【リーグ・アン日本人選手】南野がアシストを記録!オナイウとの日本人対決はモナコに軍配

2022.11.07 07:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ・アン第14節が週末に行われた。

今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。

オナイウvs南野の日本人対決となったトゥールズvsモナコは0-2でモナコが勝利した。
試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半開始早々の46分、カマラのミドルシュートのこぼれ球を拾ったゴロビンがボックス左手前で拾ったゴロビンがゴール右へコントロールショットを突き刺した。

先制したモナコは60分にも、エンヒキのパスでボックス左深くに抜け出した南野のクロスをファーサイドのエンボロが頭でゴールに押し込んだ。

2点を追う展開となったトゥールズは、71分にラファエル・ハットンを下げてオナイウを投入。対するモナコは、77分に南野とエンボロ下げてベン・イェデルとディアタをピッチに送り出したが、最後までスコアは動かず。試合は2-0でモナコが勝利した。

また、伊東が3試合連続のスタメンとなったスタッド・ランスは、ホームでナントと対戦。ゴールレスで迎えた後半、スタッド・ランスは54分にドリブルで仕掛けたバログンがパロワに倒されると、このプレーでパロワに2枚目のイエローカードが提示され退場に。

数的優位となったスタッド・ランスは79分、左サイドからドリブルで仕掛けたファン・ベルゲンがボックス左角付近でアッピアーに倒される。主審は一度プレーは流したが、オンフィールドレビューの結果、アッピアーのファウルが認められ、スタッド・ランスがPKを獲得。これをバログンが難なく決めた。

結局、これが決勝点となりスタッド・ランスが1-0で勝利した。なお、伊東はフル出場している。

また、川島はアジャクシオ戦でベンチ入りも守護神セルスが健在なこともあり、出番は訪れなかった。

川島永嗣[ストラスブール]
▽11/5
アジャクシオ 4-2 ストラスブール
◆ベンチ入りも出場せず

伊東純也[スタッド・ランス]
▽11/6
スタッド・ランス 1-0 ナント
◆フル出場

オナイウ阿道[トゥールーズ]
▽11/6
トゥールーズ 0-2 モナコ
◆71分からプレー

南野拓実[モナコ]
▽11/6
トゥールーズ 0-2 モナコ
◆77分までプレー

関連ニュース
thumb

「アルビオンが手にした宝石」2試合連続決勝ゴールの三笘薫を地元紙も絶賛「ほぼ全てのチャンスで相手に問題を引き起こす」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が高評価を得ている。 4日、ブライトンはプレミアリーグ第22節でホームにボーンマスを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを決めており、世界中で大きな話題となっていた。 1月21日のプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でも圧巻ゴールを決めており、3試合連続でのゴールが期待された三笘0-0で迎えた87分に、左からのクロスを珍しくヘッド。これが相手GKの手を弾いてネットを揺らした。 これで公式戦3試合連続ゴール、2試合連続の終盤の決勝ゴールを決めた三笘。ブライトンはこのゴールを守り切り、1-0で勝利。リーグ戦4試合無敗となっている。 イギリス『Sussex Live』は三笘に対して8点(10点満点)の評価。チーム最高の評価を与え、後半のプレーぶりを称えた。 「最初の15分間は攻撃できないエリアでボーンマスにプレッシャーをかけられ、試合に参加できていなかった。しかし、後半に入ると、ほぼ全てのチャンスで相手に問題を引き起こすことに成功した」 「そして見事なヘディングシュートを決め、チームは勝利を手にすることができた」 また、イギリス『Sussex Express』は9点(10点満点)とこちらも最高評価を与えた。 「アルビオンが手にした宝石。常に最も創造性に富んでおり、勝利に値する選手だった」 「スロースタートだったが、徐々に調子を取り戻し、何度も相手DFをかわしていった。テクニックも素晴らしい」 <span class="paragraph-title">【動画】地元紙も絶賛した三笘薫の珍しいヘディング決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGeG6Vb08lI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 09:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「これは化け物」「めっちゃいいゴール」浅野拓磨が今季リーグ戦初ゴール! 高速シザーズにGK股抜きの技あり弾「うますぎる」

ボーフムの日本代表FW浅野拓磨が待望のリーグ戦初ゴールを記録した。 ボーフムは4日、ブンデスリーガ第19節でホッフェンハイムをホームに迎えた。 シーズン再開後4試合連続での出場となった浅野。2列目の右サイドで先発した。 この試合ではチームの攻撃陣が躍動。22分にフィリップ・ホフマンのゴールで先制すると、30分にはフィリップ・フェルスターが追加点を奪う。 幸先良く2ゴールを奪ったボーフムだったが、40分に待望の瞬間が訪れた。 味方がボールを繋ぐと、相手陣内に入ったところでクリストファー・アントウィ=アジェイのパスを受けた浅野がドリブル開始。中央突破すると、そのままドリブルで持ち込みボックス内に侵入。スピードに乗ったまま冷静に相手GKの股間を抜くゴールを決めた。 技ありゴールを決めた浅野。これが今シーズンのブンデスリーガ初ゴールに。ファンは「エグぅ」、「浅野うまい!!」、「これはうまい」、「早すぎる」、「浅野らしいゴール」、「めっちゃいいゴール」とコメント。相手DFを抜いたシザーズには「うますぎる」、「これは化け物」と称賛の声が集まった。 試合はその後もボーフムが得点を重ね、5-1で快勝。浅野もここから勢いに乗れるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】浅野待望のリーグ戦初ゴール!高速シザーズからGKの股間を抜く技あり弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="v4aYaFIQASA";var video_start = 37;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴール速報】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%85%E9%87%8E%E6%8B%93%E7%A3%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浅野拓磨</a><br>持ち前のスピードを活かしてドリブル突破!<br>遂に今季ブンデス初ゴール!!!<br><br><a href="https://t.co/fHRRTBHmsD">https://t.co/fHRRTBHmsD</a><a href="https://twitter.com/AsaTaku29?ref_src=twsrc%5Etfw">@AsaTaku29</a><a href="https://twitter.com/VfLBochum1848EN?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfLBochum1848EN</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BD%93%E6%84%9F%E3%81%9B%E3%82%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ドイツサッカーを体感せよ</a> <a href="https://t.co/90fOde9UAs">pic.twitter.com/90fOde9UAs</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1621892286987800576?ref_src=twsrc%5Etfw">February 4, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.05 09:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「理不尽ゴール!」「綺世半端ない」上田綺世は3戦連発、後半ATに決めた! 止められない反転スーパーゴールに称賛やまず「THIS IS 上田綺世!」

セルクル・ブルージュの日本代表FW上田綺世が土壇場ゴールでチームを救った。 4日、セルクル・ブルージュはジュピラー・プロ・リーグ第24節でスタンダール・リエージュと対戦した。 2試合連続ゴール中の上田は、この試合も先発出場を果たす。 プレーオフ進出に向け負けられない8位のセルクル・ブルージュは、6位のスタンダール・リエージュの前に苦しい戦いとなる。 互いに譲らずゴールが生まれないまま時計が進むと、81分に失点。終盤に手痛い展開となる。 しかし、後半アディショナルタイムに上田が圧巻のゴールを決めた。 ボックス左からのスローインをボックス内左で味方がフリック。これを上田がゴールに背を向けながら胸トラップでコントロール。すると反転して豪快に右足一閃。強烈なシュートがニアサイドを打ち抜き、ネットに突き刺さった。 圧巻のゴールにファンは「綺世半端ない」、「THIS IS 上田綺世!」、「理不尽ゴール!」、「えぐすぎる」と称賛のコメントが寄せられている。 上田はこれで3試合連続ゴール。初の海外挑戦でリーグ戦10点目を決め、チームを牽引している。 なお、試合は上田のゴールで追いつき、1-1の引き分けに終わった。 <span class="paragraph-title">【動画】上田綺世が強烈な反転シュートで劇的同点弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="04ftcVTPgeA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 08:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「いつだって危険な存在」ブライトン指揮官、2試合連続終盤決勝弾の三笘薫を称える

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督は、日本代表MF三笘薫について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、ブライトンはプレミアリーグ第22節でホームにボーンマスを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを決めており、世界中で大きな話題となっていた。 1月21日のプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でも圧巻ゴールを決めており、3試合連続でのゴールが期待された三笘。この試合も何度かゴールに迫ったが、試合は互いに譲らない展開で進む。 ゴールが生まれない展開で試合は進んだ中、ゴールレスドローかと思われた87分にまたしても三笘が魅せる。攻勢をかけたブライトンは、ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロス。すると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴールイン。劇的な先制ゴールとなった。 公式戦3試合連続ゴール、2試合連続の終盤の決勝ゴールを決めた三笘。ブライトンはこのゴールを守り切り、1-0で勝利。リーグ戦4試合無敗となっている。 デ・ゼルビ監督はこの試合も活躍した三笘について言及。危険な存在だと評価した・ 「我々は三笘のことはよく分かっている。彼は他の試合ほど良いプレーは見せてはいなかった。ただ、彼はいつだって対戦相手にとって危険な存在だ」 「なぜなら彼はゴールの決め方、一対一の状況になること、そして我々にとって重要な存在であることを知っている」 また、試合全体については、「結果と見せたプレーには本当に満足している」とコメント。「プレークオリティのおかげで、クラブで過ごした中で最高のパフォーマンスの1つだった」とチームを称えた。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が87分に劇的な決勝弾!珍しいヘディングで3試合連続ゴール! </span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGeG6Vb08lI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「相当難易度高い」「絶賛覚醒中」三笘薫がまた大仕事! 2試合連続の終盤決勝ゴールにファン称賛の嵐「紛れもなくスーパースター」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫がまたしても大仕事をやってのけた。 4日、ブライトンはプレミアリーグ第22節でホームにボーンマスを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを決めており、世界中で大きな話題となっていた。 1月21日のプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でも圧巻ゴールを決めており、3試合連続でのゴールが期待された中、試合は互いに譲らない展開で進む。 ゴールが生まれない展開で試合は進んだ中、ゴールレスドローかと思われた87分にまたしても三笘が魅せた。 攻勢をかけたブライトンは、ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロス。すると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴールイン。劇的な先制ゴールとなった。 ファンはまたしても試合を決める活躍を見せた三笘に、「三笘を中心に世界が回ってる」、「クオリティが上がりすぎ」、「相当難易度高い」、「どんな形でも点が取れる」、「世界の三笘へ」、「絶賛覚醒中」、「紛れもなくスーパースター」と称賛の声が集まった。 ブライトンはこのゴールを守り切り、1-0で勝利。リーグ戦4試合無敗となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が87分に劇的な決勝弾、3試合連続ゴール! </span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGeG6Vb08lI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 07:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly