今冬バルサが狙うイニゴ・マルティネスが去就に言及

2022.11.11 00:23 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今冬のバルセロナ移籍が取り沙汰されるアスレティック・ビルバオのスペイン代表DFイニゴ・マルティネス(31)が自身の去就に言及した。

今シーズン限りでアスレティックとの契約が終了するマルティネスに関しては、来夏のバルセロナ移籍が既定路線と見られる。しかし、バルセロナはセンターバック陣に多くの負傷者を抱えている上、元スペイン代表DFジェラール・ピケが現役を引退したことで、補強の必要性が高くなっている。

そのため、クラブは今冬のタイミングで移籍金を支払い、左利きDFの獲得に動くのではないかとの報道も出ている。
そして、渦中の31歳はスペイン『オンダ・バスカ』で自身の去就に言及している。

「今は(去就の噂に)少し疲れているけど、それはよくあることだ」

「僕の将来ははっきりしていないけど、契約延長について話す機会や場所ではないよ。現状集中力を失うことはないし、常にアスレティックのために最善を尽くしているよ」

「僕らはシーズン終了まで契約を結んでいる。そして、僕自身アスレティックのために戦い続ける。ここで幸せだ。毎日笑顔でビルバオで楽しんでいる。愛されていると感じているんだ」

先日のアスレティック会長のコメントや今回のマルティネスのコメントを聞く限り、現状では今季終了までの残留の可能性が高いと思われる。

関連ニュース
thumb

アンデル・エレーラがアスレティックに完全移籍! PSGから買取OPを行使

アスレティック・クラブは1日、パリ・サンジェルマンからレンタル加入している元スペイン代表MFアンデル・エレーラ(33)の買い取りオプションを行使したことを発表した。新たに2024年6月30日までの契約を結んでいる。 サラゴサでプロデビューしたエレーラは、2011年夏にアスレティックに加入し、当時は在籍3年間で139試合11ゴール20アシストの成績を残した。その後はマンチェスター・ユナイテッドとPSGのビッグクラブで活躍し、数々のトロフィー獲得に貢献。今季からレンタルで古巣に復帰していた。 8年ぶりのアスレティックでは、ベテランとして主にバックアッパーに徹することに。ここまで公式戦11試合の出場のうち、先発は4試合のみという状況だったが、バスククラブは買い取りを決断したようだ。 2023.02.01 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

準決勝の組み合わせが決定! マドリーvsバルセロナの“クラシコ”が実現《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝の組み合わせ抽選会が30日に行われ、セミファイナルの対戦カードが決定した。 26日に終えた準々決勝を勝ち抜いた4チームは、バルセロナ、オサスナ、ビルバオ、レアル・マドリー。 注目の準決勝では、アトレティコ・マドリーとのダービーを制したレアル・マドリーと、久保建英の所属するソシエダを下したバルセロナによるファイナル進出を懸けた“クラシコ”が実現。 また、今シーズンのラ・リーガで7位と躍進続くオサスナは、準々決勝では不調のセビージャを下して18季ぶりの4強入り。この準決勝では3週間前にリーグ戦でも対戦したビルバオと対戦する。 なお、準決勝はこれまでの一発勝負からホーム&アウェイ形式の2試合制に変更され、1stレグが2月28日,3月1日に、2ndレグが4月4,5日のいずれかの日程で開催予定だ。 ◆コパ・デル・レイ 準決勝組み合わせ レアル・マドリー vs バルセロナ オサスナ vs ビルバオ 2023.01.31 05:30 Tue
twitterfacebook
thumb

鉄人イニャキ・ウィリアムズのラ・リーガ連続出場記録が251試合でストップ…セルタ戦ベンチ外で約7年ぶりの欠場に

アスレティック・ビルバオのガーナ代表FWイニャキ・ウィリアムズ(28)のラ・リーガ連続出場記録が、251試合でストップすることになった。 ガーナ人の父親とリベリア人の母親の元、ビルバオで生まれ育ったイニャキは、バスク純血主義を抱えるアスレティックのカンテラからトップチームに昇格し、2015年には黒人選手として初めてゴールを記録。 以降は186㎝の恵まれた体躯、爆発的なスピード、テクニック、得点感覚を武器にアスレティックの前線の主力に君臨。そして、2016年4月20日に行われたアトレティコ・マドリー戦から、2023年1月22日に行われたレアル・マドリー戦まで、およそ7年近くに渡ってリーグ戦251試合に連続出場してきた。 この間に幾度か指揮官が入れ替わったものの、常にスタメンのファーストチョイスとなり続けた実力もさることながら、センターフォワードやウイングを主戦場に対戦相手の屈強な守備者とのコンタクトプレー、ロングスプリントを繰り返すプレースタイルにも関わらず、強靭なフィジカルとメンタルを併せ持つ鉄人は、負傷やコンディション不良とは無縁。 さらに、技術の問題やメンタル面のコントロールに難があるレフェリーも目立つリーグにも関わらず、カードトラブルによる欠場も一度もなかった。 しかし、ここ最近になってコンディションの問題を抱えていたイニャキは、29日に行われたラ・リーガ第19節のセルタ戦の招集メンバーから外れ、現代のフットボールにおいて驚異的と評された偉大な記録に終止符が打たれることになった。 2023.01.30 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

低迷バレンシア… ガットゥーゾ監督がチームのメンタリティ改善に意欲「相手に怯えている」

バレンシアのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がアスレティック・ビルバオ戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝える。 バレンシアは26日に行われたコパ・デル・レイ(国王杯)準々決勝でアスレティックと対戦。1点ビハインドの43分にオウンゴールで同点とするも、前半のうちに勝ち越しを許し、後半にもPKで追加点を献上。その後の反撃も乏しく1-3で敗れ、敗退が決まった。 試合後には数百人のサポーターがスタジアム近辺で抗議の大合唱。ラ・リーガは昨年11月を最後に勝利がなく、降格圏と3ポイント差の12位とあってか、オーナーのピーター・リム氏とガットゥーゾ監督を槍玉にしたチャントが歌われたという。 ガットゥーゾ監督は試合後の記者会見で「困難に直面した矢先に去るのは私のやり方ではない」と辞任を否定した上で、選手たちのメンタリティの欠如を指摘している。 「100%を出し切ったが、それでも質は低かった。相手に怯えているようにも見えた。このようなゲームをしてしまうと私は謝罪せざるをえない。私にはその責任がある」 「何が起こっているかをよく分析する必要がある。明日は選手たちとコミュニケーションをとるよ。なぜ選手たちが恐れているのか、なぜいつも前半に失点するのか…。彼らから意見を聞くべき部分もある」 また、本拠地で国王杯敗退を喫した事実をサポーターに詫びている。 「メスタージャに来た45000人に謝りたい。我々はほとんどの時間帯で自分たちのプレーができなかった。サポーターたちもその状況を好まないだろうし、我々全員が教訓を突きつけられた。試合中のブーイング? それも尊重する」 2023.01.27 13:57 Fri
twitterfacebook
thumb

2試合連続で躍動! セバージョスはマドリーとの契約延長諦めず「長く在籍するためには…」

レアル・マドリーの元スペイン代表MFダニ・セバージョス(26)が自身の去就について口を開いた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 マドリーは22日に行われたラ・リーガ第18節でアスレティック・ビルバオと対戦。24分にFWカリム・ベンゼマが先制点を、試合終了間際の90分にMFトニ・クロースが追加点を決め、アウェイで0-2の勝利を収めた。 セバージョスは85分までプレーし勝利に貢献。カルロ・アンチェロッティ監督のもとでは出場機会が限られているものの、19日にはコパ・デル・レイ(国王杯)ラウンド16のビジャレアル戦で途中出場から1得点1アシストの活躍でチームを逆転勝利に導いており、その活躍もあってか、この日のスタメンの座を掴んでいた。 マドリーとの契約は今季限り。シーズン後の退団が既定路線とも言われるが、試合後のインタビューでは充実感を語るとともに、最後まで契約延長を諦めない姿勢もアピールした。 「アンチェロッティは僕をスターターで起用してくれた。そして僕はチームを助けられたと思う。結局それが一番大事だよね。木曜日(ビジャレアル戦)は重要なゴールを決めたし、今日も役割を果たせたと感じているよ」 「いつもアンチェロッティが言っている。『マドリーは世界最高のクラブ、世界最高の居場所だ』とね。ここで長く在籍するためにはチームのために汗をかき続け、歯を食いしばり続けなくてはならない」 2023.01.23 14:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly