「世界に日本の力を示すいい機会」合流待たれるブライトン三笘薫、W杯へ向けクラブ公式インタビューに登場「すごく試されている大会」

2022.11.17 22:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)に臨むブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が、クラブの公式インタビューに応じた。三笘は2021年夏に川崎フロンターレからブライトンへと加入し、労働許可証が発給されないため、直後に期限付き移籍でベルギーのユニオン・サン=ジロワーズへと加入した。研鑽を積んで2022-23シーズンからプレミアリーグでのチャンスをつかむと、新指揮官の前で圧巻のパフォーマンスを披露。注目を集める存在となっている。

W杯メンバーにも選出された三笘は体調不良の影響で合流が遅れ、心配されていたが、すでにクラブはからゴーサインが出ている。
ブライトンは改めて日本が誇るウイングへのインタビューを公開。公式ツイッターでは「W杯でミトママジックを見るのを楽しみにしているのは誰?」と紹介されている。

--日本の人々にとってのW杯の意味は?

「前回大会はベスト16になったので、今大会ではどれだけいけるのかということと、すごく厳しいグループに入っているので、そこで勝ち抜くことが日本サッカー界にとって新たな光になると思いますし、これからの日本サッカーを占う意味でも、すごく試されている大会かなと思います」

--日本のファンはワールドカップをどう捉えているのか?

「たいていの人は家でテレビで見ると思いますけど、お店にいって一緒に見ることも多いです。特にいつも(サッカーを)見ていない人たちが注目するので、日本中が盛り上がっているイメージはあります」

「そこまで今は盛り上がっていないというか、大会が始まれば盛り上がる国民性なので、どんどん試合が進むにつれて盛り上がっていくと思います」

--ホスト国であった2002大会の思い出はある?

「2002年に初めてワールドカップを見て、日本がこんなに盛り上がっているのを感じてサッカーを好きになったので、すごく覚えています」

--日本にとってはタフなトーナメントだと思うか?

「すごく厳しいグループに入っていますけど、ワールドカップでこれだけ素晴らしい相手と戦うチャンスはないので、世界に日本の力を示すいい機会かなと思います」

「初戦がカギになると思いますし、簡単ではないとも感じているので、毎試合チームとして全力を尽くさないと厳しいなとは思っています」

--特に対戦してみたいチームや選手はある?

「(チームメイトのアレクシス・)マク・アリスターもいるアルゼンチンやブラジル、特に前回大会はベルギーに負けているので、借りを返したいという気持ちはあります」

「一番タフな、厳しい相手はブラジルかなと思いますけど、親善試合でも戦って本気のブラジルとはやっていないと思うので、そういったところとやりたいなと思います」

--カタールでの冬開催については?

「シーズン中ということもありますし、季節も暑いと思うので選手にとっては厳しいですけど、(登録メンバーも)26人に増えましたし、そういったところを生かして、チームとして団結力を持って戦えば問題はないかなと思います」

--日本からプレミアリーグへ来て、今やW杯ですね。変わったと感じていることなどは?

「3年前は大学生だったので時間が経つのは早いです。成長している実感もありますし、環境を変えて得たものはすごく大きいので、いろいろチャレンジしてきた結果が今、ここにいることなのかなと思っています」

1 2

関連ニュース
thumb

「アルビオンが手にした宝石」2試合連続決勝ゴールの三笘薫を地元紙も絶賛「ほぼ全てのチャンスで相手に問題を引き起こす」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が高評価を得ている。 4日、ブライトンはプレミアリーグ第22節でホームにボーンマスを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを決めており、世界中で大きな話題となっていた。 1月21日のプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でも圧巻ゴールを決めており、3試合連続でのゴールが期待された三笘0-0で迎えた87分に、左からのクロスを珍しくヘッド。これが相手GKの手を弾いてネットを揺らした。 これで公式戦3試合連続ゴール、2試合連続の終盤の決勝ゴールを決めた三笘。ブライトンはこのゴールを守り切り、1-0で勝利。リーグ戦4試合無敗となっている。 イギリス『Sussex Live』は三笘に対して8点(10点満点)の評価。チーム最高の評価を与え、後半のプレーぶりを称えた。 「最初の15分間は攻撃できないエリアでボーンマスにプレッシャーをかけられ、試合に参加できていなかった。しかし、後半に入ると、ほぼ全てのチャンスで相手に問題を引き起こすことに成功した」 「そして見事なヘディングシュートを決め、チームは勝利を手にすることができた」 また、イギリス『Sussex Express』は9点(10点満点)とこちらも最高評価を与えた。 「アルビオンが手にした宝石。常に最も創造性に富んでおり、勝利に値する選手だった」 「スロースタートだったが、徐々に調子を取り戻し、何度も相手DFをかわしていった。テクニックも素晴らしい」 <span class="paragraph-title">【動画】地元紙も絶賛した三笘薫の珍しいヘディング決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGeG6Vb08lI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 09:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「いつだって危険な存在」ブライトン指揮官、2試合連続終盤決勝弾の三笘薫を称える

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督は、日本代表MF三笘薫について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、ブライトンはプレミアリーグ第22節でホームにボーンマスを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを決めており、世界中で大きな話題となっていた。 1月21日のプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でも圧巻ゴールを決めており、3試合連続でのゴールが期待された三笘。この試合も何度かゴールに迫ったが、試合は互いに譲らない展開で進む。 ゴールが生まれない展開で試合は進んだ中、ゴールレスドローかと思われた87分にまたしても三笘が魅せる。攻勢をかけたブライトンは、ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロス。すると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴールイン。劇的な先制ゴールとなった。 公式戦3試合連続ゴール、2試合連続の終盤の決勝ゴールを決めた三笘。ブライトンはこのゴールを守り切り、1-0で勝利。リーグ戦4試合無敗となっている。 デ・ゼルビ監督はこの試合も活躍した三笘について言及。危険な存在だと評価した・ 「我々は三笘のことはよく分かっている。彼は他の試合ほど良いプレーは見せてはいなかった。ただ、彼はいつだって対戦相手にとって危険な存在だ」 「なぜなら彼はゴールの決め方、一対一の状況になること、そして我々にとって重要な存在であることを知っている」 また、試合全体については、「結果と見せたプレーには本当に満足している」とコメント。「プレークオリティのおかげで、クラブで過ごした中で最高のパフォーマンスの1つだった」とチームを称えた。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が87分に劇的な決勝弾!珍しいヘディングで3試合連続ゴール! </span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGeG6Vb08lI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「相当難易度高い」「絶賛覚醒中」三笘薫がまた大仕事! 2試合連続の終盤決勝ゴールにファン称賛の嵐「紛れもなくスーパースター」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫がまたしても大仕事をやってのけた。 4日、ブライトンはプレミアリーグ第22節でホームにボーンマスを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを決めており、世界中で大きな話題となっていた。 1月21日のプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でも圧巻ゴールを決めており、3試合連続でのゴールが期待された中、試合は互いに譲らない展開で進む。 ゴールが生まれない展開で試合は進んだ中、ゴールレスドローかと思われた87分にまたしても三笘が魅せた。 攻勢をかけたブライトンは、ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロス。すると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴールイン。劇的な先制ゴールとなった。 ファンはまたしても試合を決める活躍を見せた三笘に、「三笘を中心に世界が回ってる」、「クオリティが上がりすぎ」、「相当難易度高い」、「どんな形でも点が取れる」、「世界の三笘へ」、「絶賛覚醒中」、「紛れもなくスーパースター」と称賛の声が集まった。 ブライトンはこのゴールを守り切り、1-0で勝利。リーグ戦4試合無敗となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が87分に劇的な決勝弾、3試合連続ゴール! </span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGeG6Vb08lI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 07:05 Sun
twitterfacebook
thumb

三笘の公式戦3戦連発弾でボーンマスを下したブライトンが公式戦連勝!《プレミアリーグ》

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは4日、プレミアリーグ第22節でボーンマスと対戦し1-0で勝利した。三笘はフル出場で87分にゴールを記録した。 先週末に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦を三笘の決勝弾で制したブライトンが、公式戦4連敗中のボーンマスをホームに迎えた一戦。ブライトンの三笘は左MFでリーグ戦6試合連続の先発出場となった。 ブライトンは13分に相手GKのパスミスを敵陣でカットしたウンダブが決定機を迎える。しかし、2度のシュートはメファムのシュートブロックやGKネトのセープに阻まれ、3度目のシュートは左ポストに弾かれた。 一進一退の展開が続く中、ブライトンは35分に右クロスの流れたボールをボックス左で拾った三笘の仕掛けからチャンスを作ったが、クロスはゴール前に詰めた味方に合わず。 ブライトンは40分にも、左サイドからマーチのクロスをウェルベックがヘディングシュートを放ったが、これは相手GK正面を突いた。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、69分にピンチ。中盤からドリブルを仕掛けたがセメンヨが中央を切り裂き、ボックス内まで侵入。しかし、シュートはエストゥピニャンがスライディングブロックで阻んだ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すが、拮抗した展開が続く。それでもブライトンは87分、サルミエントの左クロスをボックス中央左で合わせた三笘が頭で合わせると、GKネトが右手で触るも弾ききれず、ゴールに吸い込まれた。 結局、三笘の公式戦3戦連発弾が決勝点となり、ブライトンが苦しみながらもホームで勝ち点3を獲得した。 2023.02.05 02:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ブライトン指揮官がファンへお願い、移籍希望のカイセドへのサポートを求める「ファンと話し合いたい」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、今冬に移籍の可能性があったエクアドル代表MFモイセス・カイセドへのサポートを願った。クラブ公式サイトが伝えた。 カイセドは今冬の移籍市場でチェルシーから熱烈なアプローチを受けたが、チェルシーはターゲットをベンフィかのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスに変更して撤退していた。 その後、アーセナルも熱心に獲得に動き、何度もオファー。しかし、ブライトンは再三オファーを拒否。結果として、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョを獲得した。 カイセドは今冬の移籍がチャンスと考え、自身のSNSを通じて移籍願望を示すなどしたが、結果として残留することが決定。チームのトレーニングにも復帰している。 移籍願望を明確に示したこともあり、ファンの中にはカイセドへの信頼を無くした人も少なくない。しかし、デ・ゼルビ監督はファンに対してカイセドへのサポートを訴え、サッカーの世界では起こり得ることだとした。 「モイセスがシーズン終了まで我々と一緒にいてくれることをとても嬉しく思う。私はファンに対して、彼を批判するのではなく、彼をサポートしてもらいたいので、ファンと話し合いたい」 「彼がミスをしたかどうかはわからないが、移籍市場は閉鎖されている。私は監督であり、彼に対する責任を負っている。ファンは私に従い、信じなければいけないと思う」 「選手やクラブ内で働く人々はモイセスを愛し、リスペクトしている。なぜなら彼は良い人間だからだ。彼らはサッカーの世界に住んでおり、このような状況が起こり得ることを知っているので理解していたと思うが、他の選手にとっても問題ではない」 ブライトンは4日にボーンマスと対戦する。 2023.02.04 22:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly