モンツァに痛手…センシが足首骨折で長期離脱…

2022.11.08 22:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モンツァは7日、イタリア代表MFステファノ・センシが足首と腓骨骨折の手術を受けることを発表した。

センシは6日に行われたセリエA第13節のエラス・ヴェローナ戦に先発出場。しかし、試合終盤にスライディングタックルをした際に足首を負傷。その後、ピッチ上で明らかに取り乱した同選手は担架に乗せられてピッチを後にしていた。

その翌日のクラブの発表によると、踝と腓骨の付け根に骨折が確認され、今後数日以内に手術を受ける予定だという。
現時点で離脱期間は不明だが、数カ月単位の長期離脱となる見込みだ。

今夏、インテルからセリエA初昇格のモンツァにレンタル加入のセンシは、ここまでのセリエA全13試合に出場し、2ゴール1アシストを記録していた。

関連ニュース
thumb

「ロッカールームには…」ミラン退団から10年、33歳パトが当時を懐かしむ… モンツァ行きも示唆?

元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトがミラン時代を懐かしんだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 インテルナシオナウ時代の2006年に17歳で出場したクラブワールドカップにて“肩ドリブル”を披露し、一躍全世界にその名を轟かせたパト。翌年夏には当時の欧州王者だったミランへと移籍し、クラブ通算150試合で63得点を記録した。 2013年1月のミラン退団後は選手キャリアの下降が早かった印象があり、今年1月にオーランド・シティSCを退団してからは無所属に。今年9月で34歳と引退が近づきつつあるが、イタリア『カルチョメルカート』のインタビューではミラン時代を懐かしんでいる。 「当時のロッカールームにはレジェンドがいたね。それも1人や2人ではない。彼らから学んだのは日頃の練習にも試合と同じような態度で臨むということ。本当に美しいことだね」 「パオロ・マルディーニのトレーニングをお目にかかれる環境にいたことは本当に幸運だったと言える。彼は毎日110%さ。チームメイトよりも先に練習場に到着し、全体練習後も体を動かした。カフーやイブラも同じだよ」 マルディーニ氏やカフー氏、41歳にして現役のズラタン・イブラヒモビッチといった長いキャリアを築くレジェンドへの敬意を語ったパト。不振に陥る現在のミランへはエールを送っている。 「とにかく最善を尽くすだけだろうね。今の状況を見れば、スクデットを獲得した昨季を忘れるべきなのは間違いない。だけど、ステファノ・ピオリ(監督)なら強いミランをすぐに取り戻せると確信しているよ」 一方、シルヴィオ・ベルルスコーニ元会長、アドリアーノ・ガッリアーニ元副会長にも言及。それぞれ86歳、78歳となった現在も飽くなき情熱をモンツァに捧ぐミラン時代からのコンビに深い愛を示した。 「モンツァの快進撃を喜んでいるよ。彼ら2人はいつだって僕の心の中にいる。きっとモンツァは数年後にミランやインテルに挑戦状を叩きつける存在になるさ。実はセリエAに昇格する前から2人と話してたんだ。そろそろ僕の電話が鳴るかもしれない…」 2023.02.05 21:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントスに痛手…今季8Gのミリクが左太もも負傷で離脱へ

ユベントスのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが、左太もものケガで戦線離脱を強いられた。 今夏にマルセイユからレンタルで加入したミリクは、ここまで公式戦23試合で8ゴールをマーク。昨年10月からリーグ戦7連勝を飾っていたチームで3ゴール1アシストを記録するなど攻撃陣を牽引する働きを見せていた。 しかし、先日に行われたセリエA第20節のモンツァ戦の終盤に左太ももを負傷。痛そうな表情を浮かべながらピッチを後にしていた。 ユベントスによれば、ミリクは左太もものハムストリングスに中程度のケガを負っていることが確認されたとのこと。また、クラブはミリクが2週間後に再検査を受診することを明かしている。 なお、再検査後に離脱期間などが発表されるとのことだが、『フットボール・イタリア』はミリクの離脱期間について6~8週間程度になると報じている。 2023.01.31 00:06 Tue
twitterfacebook
thumb

モンツァに敗れたユーベが13位に転落…落胆の指揮官「これまでになく悪かった」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が敗戦に落胆した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは29日に行われたセリエA第20節でモンツァをホームに迎えた。序盤から相手に押し込まれる展開が続き、18分には相手FWパトリック・チュリッアに先制点を奪われると、39分にも相手FWダニー・モタにゴールを許して失点。試合を折り返してもペースを握れないまま0-2で敗れ、セリエA初昇格のモンツァに屈辱のシーズンダブルを食らう結果に終わった。 不正会計のペナルティにより、先日15ポイントをはく奪されたユベントスは、この敗戦で順位を13位まで落とす結果に。アッレグリ監督は試合後、チームのパフォーマンスに苦言を呈しつつ、前を向くように促した。 「今日の前半はこれまでになく悪かった。後半はうまくいったが、責任を持って前半を振り返り、全員のパフォーマンスについて考えなければならない」 「前節のアタランタ戦では取り返すことができたが、失点が多いということは考えなければならない。今日はモンツァにあっけなくやられてしまった。本来38ポイントあることは分かっているが、今は23ポイントしかない。ナポリを追いかけていたあの状況に戻らなければならないのだ。我々はピッチで仕事をしなければならないし、それができない者は外に出ていく必要がある」 「少なくとも現時点では、我々は自分たちの順位と向き合い、勝ち点を重ねる必要が絶対にある。今は穏やかであるが、怒りや虚しさも感じている」 「木曜日はカップ戦があり、今は目の前のコンペティションが最優先だ。不調から抜け出さなければならない」 2023.01.30 12:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ポグバがベンチ入りのユベントス、モンツァに屈辱のシーズンダブルを喫する《セリエA》

ユベントスは29日、セリエA第20節でモンツァをホームに迎え、0-2で敗れた。 前節アタランタに3-3の打ち合いドローとした10位ユベントス(勝ち点23)は、4日後にコッパ・イタリア準々決勝ラツィオ戦を控える中、ミリクとロカテッリをベンチスタートとした。そして長期離脱していたポグバ、負傷明けのヴラホビッチがベンチ入りした。 今季の1stマッチでクラブ史上初のセリエA勝利をプレゼントした13位モンツァ(勝ち点22)に対し、ケアンを最前線に、ディ・マリアをセカンドトップとする[3-5-1-1]で臨んだユベントスは10分に失点しかける。 カプラーリにボックス左からカットインシュートを決められたが、VARの末にオフサイドがありノーゴールとなった。しかし18分に失点する。 マチンのスルーパスでボックス右に侵入したチュリッアにシュートを決められた。失点後もモンツァにボールを持たれる苦しいユベントスは、39分にリードを広げられた。 カルロス・アウグストにドリブルで打開された流れから最後はスルーパスを受けたモタにシュートを決められた。 屈辱的な内容の前半を受け、ロカテッリら3選手を投入して迎えた後半、ユベントスが圧力をかけていく。しかし好機を作るには至らず、ミリク、ヴラホビッチを投入していく。 すると75分にはディ・マリアのミドルシュートが枠を捉えたが、GKディ・グレゴリオのファインセーブに阻まれた。さらに78分、FKの流れからラビオのシュートが枠を捉えるも、ここもGKディ・グレゴリオの好守に阻止されてしまう。 すると1点が遠いユベントスに追い打ち。ミリクが負傷し、交代枠を全て使い切っていたため10人での戦いを強いられてしまう。 結局、0-2のまま敗戦。セリエA初昇格のモンツァに屈辱のシーズンダブルを食らう結果となった。 2023.01.30 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

キエーザがビューティフルな復帰後初弾、ユベントスがモンツァを下してラツィオとのベスト8へ《コッパ・イタリア》

ユベントスは19日、コッパ・イタリア・ラウンド16でモンツァをホームに迎え、2-1で競り勝った。 5日前のナポリ戦を惨敗したユベントスは、そのナポリ戦のスタメンからダニーロとマッケニー以外の9選手を変更。主力を温存して臨んだ。 昨年9月に行われたセリエAでクラブ史上初の白星を献上したモンツァに対し、ケアンをトップに、セカンドトップにスーレを配置したユベントスが8分に先制する。マッケニーの右クロスからケアンのヘディングシュートが決まった。 しかし24分に同点とされる。CKからヴァロティにヘディングシュートを決められた。 追いつかれたユベントスは34分にイリングがカットインシュートで、36分にスーレがミドルシュートでGKを強襲したが、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始4分にユベントスに勝ち越しのビッグチャンス。ダニーロのスルーパスでボックス右に侵入したケアンがGKと一対一に。しかしシュートはクラーニョにセーブされた。 60分にキエーザとロカテッリを投入したユベントスだったが流れを引き寄せられずにいると、75分にはディ・マリアを投入。直後にはケアンがネットを揺らすもオフサイドを取られてしまう。 それでも78分、キエーザがビューティフル弾を決める。左サイドからカットインしたキエーザがDFのファウルをモノともせずボックス左へ。コントロールシュートをゴール右へ蹴り込んだ。 昨年1月にヒザに大ケガを負ったキエーザの復帰後初弾が決勝点となってユベントスがベスト8進出。ラツィオとベスト4を懸けて戦うことになった。 2023.01.20 06:59 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly