけでなく、これからも謙虚で誠実な姿勢で臨み、さらなる発展を遂げるために役立ちます」 「どれだけプレーしたかということよりも、チームの勝利にどれだけ貢献できたかが重要だと考えている。僕にとってそれが大切であり、モチベーションに繋がるんだ。僕は、取り組む姿勢と努力することが大切で、それを重視している。できれば10年先までそれを貫きたいね」 2020年夏にトッテナムに加入したホイビュアは、2022年に開催された公式戦51試合中47試合に出場。また、代表戦でも先日まで行われていたカタール・ワールドカップ(W杯)を含め公式戦全12試合に出場していた。 2023.01.09 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

争奪戦に? ザルツブルクの19歳MFケアーゴール、ミラン筆頭にセリエAで大人気

ミランが、ザルツブルクのU-21デンマーク代表MFモーリッツ・ケアーゴール(19)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ケアーゴールは身長192cmの大型セントラルハーフで、15歳でザルツブルクの下部組織に入団したのち、現在ではクラブの中心選手に。今季は国内リーグ16試合で2得点4アシストを記録し、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループステージ全6試合に出場している。 そのCLではミランとの対戦も。ミランはザルツブルクのスイス代表FWノア・オカフォー(22)への関心も伝えられており、両者セットでの来夏獲得を模索しているとのこと。ケアーゴールの市場価値は1500万ユーロ(約21億3000万円)とされている。 なお、ケアーゴールに対してはインテルも興味を示しており、その他複数のセリエAクラブが続くとも。つい先日にはローマが強い関心を寄せていると報じられていた。 2022.12.29 16:58 Thu
twitterfacebook
thumb

4大会ぶりW杯決勝T進出のオーストラリア、指揮官は「こうした努力を誇りに思う」

オーストラリア代表のグラハム・アーノルド監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント進出を喜んだ。イギリス『BBC』が伝えている。 オーストラリアは11月30日に行われたカタールW杯グループD最終節でデンマーク代表と対戦した。勝てばグループステージ突破が決定する状況で、立ち上がりからボール支配こそ譲りながらも集中した守備で失点を許さずハーフタイムへ。後半も同様の展開が続いたが、60分にカウンターからFWマシュー・レッキーが値千金の先制弾を決めると、1-0で勝利した。 この結果、2006年のドイツW杯以来となる決勝トーナメント進出が決定。試合後のアーノルド監督はチームを大いに称えつつ、これからの戦いに向けて気を引き締めている。 「私はチームのこうした努力を誇りに思っている。準備する時間はとても短かったが、そこで彼らが見せた努力は信じられないようなものだった」 「選手たちは素晴らしい心構えでこの大会にやってきた。この4年間は信念、エネルギー、そして集中力の向上に向けて取り組んできた。そして、彼らの目を見れば今夜の準備は万端であるとわかったんだ」 「祝杯はあげるつもりはないね!だからこそ、我々はチュニジア戦で素晴らしい勝利を収めた後で再び白星を掴めたのだ。祝賀会も、感動も、SNSも必要ない」 2022.12.01 11:36 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストラリアを4大会ぶりベスト16に導いたレッキー「若い世代に感動を」

メルボルン・シティのオーストラリア代表FWマシュー・レッキーが11月30日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループD最終節デンマーク代表戦を振り返った。 この試合で先発したレッキーは後半15分にロングカウンターの流れからゴールをマーク。これが決勝点となってオーストラリアは1-0で競り勝ち、2006年ドイツW杯以来となる2度目のベスト16に進出した。 レッキーは試合後、グループズテージを突破した喜びを語った。 「僕らは大きな夢を持って挑んだ。グループズテージを突破するというね。その夢は達成できた。これでもう一試合できる。多くの選手が疲労困憊だけど、準備はできている」 「激しい試合だったが、僕らはよく守った。もう一つの試合はコントロールできない。だから勝つことだけを考えて臨んだ。僕らのゲームができたね。勝利に値すると思う。W杯でプレーすることは若い頃の夢だった。今度は僕らが若い世代に感動を与えられたらと願っているよ」 2022.12.01 07:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly